ガブリエウ・ジェズスが優勝&第1子誕生のWおめでた!インフルエンサーの恋人との間に長女が生まれる

2022.05.25 11:51 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)に第1子が誕生した。

ジェズスは2021年7月からライアーニ・リマさん(21)と交際をスタート。そして24日、第1子となる娘のヘレナちゃんが誕生したことを自身のインスタグラムで報告し、「僕たちの人生の最高の日」と綴った。

シティは22日に行われたプレミアリーグ最終節のアストン・ビラ戦に勝利しリーグ2連覇を達成。ジェズスは翌日に行われた優勝パレードを家庭の事情で欠席していた。

今シーズンは公式戦41試合の出場で13得点12アシストの数字を記録したジェズス。契約を2023年夏まで残しているが、アーセナル行きの噂で注目を集めている。

1 2

関連ニュース
thumb

シティCEOがCL回顧…「レアル・マドリーの優勝はツキもあった」

マンチェスター・シティの重役が2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したレアル・マドリーに持論を展開した。スペイン『マルカ』が伝えている。 レアル・マドリーは決勝トーナメントに入ると、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、そしてシティと強烈な相手とぶつかったが、いずれも逆転突破。リバプールとの決勝も全体的に押されたが、ベルギー代表GKティボー・クルトワの踏ん張りとブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの一発で4季ぶりのビッグイヤーを掲げた。 シティの最高経営責任者(CEO)を務めるフェラン・ソリアーノ氏は『SounCloud』で配信されるポッドキャスト『Dr. Football』にて2021-22シーズンのCLを振り返り、レアル・マドリーの優勝を例に運の必要性を説いた。 「レアル・マドリーのCL優勝が話題になっているが、あれはツキもあったと思う。彼らはPSGやチェルシー、シティ、リバプールに負けるのが妥当だったとも言えるだろうね」 「80年代の終わり頃、マドリーはエミリオ・ブトラゲーニョを擁する史上最高のチームだったにもかかわらず、CLを優勝できなかった。人々はそのことを覚えていないんだ」 また、2008年にUAEの投資グループに買収されて以降、プレミアリーグ屈指の強豪へと成り上がり、次はCLのタイトルが求められるが、同CEOはリーグ戦に重きを置いているようだ。 「CLでは運も絡んでくるし、我々の主要な目標ではない。今回の準決勝のようにひとたび調子を崩せば、敗退の憂き目に遭う試合がほとんどだ。(CLでは)あの準決勝のように、一度ミスをしたらそこで終わりという試合がほとんどだ。リーグを制するものはそのリーグ最高のチームであり、それが我々の使命だ」 2022.06.27 18:21 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ退団のフェルナンジーニョ、プロデビューのアトレチコ・パラナエンセに17年ぶり復帰へ!

マンチェスター・シティを退団した元ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(37)はアトレチコ・パラナエンセに復帰するようだ。 2013年にシャフタール・ドネツクから加入し、守備的MFとして9年間にわたってシティの中盤を支え続けたフェルナンジーニョ。公式戦383試合の出場を誇り、12個ものタイトル獲得に貢献した。2020-2021シーズンからはキャプテンにも就任したが、近年は出番が減少傾向に。今季のプレミアリーグでは19試合の出場にとどまり、今年4月下旬に退団を表明した。 新天地には多くの注目が集まる中、中東のクラブやブラジルのクラブからのオファーが噂に。しかし、輝かしい実績を誇る元ブラジル代表MFが下した決断は下部組織で育ち、プロデビューを飾ったアトレチコ・パラナエンセへの復帰のようだ。 ブラジル『globo』によると、同クラブのマウロ・セルソ・ペトラリア会長はすでにシティからの退団が決まっていた今年5月からフェルナンジーニョとの交渉を開始。選手本人の強い希望もあり、2024年末までの契約を結ぶこととなったという。 また、選手はすでにアトレチコ・パラナエンセの本拠地があるクリチーバに到着しており、数日中にメディカルチェックが行われるとも。7月18日からは公式戦でのプレーも可能となる見込みだ。 なお、クラブ側は37歳を迎えたフェルナンジーニョが現役を引退することとなっても、何かしらのポストを与えてそのセカンドキャリアをサポートする姿勢である模様。17年ぶりの古巣復帰は、将来を見据えての決断でもあるようだ。 2022.06.27 11:28 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ガブリエウ・ジェズスの獲得が決定的に! クラブ間に続き個人間でも合意に至る

アーセナルが、マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)の獲得を決定的なものにしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 今シーズン終了前からジェズスの獲得に興味を示していたアーセナルは先日、4500万ポンド(約74億6700万円)で移籍金でシティとクラブ間合意したことが報じられていた。 そんな中、ロマーノ氏が報じるところによれば、ジェズスは2027年までの5年契約でアーセナルと個人間合意に至り、移籍は100%完了したとのことだ。 2017年1月にシティに加入したジェズスは、在籍5年半で公式戦通算236試合に出場し95ゴール46アシストと結果を残しており、今冬にバルセロナへ移籍したFWピエール=エメリク・オーバメヤン、今夏に退団したFWアレクサンドル・ラカゼットの穴を埋めるに十分な人材と言える。 2022.06.27 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバの夢はバルサ移籍か、今冬に逆オファーも?

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(27)が、バルセロナに逆オファーをしていたようだ。 2021-22シーズンも抜群の運動量を生かしてプレミアリーグ連覇に貢献した技巧派MFだが、昨夏からプライベートな事情からイングランドからの移籍が噂に。ここしばらくはバルセロナ行きが取り沙汰されている。 その可能性に拍車をかけたのが、スペイン『ムンド・デポルティーボ』のフェルナンド・ポロ記者の報道だ。それによると、ベルナルド・シウバはバルセロナ移籍を強く望んでおり、今冬の移籍市場でバルセロナがFWフェラン・トーレスに関する交渉でマンチェスターを訪れた際に、選手自ら売り込みを行っていたという。 先日、8月24日に行われるバルセロナとマンチェスター・シティのチャリティマッチに向けた会見で、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「クラブとしてのゴールは彼が我々と一緒にいることだが、私はいたくない選手はいらないとずっと言ってきた」 と、残留を無理強いしないというコメントを残していたが、その試合でポルトガル代表MFはどっちのユニフォームを着ているのだろうか。 2022.06.26 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

シティの若手FWエドジーがレバークーゼン移籍へ

マンチェスター・シティのU-19イングランド代表FWサミュエル・エドジー(19)がレバークーゼン移籍に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今夏の移籍市場ではノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスを獲得したシティ。代わってアーセナル行きが迫るブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、チェルシーが関心を示すイングランド代表FWラヒーム・スターリングの移籍が規定路線と見られる中、アカデミーに在籍する選手にも動きがある模様だ。 ロマーノ氏が報じるところによれば、U-23チームで主力を担うエドジーがレバークーゼンへの完全移籍に迫っているという。交渉はクラブ間、個人間でも最終段階を迎えており、同選手は2024年までの2年契約での完全移籍となるようだ。 ナイジェリア人の父親とイングランド人の両親の下、イングランドで生まれ育ったエドジーは、ミルウォールのアカデミーから2019年にシティのユースチームに加入した。 左ウイングを主戦場にクイックネスとボールスキルに優れる19歳は、両足を遜色なく操り、オフ・ザ・ボールやポジショニングにも優れる総合力の高いアタッカーだ。 ユーロやコパ・アメリカに多くのトップチームが参加した影響で、昨夏のプレシーズンに定期的にプレー機会を与えられた結果、印象的なパフォーマンスを披露。そして、レスター・シティとのコミュニティ・シールドではスタメンで公式戦デビューを飾った。 ただ、以降は度重なる負傷によってトップチームだけでなく、プレミアリーグ2などでも思うように出場機会を得られずにいた。 2022.06.25 18:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly