「中途半端に関わることが正直マイナスなのかな…」低迷する神戸の三木谷会長がクラブハウス訪問…選手たちに言葉『次の一戦に全てを賭ける』

2022.05.24 10:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ヴィッセル神戸の会長であり楽天グループ株式会社代表取締役会長兼社長でもある三木谷浩史氏が、低迷するクラブを訪問した。

今シーズンは元日本代表DF槙野智章らを補強し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いも控え、明治安田生命J1リーグでもタイトル獲得が期待された。

しかし、今シーズンは開幕から結果が出ず、リーグ戦は14試合を終えてわずか1勝で最下位に低迷。ACLはグループステージを突破したが、苦しい状況に立たされている。

クラブとしても三浦淳寛監督が退任し、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へいした中、リーグ戦では調子が上向かない状況。その中で、三木谷会長が23日にクラブハウスを訪問。その様子をSNSにアップした。

三木谷氏はトレーニング前に選手たちを集めて、講話を行った。

「練習前に集まっていただいてありがとうございます。クラブが厳しい状況で話をさせてもらった方が良いかなと思って、集まっていただきました」

「ここまで厳しい状況になっていますが、そもそもどういう風なことを考えてやったら良いのかなと、このクラブを19年間やってきました」

「そもそもこのクラブはみんなサッカーを一生懸命やってくれていて、色々な思いを持ってやってくれています」

「みんなが1人でやっているのではなく、このクラブはゼロからの出発で色々な人の色々な思いを持ってやっていて、その1つが僕が最初から作ってきた楽天グループというゼロから作ってきた会社です」

三木谷会長は、ゆずの北川悠仁さんと作った「楽天の歴史」というビデオを選手たちに見せたほか、1分間サッカーを始めた時のことを思い出させるなどをした。

三木谷氏は「中途半端に僕がこのクラブに関わっていることが正直マイナスなのかなと思っていた」とコメント。ただ、ファンの言葉を受けて「もう1回一生懸命やろうと思った」と、もう1度クラブのために立ち上がろうと思ったと明かした。

また選手たちには「『次の試合がある』ということではなく、『次の一戦に全てを賭ける』という思いでやってほしい」と発破をかけ、「このままやり続けるのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と、改めて一緒に戦いたいとした。

神戸の次のゲームは25日、明治安田J1第15節でジュビロ磐田とホームで対戦。連敗をストップできるかに注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

ACLのスケジュールが決定! 日本勢は埼スタで試合、残りは駒場でラウンド16を開催

日本サッカー協会(JFA)は、8月に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のノックアウトステージのマッチスケジュールを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で集中開催が行われているACL。東地区のノックアウトステージに関しては、開催地が未定だったが、日本が手を挙げるとそのまま決定。埼玉で開催されることとなった。 ラウンド16の4試合は2日に分けて、駒場スタジアムと埼玉スタジアム2002で開催することが決定している。 日本勢の試合はいずれも埼玉スタジアムで行われ、8月18日(木)にはヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス、19日(金)にはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)vs浦和レッズが開催。いずれもキックオフは20時に決まった。 また、駒場スタジアムでは18日に大邱FC(韓国)vs全北現代モータース(韓国)、19日にBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)vs傑志(香港)が行われ、両日とも17時からとなる。 また、準々決勝は22日に埼玉スタジアムで行われ、16時と20時にそれぞれキックオフ。25日の準決勝は19時30分から埼玉スタジアムで行われる。 ▽8月18日(木) 《17:00》 大邱FC(韓国) vs 全北現代モータース(韓国) [駒場スタジアム] 《20:00》 ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] ▽8月19日(金) 《17:00》 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) vs 傑志(香港) [駒場スタジアム] 《20:00》 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽8月22日(月) 《16:00》 準々決勝第1試合 [埼玉スタジアム2002] 《20:00》 準々決勝第2試合 [埼玉スタジアム2002] ※対戦カードは8月20日(土)の組み合わせ抽選会で決定 ▽8月25日(木) 《19:30》 準々決勝勝者1 vs 準々決勝勝者2 [埼玉スタジアム2002] 2022.07.07 19:18 Thu
twitterfacebook
thumb

「高さあるなぁ!!!」Kリーグでゴール量産のムゴシャが神戸に合流「めっちゃイイ人そうな笑顔」

ヴィッセル神戸に加入したモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャがチームに合流した。 仁川ユナイテッドFCでは、今シーズンのKリーグ1で18試合に出場し14ゴールと得点を量産し、得点ランキングトップに立っていたムゴシャは、6月に神戸加入が決定していた。 すでに来日し、6日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節の清水エスパルス戦には、同じくサガン鳥栖から新加入となったMF飯野七聖とともに姿を見せていた。 ムゴシャは練習にも合流したようで、7日にクラブのSNSがその様子を公開。既存のメンバーたちと交流し笑顔を見せている。 合流した助っ人には、ファンも「皆んなとすぐに馴染んでいる」、「素敵な笑顔」、「高さあるなぁ!!!期待してます」、「めっちゃイイ人そうな笑顔」、「笑顔いいね」と期待の声を寄せている。 なお、ムゴシャと飯野のチーム登録は最短で7月15日となり、デビューはそれ以降になる。 <span class="paragraph-title">【写真】「めっちゃイイ人そう」ムゴシャの笑顔</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfsno4QPhZb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfsno4QPhZb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfsno4QPhZb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VISSEL KOBE | ヴィッセル神戸(@visselkobe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.07 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「半端ないって」大迫勇也が復活の狼煙?土壇場の振り向きざまボレーが沸く「これは超一流」

日本代表のエースが大仕事をやってのけた。 6日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節。最下位と低迷するヴィッセル神戸は、ホームに17位の清水エスパルスを迎えた。 両者の勝ち点差は「3」。神戸は勝利すれば、シーズン初の連勝に加え、最下位を脱出するチャンスがある一戦だった。 試合は8分に汰木康也のゴールで神戸が幸先良く先制。その後も、強度の高いプレスで押し込んでいくがゴールが奪えない。 清水も応戦し互いに譲らない展開となる中、66分にチアゴ・サンタナがこじ開けて1-1に。その後は、一進一退の攻防が続く中で、神戸がペースを握り続ける。 それでもなかなかゴールは生まれず、1-1の痛み分けになるかと思われた後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 92分、神戸はこぼれ球を繋ぐと、武藤嘉紀がシュートもブロック。これをクリアしようとするがミスになると、浮き球をボックス内で待っていた大迫が振り向きざまボレー。これが決まり、神戸が土壇場で勝ち越しに成功。2-1で勝利した。 今季はケガに苦しむ大迫は、この試合も途中出場。それでも大事な場面で決めた技ありのボレーに、「はんぱねえ」、「半端ないって」、「やっぱ土壇場に強い」、「これは超一流」とそのゴールの技術の高さにファンの称賛が止まなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】「半端ないって!」大迫勇也が土壇場で見せたスーパー振り向きざまボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6So9ExgnSR0";var video_start = 369;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.07 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸がチリ代表FWサンチェスにオファー! 好条件も本人は拒否

インテルからの退団が濃厚となっているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に関して、ヴィッセル神戸行きの可能性があったようだ。チリ『TNTスポーツ』が伝えた。 これまでウディネーゼやバルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとヨーロッパでのキャリアを積んでいるサンチェス。セリエAでは173試合で36ゴール35アシスト、プレミアリーグでは154試合で63ゴール33アシスト、ラ・リーガでも88試合で38ゴール29アシストを記録。チャンピオンズリーグでも64試合で13ゴール16アシストとワールドクラスの選手として知られている。 チリ代表としても146試合で48ゴールと結果を残している中、新シーズンに向けたインテルの構想には 入っておらず、移籍が噂されている。 サンチェスの獲得には、バルセロナ時代のチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属する神戸の他、中国スーパーリーグのクラブががオファーを出したとのことだ。 『TNTスポーツ』によれば、神戸のオファーが経済面では最も良かったとのこと。移籍金とサラリーで約1400万ユーロ(約19億3000万円)を支払う気があったという。 さらにガラタサライもオファーを改めて提出したものの、サンチェスはいずれも拒否したという。 本人の希望としては、ヨーロッパのトップリーグでキャリアを続けたいとのことだ。 インテルのトレーニングに合流することになるが、果たしてどのような結末が待っているか。移籍するのか、インテルに残るのか。去就が注目される。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】母国チリで休暇を過ごすサンチェス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sanchez Alexis(@alexis_officia1)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.06 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也が大仕事! 後半ATに反転ボレー決め神戸が今季初の連勝、清水を抜き最下位脱出【明治安田J1第20節】

6日、明治安田生命J1リーグ第20節のヴィッセル神戸vs清水エスパルスがノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1で神戸が勝利を収めた。 最下位の神戸(勝ち点14)と17位の清水(勝ち点17)の一戦。降格圏に沈む両チームの対戦となった。 前節は今季のリーグ戦でサガン鳥栖を相手にアウェイ初勝利を挙げた神戸。新体制での連勝を目指す試合は、1名だけスタメンを変更。菊池流帆が外れ大﨑玲央が入った。 対する清水は前節は国立競技場での一戦で横浜F・マリノス相手に3-5で敗戦。そこからスタメンは1名変更し、立田悠悟が外れ、カルリーニョス・ジュニオを起用した。 互いに負けられない一戦。裏天王山とも言われる試合は立ち上がり2分に清水が早速セットプレーのチャンス。キック精度の高い西澤はクロスを入れずにトリックプレー。最後は原がヘディングで前に送るが、これはGK飯倉がキャッチする。 神戸は立ち上がりからハイプレス。最前線から激しく寄せていく一方で、清水も前からプレスをかけて素早く攻める展開を見せる。 互いにアグレッシブな入りを見せた中、ペースを握っていた神戸が先にスコアを動かす。8分、イニエスタのパスを受けた武藤がボックス手前からドリブルスタート。ボックス内右から折り返すと、DFにあたりながらも溢れたボールを汰木がダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、神戸が先制する。 神戸が先制してからは互いに攻め込むも精度を欠いてチャンスを作れない。 それでも28分、神戸はカウンターからシュートまで持ち込む。ロングフィードに抜けた小田がドリブルを仕掛けると、折り返しをイニエスタがシュート。しかし、これはGK権田の正面に飛んでしまう。 その後はこう着状態が続き、互いにスペースを使って攻め込んでいくが、決定機を作るまでには至らない。 神戸が1点リードで迎えた後半も、立ち上がりから神戸が積極的な姿勢を見せると47分、左サイドを突破した汰木がクロス。ニアサイドに飛び込んだ武藤がダイビングヘッドも枠外。このプレーで武藤が足首を抑えていたが、問題なくプレーを続ける。 52分にも神戸がカウンター。イニエスタがボールを運び武藤へパス。ボックス内でシュートに行こうとするが、相手に対応されてシュートは打てない。 なかなかゴールをこじ開けられなかった清水だったが66分にチャンスを生かす。ハーフウェイラインからの大きなサイドチェンジを山原が受けると、パスを受けたカルリーニョス・ジュニオのクロスがディフレクト。これに早く反応したチアゴ・サンタナがフリーで蹴り込み、清水が同点に追いつく。 タイスコアとなった試合。清水は西澤を下げて、ベンジャミン・コロリを投入。対する神戸は、イニエスタと小田を下げて、大迫勇也、佐々木大樹を投入する。 清水はチアゴ・サンタナがゴールに迫るシーンが増えていく。対する神戸はボールを保持しながらも、鋭い仕掛けでゴールを狙っていく。 清水は82分、相手のミスを逃さず、縦パスを受けた神谷がボックス手前からシュート。しかし、これはゴールとなならない。 さらに84分にも清水が決定機。右サイドからのアーリークロスにチアゴ・サンタナがドンピシャヘッド。離れた位置から力のあるシュートが放たれネットを揺らしたが、わずかにオフサイドでゴールは認められなかった。 互いに攻めるがゴールまで迫れない中、後半アディショナルタイムにドラマが。アディショナルタイム2分、神戸はこぼれ球を繋ぐと、武藤のシュートをブロック。これを片山がクリアもミスとなると、浮き球を大迫が振り向きざまボレー。これが決まり、神戸が土壇場で勝ち越しに成功する。 その後試合は再開するも程なくして終了。途中出場の大迫の5試合ぶりゴールで2-1と勝利した神戸が今季初の連勝。勝ち点で清水と並び、得失点差で上回ったために最下位を脱出した。 ヴィッセル神戸 2-1 清水エスパルス 【神戸】 汰木康也(前8) 大迫勇也(後47) 【清水】 チアゴ・サンタナ(後21) <span class="paragraph-title">【動画】ハンパない!大迫勇也、後半ATの決勝反転ボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>勝負を決めたのは<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E8%BF%AB%E5%8B%87%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%B8%85%E6%B0%B4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#神戸清水</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/visselkobe?ref_src=twsrc%5Etfw">@visselkobe</a> <a href="https://t.co/lTDLc4LWlM">pic.twitter.com/lTDLc4LWlM</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1544653841685049344?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 20:59 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly