走り切った福岡、クルークスのゴールで横浜FMから21年ぶりの白星【明治安田J1第14節】

2022.05.21 21:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田J1第14節、アビスパ福岡vs横浜F・マリノスが21日にベスト電器スタジアムで行われ、1-0で福岡が勝利した。

14位の福岡(勝ち点14)と3位の横浜FM(勝ち点25)の一戦。福岡は5得点した5月初めのFC東京戦以降、ここ2試合は1分け1敗でいずれも無得点と、再び白星から遠ざかっている。

一方の横浜FMは、ACL帰りの3試合で2勝1分け。前節は宮市のJ初ゴールなどで前半で3点のリードを得ていたが、後半にユンカーのハットトリックを許し、勝ち星を逃す結果となった。

そんな両チームの一戦は、ホームの福岡が最初のシュートを放つ。3分、田中が右サイドから上げたクロスの跳ね返りにクルークスが反応。ボックス手前からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の右に外れた。

早々にひやりとさせられた横浜FM。前節からスタメンを7人変更した中で、後半だけで3失点した守備陣は小池龍太を除いて全員入れ替えており、今節は守備も注目すべき要点となる。

だが、14分には左サイドバックの永戸が前嶋に簡単に突破され、クロスから田中のボレーシュートを許すシーンが。ここは相手が精度を欠いて事なきを得たものの、やや押され気味の立ち上がりとなった。

それでも16分、アンデルソン・ロペスがボックス手前からのシュートでGKを強襲。19分には仲川が得意のカットインから右足のシュートを放つなど、アウェイチームが徐々に盛り返していく。

24分には再びアンデルソン・ロペス。マルコス・ジュニオールの針の穴を通すようなスルーパスをボックス左で受け、その流れのままシュートへ。だが、ここはGKとの距離が近く、体に当たってはじき返された。

リーグトップの得点力を誇る横浜FMと、最少失点の福岡らしい見応えのある攻防が繰り広げられる中、前半半ばにはホームの福岡がひと噛み、田中が左サイドから右足で上げたクロスをボックス右のフアンマが折り返し、前がフィニッシュ。見事な連携だったが、シュートは右ポストに。トリコロールは致命傷を避けられた。

0-0で迎えた後半立ち上がりはオープンな展開に。50分過ぎからはクロスの応酬で、目まぐるしい攻防が繰り広げられる。

そのせめぎ合いに終止符を打ったのは福岡だった。58分、敵陣左サイドでスローインからリスタートした福岡は、志知のスローインをボックス角の山岸が頭で後方へ逸らす。これにフアンマが反応し、ボックス右のスペースへラストパス。走り込んだクルークスが左足で丁寧に流し込み、先制点を決めた。

失点前から攻撃がやや停滞していた横浜FMは、66分に仲川を下げて宮市を投入。しかし、なかなか好転には向かわず、その後もマルコス・ジュニオールを下げてレオ・セアラをピッチへ送る。

そんな中、横浜FMはアンデルソン・ロペスがボールのないところで福岡DF宮と小競り合いを起こし一発退場に。マークに付いていた宮に背中を押されたことへの苛立ちで相手の足を蹴ってしまったようで、報復行為とみなされレッドカードが提示された。

これで大きく優勢に傾いた福岡は、89分にはルキアンのヘディングシュートがクロスバーに直撃。一方、苦しい展開となった横浜FMも最後まで諦めず、90分にはエドゥアルドがミドルシュートを放つが、GK村上のファインセーブに遭う。

後半アディショナルタイムは、アンデルソン・ロペスの退場の際にVAR確認で時間を使ったため10分と長尺に。その中で横浜FMは最後まで同点への気迫を保っていたが、CKで生まれた混戦で途中出場のレオ・セアラのシュートがポストに嫌われるなど、最後はツキに見放される形で試合終了。

鉄壁で虎の子の1点を守り切った福岡が白星を挙げ、横浜FM戦では実に21年ぶりの勝利を収めた。

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:横浜FMvs柏】共に3連勝中、後半戦初戦の上位対決はいかに

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月25日(土) 16:00キックオフ 横浜F・マリノス(1位/34pt) vs 柏レイソル(4位/30pt) [日産スタジアム] ◆失意の払拭を【横浜F・マリノス】 リーグ戦の前半戦は3連勝で締め、首位で折り返した横浜FM。しかし、ミッドウィークに行われた天皇杯では、J2で下位に沈む栃木SCを相手に得点が奪えず、0-2で敗れた。 ショッキングな敗戦から中2日、チームとしてのリバウンドメンタリティが試される一戦となる。 その相手は4位と上位に位置する柏。前半戦で喫した3つの敗戦のうちの1つ。アウェイで3-1と敗れた相手だ。 この試合では畠中槙之輔が前半に退場し、試合終盤には岩田智輝も退場した試合。ハイラインの裏を狙われ続け、後手に回ってしまった結果の敗戦だった。 背後を狙ってくるスタイルは今節も継続されると思われ、臆することなくハイラインを敷けるかどうか。また、ハイプレスに苦しむことも多く、攻撃が停滞する可能性があるだけに、しっかりと状況判断をしてビルドアップで相手をズラしていきたいとこだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:渡辺皓太、西村拓真、岩田智輝 FW:水沼宏太、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆首位撃破で肉薄へ【柏レイソル】 昨シーズンは戦い方を定められなかった結果、残留争いに巻き込まれたチームだったが、今季はここまで順調に勝ち点を重ね4位で前半戦を終えた。 現在リーグ戦は3連勝、4戦無敗と調子も良く、絶好のタイミングでの首位との対決となった。 ミッドウィークの天皇杯では、ターンオーバーしながらも徳島ヴォルティスに逆転勝ち。チーム力の向上と共に、勝負強さも戻ってきている状況だ。 横浜FMを相手にはネルシーニョ監督の作戦がハマることが多く、今季のホームゲームでも策がハマった。その相手に対して新たな策を用意しているのか、それとも自分たちの形に引き込むのか。いずれにせよ、背後を狙いながらプレスをかけていく戦いには変わらないだろう。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK: 松本健太 DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽 MF:大南拓磨、ドッジ、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、小屋松知哉 監督:ネルシーニョ 出場停止:椎橋慧也 2022.06.25 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪のMF喜田陽が左腓骨骨折で全治3カ月

セレッソ大阪は25日、MF喜田陽の負傷を発表した。 クラブの発表によると、喜田は左腓骨骨折の手術を行っており、その抜釘術を20日に実施したとのことだ。 なお、全治は3カ月とのことだ。 喜田は今シーズンは明治安田生命J1リーグでは出番なし。YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 2022.06.25 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位の神戸、韓国でゴール量産のモンテネグロ代表FW獲得に1.3億円…本人も日本行き決断

最下位に沈むヴィッセル神戸が新たな得点源確保に動いているようだ。 韓国『朝鮮日報』によると、Kリーグ1の今シーズンの得点王である仁川ユナイテッドのモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)の獲得に向けてオファーを出したとのことだ。 ムゴシャはカイザースラウテルンやエルツェげビルゲ・アウゲ、1860ミュンヘン、カールスルーエなどドイツクラブでプレー。その後、モルドバのシェリフ・ティラスポリへと移籍すると、2018年2月から仁川ユナイテッドでプレーしている。 ドイツ時代は2.ブンデスリーガで59試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 Kリーグ1では通算112試合に出場し60ゴール6アシストを記録。2021シーズンは9ゴールに終わったが、それ以外は毎年二桁ゴールを記録。今シーズンはここまで17試合で14ゴールと得点を量産し、得点ランキングトップに立っている。 また、現役のモンテネグロ代表選手で、43試合で15ゴール2アシストを記録。6月のUEFAネーションズリーグ(UNL)でも4ゴール1アシストを記録していた。 『朝鮮日報』によれば、「ムゴシャはヴィッセル神戸のラブコールを受けた。仁川が契約延長のオファーを投げたが、日本での挑戦で心を固めている」とのこと。2023年末まで契約がある中、本人は日本行きを決意したという。 なお、ムゴシャの契約解除条項は100万ドル(約1億3500万円)とのことだが、神戸は支払うことを決断。また、年俸も現行の90万ドル(約1億2200万円)の2倍に達する金額を提示しているという。 大きな期待を寄せられながら、大きくはなされて最下位に沈む神戸。ストライカー獲得で浮上の兆しは見えるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】蔚山現代戦でパーフェクトなチップキックを決めるムゴシャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKUlFDelB3SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ムゴシャは圧倒的な直接FKも決める</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZdXJmMG1oNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.06.25 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪がフィンランド代表MFに興味? ミランやベンフィカも注目の22歳トップ下

セレッソ大阪がキプロスのパフォスに所属するフィンランド代表MFオンニ・ヴァラカリ(22)の獲得に動いているようだ。 これはポーランド『Meczyki』のYouTubeチャンネルで記者のトマス・ヴォダルチク氏が語ったものだ。 話によると、ヴァラカリの獲得に関してはC大阪の他に、ミラン、ベンフィカ、PAOKテッサロニキが興味を持っているとのことだ。 ヴァラカリはパフォスで公式戦通算72試合に出場し31ゴール12アシストを記録。今シーズンもリーグ戦でプレーオフを含めて26試合に出場し10ゴール4アシストを記録していた。 トップ下を主戦場に攻撃的なポジションを務められ、フィンランド代表としても10試合に出場し1ゴールを記録。出番こそなかったが、ユーロ2020のメンバーにも選ばれていた。 C大阪は元日本代表MF乾貴士が契約解除により退団。攻撃的なポジションの補強を求めているようだ。 2022.06.25 07:15 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和がフェイエノールトFWリンセンの獲得決定と現地報道、2年半契約で得点力不足解消へ

予てから噂にあがっていたフェイエノールトのオランダ人FWブライアン・リンセン(31)の日本行きだが、どうやら決着がついたようだ。 オランダ『Rijnmond』によると、リンセンの浦和レッズへの移籍が完了したと報道。2年半の契約にサインするという。なお、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)とのことだ。 Jリーグの夏の移籍市場は7月15日から開かれるが、そこに合わせて契約を結ぶとされている。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ECLで12試合3ゴールを記録している。エールディビジでは341試合で108ゴール47アシストを記録している。 今シーズンの浦和は、リカルド・ロドリゲス監督を迎えた2年目。躍進が期待されたなか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではラウンド16に進出も、明治安田生命J1リーグでは13位と低迷。特に攻撃陣に課題を抱えており、17試合で18ゴールしかあげられていない。 FWキャスパー・ユンカー、DFアレクサンダー・ショルツに加え、今季からMFダヴィド・モーベルグ、FWアレックス・シャルクを獲得したが、結果がついてきていない状況。9番タイプの選手の補強に長らく動いていたが、リンセンの獲得で得点力不足を解消したいところだ。 2022.06.25 06:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly