川崎F、鳥栖との上位戦で4連勝ストップも首位堅持…谷口一発退場も勝ち点1【明治安田J1第14節】

2022.05.21 19:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が21日に駅前不動産スタジアムで行われ、サガン鳥栖vs川崎フロンターレは0-0のドローに終わった。

最下位のヴィッセル神戸を相手に今季最多4失点の敗北を喫した前節からの仕切り直しを期す5位鳥栖。3試合ぶりのホーム戦となる今節、ACLの戦いから帰国後3戦全勝で4連勝中の首位川崎Fを迎え撃った。

鳥栖は前節から本田に代わって堀米が先発した一方で、川崎Fは中2日の日程も考慮して5選手を変更。横浜FCからの新加入ながら、ここまでリーグ戦不出場だった瀬古がインサイドハーフの一角で先発した。

入りから家長中心のパスワークで崩そうとする姿勢を色濃くした川崎Fだが、次第に鳥栖も巻き返す。ただ、互いに最後のところをやらせない守備が光り、あまりシュート数が伸びない展開となる。

そのなかで、左ウィングバックに入る岩崎の右足クロスが6分に直接クロスバーを叩いた鳥栖は41分にもオーバーラップしたジエゴの折り返しから菊池がゴールに迫ったりと積極果敢な攻めに転じる。

普段と異なる面子もあってか、崩しの鋭さを欠く川崎Fは後半の頭からマルシーニョを送り出すと、62分に橘田とレアンドロ・ダミアンも投入。その介もあって、相手ゴールに迫るシーンが増え出す。

だが、68分から出場の垣田が左サイドで相手ハイラインの背後にドリブルを仕掛けた79分、谷口がタックルで止めてファウルに。VARのオンフィールドレビューで決定機阻止による退場を命じられる。

数的不利に陥った川崎Fだが、ボールを握り続けると、後半アディショナルタイム1分にバイタルエリア中央でFKのチャンス。ジョアン・シミッチが左足で直接狙ったが、味方に当たって不意にする。

上位対決は引き分けに終わり、川崎Fの連勝が「4」で止まったものの、同時刻キックオフの2位鹿島アントラーズも勝ち点1にとどまったため、首位をキープ。鳥栖は2試合勝利なしとなっている。

サガン鳥栖 0-0 川崎フロンターレ

関連ニュース
thumb

「同じようなことが起きた場合、無観客試合、勝ち点剥奪も」罰金2000万円の可能性…浦和の違反行為を受け、野々村チェアマンが言及

Jリーグは5日、クラブの代表者が出席する臨時実行委員会を開催。その後に、メディアブリーフィングが行われた。 今回の臨時実行委員会では、す声出し応援の段階的導入の方針、そして、違反事例に対する再発防止の再確認等を全クラブで共有したとのことだ。 違反行為としては、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪vs浦和レッズの一戦で、浦和のサポーターがチャントやブーイングなどの声出しを実施。この件に関して、5日にクラブが謝罪声明を発表していた。 これまでも幾度となくガイドラインに違反し、声出しを行ってきた浦和サポーター。Jリーグは、ガイドライン違反の声出しが続いていることについて、裁定委員会から浦和に最大2000万円の罰金処分が行われる可能性が浮上しているとし、さらに違反が続けば無観客試合や勝ち点剥奪など、厳重な処分に発展していく可能性もあるとした。 今回の実行委員会はJ1、J2、J3のカテゴリに分かれて行われたとのことで、J1のクラブの実行委員からは浦和の件で意見が出たとのこと。野々村芳和チェアマンは「具体的な防止策がない中では不安がある。クラブがしっかりとルール違反を犯した人たちに対してしっかりとしたスタンスを見せるべきではないか」という意見が出たとし、浦和の立花洋一代表が謝罪したことを報告した。 また、浦和が今回ついに声明を出したことについて「リーグも浦和に対してステートメントを出すとか、再発防止策を取ってくださいと現場間では言ってきていましたが、今までは出てきたことがなかったです。今日浦和からもクラブのインフォメーションとして、クラブのスタンスと再初防止策が出た。58クラブが同じ方向で進むことで行きますよと再確認した」とコメント。浦和の声明もあり、改めて全クラブと共有したという。 さらに、今回の事実確認を浦和と実施したとし、「同じ方向で進んでいくことを宣言して、クラブとしての姿勢を見せたのであれば、我々も上にアクションを取れるようになった」と述べ、クラブに運営責任があるとして、処分を前提に裁定委員会に諮問を行う方針を明らかにしている。 今回のG大阪戦だけでなく、5月のホームでの鹿島アントラーズ戦など複数あることを挙げ、野々村チェアマンは最大で2000万円の罰金になる可能性を明かし、「同じようなことが起きた場合、無観客試合、勝ち点剥奪も含めた上で、第三者となる裁定委員会に諮問した上でペナルティを課すことがあるとお伝えした」と、厳しい処分も辞さないことを浦和に伝えているとした。 一方で、クラブの社長をやっていたこともあり、クラブの考え、そしてファン・サポーターが思うところに理解を示している野々村チェアマン。Jリーグが段階的に声出し応援を緩和している中で、一部のファン・サポーターは欧米と比較してマスク着用の是非など、全面解禁を求める声が大きい。 しかし、気持ちは理解するとした上で、あくまでも政府の方針に則ってやらなければいけないとし、現在進めている方向で問題が起きないことを確認することが大事だとし、しっかりと進めて理解を得ていくために動いているとした。 「一部のサポーターの中にはやはり日本のコロナ政策と欧米のスポーツシーンの状況に違和感を感じている人たちが、ああしたい、ああいう状況を取り戻したいという思いの(声出しという)表現もあるというのは、僕の想像の中では感じているところです」 「ただ、改めてですが、Jリーグでは基本的対処方針に則った中で少しでも緩和される方向を探していきます」 「基本的対処方針を大幅に変えて頂くような働きかけはリーグとして、僕が責任を持ってやっていくという棲み分けはお伝えしたいです。僕1人でできるわけではないですが、いくつかのエビデンスをもとにサッカー界、スポーツ界、違う業界の人たちも含めて、どうやったら前に進めるかを含めて別の方向でやっていくことはお伝えしておきます」 日常生活でも緩和の動きが進む中で、日々の感染者は急増中。対策をすれば感染者が減り、緩めば増えるということを2年以上繰り返している状況だ。「急がば回れ」という言葉があるように、欲望に負けず、しっかりと一歩ずつ進んで行くことの方が早く問題は解決するのではないだろうか。 2022.07.05 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、“ピカチュウ”ゲットで巻き返しか? ゼ・リカルド監督もよく知る逸材

Jリーグに“ピカチュウ”がやってくる可能性があるようだ。 大人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンで、アニメや映画では主人公の少年・サトシの相棒を務めるポケモンとして知られているのがピカチュウだが、それとは別物だ。 カンピオナート・ブラジルレイロ・セリエA(ブラジル1部)のフォルタレザに所属するサイドアタッカーのMFヤーゴ・ピカチュウ(30)だが、ブラジル『UOL』によると清水エスパルスに加入する可能性があるようだ。 ピカチュウは、長らくヴァスコ・ダ・ガマでプレー。2021年3月にフォルタレザへと完全移籍した。 かつてはガンバ大阪への加入も噂されたことがあるが、ブラジル国内でのプレーを続け、ここまでセリエAで172試合に出場し30ゴール14アシストを記録。セリエB(ブラジル2部)でも97試合で21ゴール14アシストを記録していた。 しかし、フォルタレザは今季のセリエAで20位と低迷。15試合を終えてわずかに2勝と苦しんでいる状況だ。 清水を率いるゼ・リカルド監督は、ヴァスコ・ダ・ガマ時代にピカチュウを指導しており、両者には繋がりがある状況。移籍金は530万レアル(約1億3500万円)とみられ、交渉がかなり進んでいるようだ。 また、給料も月額25万レアル(約640万円)になると見られ、キャリアも終盤に差し掛かるピカチュウにとっては大きなオファーだと報じられている。 清水が獲得となれば、戦力としてはもちろんのこと、違った意味でも大きな話題を呼びそうだが、Jリーグに“ピカチュウ”が来ることはあるだろうか。 2022.07.05 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京のDFエンリケ・トレヴィザンが左肩の治療で一時帰国、再来日は未定

FC東京は5日、ブラジル人DFエンリケ・トレヴィザンの一時帰国を発表した。 クラブの発表によると、左肩関節の治療のためにブラジルへと一時帰国するという。なお、再来日の時期は未定とのことだ。 エンリケ・トレヴィザンは、今シーズンからFC東京に加入。4月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節のガンバ大阪戦で負傷。国立競技場で行われた一戦に先発出場すると、ラストプレーでG大阪FWパトリックとライン際で競り合って倒れると、試合終了のホイッスルが鳴っても立ち上がれず。そのまま試合終了を迎えていた。 左肩関節脱臼と診断され、全治は約4~6週間とされていたが、一時帰国することとなった。 なお、今シーズンの明治安田J1で6試合に出場していた。 2022.07.05 16:33 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグの「声出し応援」検証試合、1試合が追加決定

Jリーグは5日、「声出し応援エリア/声出し応援席」の実施試合に関して、1試合が追加決定したことを発表した。 政府の基本的対処方針に基づき6月上旬より運営検証を行っているJリーグ。7月30日から8月14日までの期間で開催する公式試合を対象にした【STEP3】では、スタジアムの収容率50%の人数を上限に、声出し応援エリアを拡大しても感染対策と両立した運営ができるかを確認する。 これまで14試合での実施が発表されていたが、新たに1試合が追加。大分トリニータvs東京ヴェルディでも実施されることとなった。 今後も、申請を受け付けており、決定次第順次公表されるとのことだ。 ◆【STEP3】として実証検証が行われる試合 7月30日(土) 明治安田生命J2リーグ第29節 モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア [NDソフトスタジアム山形] 栃木SC vs 徳島ヴォルティス [カンセキスタジアムとちぎ] 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ [ケーズデンキスタジアム水戸] 大分トリニータ vs 東京ヴェルディ [昭和電工ドーム大分] 8月3日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ第1戦 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] 8月6日(土) 明治安田生命J1リーグ第24節 アビスパ福岡 vs ガンバ大阪 [ベスト電器スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 レノファ山口FC vs モンテディオ山形 [維新みらいふスタジアム] 8月7日(日) 明治安田生命J1リーグ第24節 FC東京 vs 清水エスパルス [味の素スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック [ソユースタジアム] 8月10日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] 8月13日(土) 明治安田生命J2リーグ第31節 水戸ホーリーホックvs.東京ヴェルディ [ケーズデンキスタジアム水戸] 明治安田生命J3リーグ第20節 ヴァンラーレ八戸 vs いわきFC [プライフーズスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 FC東京 vs セレッソ大阪 [味の素スタジアム] 8月14日(日) 明治安田生命J2リーグ第31節 栃木SC vs アルビレックス新潟 [カンセキスタジアムとちぎ] 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 [県立カシマサッカースタジアム] ◆【STEP2】として実証検証が行われる6試合 7月6日(水) 19:00K.O. 明治安田生命J1リーグ第20節 鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪 [県立カシマサッカースタジアム] 7月6日(水) 19:00K.O. 明治安田生命J1リーグ第20節 FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌 [味の素スタジアム] 7月6日(水) 19:00K.O. 明治安田生命J1リーグ第20節 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [日産スタジアム] 2022.07.05 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和がG大阪戦でのサポーターの声出し応援の違反行為認め、謝罪声明「これまでの努力と気持ちを裏切る行為と認識」

浦和レッズは5日、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪戦での事象について説明した。 パナソニック スタジアム 吹田で行われたこの試合。1-1の引き分けに終わった中、Jリーグが進める「声出し応援」の検証試合の対象試合ではなかったものの、浦和のサポーターがチャントやブーイングなど、声出し行為を行っており、大きな問題となっていた。 Jリーグの野々村芳和チェアマンも「残念としか言いようが無い」とコメントするなどし、規制緩和に向けて動いている最中でのルール違反を非難した。 そんな中、浦和はクラブを通じて声明を発表。「声を出しての応援行為が確認された」とし、裏切り行為であると認めた。 「2022年7月2日(土)にパナソニック スタジアム 吹田にて行われました、明治安田生命J1リーグ 第19節 ガンバ大阪戦において、浦和レッズサポーターによる、声を出しての応援行為が確認されました」 「この行為は、飛沫感染につながる可能性があるという理由から「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」内で禁止されており、新型コロナウイルス感染拡大を防ぎながら公式戦の試合運営を円滑に行うことにより、愛するチーム・選手を鼓舞する声を再びスタジアムに取り戻したいと願う、Jリーグに関わるすべての皆さまのこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識しております」 「浦和レッズとして、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づいた試合運営業務を遂行することができなかった事実につきまして、心よりお詫び申し上げます」 「今後につきましては、下記の再発防止策を実行し、試合運営に努めてまいります」 また、再発防止策についても発表し、周知徹底の他、違反者への適時適切且つ毅然とした対応をしていくとした。 【再発防止策】 (1)事前周知 ・「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の周知徹底 ・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施 ・サポーターグループとの直接的なコミュニケーションの実施 (2)試合当日 ・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施 ・ホームゲーム時のスタジアムオーロラビジョンでの啓発情報発信の強化 ・違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む) 2022.07.05 14:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly