土壇場で相馬勇紀のミドル弾が炸裂!名古屋が清水破り今季初の連勝【明治安田J1第14節】

2022.05.21 17:32 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルスvs名古屋グランパスがIAIスタジアム日本平で行われ、アウェイの名古屋が1-2で勝利を収めた。

前節は京都サンガを相手にゴールレスドローに終わった16位の清水。待望の今季ホーム初勝利を目指すなかで、今節も同じ11人がスタメンに名を連ねた。

対する名古屋は前節、セレッソ大阪を1-0で下し、7試合ぶりとなる3ポイントを獲得。今季初の連勝を狙う一戦では、吉田豊が6試合ぶりの先発となった。

立ち上がりの3分、ファーストシュートを放ったのはホームの清水。宮本の縦パスを受けた鈴木が前を向き、敵陣中央の遠い位置から左足を振り抜くも、相手GKに弾かれる。

対する名古屋も7分、ボックス右手前から森下がクロスを上げ、ファーサイドで収めた吉田がマイナス方向に折り返す。このパスをボックス手前中央で受けた仙頭が、シュートフェイクで相手を一人かわし、右足でシュートを放ったが、相手DFに至近距離でブロックされた。

両チームがゴールに迫る中、先手を取ったのは名古屋だった。22分、吉田からのパスを敵陣左サイド浅い位置で受けたマテウスが、相手DFの股を抜いてドリブル突破。深くまで侵入しクロスを上げると、ニアサイドで待っていた酒井がヘディングシュートでゴールネットを揺らした。

酒井の今シーズン初ゴールで先制に成功したアウェイチームはさらにセットプレーからチャンス。39分、右CKの場面でキッカーのマテウスがボックス手前中央に柔らかい弾道のボールを送ると、走り込んできた稲垣がダイレクトで左足を振り抜いたが、強烈なシュートは相手GKに阻まれた。

1点ビハインドで試合を折り返した清水だったが、後半立ち上がりにチャンスを得る。50分に獲得した左CKの場面でキッカーは西澤。ボックス中央へ蹴り込まれた滞空時間の長いボールに立田が頭で合わせるも、惜しくも枠の上に外れた。

後半に入って押し込まれている印象の名古屋は70分、中谷の縦パスを受けた石田が素晴らしいファーストタッチで前を向き、ドリブルでボックス右手前まで運んでから右足のシュート。しかし、これは枠の左に外れる。

後半から勢いを強めたホームチームは71分についに同点に追いつく。自陣からのスルーパスで敵陣右サイド深くに抜け出したカルリーニョス・ジュニオが右足で低い弾道のクロスを供給。ゴール前で飛び込んだチアゴ・サンタナが頭で合わせると、ゴール左に決まった。

試合を振り出しに戻した清水は80分にもシュートシーンを作る。片山が敵陣右サイド深い位置から上げたクロスがゴール前で混戦を生み、このこぼれ球に反応した鈴木が左足のシュートを放ったが、惜しくも枠の上へ。

その後も攻勢を強めるホームチームに対して、守りを固めるアウェイチームという構図のまま試合は進行。だが、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイムに試合を動したのは名古屋だった。

敵陣中央で相馬がボールを受けると、ドリブルで持ち上がり、ボックス手前中央から右足を一閃。鋭いミドルシュートは左ポストに当たってゴールネットを揺らし、土壇場での決勝点となった。

後半から途中出場した相馬の今シーズン初ゴールで勝ち越した名古屋は、そのまま試合終了まで守り切り1-2で勝利。今季初の連勝を収めた。

清水エスパルス 1-2 名古屋グランパス
【清水】
チアゴ・サンタナ(後27)
【名古屋】
酒井宣福(前22)
相馬勇紀(後49)

関連ニュース
thumb

鳥栖が大量5発でFC東京を粉砕!! FC東京は小川のラストマッチを飾れず…【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖vsFC東京が26日に駅前不動産スタジアムで行われ、ホームの鳥栖が5-0の大勝をおさめた。 前節は鳥栖は磐田に、FC東京は湘南に黒星を喫した両チーム。どちらも上位争いまで食い込んでいくことも可能な順位なだけに、後半戦最初のゲームを白星で飾りたいところ。FC東京はポルトガルへの期限付き移籍が決まっている小川のラストマッチとなった。 最初のシュートはFC東京。6分、小川の右からのFKに松木がヘディングで合わせるが、惜しくもクロスバーの上へ逸れる。一方の鳥栖は10分、中盤でボールを奪取した小泉がドリブルで持ち運んで左サイドへ大きくサイドチェンジすると、岩崎がボックス手前で受けてワントラップから左足を振り抜く。シュートは枠を捉えていたが、ここはFC東京のGKスウォビィクに掻き出された。 互いに決定機を迎えた中、先制点は鳥栖が挙げる。30分、相手陣内でボールを回してチャンスを窺いながら、右サイドに開いた堀米がカットインしゴール前まで接近。宮代とのワンツーの呼吸が合わずに一度は相手にボールを明け渡すも、岩崎が奪い返してボックス手前から右足ミドルを放つ。先のシーンとほぼ同じ位置から放たれた強烈な一撃に、名手スウォビィクも反応が間に合わず。矢のように真っ直ぐな軌道を描いてネットに突き刺さった。 先手を取られたFC東京は、失点シーンで鳥栖の岩崎と競り合った安部が負傷し、レアンドロと交代に。そのレアンドロは投入直後にゴール前まで切れ込んで右足シュートを放つも、枠を大きく外してしまう。45分には鳥栖のビルドアップを森重がインターセプトし、永井、松木、アダイウトンと繋いで最後は渡邊がボックス内で左足を一閃。しかし、鳥栖のGK朴一圭に左足一本で阻まれ、絶好のチャンスを逃す。FC東京は試合を1点ビハインドで折り返した。 一方、先制した試合では今シーズン負けなしという鳥栖は、後半立ち上がりにいきなり追加点を奪う。48分、最終ラインから縦パスを受けた堀米が左サイドへ展開し、岩崎がボックス内までドリブルで侵入。グラウンダーのクロスを入れると、FC東京の青木の中途半端なクリアがジエゴのもとへ。素早く左足で放ったシュートは、相手DFに当たってネットに吸い込まれた。 ハーフタイム明けに出鼻をくじかれたFC東京は63分、鳥栖の最終ライン背後を狙った山下へ後方の小川からフィードが入ると、このボールを鳥栖DFがクリアしきれず。こぼれ球をペナルティアーク内で拾ったレアンドロが右足で狙い澄ましたコントロールショットを放つが、惜しくもゴール左に外れる。まずは1点を返したいところだが、出足の鋭さが衰えない鳥栖に対して効果的なプレッシャーをかけることができず、攻撃が単発に終わることが多い。そして、次の1点も鳥栖が挙げることに。 70分、鳥栖は敵陣で相手のビルドアップを妨害し、ジエゴがインターセプト。福田を経由してボックス内の本田へとボールが渡り、本田は小刻みなステップのカットインから右足をシャープに振り抜く。グラウンダーでGKのニアを突いた豪快な一撃がネットを揺らし、勝負の行方を決定づけた。 さらに鳥栖は78分、小泉がハーフウェイライン付近でボールを奪取し一気に前線まで駆け上がる。左側を並走した本田へボールを預け、本田はファーサイドへGKの頭上を越える緩やかなセンタリングを供給。右足ワンタッチで中央へ降り返されたボールを垣田が無人のゴールへダイレクトで流し込み4-0とする。 そして、鳥栖の華々しいゴールラッシュの締めくくりは85分。敵陣で相手のパスミスを拾った藤田がボックス手前まで降りてきた垣田に縦パスをつけると、疲労の色が濃いFC東京の選手らを尻目にフリーで反転して前を向いた垣田は、1人かわすとボックス内右側から腰をひねって右足を一閃。アウト回転がかかったボールがファーサイドに突き刺さり、5-0となった。 その後は、無失点を念頭に集中を切らさなかった鳥栖がFC東京をシャットアウト。ホームで会心の勝利を挙げた。一方のFC東京はリーグ戦2連敗。小川のラストマッチは大敗という結果となってしまった。 サガン鳥栖 5-0 FC東京 【鳥栖】 岩崎悠人(前30) ジエゴ(後3) 本田風智(後25) 垣田裕暉(後33) 垣田裕暉(後40) 2022.06.26 21:49 Sun
twitterfacebook
thumb

また町野!5戦6発エースの決勝点で湘南が京都との熱戦を制す【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の京都サンガF.C.vs湘南ベルマーレがサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、1-0でアウェイの湘南が勝利を収めた。 12年ぶりのJ1でもアグレッシブな戦いを披露する京都は、前半戦を9位で終えた。前節も敗れはしたが、難敵・鹿島アントラーズを相手に善戦。今節は[4-3-3]のアンカーに井上を起用し、インサイドハーフを武富と金子が務めた。 序盤は苦戦を強いられた中でスタイルを取り戻す兆しの見える湘南だが、快勝した川崎フロンターレ戦後に対セレッソ大阪3連敗やFC東京戦後の天皇杯敗戦など、調子の良さを継続できていない。今節は好ゲームを披露したそのFC東京戦と同じ11人でスタートした。 曹貴裁監督と山口智監督、互いの指揮官にとって古巣対決となるカードは、3月の対戦時は1-1と未決着。試合前に気温30度が互いの走力にどう影響するかにも注目が集まった一戦の序盤は、湘南が奪ってからの素早い攻撃で形を作った。 瀬川のスルーパスから池田の左足はGK上福元に阻まれるも、13分には町野がネットを揺らす。高橋のスルーパスから裏を取り、GKとの一対一を制するも、オフサイドディレイでゴールは認められなかった。 対する京都は23分に古巣対戦となった武富が距離のある中で右足を振る。直後にはボックス右へ流れたボールをピーター・ウタカがGK谷より先に触り、角度のない位置からループ。さらには、こちらも古巣対戦となる金子の右足のミドルでゴールに迫る。 30分を過ぎると再び湘南が連続してチャンスを迎える。大岩の右クロスから瀬川がジャンピングボレーを放てば、39分にはボックス左に侵入した高橋、直後には町野のクロスに茨田が飛び込んだ。 前半終了間際の京都は1本のパスで裏を取り、ウタカがGK谷をかわしてのフィニッシュ。ハーフタイムにはアピアタウィアと荒木に代えてメンデスと福岡を投入し、3バックに変更してミラーゲームを展開した。プレッシングが機能し始め、攻守の連動性が増すと、豊川のそらしからウタカがGK谷をかわして左足のフィニッシュというチャンスを迎える。 杉岡のブロックでこれをしのいだ湘南も直後の71分に茨田、池田からタリク、大橋へのスイッチで再び前線を活性化させると、3分後には出足の良い舘のインターセプトから投入された大橋が右足のフィニッシュ。さらにタリクにもチャンスが訪れたが、81分の決定機はGK上福元の見事な飛び出しに阻まれた。 流れを取り戻した湘南は83分にも畑と米本の2枚を送り込むと、この交代策が的中する。右サイドでの作りから中央を経由して米本がスルーパスを送ると、左のポケットを取ったフリーの畑が丁寧なグラウンダーの折り返し。最後は反応した町野が右足でネットを揺らし、87分に均衡を破った。2戦連続ゴールで殊勲の町野は直後にウェリントンと交代し、ゴール裏の一角を位置取った湘南サポーターからスタンディングオベーションで迎えられた。 短い残り時間で反撃に出る京都だったが、湘南も集中を切らさずに対応を続けてタイムアップ。湘南が今季2度目の2連勝を飾り、一方の京都は今季2度目の2連敗となった。 京都サンガF.C. 0-1 湘南ベルマーレ 【湘南】 町野修斗(後42) 2022.06.26 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、舩木翔のJ1初ゴールで清水とドロー【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、セレッソ大阪vs清水エスパルスが26日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 C大阪は前節、サンフレッチェ広島に逆転負けし、連勝が3試合でストップ。ミッドウィークに行われた天皇杯では、数名の主力を温存させた中で、ベガルタ仙台との打ち合いを制し、ベスト16入りを決めた。 対する清水は、前節のアビスパ福岡戦の勝利で3連敗を止めるとともに、6試合ぶりの白星を手にした。しかし、主力メンバーで臨んだ天皇杯では京都サンガF.C.に敗れ、大会から去っている。 前半の立ち上がりはホームのC大阪がペースを握る展開に。その中で5分に為田が鋭いミドルシュートで相手GKを強襲。9分には右CKからヨニッチがヘディングシュートを放つが、ここもGKに防がれてしまう。 そんな中15分、C大阪が自陣からカウンターに出ようとしたところ、起点となった清武が後ろからチャージを受けて左足首を負傷。しばらく倒れ込んだ後、何とか立ち上がったものの、プレー続行は不可能となり、加藤と交代した。 その後も清武交代以前と変わらずC大阪がボールを保持していくが、意外な形で試合が動いた。35分、清水は西澤が右サイドからクロスを上げると、ヨニッチがクリアし切れず足に当たったボールがゴールイン。オウンゴールでアウェイチームが先制した。 リーグ戦では1カ月ぶりに先制を許したC大阪。直後の36分、為田のロングパスで速攻のチャンスを迎えると、ボックス左に流れた毎熊のラストパスを加藤がボックス手前からダイレクトシュート。しかし、ここは大きく枠を外してしまった。 44分には毎熊がボックス手前右からシュートを放つも、GKの守備範囲。試合は清水のリードで折り返すことになった。 後半に入ると、西尾を下げて舩木投入したC大阪が、52分にブルーノ・メンデスのヘディングシュートでゴールに迫る。清水も57分に右CKから片山がヘディングシュートを見舞うも、GKにキャッチされた。 その後はC大阪が立て続けにチャンスを迎える展開に。64分に左サイドの舩木のクロスから加藤がヘディングシュート。72分にも加藤がボックス左から決定的なシュートを放つが、どちらもGK権田に止められてしまう。 しかし迎えた76分、右CKのチャンスで鈴木が右足でクロスを入れると、仕留めたのは舩木。ニアで合わせたヘディングシュートがゴール左に決まり、同点に追いついた。舩木はこれがJ1初ゴールとなった。 追い付かれた清水はその直後、チアゴ・サンタナと白崎を下げてコロリとディサロを投入。すると87分にその2人がチャンスメイク。コロリが左サイドから侵攻し、ボックス中央へ浮き球のラストパス。フリーで待ち構えていたディサロは胸トラップから左足を振り抜いたが、大きく枠を外れる結果に。 結局、試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。 セレッソ大阪 1-1 清水エスパルス 【C大阪】 舩木翔(後31) 【清水】 OG(前35) 2022.06.26 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

90分にモーベルグのFKが炸裂! 浦和が神戸を下し2連勝【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、ヴィッセル神戸vs浦和レッズが26日にノエビアスタジアムで行われ、0-1で浦和が勝利した。 未だ2勝で最下位に沈む神戸と、前節の名古屋グランパス戦で10試合ぶりの勝利を収めた浦和が激突。ベスト16入りした天皇杯のレノファ山口戦から先発を6名変更した神戸に対し、浦和は敗れたザスパクサツ群馬戦からの変更は2人にとどめた。 その浦和ではユンカーが1カ月ぶりにリーグ戦に復帰。開始直後に一人で相手DFからボールを奪い、ビッグチャンス到来。シュートはポストに嫌われたが、いきなり存在感を見せる。 しかし、キックオフからわずか5分後に足を痛めてプレー不可能に。松尾との交代で早くもピッチから去ることになった。 相手のアクシデントに乗じたい神戸だが、効果的な攻撃はほぼ皆無。逆に浦和は速攻から効率よくチャンスを作り出す。 まずは28分、猛烈なプレスで敵陣中央でボールを奪うと、江坂がボックス右で収めて最後は大久保がシュートへ。44分には、再び江坂のパスで大久保にボールが渡ると、今度は右サイドからカットインし、左足でフィニッシュ。しかし、どちらも枠を捉えることができず、試合は0-0で折り返した。 浦和は後半から宮本に代わって酒井が登場。リーグ戦では8試合ぶりの出場となったが、酒井の投入で浦和の右サイドが活性化。立ち上がりは押し込む時間が続いた。 なかなかチャンスを作れない神戸は、62分に大迫と汰木を下げて、ボージャンと郷家を投入。70分にはイニエスタを下げて扇原を送り出すが、それでもゴールに迫るシーンは増えない。 一方の浦和もチャンスの数が多いわけではなく、フィニッシュの精度の低さが目立つ。しかし、ラストチャンスとなった90分のFKで、途中出場のモーベルグがボックス手前中央から直接決めて勝ち越しに成功する。 結局、これが決勝点となり、浦和が2連勝を収めた。神戸は2連敗となった。 ヴィッセル神戸 0-1 浦和レッズ 【浦和】 ダヴィド・モーベルグ(後45) 2022.06.26 20:04 Sun
twitterfacebook
thumb

仲間の技あり弾で鹿島が先制も、マテウスのPKで名古屋が追い付きドローに【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが豊田スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 前半戦を連敗で折り返すことになった名古屋だが、今節は頼れる守護神が復帰。第16節サンフレッチェ広島で9分に負傷交代したGKランゲラックが、2試合ぶりに戻ってきた。 前半戦を2位で折り返した鹿島にとっては、前日に首位の横浜F・マリノスが勝利したため必勝の一戦に。鈴木優磨が出場停止から戻り、古巣対戦となるキム・ミンテが第3節柏レイソル戦以来のスタメンとなった。 素早いトランジションから柿谷がゴールに迫るなどした序盤の名古屋は、森下が11分に個人技を見せる。深い切り返しで2人を外してのカットインからの左足は、右上の際どいコースを突いたが、GKクォン・スンテに阻まれた。 20分には鹿島が均衡を破ったかに思われた。GKのロングキックをカイキが頭でつなぎ、仲間が相手と競り合ったこぼれ球を再びカイキが拾って縦へ。ボックス内でパスを受けた上田は、中谷のチャージを受けながらもブレずに右足で流し込んだ。 だが、オンフィールドレビュー(OFR)の結果、上田が胸トラップ後に左腕を使ってボールをコントロールしたとしてハンドの判定に。鈴木や鹿島ベンチは猛抗議するもノーゴールのままで、直後のチャンス後にも鈴木は再び山本主審に言い寄った。 ただ、これで気持ちを切らさなかった鹿島は33分に正真正銘の先制点を奪取。三竿のフィードが柿谷当たって大きく浮き上がり、敵陣中央で上田が競り合ってディフェンスラインの背後へ落とすと、抜け出した仲間がケアにきたGKランゲラックより先に触る。滑り込みながらちょこんと浮かせる技ありのフィニッシュでネットを揺らし、試合を動かした。 J1ホーム通算250勝が懸かる名古屋は仙頭のシュートやマテウス・カストロの直接FKで反撃に出ると、折り返した後半は頭からラッシュ。稲垣のクロスがピトゥカのハンドを誘発してPKを獲得すると、マテウスの強烈な左足のキックは左のポストに当たってゴールに吸い込まれ、51分に同点とした。 3試合ぶりの得点がJ1ホーム通算800得点となった名古屋は、その後もマテウスやレオ・シルバが積極的に足を振る。58分には稲垣のフリックからフリーの柿谷がこれ以上ないというくらい狙いすませてのボレーを放つも、枠の上へ外れた。 追い付かれて劣勢が続く鹿島は59分に3枚替えを行い、一度試合を落ち着かせることに成功。押され気味の展開をフラットな状態へ戻し、その中で74分に投入された樋口のFKからカイキがヘディングを見せると、82分にも「14」番のキックからカイキが左ポスト直撃のシーンを作る。 後半のアディショナルタイムには名古屋もマテウスの突破からチャンスを迎え、右サイドをえぐってのマイナスの折り返しを稲垣がスルーしてボックス手前からレオ・シルバが右足で狙う。追加3分には相馬にもビッグチャンスが訪れたが、GKクォン・スンテの前に阻まれると、互いに次のゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合うこととなった。 名古屋グランパス 1-1 鹿島アントラーズ 【名古屋】 マテウス・カストロ(後7) 【鹿島】 仲間隼斗(前33) 2022.06.26 20:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly