【J1注目プレビュー|第14節:福岡vs横浜FM】堅守の福岡の策は? 横浜FMは失意のドローから立ち直れ

2022.05.21 14:42 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第14節】
2022年5月21日(土)
19:00キックオフ
アビスパ福岡(12位/15pt) vs 横浜F・マリノス(3位/25pt)
[ベスト電器スタジアム]

◆堅守を見せてゼロに抑えられるか【アビスパ福岡】

前節は川崎フロンターレを相手にアウェイで0-2と敗戦した福岡。5試合ぶりの敗戦となったが、やはりトップ陣との差を感じさせられることとなった。

ただ、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではFC東京を相手に0-0のゴールレスドロー。プレーオフステージに駒を進めたことはチームの自信となったはずだ。

今シーズンの福岡は堅守が売りに。一方で、横浜FMの攻撃陣をどう抑えるかがカギとなる。

しっかりと守備を構築しながらもセットプレーで川崎Fに敗れているだけに、今節はそこも含めてどう守るのかに注目が集まる。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:村上昌謙
DF:前嶋洋太、奈良竜樹、ドウグラス・グロリ、志知孝明
MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也
FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也
監督:長谷部茂利

◆失意のドローから立ち直れ【横浜F・マリノス】

ミッドウィークに行われた浦和レッズ戦では、前半だけで圧巻の3ゴール。しっかりと崩しての3得点に沸き、どんな試合になるかと思いきや、後半は高い最終ラインの裏を突かれるなどキャスパー・ユンカーにハットトリックを許し、3-3のドローに終わった。

圧倒した前半から見れば、ショックの大きなドローとなるだろう。勝ち点2を落としたと言わざるを得ないが、前を向くしかない。

前半の出来は完璧と言っても良い状況。左サイドから崩しての3点とチームのウィークポイントをしっかりと機能させたと言える。

今節に向けては下を向かないことが重要。自分たちの良い部分を信じ、今節も前半から圧倒していけるのかに注目がかかる。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也
MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ
FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮
監督:ケヴィン・マスカット

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:G大阪vs広島】4連敗と4連勝、対照的な両者が激突

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年6月29日(水) 19:00キックオフ ガンバ大阪(16位/17pt) vs サンフレッチェ広島(4位/30pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆4連敗を止められるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦。ともに3連敗という苦しい状況で迎えた試合だったが、結果は1-0で敗れ4連敗となった。 G大阪にとってはこれが後半戦スタートの試合。昨年に続いて残留争いに巻き込まれ続けるシーズンとなるのか、ここからリスタートを切れるのか、重要な一戦となる。 ただ、札幌戦では良いところなし。攻撃陣はゴールを奪えない一方で、守備陣もポジショニングの悪さから札幌に圧倒され、スコア以上に大きな問題を抱えている感が否めない。 特に中盤での守備が効いておらず、ダワンが1人で全てを負っている状況に。攻守のバランスを含め、試合を落ち着かせるゲームメーカー不在が一番の問題とも言える。 相手は好調の広島だけに、叩ければ地震になるが、強度が出なければ一方的にやられてしまう可能性もあるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、倉田秋、ダワン、山見大登 FW:石毛秀樹、レアンドロ・ペレイラ 監督:片野坂知宏 ◆4連勝の勢いで上位食い込みへ【サンフレッチェ広島】 試合が1カ月後ろ倒しになってしまった要因はクラブ内での新型コロナウイルス(COVID-19)の養成者が複数出たこと。試合当日の突如の中止となったが、広島の調子は落ちなかった。 現在は4連勝中。昨季は苦しんだチームだったが、ミヒャエル・スキッベ監督の下でチームの完成度は上がり、現在は4位に位置している。 その広島だが、好調なチームを支えていた野津田岳人が今節は出場停止。ただ、1人欠けたところで崩れるチーム作りはしていない。 チーム力が上がっている上に結果もしっかりと出ている広島。対照的な相手との試合となるが、気を緩めずに5連勝なるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、青山敏弘、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ 出場停止:野津田岳人 2022.06.29 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鳥栖vsFC東京】小川諒也のラストマッチ、特徴を出し切って勝利するのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 19:00キックオフ サガン鳥栖(8位/24pt) vs FC東京(7位/25pt) [駅前不動産スタジアム] ◆守備でハメることがでるか【サガン鳥栖】 前半戦を終えてわずかに3敗の鳥栖。しかし、勝ち切れない試合が多く引き分けが9と勝ち点を思うように伸ばせない戦いが続いた。 それでも8位につけており、後半戦も継続して戦っていくことが重要になる。 攻撃面のテコ入れにでた川井健太監督は、4バックを採用。攻撃面に変化は見られたが、守備で思わぬミスが起きて3失点で敗れた。 アグレッシブに相手を圧倒していき押し込んでいくスタイルだが、プレスがハマらなければ苦しい戦いを強いられることに。今節の相手はそこが最も難しいFC東京だ。 相手のポジショナルプレーに対してどうハメに行くか。相手を上回ることを互いに仕掛けた時に上回れるかが重要だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:島川俊郎ファン・ソッコ、ジエゴ MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、小野裕二 FW:宮代大聖 監督:川井健太 出場停止:田代雅也 ◆勝利で送り出せるか【FC東京】 前節は前半戦ラストマッチで湘南ベルマーレと対戦したが2-0で敗戦。成す術なく敗れた惨敗だった。 さらにミッドウィークには天皇杯でJ2のV・ファーレン長崎と対戦したが、延長にもつれるまさかの展開に。さらにクリスティアーノにゴールを許し、敗退となった。 この2試合の敗れ方は非常に良くなく、後半戦に向けて不安が残るところだ。 今節はDF小川諒也のラストマッチ。ポルトガルに渡る前の最後の試合だが、気持ちよく送り出したいところ。鳥栖とも勝ち点差は「1」だけに負けるわけにいかず、アルベル監督の下で積み上げたサッカーをしっかりと見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、小川諒也 MF:安部柊斗、青木拓矢、松木玖生 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン 監督:アルベル 2022.06.26 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:京都vs湘南】ハイインテンシティな戦い、勝って後半戦の勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:30キックオフ 京都サンガF.C.(9位/20pt) vs 湘南ベルマーレ(17位/16pt) [サンガスタジアム by KYOCERA] ◆後半戦、研究してくる相手への対策は【京都サンガF.C.】 前半戦ラストは鹿島アントラーズにアウェイで敗れたものの、12年ぶりのJ1の舞台は5勝5分け7敗で9位と一桁順位で折り返した。 団子状態にある中、後半戦は上にも下にも行く状況。前半戦で掴んだものをしっかりと出して勝ち点を重ねていきたいところだ。 京都の持ち味である前からのプレスは後半戦も継続するとみられるが、連戦、夏場を迎えるにあたっては無闇なプレスは大きなリスクとなる。 5月以降は結果が伴わなくなってきたものの、徐々に戦い方に幅が持てる状況。前からのプレス、後方からのビルドアップに固執しすぎず、研究してくる相手に対しての判断を間違わないことが重要だ。 曺貴裁監督の古巣であり、多くの選手がかつて所属した湘南との対戦。果たして、どんな戦いを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:飯田貴教、アピアタウィア久、麻田将吾、荻原拓也 MF:福岡慎平、川崎颯太、金子大毅 FW:豊川雄太、ピーター・ウタカ、荒木大吾 監督:曺貴裁 ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 例年以上に期待感を抱かせて開幕した今シーズンだったが、蓋を開ければもはや定位置とも言われてしまう下位に低迷。降格圏で前半戦を終えた。 今シーズンも残留争いの真っ只中にいる湘南だが、前半戦の終盤に徐々に結果が残るように。ヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と力のある3チームから勝利を奪っている。 得点の匂いがほぼしなかった前半戦だったが、ここにきて複数得点が続くこともあり、チームとして乗っていると言える状況だ。 ただ、ミッドウィークの天皇杯は、主力を投入しながらもジュビロ磐田に0-1で敗戦。勝ち上がることもできなかったが、疲労も溜まるという厳しい一戦となった。 これで今シーズンはリーグ戦のみの戦いに。残留という目標に変わったが、しっかりと勝ち点を重ねていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、高橋諒 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 2022.06.26 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:神戸vs浦和】前半戦期待を裏切った両者、折り返し初戦で結果を残すのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/11pt) vs 浦和レッズ(14位/18pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆残り17試合で浮上できるか【ヴィッセル神戸】 このチームが最下位にいることを予想できた人はいないと断言しても良いだろう。しかも17位との勝ち点差は「5」。大きく離されている状況だ。 17試合で10敗。わずか2勝と苦戦も苦戦。ケガ人が出るなどのエクスキューズもあったが、昨季3位のチームが残す結果ではない。 そして今の神戸に足りないのは波に乗る力。ジュビロ磐田(0-0△)、北海道コンサドーレ札幌(4-1○)と流れを作ったかと思えば、前節は柏レイソル相手に先制しながらも3-1で逆転負けを喫した。 ミッドウィークの天皇杯もあわや敗戦の危機に陥ったが、J2のレノファ山口FC相手に2-1で逆転勝利。この勝利を勢いに変えられるかがポイントだ。 残りは17試合。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も再び戦う中で、とにかく勝ち点を積み上げなければ、早い段階での降格決定を迎えることになるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:橋本拳人、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆ケチャップが出るのはいつなのか【浦和レッズ】 神戸同様に期待外れの結果に前半戦を終えたのが浦和だ。敗戦は5と多いわけではないが勝利は「3」と圧倒的に少ない。7連続ドロー、9戦未勝利と苦しんだ結果、14位に位置している。 中断明けとなった前半戦ラストの名古屋グランパス戦では3-1と快勝を見せた一方で、ミッドウィークの天皇杯ではJ2のザスパクサツ群馬に敗戦。やはり今季の戦いは安定しないということを露呈してしまった。 なんといっても浦和の問題点は得点力。失点は16と少ないものの、得点は17試合で18点。1試合1点のペースはどう考えても物足りない。いかに守備陣が奮闘しても勝ち点が積み上がるわけもなく、17試合で勝ち点も18だ。 ポイントは攻撃陣。補強の話もあるが、少なくともあと3週間は誰も加わらない。今いる選手たちがしっかりと奮起できるのか。前節の形を思い出してしっかりと戦いたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:宮本優太、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、大畑歩夢 MF:平野佑一、柴戸海 MF:大久保智明、江坂任、明本考浩 FW:松尾佑介 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.06.26 15:28 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:名古屋vs鹿島】首位を追いかける鹿島、連敗中の名古屋ともに必勝の一戦

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:00キックオフ 名古屋グランパス(10位/20pt) vs 鹿島アントラーズ(3位/33pt) [豊田スタジアム] ◆不安定な戦い、手痛い1敗から立ち直れるか【名古屋グランパス】 前半戦を終えてチームは10位と中位に位置。しかし、後半の戦い方次第では、上位にも下位にも行く可能性がある状況だ。 前半戦は安定しない戦いを見せた中、最後に連敗。シーズン初の連敗で折り返し、さらに低迷する浦和に3-0で完敗を喫するなど、チームとして不安な材料が並んでいる。 無得点どころかチャンスもほとんどなく、守備も崩壊。セットプレーから2失点だけでなく、完璧に崩されて流れの中からも失点した。 天皇杯ではJ2のツエーゲン金沢に1-0。スコア以上のチャンスを作ったことを考えると、満足行く結果とは到底言えず、結局のところ決定力不足という課題は一向に改善されない状況だ。 ここからの残りシーズンをどう戦うのか。不安定さを払拭しなければ、残留争いに巻き込まれる可能性も大だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:武田洋平 DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 ◆優勝に向け白星発進を【鹿島アントラーズ】 前半戦を終えた段階で首位と勝ち点差1の2位。近年では最も良い成績でシーズンを折り返した。 ホームで京都サンガF.C.を打ち破った中、試合後には悲劇が。運営スタッフの2人が信号付きの横断歩道を渡りながらも交通事故で他界。残念すぎるニュースに、改めてチームを支えてくれる人々への気持ちが高まったはずだ。 ミッドウィークの天皇杯は主軸と控え組を合わせたメンバーで臨み、J2の大宮アルディージャを圧倒。全く寄せ付けることなく3-0で快勝し、鈴木優磨、上田綺世もゴールで共演した。 ここからの後半戦、首位の横浜F・マリノスは勝利したが、3位の川崎フロンターレは引き分けで勝ち点1止まり。首位についていくためにも必勝だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ MF:和泉竜司、樋口雄太、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー 2022.06.26 15:14 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly