7連敗中のYS横浜が終始押し込むも、4連敗中の相模原が粘りゴールレスドロー【明治安田J3第7節】

2022.05.19 20:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
19日、明治安田生命J3リーグ第7節延期分のSC相模原vsY.S.C.C.横浜の一戦が相模原ギオンスタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。

本来であれば4月29日に行われる予定だった同カード。しかし、相模原のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が大量に出たため中止となっていた。

現在4連敗中の相模原と、7連敗中のYS横浜の一戦。YS横浜は元日本代表MF松井大輔が今シーズン初先発を飾った。

互いに[3-4-2-1]のシステムを採用したミラーゲームに。その試合で立ち上がりから主導権を握ったのは、アウェイのYS横浜だった。

まずは5分、左サイドを崩すと、ボックス内左から宮内が右足シュートもGK圍がなんとかセーブする。さらに8分にもYS横浜がチャンス。左サイドを仕掛けた脇坂がカットインから右足シュートも、わずかに枠を外れる。

12分には前半最大の決定機。古宿がドリブルで運ぶと、林に縦パス。これを受けた林はボックス手前から強烈なシュートもGK圍がセーブ。こぼれ球を古宿が詰めるも、シュートは枠を大きく外してしまう。

攻勢を続けるYS横浜は22分、林がボールを受けるとパスを受けた脇坂が持ち込み、ボックス内からシュート。しかし、ここもGK圍が立ちはだかってゴールを許さない。

後半は相模原が徐々に盛り返す展開となると64分にYS横浜にアクシデント。前半から積極的なプレーを見せていた脇坂が足を負傷。倒れ込むと、そのまま田場ディエゴと交代していた。

すると68分にその田場がビッグチャンスを迎えることに。カウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち運んだ田場がボックス内に侵入。シュートフェイントで2度相手を滑らせてシュートを放つが、懸命に戻った渡部がなんとかブロックして得点を許さない。

互いにゴールに迫るシーンはありながらも、アタッキングサードでのプレー精度を書いてチャンスが作れない中、86分にはYS横浜がCKからチャンス。クロスが流れたところにフリーで林が待っていたが、シュートを打ちきれない。

最後までYS横浜が押し込む展開は続いたが、ゴールは奪えず。相模原もほとんどチャンスを作れないままタイムアップ。互いに連敗をストップさせたが、ともに勝利を挙げることはできなかった。

◆明治安田生命J3リーグ第7節
▽5/19
SC相模原 0-0 Y.S.C.C.横浜

▽4/30
カマタマーレ讃岐 2-1 FC岐阜
松本山雅FC 1-0 アスルクラロ沼津

▽4/29
いわきFC 3-1 ヴァンラーレ八戸
FC今治 0-0 テゲバジャーロ宮崎
カターレ富山 3-2 ガイナーレ鳥取
愛媛FC 1-1 福島ユナイテッドFC
ギラヴァンツ北九州 0-1 藤枝MYFC
AC長野パルセイロ 2-1 鹿児島ユナイテッドFC

関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】全16名が出場停止、古巣相手の愚行退場の千葉GK新井章太ら

Jリーグは27日、最新の出場停止選手情報を発表した。 今回は6試合の出場停止処分中のFWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)に加え、15名が新たに出場停止となった。 J1では柏レイソルのDF高橋祐治、MFドッジ、名古屋グランパスのDF森下龍矢、サンフレッチェ広島のMF野津田岳人、アビスパ福岡のDFドウグラス・グローリが累積警告で出場停止となった。 またJ2ではベガルタ仙台のFW富樫敬真、水戸ホーリーホックのMF前田椋介、ジェフユナイテッド千葉のMF熊谷アンドリュー、横浜FCのDFガブリエウ、ロアッソ熊本のMF黒木晃平が累積警告で、栃木SCのDFカルロス・グティエレス、千葉のGK新井章太は一発退場での出場停止となった。 グティエレスに関しては、26日に行われた明治安田生命J2リーグ第23節のいわてグルージャ盛岡戦で、「DOGSO」の判定を受けて一発退場に。自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断された。 また、新井は東京ヴェルディ戦の後半アディショナルタイムにクロスをキャッチに行ったところで交錯。起き上がるとバスケス・バイロンの胸をついて倒してしまい一発退場となった。このプレーは、ボールとは関係の無いところで相手競技者の胸付近を左手で突き飛ばした行為は、「乱暴な行為」に該当すると判断された。 J3ではヴァンラーレ八戸のFW萱沼優聖、福島ユナイテッドFCのDF堂鼻起暉、松本山雅FCのMF安東輝が出場停止に。堂鼻は26日のヴァンラーレ八戸戦で「DOGSO」を取られ一発退場。自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断された。 【明治安田生命J1リーグ】 DF高橋祐治(柏レイソル) 第19節 vs鹿島アントラーズ(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFドッジ(柏レイソル) 第19節 vs鹿島アントラーズ(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) DF森下龍矢(名古屋グランパス) 第19節 vs湘南ベルマーレ(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF野津田岳人(サンフレッチェ広島) 第15節 vsガンバ大阪(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFドウグラス・グローリ(アビスパ福岡) 第19節 vsFC東京(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 FW富樫敬真(ベガルタ仙台) 第24節 vsFC町田ゼルビア(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF前田椋介(水戸ホーリーホック) 第24節 vs横浜FC(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFカルロス・グティエレス(栃木SC) 第24節 vsモンテディオ山形(7/2) 今回の停止:1試合停止 GK新井章太(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vs大分トリニータ(7/2) 今回の停止:1試合停止 MF熊谷アンドリュー(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vs大分トリニータ(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFガブリエウ(横浜FC) 第24節 vs水戸ホーリーホック(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF黒木晃平(ロアッソ熊本) 第24節 vsファジアーノ岡山(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FW萱沼優聖(ヴァンラーレ八戸) 第15節 vs松本山雅FC(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF堂鼻起暉(福島ユナイテッドFC) 第15節 vsカターレ富山(7/2) 今回の停止:1試合停止 MF安東輝(松本山雅FC) 第15節 vsヴァンラーレ八戸(7/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 6月27日 20:27 2022.06.27 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝DF温井駿斗が左第2趾基節骨骨折…最低でも8週間の離脱

藤枝MYFCは27日、DF温井駿斗の戦線離脱を報告した。 1日のトレーニング中に負傷して、左第2趾基節骨骨折と診断され、全治8〜10週間の見込みだ。 温井は昨年8月に水戸ホーリーホックから加入。今季はここまで明治安田生命J3リーグ5試合に出場している。 2022.06.27 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

上位叩きの松本がトップ集団に割って入る! 岐阜は4発逆転【明治安田J3第14節】

明治安田生命J3リーグ第14節の5試合が26日に各地で行われ、松本山雅FCが上位対決を制した。 勝ち点3差で追いかける2位のいわきFCをホームに迎え撃った3位の松本。今季最多3失点で敗北した前節からのバウンスバックが求められるなか、39分に日高大のゴールで先制を許すが、前半アディショナルタイム2分にボックス左からのクロスをファーサイドの小松蓮が頭で落とすと、外山凌が押し込んで追いつく。 振り出しに戻して折り返した松本は52分、バイタルエリア左の菊井悠介が左足を振り抜くと、これがボール前でこぼれ球になり、最後はまたしても外山。右足ショットがゴール右に突き刺さり、逆転に成功する。その後、68分に安東輝が2枚目のイエローカードを受けて10人の戦いを強いられたが、 2-1で勝利した。 シックスポインターを制した松本は依然として3位ながら、28ポイントに伸ばして2位のいわきと勝ち点差なしに。ここ7戦負けなしだったいわきは8試合ぶりの黒星となり、前日に今節を落とした29ポイントで首位の鹿児島ユナイテッドFCを追い抜くチャンスを逸している。 また、5位のFC岐阜は11位につけるテゲバジャーロ宮崎のホームに乗り込み、15分に工藤壮人のゴールで先にスコアを動かされるが、前半アディショナルタイム4分に右CKの流れから藤岡浩介がヘッドでネットを揺らして同点に。続く61分に左サイドからのクロスに宇賀神友弥が右足ダイレクトで押し込み、勝ち越す。 69分にも藤岡がこの日2ゴール目となる一発を決め、宮崎を突き放した岐阜は74分にオウンゴールで勝負の行方を決する4点目。4発逆転の岐阜はこれで今季初の4連勝で上位の追走に成功した。一方の宮崎は初の3連敗を喫している。 そのほか、17位のギラヴァンツ北九州は13位につけるカマタマーレ讃岐とのホーム戦を1-0で10試合ぶりの白星で飾り、13位に浮上。17位のヴァンラーレ八戸は7位につける福島ユナイテッドFCにホームで1-0の2試合ぶり白星を掴み、9位のFC今治と12位につけるアスルクラロ沼津の一戦は0-0のドローに終わった。 ◆第14節 ▽6/26(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 1</span>-0 福島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 FC岐阜</span> FC今治 0-0 アスルクラロ沼津 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 いわきFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 ▽6/25(土) Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 藤枝MYFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 1</span>-0 AC長野パルセイロ ガイナーレ鳥取 2-2 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC 2022.06.26 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

首位鹿児島が愛媛に敗れる、富山vs長野の一戦は落雷で約1時間半中断のアクシデント【明治安田J3第14節】

25日、明治安田生命J3リーグ第14節の4試合が各地で行われた。 首位を走る鹿児島ユナイテッドFCは、10位愛媛FCとのアウェイ戦に臨んだ。 立ち上がりはアウェイの鹿児島がペースを掴みながらも、先制したのは愛媛だった。8分、小原のスルーパスで敵陣左サイド深い位置に抜け出した進が左足ダイレクトでクロスを上げると、中央の近藤がヘディングシュート。叩きつけられたボールはゴール左に決まった。 その後は決定的なチャンスを作れずにハーフタイムを迎えた鹿児島。しかし、後半立ち上がりの47分に相手ゴールを脅かす。左サイドでのコンビネーションからボックス左手前でロメロ・フランクが受け、ボックス内にパス。受けた米澤が右足を振り抜くも、惜しくも枠の上に外れる。 51分には愛媛が相手陣内でプレッシャーをかけ、松田がボックス右手前でボールを奪取。ゴール前にスルーパスを送り、反応した小原が1対1の状況を迎えるも、左足のシュートは相手GKのビッグセーブに阻まれる。 1点ビハインドのまま終盤を迎えたアウェイの鹿児島に後半アディショナルタイムに決定機が訪れる。敵陣右サイド深い位置まで突破した木村がグラウンダーで折り返すと、相手DFに阻まれところを星が左足ダイレクトでシュート。土壇場での同点弾かと思われたが、相手GKの驚異的な反応によって阻まれ、ゴールとはならなかった。 結局、試合は1-0でタイムアップ。ホームで2連勝を挙げた愛媛が暫定6位まで順位を上げた。 ニッパツ三ツ沢球技場では最下位のY.S.C.C.横浜と6位藤枝MYFCが対戦した。 アウェイの藤枝が序盤から攻勢を仕掛けるなかで、41分に先手を取る。右CKの場面で鈴木の蹴ったボールが一度はファーサイドに流れるも、敵陣左サイド深い位置で拾った横山が再度クロスを供給。ニアサイドに飛び込んだ久保が頭で合わせ、ゴールに押し込んだ。 66分には相手のミスから藤枝に追加点のチャンス。バックパスを受けた相手GKが大きく蹴り出したところ、キックミスからボールは敵陣中央へ。これに反応した杉田が右足のダイレクトでシュートを放つと、前に出ていた相手GKの頭上を越え、がら空きになっていたゴールに吸い込まれた。 2点のビハインドを負ったYS横浜は67分にようやくファーストシュート。左サイドからのクロスをボックス内のピーターセンが落とし、ボックス手前中央の柳がダイレクトで右足を振り抜くも、相手DFのブロックに遭って枠に飛ばない。 ペースを握るアウェイチームはさらに突き放す。74分、敵陣左サイド深い位置でのパス交換から鈴木がボックス左に侵入。中央にグラウンダーで折り返すと、これをゴール前で受けた横山が右足のシュートをゴール右に決めた。 結局、試合は0-3のまま終了し、勝利した藤枝が3試合ぶりの白星奪取。敗れたYS横浜はこれで4連敗となった。 その他、16位のガイナーレ鳥取が14位SC相模原をホームに迎えての一戦は2-2のドロー決着。落雷の影響で前半に約80分間の中断を挟んだ4位カターレ富山vs8位AC長野パルセイロの一戦は、1-0で富山が勝利を収めた。 ◆第14節 ▽6/25(土) Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 藤枝MYFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 1</span>-0 AC長野パルセイロ ガイナーレ鳥取 2-2 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC ▽6/26(日) ヴァンラーレ八戸 vs 福島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 vs FC岐阜 FC今治 vs アスルクラロ沼津 松本山雅FC vs いわきFC ギラヴァンツ北九州 vs カマタマーレ讃岐 2022.06.25 21:48 Sat
twitterfacebook
thumb

一時帰国中の今治FWセウントイェンスが悪性リンパ腫と診断「全力を尽くします。皆さん元気で」

FC今治は24日、オランダ人FWラルフ・セウントイェンス(32)の診断結果を発表した。 セウントイェンスは5月10日、内科系の疾患が見つかったために母国であるオランダへと帰国。「必ず今治に帰ってきます!」と治療のために帰国していた。 1カ月以上が経過した中、今治が現状を報告。オランダで精密検査を受けた結果、セウントイェンスは悪性リンパ腫と診断されたとのことだ。 また、クラブによると治療には少なくとも半年はかかる見込みとのこと。再来日は未定とのことだ。 セウントイェンスはクラブを通じてコメントしている。 「ご存知のように、私には腫瘍が見つかりました。先週から治療を始めました。戻ってみなさんと一緒にピッチで戦うために、全力を尽くします。皆さん元気で」 セウントイェンスはNACブレダから今シーズン加入。明治安田生命J3リーグで3試合に出場し1得点を記録していた。 2022.06.24 18:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly