かめはめ波がバルセロナ仕様に!?オーバメヤンが愛するドラゴンボールのスパイクを披露!「ミガッテノゴクイ」

2022.05.19 22:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属する元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの『ドラゴンボール』愛が炸裂している。

以前から、日本の大人気漫画『ドラゴンボール』の大ファンであるオーバメヤン。キャラクターのタトゥーを入れたり、ゴールパフォーマンスで孫悟空らが使う“瞬間移動”のポーズを披露するなどしてきた。

そして19日、自身のインスタグラムを更新すると、「ミガッテノゴクイ」とドラゴンボールに登場する変化形態のひとつである「身勝手の極意 兆」に変身した悟空のイラストを描いたシャツと、超サイヤ人ブルーの悟空が描かれたカスタムスパイクを披露した。

「身勝手の極意」とは、『ドラゴンボール超』宇宙サバイバル編に登場する新たなる技能・領域で、『ドラゴンボール』や『ドラゴンボールZ』などでは存在しないもの。『ドラゴンボール超』に出てくる超サイヤ人ゴッドや超サイヤ人ブルーを遥かに超える強化状態で、戦闘中、状況に応じて自動的に肉体が的確な行動をとる能力のことだ。

よく見ると、悟空が放っている「かめはめ波」の部分がバルセロナのエンブレムになっている。

オーバメヤンは、大好きな『ドラゴンボール』に囲まれてご機嫌の様子だ。

1 2

関連ニュース
thumb

バイエルンがリールFWデイビッドに関心! レヴィ&ニャブリの穴埋め可能な万能アタッカー

バイエルンがリールのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(22)獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 バルセロナ行きを熱望するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の去就が不透明なバイエルン。ここ最近ではバルセロナが、4000万ユーロ(約57億4000万円)+ボーナス500万ユーロ(約7億2000万円)という、ドイツの盟主が求める5000万ユーロ(約71億8000万円)に近い条件を掲示しており、交渉成立に現実味を帯び始めている。 これを受け、バイエルンはレヴァンドフスキの後釜確保に着手。一時はシュツットガルトのオーストリア代表FWサーシャ・カライジッチ(24)獲得の交渉が進められていると報じられた。だが、ここ最近ではバイエルンの首脳陣が同選手の獲得に乗り気ではないとも伝えられている。 そういった中、以前から何度となく関心が伝えられるデイビッドへの関心を務めているようだ。 驚異的なスピードと得点能力を兼ね備えた万能型アタッカーのデイビッドは、2020年夏にヘントからリールへステップアップ。加入初年度に10年ぶりのリーグ・アン制覇の立役者の一人となった。 今シーズンは後半戦のリーグ戦でわずか3ゴールとスランプに陥ったものの、シーズンを通しては公式戦48試合19ゴールとまずまずの数字を残した。 昨夏の段階で今シーズン限りでのリール退団を示唆し、クラブも5000万ユーロ前後の金額での売却を容認。今夏の移籍市場ではニューカッスルなど、プレミアリーグのクラブからの関心が伝えられる。 バイエルンではカナダ代表で共にプレーするDFアルフォンソ・デイビスが主力としてプレーしており、適応の助けとなるはずだ。また、前線の複数ポジションを務められることで、今夏、あるいは来夏の退団が噂されるドイツ代表FWセルジュ・ニャブリの後釜としての起用法も可能だ。 2022.06.29 20:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、ローマの辞退受けガンペール杯出場か? ケシエいきなりの古巣対戦の可能性も

今夏のジョアン・ガンペール杯の対戦相手が、ローマからミランに変更される見込みだ。スペイン『スポルト』が報じている。 バルセロナは昨夏、クラブ史上初の男女チームの共催という形でガンペール杯を実施し、ユベントスと対戦した。そして、8月6日に予定されている今夏のガンペール杯も男女共催の形を取り、対戦相手は同じイタリア勢のローマに決定していた。 しかし、ローマは今夏のプレシーズン中の遠征の負担を軽減する目的で、急遽ガンペール杯への参加辞退を表明。 すると、寝耳に水の相手方の辞退に憤るバルセロナは27日、「バルセロナとそのファンに与えた損害と損失を考慮し、適切な措置を検討している」と、法的措置を辞さない構えであることを声明で発表していた。 この緊急事態を受け、バルセロナはジョアン・ガンペール杯の対戦相手に相応しいネームバリュー、実力のある男女チームを抱えるクラブを条件に、新たな対戦相手を選定。その結果、同じイタリア勢であるミランを招待する可能性が高まったという。 仮に、今回の対戦が実現した場合、今シーズン限りでミランを退団し、バルセロナへのフリートランスファーが決定的と報じられるコートジボワール代表MFフランク・ケシエはいきなりの古巣対戦となる。 また、女子チームでは今シーズン終了までバルセロナからミランにレンタル移籍していたスペイン人DFライア・コディーナが古巣対戦となる。 2022.06.29 19:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ラファエル・マルケス氏が指導者としてバルサ帰還へ! Bチームの監督に

元メキシコ代表DFのラファエル・マルケス氏(43)が指導者としてバルセロナに復帰するようだ。 バルセロナでは28日、Bチームを率いたセルジ・バルフアン監督(50)の退任が決定。スペイン『マルカ』によると、クラブからの正式発表はまだだが、マルケス氏はその後任になる見通しで、すでに契約交渉も完了しているという。 マルケス氏は2003年夏〜2010年夏までバルセロナでプレーし、公式戦242試合に出場。チームとしても4度のラ・リーガ制覇に2度のチャンピオンズリーグ優勝と計12個のタイトルに貢献して、2018年夏にアトラスで現役を退いた。 それからはアトラスのスポーツディレクターを務め、2020年9月からはスペインのアルカラでユース監督として指導者キャリアをスタート。2021年3月に退任した後、無所属が続いている。 現役時代に共闘したチャビ・エルナンデス監督もバルセロナのトップチームを率い始めたなか、自身も指導者としてカンプ・ノウに帰還するマルケス氏。以前に「バルセロナ監督は夢」だと語っており、実現すればその第一歩となる。 2022.06.29 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、PSGの期待を背負っていたルイズ=アティルがリーグ・アン昇格組のオセールに加入

リーグ・アンに昇格したオセールは28日、U-20フランス代表MFケイズ・ルイズ=アティル(19)の加入を発表した。 契約期間は2025年までの3年間となる。 リヨン生まれのルイズ=アティルは2009年7月に7歳でバルセロナのカンテラに加入。将来のトップチーム昇格が有力視される逸材として知られていたものの、クラブが18歳未満の選手の獲得ならびに登録に関する規定違反を犯した影響で、日本代表MF久保建英らと共に2015年に退団。新天地にパリ・サンジェルマン(PSG)を選択していた。 PSGではプロ契約を結ぶと、セントラルMFや攻撃的MFを主戦場にバルセロナ仕込みのテクニック、攻撃センスを発揮し、トーマス・トゥヘル前監督の下でリーグ・アン7試合に出場。しかし、クラブからの契約延長オファーを拒否した影響もあり、シーズン後半戦はリザーブチームに追いやられていた。 2021年夏にはバルセロナへと復帰。2年の延長オプション付きの3年契約で6年ぶりの古巣帰還を果たしていたが、5月に退団。フリーとなっていた。 オセールは、2021-22シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)を3位で終えると、リーグ・アン入れ替え戦を戦い、サンテチェンヌと対戦。PK戦で勝利し、11年ぶりのリーグ・アン昇格を決めていた。 2022.06.29 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナBのセルジ監督が退任、チャビ監督就任までの暫定指揮も経験

バルセロナは28日、Bチームを指揮するセルジ・バルフアン監督(50)の退任を発表した。 なお、セルジ氏はクラブに残りサッカー部門で仕事を続けるとのこと。数日中に後任監督が決定する。 バルセロナのカンテラ育ちのセルジ氏は、現役時代にバルセロナで長らくプレー。その後アトレティコ・マドリーへと移籍して引退した。 引退後はバルセロナU-18の監督を務めた他、レクレアティボ・ウエルバ、アルメリア、マジョルカ、杭州緑城(中国)で監督を務めると、昨夏バルセロナBの監督に就任。ファーストチームのロナルド・クーマン監督が解任され、チャビ・エルナンデス監督が就任するまでの3試合は暫定指揮官も務めていた。 バルセロナBは、2021-22シーズンから新設されたプリメーラ・ディビシオンRFEF(スペイン3部)を戦っており、14勝9分け13敗の勝ち点51で9位に終わっていた。 なお、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、かつてバルセロナでプレーしメキシコ代表のキャプテンとしても長らく活躍したラファエル・マルケス氏が後任候補にあがっているようだ。 2022.06.29 11:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly