キエッリーニが17年過ごすユーベでの幕引き 「大きな喜びと幸せを感じながら旅立つ」

2022.05.17 16:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が口を開いた。

今年8月の誕生日で38歳になろうとする今もユベントスの最終ラインで中心を担うキエッリーニ。17シーズンで公式戦560試合の出場数に19個の獲得タイトルという功績が物語るとおり、クラブのバンディエラと呼ぶにふさわしいレジェンドだが、11日に行われたコッパ・イタリア決勝のインテル戦終了後に今季限りでの退団を表明した。

カタール・ワールドカップ出場(W杯)が叶わなかった代表からの引退に続く大きな決断に惜しむ声があがるなか、16日にホームで行われたセリエA第37節のラツィオ戦に先発。自身にとって本拠地でのラストマッチにセンターバックの一角として所属年数にちなんで17分までピッチに立ち続け、万雷の拍手に包まれながらベンチに下がった。

キエッリーニは試合後、イタリア『スカイ』で「僕は大きな喜びと幸せを感じながら旅立つ。これは数カ月をかけて決めたこと。数週間や数日でというわけじゃない」と心境を続けた。

「常々、高いレベルのうちに出て行きたいと言ってきたけど、その通りになったね。ユベントスにとって厳しい1年だったけど、フィールドで自分のレベルを証明できたし、それが身を引いて若い選手たちに道を譲る後押しになった」

「彼らにもそろそろ責任を背負ってもらわないとね。僕が若手の何人かを羽ばたけないようにしてしまったのをよく承知している。今こそ羽ばたくときだし、僕は彼らを応援しているよ」

また、ユベントスとの契約を来季まで残すなかでの退団について、「W杯に行けなくなったのが全体を早まらせたのは明らか」とイタリア代表のカタール行きならずが影響したと話した。

「僕の計画は今年を過ごして、W杯を迎えることだった。ユーロを優勝して、自分がその一部になれるという感覚があったからね」

「もちろん、若手のスペースも空けておくつもりだったけど、思いどおりにいかなかった。今後のことはユベントスと若手に託すよ」

そして、アメリカ行きが有力視される今後についても質問が及ぶと、「正直に言って、まだわからないんだ。大きな決断を迫られている」と返して、国外でのプレーに意欲を示した。

「海外での経験は文化的なレベルで自分を豊かにしてくれる。フィールドでの経験以上にね。だから、自分がよく知るユベントスでの生活とは異なる文化に触れ、経験する必要性を感じているんだ。近々、家族と一緒に決めるよ」

関連ニュース
thumb

バイエルン、デ・リフト獲得にパヴァール譲渡を提案も撃沈…最低110億円は必要か

ユベントスが、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得に向けたオファーを拒否したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今夏の移籍市場の注目株として連日メディアに取り上げられているデ・リフト。一時はチェルシー行きが近いと言われていたが、現状では追い上げを見せたバイエルンが個人間合意に達したという様相だ。 しかし、難関はやはりユベントス本体だ。『スカイ』によれば、6000万ユーロ以上の支払いを嫌うバイエルンは、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーを提示したが、門前払いされた模様。 ユベントスは現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めており、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのこと。そのため、札束バトルではチェルシーに分があるとの見方もあるが、果たして。 2022.07.06 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティング、ユーベからウルグアイ人GKイスラエルを獲得

スポルティングCPは5日、ユベントスからウルグアイ人GKフランコ・イスラエル(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となり、契約解除金は4500万ユーロ(約62億4000万円)に設定されている。 2018年、母国屈指の名門ナシオナルの下部組織からユベントスのプリマヴェーラに加入したイスラエル。トップチームデビューは果たせなかったものの、セリエCに所属するユベントスU-23では正GKを務め、2021-22シーズンは32試合に出場していた。 また、ウルグアイ代表の世代別チームの常連は2019年に行われたFIFA U-20ワールドカップでは守護神を務めていた。 2022.07.06 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのベルナルデスキがトロントFCと交渉…インシーニェ&クリシートに続くか

フリーのイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキ(28)にアメリカ行きの可能性が浮上している。 2017年7月にフィオレンティーナからユベントスに移ったベルナルデスキ。ユーティリティ性も生かして公式戦183試合の出場で12得点24アシストを記録したが、契約最終年の昨季をもって退団が決まった。 年齢的にもまだまだ脂の乗り切った時期で、実力も十分なアタッカーとあって、セリエAの他クラブからの関心が噂されるが、メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCが動きを本格化させているという。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、トロントFCはベルナルデスキと交渉中。まだ完全合意に達していないが、メインターゲットと目している模様だ。 トロントFCは今夏、セリエAからの実力者補強を連発。昨季までナポリでプレーしたFWロレンツォ・インシーニェのほか、ジェノアを退団したDFドメニコ・クリシートも加入が決定している。 2022.07.06 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバどディ・マリア、今週中にユベントス移籍決定か

マンチェスター・ユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバ(29)とパリ・サンジェルマンを退団したアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア(34)が、9日までにユベントスへの加入が決まるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 共にフリーでの加入となり、9日までにはトリノ入りするとのことだ。 2012年から2016年にかけてユベントスに在籍していたポグバは4度のセリエA優勝に貢献。ユナイテッドでは期待に応えきれなかった中、才能を開花させたユベントスで復活を期す。 一方のディ・マリアはバルセロナから関心があった中、ユベントス入りを決断した模様。セリエA初挑戦となる。 ユベントスは22日よりラスベガスでプレシーズンを開始する。 2022.07.05 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデ・リフトと個人間合意か、残すはクラブ間合意のみ

バイエルンがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)と個人間合意したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。同メディアによれば残すはクラブ間合意のみとのことだ。 チェルシーも獲得に高い関心を示すデ・リフトの移籍金に関し、ユベントスは8000万ユーロ(約113億5000万円)を設定している。 2019年夏にはユベントスとの争奪戦で敗れたバイエルンだったが、今回はそのユベントスからデ・リフトを迎え入れることになりそうだ。 なお、この取り引きが成功すればバイエルンが2019年夏にDFリュカ・エルナンデスをアトレティコ・マドリーから獲得する際に支払った8000万ユーロと並ぶクラブ史上最高額での契約になるとのことだ。 2022.07.05 22:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly