バルセロナ、至宝ガビとの契約延長目前に… 解除条項は10億ユーロに設定か

2022.05.17 00:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するスペイン代表MFガビ(17)の契約延長が目前に迫っているようだ。スペイン『Cadena Cope』が報じている。

今シーズン限りで契約が失効するガビの契約延長交渉は、数カ月前から行われてきたが現在まで決着しておらず、国外のビッグクラブからの関心も報じられていた。

だが『Cadena Cope』によれば、バルセロナは16日の午後にガビの代理人であるイバン・デ・ラ・ペーニャ氏と最終的な話し合いを実施。2時間に及ぶ会談の末に2027年前契約を延長する契約書が作成されたようだ。

なお、今回の契約書でカビのリリース条項は、現在の5000万ユーロ(約68億円)から10億ユーロ(約1343億円)に引き上げられる予定だという。

バルセロナのカンテラで育ち、昨年8月末のヘタフェ戦でトップチームデビューをしたガビ。17歳ながらここまで公式戦46試合に出場し、主力の一人として活躍中だ。また、同年10月には85年ぶりの更新となる史上最年少でスペイン代表デビューも果たしていた。

関連ニュース
thumb

バルサ会長がきっぱり 「F・デ・ヨングを売るつもりなんてない」

バルセロナの会長を務めるジョアン・ラポルタ氏がオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)を売却する意思を否定した。 昨季も主力として重宝されながら、今夏にクラブの深刻な財政事情もあって、売却候補入りの噂で持ちきりのF・デ・ヨング。本人は常々、バルセロナ愛を公にしているが、クラブ側は強い関心を示すマンチェスター・ユナイテッドとの交渉が取り沙汰されている。 そのユナイテッド行きが長らくのクラブ間交渉を経て、近づいているともいわれ始めているが、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、ラポルタ会長はクラブとして売る気なしを主張している。 「F・デ・ヨングはバルサの選手であり、世界最高の1人と認知されてもいる。彼を欲しがっているクラブはユナイテッドに限らずだ」 「ただ、我々は彼を売るつもりなんてないし、彼も残りたがっている。彼はバルサで快適に過ごしているし、私は残れるよう全力を尽くす」 その一方で、「また別の議論になるが、一部選手の給与は我々の理事会が定める基準に一致していない事実があり、調整の必要がある」とも。F・デ・ヨングの残留に減俸の必要性を示唆してもいる。 2022.07.03 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ退団のL・デ・ヨング、古巣復帰迫る! PSVがメディカルチェック発表

バルセロナに別れを告げ、セビージャにひとまず戻るオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)だが、来季からは母国の古巣PSVでプレーするようだ。 L・デ・ヨングは昨夏、セビージャからのローンでバルセロナ入り。当時の指揮官だった同胞のロナルド・クーマン氏が熱望しての移籍実現で、周囲からの懐疑的な声に晒され、出番も限定的だった。 結局、10回の先発機会でプレータイムも936分間に終わったが、年明けぐらいからスーパーサブとして地位を確立。今年1月に移籍が噂されたりもしたが、公式戦29試合に出場して7得点を記録した。 だが、買取オプションも有したバルセロナは1日、レンタル終了に伴う退団を発表。L・デ・ヨングを巡ってはメキシコのトルーカ行きも取り沙汰されたが、PSVが1日に復帰間近をアナウンスしている。 PSVの発表によると、L・デ・ヨングはすでに現地入りしてメディカルチェックを受診。保有権を持つセビージャとの商談は進み、選手との交渉も最終局面で、2日にさらなる報告ができる見通しだという。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、PSVとセビージャは移籍金400万ユーロ(約5億6000万円)でクラブ間合意に達した模様だ。 2022.07.02 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍噂のデ・ヨングが恋人にプロポーズ! 自然溢れる場所でヒザをつく

今夏マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング'(25)が、移籍以上に大きなことを成し遂げた。 デ・ヨングは自身のインスタグラムを更新。ガールフレンドであるミッキー・キーメニーさん(24)へのプロポーズを行ったことを報告した。 前述の通り、移籍の噂が今夏は絶えず、アヤックス時代の恩師であるエリク・テン・ハグ監督率いるユナイテッドへの移籍が濃厚とされている。 資金捻出のために売却したいバルセロナと、補強したいユナイテッドの思惑が一致している中、その話は進展を見せず、近づいたとされたながらも具体的な動きが見えてこない。 そんな中、デ・ヨングは人生においては移籍以上に大事なことを行った。 デ・ヨングは「残りの人生を一緒に過ごすのが待ちきれない。彼女はイエスと言った」と投稿。ヒザをついてプロポーズをする姿、そして夕日をバックに抱き合う写真を投稿。見事にプロポーズは成功したようだ。 デ・ヨングは学生時代に出会ったキーメニーさんと2014年に交際をスタート。アヤックス時代からアムステルダムで同棲し、2019年夏に加入したバルセロナでも一緒に暮らしている。 まずは人生の伴侶を決めたデ・ヨング。マンチェスターの街に夫婦としてやってくるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】自然溢れる場所でデ・ヨングが学生時代からの恋人にプロポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfeIvxyIYkj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfeIvxyIYkj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfeIvxyIYkj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Frenkie de Jong(@frenkiedejong)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.02 09:02 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、アダマ・トラオレとL・デ・ヨングの買い取りOP行使せず

バルセロナは1日、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)とセビージャのオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)の買い取りオプションを行使しないことを発表した。 1月の移籍市場でバルセロナに加入したアダマ・トラオレは加入直後こそアシストを記録するなどインパクトを残したものの、徐々に出場機会を失い、ラ・リーガで10試合(うち先発は4試合)に出場するに留まった。 一方、昨夏の移籍市場で加入したL・デ・ヨングはシーズン後半、スーパーサブとして貴重なゴールを挙げるなど要所で活躍。ラ・リーガ21試合(うち先発は6試合)の出場で6ゴールを挙げていたが、完全移籍には至らなかった。 2022.07.02 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナがリーガのテレビ放映権一部を売却 これで379.8億円の資金確保

バルセロナが6月30日、ラ・リーガのテレビ放映権売却を発表した。 近年、これまでの雑な経営体制も災いして財政難が深刻化のバルセロナ。新型コロナウイルスの感染拡大も財政の厳しさに拍車をかけ、昨夏にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約延長断念や、現有戦力に対するサラリーカット要請など、苦しいチーム状況を露呈している。 依然として苦境が続くが、今年3月にスウェーデン発の音楽ストリーミングサービス『Spotify』とスポンサー契約を締結。さらに、バルサ・ライセンス&マーチャダイジング(BLM)の株式49.9%売却などもソシオに承認され、資金調達の動きが活発化している。 そして、バルセロナは向こう25年間におけるラ・リーガのテレビ放映権10%を売却することで、アメリカの投資会社『Sixth Street』と新たに合意。その取引成立に伴い、2億750万ユーロ(約295億3000万円)を得ることになるという。 来るシーズンに向けて総額2億6700万ユーロ(約379億8000万円)のキャッシュを確保したジョアン・ラポルタ会長は「我々はクラブの財務基盤を強化するために忍耐強く、持続可能で、効率的な戦略を実行している」と前置きして信頼を強調した。 「『Sixth Street』は実績あるフットボールサポーターで、グローバルなスポーツやメディアに関しても豊かな経験を持つ投資家。我々の独立経営を可能にしながら、重要な知識と資源を提供してくれるパートナーだ」 2022.07.01 09:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly