【ラ・リーガ第37節プレビュー】アンダルシア勢によるCL出場権争い&熾烈残留争い

2022.05.15 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミッドウィーク開催となった前節は昨季王者アトレティコ・マドリーのトップ4フィニッシュ、レバンテの2節を残しての降格が決定した。

残り2節となった今季のラ・リーガでは4位のセビージャ(勝ち点66)と、5位のベティス(勝ち点61)のアンダルシア勢によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、19位のアラベス(勝ち点33)から15位のヘタフェ(勝ち点38)までの5チームに絞られた残り2枠を巡る残留争いに注目が集まる。

前節、マジョルカ相手にホームでゴールレスドローに終わり、CL出場権獲得を決められなかったセビージャは、アトレティコとの上位対決に挑む。マジョルカ戦では守備的な相手に対して課題のアタッキングサードでの精度を欠き、ホームサポーターのブーイングを浴びる中での終戦となったロペテギ率いるチーム。

代わって3位に浮上したアトレティコ(勝ち点67)は、ホーム最終戦に加えてわずかながら2位フィニッシュの可能性が残されており、メンバーを落として戦う可能性は低い。そのため、今回の上位対決ではMFパプ・ゴメス、MFラメラの創造性、FWオカンポス、FWラファ・ミルらスピード・パワーを織り交ぜた攻撃で何とかホームチームの守備をこじ開けたい。

一方、コパ・デル・レイ決勝の再現カードとなったバレンシア戦をFWウィリアン・ジョゼら後半の3ゴールで勝ち切ったベティスは、逆転でのトップ4フィニッシュにわずかながら望みを繋いだ。当該成績で下回るため、逆転には2連勝且つセビージャの連敗が必須条件となるが、アトレティコのアシストを期待しつつ残留を争う16位のグラナダ(勝ち点37)相手のホーム最終戦をきっちり勝ち切りたい。そのグラナダはここに来て4戦無敗と好調を維持しており、古巣対戦のFWホルヘ・モリーナへの警戒は怠れない。

残留争いではMF久保建英を擁する18位のマジョルカ(勝ち点33)と12位のラージョ(勝ち点42)の対戦に注目だ。

前節、GKマノロ・レイナの試合最終盤のビッグセーブによって難所サンチェス・ピスフアンから勝ち点1を持ち帰ったアギーレ率いるチーム。前節、17位のカディス(勝ち点37)が敗れたことで、勝ち点を2ポイント差に縮めており、今節勝利できれば、カディスの相手がレアル・マドリーということもあり逆転も可能だ。

対戦相手のラージョはすでに残留を決めており、ヨーロッパコンペティション出場の可能性もないことから、このホーム最終戦では是が非でも勝ち点3を獲得したい。ただ、攻撃的に戦ったグラナダとの先日のホームゲームでは2-6の大敗を喫しており、カウンターを得意とするラージョ相手には攻守のバランスを意識した戦い方が必要。セビージャ戦の途中出場で幾度か鋭い仕掛けをみせ、指揮官からもまずまずの評価を与えられた久保はこの重要な一戦でチームを勝利に導く仕事ができるか。

その他の下位チームでは前述のようにカディスがレアル・マドリー、15位のヘタフェ(勝ち点38)が2位のバルセロナ(勝ち点72)、19位のアラベス(勝ち点31)がすでに降格が決まった最下位のレバンテ(勝ち点29)と対戦する。

前節、レアル・ソシエダに0-3で完敗したカディスは、レバンテ相手にFWヴィニシウスのキャリア初のハットトリックを含む容赦のない6-0の圧勝を飾った今季王者と対戦。中2日のアウェイゲームということもあり、大幅なターンオーバーが見込まれるが、厳しい戦いになることは間違いない。

直近の3試合連続ドローで着実に勝ち点を積み重ねてほぼ安全水域のヘタフェは、2位確定に向けて勝ち点3を狙うバルセロナと対戦。直近3連勝と息を吹き返すバルセロナは攻撃陣が再びパフォーマンスレベルを上げており、ヘタフェとしては[5-3-2]の守備的な戦いで耐える時間帯が長くなるはずだ。

また、今節勝ち点3を逃すと、降格の可能性が高まるアラベスは、プリメーラで最後のホームゲームを戦うレバンテという難しい相手との対戦となる。ただ、この試合に勝てれば、最終節でカディスとの直接対決を控えており、マジョルカの結果次第で奇跡の逆転残留を決めることができるかもしれない。

その他ではヨーロッパリーグ(EL)出場権を懸けた7位のビジャレアル (勝ち点56)と6位のソシエダ(勝ち点59)のシックス・ポインターも要注目のカードだ。

《ラ・リーガ第37節》
▽5/14(土)
エスパニョール 1-1 バレンシア

▽5/15(日)
《26:30》
アスレティック・ビルバオ vs オサスナ
アトレティコ・マドリー vs セビージャ
ベティス vs グラナダ
カディス vs レアル・マドリー
ヘタフェ vs バルセロナ
ビジャレアル vs レアル・ソシエダ
マジョルカ vs ラージョ
レバンテ vs アラベス
セルタ vs エルチェ

関連ニュース
thumb

バルサ、マルコス・アロンソ獲得で合意も…加入の障壁はやはり選手登録問題

チェルシーからスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)の獲得が近いとされるバルセロナだが、まだ越えなければいけない壁があるようだ。 バルセロナにとってマルコス・アロンソは今夏のトップターゲットの1人。チェルシーで多くのタイトルを獲得した同選手は以前から母国復帰を希望しており、バルセロナ行きを熱望と報じられている。 スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、バルセロナは同選手の獲得を巡ってチェルシーと1000万ユーロ(約13億5000万円)に満たない移籍金で合意済み。つまり、すでに加入が発表されていてもおかしくないはずだ。 加入の障壁となっているのが、やはり選手登録の問題。バルセロナはマルコス・アロンソをラ・リーガに選手登録できる目処が立たない限りは正式契約へと進まない方針だという。 経営難の同クラブは今夏、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングに代表される一部主力選手の放出にはじまり、人件費カットや子会社の売却などに取り組んでいる。一方でバイエルンからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを獲得するなど、大型補強も敢行中だ。 多くの批判を浴びながらも保有資産の売却が進んだことで、ほとんどの新戦力は選手登録が完了。現在はセビージャから連れてきたフランス代表DFジュール・クンデの登録やマルコス・アロンソとの契約を目指し、放出と給与削減に力を入れているようだ。 なお、マルコス・アロンソを巡る交渉には、バルセロナのU-19スペイン代表DFアレックス・バルデ(18)のチェルシー行きが含まれているとみられている。 2022.08.16 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

クンデが重傷を負った元相棒D・カルロスにエール! 「僕らはいつでも君と共に…」

バルセロナのフランス代表DFジュール・クンデがセビージャ時代の元相棒の重傷を受け、励ましのメッセージを届けた。 アストン・ビラは15日、ブラジル人DFジエゴ・カルロスの負傷を発表した。今夏にセビージャから加入した新ディフェンスリーダー候補は開幕から2試合続けて先発出場。しかし、13日に行われたプレミアリーグ第2節のエバートン戦の試合終盤にアキレス腱断裂の重傷を負い、離脱期間は最低でも6カ月以上が見込まれる。 そのジエゴ・カルロスの悲劇を受け、共にリーグ・アンから2019年夏にセビージャへ加入し、リーグ屈指のセンターバックコンビを形成してヨーロッパリーグ制覇を成し遂げた相棒のクンデは、自身の公式インスタグラムのストーリーを通じて同選手に励ましのメッセージを届けた。 「頑張れ、兄弟」 「この試練が君をより強くしてくれるはずだ。僕らはいつでも君と共にあるよ」 現在、クンデはラ・リーガのサラリーキャップの問題でリーグ登録が認められない難しい状況にあるが、自身よりも辛い状況にある元相棒への思いやりを見せている。 2022.08.15 23:08 Mon
twitterfacebook
thumb

エルチェ、バルサ逸材のコジャードをレンタルで獲得

エルチェは15日、バルセロナからスペイン人MFアレックス・コジャード(23)をレンタル移籍で獲得した。 バルセロナのカンテラで育ったコジャードは、バルセロナB所属の2019年5月にトップチームデビュー。昨夏に正式にトップチームへ昇格すると、他クラブへの武者修行が検討されたが、移籍交渉がことごとく破談。 クラブもレンタルで話を進めていたこともあり、昨季はトップチームはおろかリザーブチームにも登録されておらず、ラ・リーガの規則でシーズン中の再登録も認められていないため、前半戦を棒に振る形に。 それでも、今冬にレンタル移籍で加入したグラナダでは、ラ・リーガ17試合で2ゴール1アシストという結果を残していた。 2022.08.15 23:01 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍噂のオーバメヤンがチェルシー行きを拒否…バルサでのポジション争いを望む

今夏の移籍が噂されていたバルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(33)だが、チェルシー行きを拒否していたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ドルトムントやアーセナルでエースとして活躍したオーバメヤン。しかし、アーセナルでのラストシーズンは、キャプテンでありながらピッチ外で問題を抱え、度重なる遅刻などをミケル・アルテタ監督が見限り退団。2022年1月にバルセロナへと移籍していた。 そのバルセロナでは半年間で23試合に出場し13ゴール1アシストを記録。今シーズンは背番号を「17」とすると、開幕戦のラージョ・バジェカーノ戦では終盤に出場していた。 そのオーバメヤンには、ストライカーが欲しいチェルシーが獲得に興味。財政難に陥り、サラリーキャップ問題を抱えるバルセロナとしては、放出も辞さない構えだった。 株式の売却などで資金調達に成功。開幕戦を前に、フランス代表DFジュール・クンデ以外の選手を登録したが、クンデを登録するためにはまだ手を打つ必要があり、サラリーカットか選手放出が必要となる状況となっている。 バルセロナはオーバメヤンに対して1400万ユーロ(約19億円)の移籍金を提示したチェルシーのオファーを拒否したとのこと。フリーで獲得した選手に2000万ユーロ(約27億円)を求めているとされている。 しかし、それ以前にオーバメヤンがバルセロナからの移籍を求めていないという報道が。今夏はポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが加入し、ポジション争いが激化したが、『ムンド・デポルティボ』はオーバメヤンがそれを望んでいると報道。バルセロナで満足しているため、チェルシーに行く気はないとしている。 ただ、『ムンド・デポルティボ』はチェルシーは簡単には諦めないともしており、好条件を出す他、先発の座も約束すると見られており、オーバメヤンの心が残り期間で動く可能性もあるとしている。 2022.08.15 22:13 Mon
twitterfacebook
thumb

「馬鹿馬鹿しい」チャビ監督はATの長さに言及、大型補強もゴールレスドロー「トラップが仕掛けられている」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ラ・リーガの開幕戦となったラージョ・バジェカーノ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 12日に開幕を迎えた2022-23シーズンのラ・リーガ。バルセロナはラージョをホームに迎えてシーズンのスタートを切った。 今夏の大型補強に加え、財政難、サラリーキャップ問題による選手登録不可という2つの話題を振り撒いてきた中、無事にジュール・クンデを除いた選手を登録したバルセロナ。圧倒する試合が予想されたが、昨季も苦しめられたラージョの前に苦戦する。 決定機を何度か作るも活かせないでいると、ラージョの守備の前にこじ開けることができず。有効なプレータイムを使えずにゴールレスドローに終わった。 試合後、『DAZN』のフラッシュインタビューに応じたチャビ監督は。ゴールレスドローに終わり「ガッカリしたか?」との質問に答え、ラージョに上手く守られたとし、プレータイムを有効に使えなかったと振り返った。 「無理な話だ。ラージョはよく守っていた。いつもより多くチャンスを作ることに苦労したが、得点のチャンスはあった。時間を浪費し、試合がどんどん遅くなっていた」 「期待感を示したからには、正しい道を歩んでいることを示したかったが、まだ始まりに過ぎない。辛抱強く、このチームを信じてもらいたいと願いたい」 「今日は残念な結果になってしまったが、これはスタートであり、我々はこのプレーモデルを信じ続けなければいけない」 また、後半のアディショナルタイムが8分も与えられたことについて言及。あわや失点というシーンも迎えるなどした中、無駄な時間を過ごして時間が追加されるのはおかしいと疑問を呈した。 「私にとっては馬鹿馬鹿しい。効果的な時間ができるまで待つというのか?そうすれば、8分でも22分でも、何分追加されるのかを見る必要はなくなる。トラップが仕掛けられているからバカにされるんだ」 「またいつか自分たちでやるだろう。ラージョのために言ってるんじゃない。(プレーが)有効な時間がない唯一のスポーツだと思う」 2022.08.14 11:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly