アーセナルがジェズス獲得に向けてシティに公式オファーへ!

2022.05.14 19:39 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルが、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)の獲得に向けてマンチェスター・シティへ最初の公式オファーを出す見込みだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。

前線の一新を図るアーセナルのターゲットとして噂があがっているジェズス。今シーズン終了後に残りの契約が1年を切ることから、アーセナルの他にもユベントスなども関心を示していると言われている。

その中で先日、ジェズスの代理人であるマルセロ・ペティナティ氏がアーセナルを含む複数のクラブと交渉中であることを明言。「我々はガブリエウ・ジェズスについてアーセナルと交渉している。熟考の余地がある良いプロジェクトを聞いているよ」とコメントを残していた。

そして、ファブリツィオ・ロマーノ氏は、アーセナルが本腰を入れたと報道。最初の公式オファーをシティに送ったようだ。

ただ、同氏によると、シティは5000万から6000万ユーロの移籍金を要求している模様。今夏の移籍市場で他の選手にも目を光らせているアーセナルだが、シティを説得することはできるだろうか。

関連ニュース
thumb

シティがイングランド代表MFフィリップス獲得でリーズと合意報道、移籍金総額75億円か

リーズ・ユナイテッドのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(26)に関して、マンチェスター・シティが獲得で合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 リーズの下部組織出身のフィリップス。2015年7月にファーストチームに昇格すると、チャンピオンシップ(イングランド2部)で経験を積み、チームと共にプレミアリーグへ昇格した。 プレミアリーグでは2020-21シーズンに初めてプレミアリーグでプレーした中、これまで49試合に出場し1ゴール3アシストを記録。イングランド代表にもすぐに招集されると、主軸に定着し、ユーロ2020ではレギュラーとして準優勝に貢献した。 シティは今夏のターゲットとしてフィリップスを設定。『BBC』によると、シティはリーズに移籍金4200万ポンド(約70億円)を支払い、プラス300万ポンド(約5億円)のボーナスを支払う可能性があるという。 シティでは中盤を9シーズンに渡ってきた元ブラジル代表MFフェルナンジーニョが退団。スペイン代表MFロドリと共に、中盤の守備的なポジションを任せる選手の獲得を望んでいた。 2022.06.25 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シティがビーレフェルト退団のGKオルテガ獲得へ! ステッフェンに代わる2ndGK候補

マンチェスター・シティが、アルミニア・ビーレフェルトを退団するドイツ人GKシュテファン・オルテガ(29)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今シーズンのブンデスリーガを17位で終え、2部降格となったビーレフェルトで守護神を務めるオルテガは、クラブとの契約が今シーズン終了までとなっている。 過去にバイエルンも興味を示した実力者に対しては、当然ながら多くのクラブが今夏の獲得を目指してオファーを掲示しているが、現在オルテガはシティ移籍に向けて口頭合意に至っているという。 シティはセカンドGKとしてオルテガを迎え入れる考えだが、移籍成立にはアメリカ代表GKザック・ステッフェン(27)の去就を先に整理する必要があるようだ。 現時点でステッフェンの新天地に関して具体的な名前は挙がっていないが、その実績を考えれば、チャンピオンズリーグ出場などのハードルを設けない限り、比較的容易に移籍先を見つけることは可能なはずだ。 ビーレフェルトの下部組織出身のオルテガは2011年にトップチームに昇格。その後、2014年に1860ミュンヘンに完全移籍したものの、2017年に古巣に復帰。復帰以降は守護神としてクラブのブンデスリーガ昇格に貢献し、直近2シーズンでは1部の舞台でも安定したパフォーマンスを見せていた。 2022.06.24 17:23 Fri
twitterfacebook
thumb

シティの19歳デラップがブライトンにレンタル? カギを握るのはククレジャの獲得交渉か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがマンチェスター・シティのU-19イングランド代表FWリアム・デラップ(19)に関心を寄せているようだ。 デラップは2019年7月にダービー・カウンティの下部組織からシティの下部組織へと加入し、現在はU-23チームを主戦場としているストライカー。かつてストーク・シティなどで活躍し、驚異的な飛距離と精度を誇るロングスローが世界的にも有名だったロリー・デラップ氏を父に持つことでも知られている。 今シーズンはプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)でデビューを果たし、今後のさらなる成長にも期待がかかる19歳だが、新シーズンはブライトンへ武者修行の旅に出るのかもしれない。 イギリス『デイリー・メール』によると、カギを握るのはブライトンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)とのこと。現在シティはククレジャ獲得へ向けてブライトンとのクラブ間交渉を進めており、4000~5000万ポンド(約66~82億円)とも言われる移籍金に付随する形で、センターフォワード獲得を模索するブライトン側がデラップの1年レンタルを希望しているのではないかとみられている。 2022.06.24 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

罰金+3年間のサッカー活動禁止、劇的なシティの優勝試合で発煙筒投げ込んだファンに重い処分

自らの愚行によりマンチェスター・シティのファンが重い処分を受けることとなった。イギリス『BBC』が報じた。 2021-22シーズンのプレミアリーグを制したシティ。リバプールとの優勝争いを最終節まで繰り広げた中、リーグ連覇を果たした。 最終節はホームで行われた中、プレッシャーがあったのか相手のアストン・ビラが2点を先行する展開に。リバプールの逆転優勝もよぎった中、試合終盤に3連続ゴールを決めて一気に逆転。3-2で勝利して見事に優勝を果たしていた。 その劇的展開の中で、1人のシティファンが暴走。マージーサイドに住むフィリップ・マクスウェル氏(29)が発煙筒をピッチに投げ込んでいた。 マンチェスター治安判事裁判所は、警察がマクスウェル氏が2-2となった際に発煙筒を投げ込んだことを確認。本人んも罪を認めているという。 マクスウェル氏は罰金1440ポンド(約24万円)の処分が科され、裁判費用の229ポンド(約3万8000円)も追加。さらに3年間のサッカー活動の禁止も言い渡されることとなった。 劇的な展開に興奮したのだろうが、そもそも発煙筒を持ち込むこと自体が禁じられており、投げ込むのはもってのほか。大きな代償を払うこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】シティが2点差をひっくり返す劇的逆転劇で連覇達成!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="A73vTnMLENM";var video_start = 320;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.24 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

板倉滉の買取断念をシャルケSDが回顧 「双方がエモーショナルに」

シャルケのスポーツディレクター(SD)を務めるルーベン・シュレーダー氏が日本代表DF板倉滉(25)の退団を振り返った。 2021-22シーズン、マンチェスター・シティからのローンプレーヤーとしてシャルケで過ごした板倉。2.ブンデスリーガからの出直しを強いられたチームのなかで、センターバックやボランチで公式戦32試合に先発と主力の座を射止めると、2部王者としてのブンデスリーガ返り咲きに貢献した。 こうして500万ユーロ(約7億1000万円)といわれる買取オプションの行使有無も注目されるようになったシャルケだが、クラブの財政状況で資金を調達できず、見送りを決断。シュレーダー氏はドイツ『ビルト』で板倉の退団を「信じられないほど痛い」と表現し、当時の複雑な心境を明かしている。 「無論、彼の退団は我々にとって大きな痛手だ。彼に対してはビデオ通話で苦渋の決断を知らせた。双方にとって、非常にエモーショナルなものだった」 「それはこの1年で生まれたものを示すもの。そして、選手たちがどれだけこのクラブに共感しているかということもね」 2022.06.23 12:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly