チェルシーのPSM用ユニがリーク、全身に特異なグラフィックデザイン

2022.05.14 19:49 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーの来季プレシーズンマッチ(PSM)用ユニフォームがリークされたようだ。ユニフォーム専門サイトの『Footy Headlines』が伝えている。

すでに来季のホームユニフォームデザインの情報が出回っているチェルシー。例年通り青を基調とし、ヘンリーネックになると報じられている。

加えて、プレシーズンマッチ(PSM)用のユニフォームデザインも明らかになったようだ。

ベースカラーは深い青より水色に寄った。また、ユニフォーム全体には、はっきりとした水色でグラフィックデザインが描かれている。これは先述のホーム用ユニフォームの襟に描かれているデザインと同様のものだ。なお、PSM用のユニフォームはクルーネックであるようだ。

胸にはホテル検索サイトなどを手掛ける『trivago』が入る。

同メディアによれば、発売はホームキットと併せて5月に発売されるとのことだ。

1 2

関連ニュース
thumb

胸スポンサー『Three』継続のチェルシーが新ユニを発表!クラブの愛称を変えた人物への敬意を表したデザインに

チェルシーは7日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 引き続きナイキがサプライヤーを務めているユニフォームは、テッド・ドレイク氏へのオマージュを込めたデザインになっている。 現役時代は主にアーセナルで活躍したドレイク氏だが、1952年にチェルシーの監督に就任すると、1954-55シーズンにクラブ史上初のトップリーグ優勝に導く。さらに、クラブの愛称を「ベンショナーズ(退役軍人の意)」から「ブルーズ」に変えた人物でもある。 例年通り青を基調とした新ユニフォームのシャツの襟のボタンにも「the Blues」の文字があしらわれている。また、白地の襟にはクラブのエンブレムでもあるライオンがターコイズブルーで描かれている。 また、胸スポンサーについては、イギリスの通信会社『Three』が継続。今年2月に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、ロマン・アブラモビッチ前オーナーの資産がイギリス政府に凍結された際にはスポンサー契約を一時停止することを求めていたが、クラブの売却が決定したため、その関係は続いている。 そして、ショーツは青、ソックスは白をベースにしたデザインになっている。 <span class="paragraph-title">【写真】『Three』のロゴが入ったチェルシーの新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfs_67sNsgg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfs_67sNsgg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfs_67sNsgg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.07 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ウインガーを探すニューカッスル、チェルシーのハドソン=オドイにも注目か

ニューカッスルが、チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(21)に注目しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ここまでサウジアラビア資本の豊富な資金を元手に、オランダ代表DFスヴェン・ボトマン、イングランド人DFマット・ターゲット、イングランド代表GKニック・ポープを獲得しているニューカッスル。守備から固める方針で、着実に戦力増加を進めている。 そろそろ前線の選手も欲しいところだが、獲得に動いていたエバートンのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)は、相手側が売却を固辞したことで交渉は打ち切り。そして、以前にチェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)への関心が伝えられたマグパイズは、ハドソン=オドイにも興味を示しているようだ。 多くの有望株を輩出するチェルシーアカデミーの中でも最高傑作の一人に数えられるオドイ。10代の頃からトップチームで出場しており、通算では126試合を数えるが、昨季はアキレス腱の負傷もあり、全体で28試合の出場に留まった。 さらに、来季に向けてはイングランド代表FWラヒーム・スターリングの加入が濃厚となっており、出場時間の減少が見込まれている。そのため、オファーがあれば前向きに検討すると『サン』は予想。なお、『transfermarkt』による市場価値は、ゴードン獲得に用意していた4000万ユーロより4割ほど安価となっている。 ニューカッスルはまた、レバークーゼンのフランス代表FWムサ・ディアビ(23)にも注目しているが、こちらは7000万ユーロという移籍金に二の足を踏んでいる模様だ 2022.07.07 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがスターリングと個人間合意! 週給は現スカッド最高の30万ポンドか

チェルシーとマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング(27)が個人間合意に達したようだ。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場でチェルシーが力を入れて獲得に動いていたスターリング。シティ側としても契約が1年を切ることに加え、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドなど前線に複数の選手が加わることから、前向きに交渉に取り組んでいる。 そして、チェルシーはクラブ間合意に先駆けて個人間合意に達した模様。伝えられるところでは、提示した週給は現スカッドで最高額となる30万ポンド。また、27歳はトーマス・トゥヘル監督との話し合いで、プロジェクトや野心に感銘を受けたとのことで、バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、パリ・サンジェルマンといった錚々たるクラブとの争奪戦を制するに至ったようだ。 残す問題はクラブ間合意だが、こちらも近くまとまると予想されている。これまでの情報によれば、チェルシーは推定4500万ポンド(約73億5000万円)の移籍金を準備しているとのことだ。 2022.07.07 13:26 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド獲りをバイエルンCEOが否定 「我々の哲学にそぐわない」

バイエルンのレジェンド守護神にして、最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏がマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対する興味を否定した。 昨夏に12年ぶりのユナイテッド復帰を果たして、さすがの勝負強さとともに、チーム最多の公式戦24ゴールを記録したC・ロナウド。だが、チームの結果に比例せず、タイトル争いどころか、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃す失意のシーズンを過ごした。 そんなレッドデビルズは復権を期してエリク・テン・ハグ新監督の下で先月末から始動したが、C・ロナウドを巡っては移籍志願の報道が浮上。合流日予定日だった4日を過ぎても欠席が続くなか、チェルシーやナポリとともに、バイエルンの関心が噂されている。 バイエルンからすれば、移籍が取り沙汰されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが退団時の穴埋めとなり得る存在だが、アメリカ『ESPN』によると、カーンCEOはドイツ『キッカー』で獲得に至る可能性を完全に否定したという。 「私はクリスティアーノ・ロナウドのことを偉大な選手の1人として高く評価しているが、その移籍は我々の哲学にそぐわないものとなるだろう」 なお、『ESPN』が報じるところによれば、ユナイテッドは1年延長オプションを除くと契約が来季までのC・ロナウドに関して、今夏に売らずのスタンスだが、実際のところ、そこまで頑ななものではな様子。移籍を認めるなら、海外を希望しているとのことだ。 今夏のここまでオランダ代表DFタイレル・マラシアを獲得するにとどまる補強面にも野心を感じれず、間違いなく終わりが近づくキャリアも意識して、CL出場クラブに移籍したいとされるC・ロナウドだが、去就やいかに。 2022.07.07 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、デ・リフト獲得にパヴァール譲渡を提案も撃沈…最低110億円は必要か

ユベントスが、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得に向けたオファーを拒否したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今夏の移籍市場の注目株として連日メディアに取り上げられているデ・リフト。一時はチェルシー行きが近いと言われていたが、現状では追い上げを見せたバイエルンが個人間合意に達したという様相だ。 しかし、難関はやはりユベントス本体だ。『スカイ』によれば、6000万ユーロ以上の支払いを嫌うバイエルンは、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーを提示したが、門前払いされた模様。 ユベントスは現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めており、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのこと。そのため、札束バトルではチェルシーに分があるとの見方もあるが、果たして。 2022.07.06 18:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly