J3讃岐で選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

2022.05.06 12:04 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カマタマーレ讃岐は6日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は4日のPCR検査で陽性判定を受けたとのことだ。

当該選手は症状がないまま過ごしていたが、4日の夕方に38.2℃の発熱と倦怠感、ノドの痛みがあり、クラブの抗原検査で陽性に。医療機関に行き、PCR検査でも陽性判定となったとのことだ。

なと、チーム内に濃厚接触者はいなかったとのことだ。

関連ニュース
thumb

いわきが3連勝で首位返り咲き! 鹿児島は5試合ぶり敗戦で後退【明治安田J3第12節】

明治安田生命J3リーグ第12節の7試合が12日に各地で行われた。 前節のY.S.C.C.横浜戦で6-0と快勝し、直近5試合で4勝1分けと参入初年度ながら飛ぶ鳥を落とす勢いの3位いわきFCは4戦勝ちなしで13位につけるカマタマーレ讃岐とのアウェイゲームに臨んだ。序盤からペースを掴めずトランジションゲームとなると、33分に左サイドに出たロングボールに反応した後藤が落とし、受けた臼井のクロスに川﨑がヘディングで合わせて、讃岐が先制。ビハインドで後半を迎えたいわきだが、47分にバイタルエリア右でFKのチャンスを獲得すると、キッカーの日高が左足でゴール右下に突き刺してJリーグ初得点を決め、同点に追いつく。 さらに、後半アディショナルタイム4分に左CKのチャンスを獲得すると、キッカーの嵯峨が近場に来た味方とのワンツーからクロスを上げると、ニアの有馬がヘディングでコースを変え、これがネットを揺らして逆転。逆転負けの讃岐が3連敗となった一方、いわきは3連勝で首位に再浮上した。 目下4連勝と勢いに乗る首位の鹿児島ユナイテッドFCは3連敗のあとから4戦負けなしと立て直しを図る10位のFC岐阜とアウェイで対戦。立ち上がりから岐阜に主導権を奪われると、カウンターから攻め込まれる場面が多く、前半終了間際には米澤が決定機を迎えるが、ネットを揺らず、試合を折り返す。後半になり、徐々に鹿児島が盛り返し始めたが、岐阜は61分にボックス手前の柏木がゴール前に山なりのボールを送ると、石津が肩で落とし、後ろで狙っていた庄司が左足ダイレクトで振り抜き、貴重な先制点を奪った。 ビハインドの鹿児島は直後の66分にロングボールから星がゴール前で決定機を迎えると、続く70分に左サイドの薩川がドリブルで仕掛け、ロメロ・フランクが相手を背負いながらボックス左角でキープ。ボールを米澤が前に出し、走り込んだ薩川がゴール左上に突き刺して同点に追いつく。振り出しに戻した鹿児島だが、83分に長い距離を走り込んでクロスに合わせた宇賀神のゴールで逆転を許すと、反撃及ばず2-1でタイムアップ。鹿児島が5試合ぶりの敗戦で首位陥落となったなか、岐阜が5試合負けなしとした。 星川監督体制の初陣を勝利で飾るも前節のいわきFC戦で0-6の大敗を喫して最下位に沈むY.S.C.C.横浜はここ3試合勝ちなしの12位アスルクラロ沼津とアウェイで対戦。前半終了間際の42分に沼津がボックス右で受けた佐藤のミドルシュートで先制すると、直後の44分にもボックス右手前から濱がグラウンダーのミドルシュートを放ち、2点をリードして試合を折り返す。後半は拮抗するなか、81分に林のゴールでYS横浜が1点差に。さらに、89分に先制ゴールの佐藤が一発退場を強いられた沼津だが、逃げ切って4試合ぶりの勝利を手にした。 1年でのJ2復帰を目指すも14位に沈むSC相模原は8位のFC今治とアウェイで対戦。8分に千葉のゴールで先制した今治だが、相模原が17分、36分と加藤の連続ゴールで逆転に成功する。その後、相模原は67分に佐相のゴールで突き放し、3-1で勝利。今治が今季2度目の連勝を逃したなか、相模原が今季初の連勝で順位をひとつ押し上げた。 ◆第12節 ▽6/12(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 Y.S.C.C.横浜 ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 いわきFC</span> ギラヴァンツ北九州 1-1 福島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 カターレ富山</span> AC長野パルセイロ 1-1 愛媛FC FC今治 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 SC相模原</span> ▽6/11(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 藤枝MYFC 2022.06.12 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

J3讃岐の選手1名が新型コロナ陽性…活動自粛明けの検査で発見

カマタマーレ讃岐は11日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 トップチームの選手4名、スタッフ1名が陽性となり、天皇杯予選決勝を辞退。10日まで活動を自粛していた。 しかし、11日の練習前に全スタッフと選手にPCR検査を実施したところ、1名が陽性判定を受けた。 当該選手は特に症状もなく、前日も抗原検査で陰性となっていたが、PCR検査で陽性となっていた。 なお、濃厚接触者はいないとのこと。この1名を除いて、チーム活動を再開したという。 2022.05.11 22:59 Wed
twitterfacebook
thumb

J3讃岐の選手4名、スタッフ1名が新型コロナ陽性…天皇杯予選決勝を辞退し高松大学の出場が決定

カマタマーレ讃岐は7日、トップチームの選手4名、スタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、5名は6日と7日にPCR検査で陽性判定を受けたとのことだ。 この結果、8日に予定されていた第27回香川県サッカー選手権大会決勝の辞退を決断。選手の安全・感染拡大防止を最優先に考えての判断となった。 なお、決勝に進んでいた高松大学が不戦勝となり、天皇杯の本戦に出場することが決定した。 天皇杯の都道府県予選決勝は、愛媛県、大分県に続いて、3県目で中止という事態となった。 2022.05.08 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

藤枝vs岐阜が合計7得点の壮絶な打ち合いに! 今治は新助っ人外国人が初ゴール【明治安田J3第8節】

明治安田生命J3リーグ第8節の4試合が、4日に各地で行われた。 藤枝総合運動公園サッカー場で行われた藤枝vs岐阜は、壮絶な打ち合いとなった。前半は互いに何度か枠内シュートを放つも、GKの活躍もありゴールは生まれなかったものの、後半から怒涛の展開に。 まずは立ち上がりの50分、藤枝が自陣左サイドからクリアするようにボールを前線へ蹴ると、処理にもたつく岐阜DF藤谷から横山がボールを攫う。その際に藤谷に倒されPKを獲得。これを横山が決めてホームチームが先制した。さらにその1分後、自陣右サイドから足の長いスルーパスが前線に送られると、中間で味方がこれをスルーし、受けた押谷がゴール前へ。最後は見事なループシュートを決めて、追加点を挙げた。 立て続けに2失点した岐阜。しかし、68分に投入された藤岡が躍動する。73分、ボックス中央でパスを受けた藤岡は、反転とともに右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール右上に突き刺すと、その1分後にも左サイドを抉った味方のマイナスクロスをボックス左で合わせたのは藤岡。今度は丁寧にグラウンダーのシュートをゴール左に流し込み連続得点。藤岡の投入から一気に同点に追いついた。 互いにわずか1分で2点を取った両チーム。今度は同じ1分で1点ずつ奪い合うことに。80分、藤枝はボックス左から鈴木が上げたクロスがボックス右の小笠原に繋がり、その折り返しを久保が合わせて勝ち越し。しかし81分、ピッチ中央から左サイド深くへロングボールを送った岐阜は、相手のクリアを高い位置で村田が奪い、右足でクロスを供給。これに藤岡が合わせてハットトリックを達成。再び同点に追いついた。 この時点で試合は3-3。そして迎えた後半アディショナルタイム、藤枝は敵陣右サイド中央から久保がアーリークロスを上げると、途中出場の土井が合わせて三度勝ち越し。これが決勝点となり、藤枝が4-3の激しい打ち合いを制した。 Pikaraスタジアムで行われた讃岐vs今治の四国ダービーでは、今治の新助っ人外国人が活躍した。前半から互いに決定機を作るも、試合は0-0のまましばらく推移。その中で今治は3月25日に加入が発表されたラルフ・セウントイェンスを後半から投入する。 これが3試合目の出場となったオランダ人FWは、48分に味方のクロスを右足で合わせて早速チャンスに絡む。その直後には、今度は194cmの体躯を生かしたポストプレーで中川のシュートシーンを演出。 そして迎えた65分、近藤がボックス左からクロスを入れると、野口が頭で折り返したところをラルフ・セウントイェンスが右足で押し込みゴール。この移籍後初ゴールが決勝点となり、今治が勝利を収めた。 なお、八戸vs相模原および鳥取vs愛媛は、それぞれ相模原と愛媛で新型コロナウイルスクラスターが発生し、選手不足に陥った影響で延期未定が決まっている。 ◆第8節 ▽5/4 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 4</span>-3 FC岐阜 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC今治</span> 松本山雅FC 0-0 ギラヴァンツ北九州 福島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 いわきFC</span> ▽5/5 Y.S.C.C.横浜 vs テゲバジャーロ宮崎 鹿児島ユナイテッドFC vs カターレ富山 ▽中止 ヴァンラーレ八戸 vs SC相模原 ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FC 2022.05.04 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

讃岐MF岩本和希が右足手術で全治3カ月…昨年10月から違和感

カマタマーレ讃岐は3日、MF岩本和希の戦線離脱を報告した。 岩本は昨年10月から違和感のあった箇所の検査を受けたところ、右足関節後方インピンジメント症候群と診断され、4月7日に手術。全治3カ月の見込みだという。 横浜F・マリノスやガンバ大阪のアカデミーで育った岩本は2020年に関西学院大学から讃岐に入団。今季はここまで出場がなかった。 2022.05.03 13:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly