好調甲府が3連勝! 水戸は後半AT弾で劇的勝利【明治安田J2第11節】

2022.04.23 18:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第11節の7試合が23日に各地で行われた。

2連勝中の甲府はホームに4位の町田を迎えた。連勝の勢いそのままに主導権を握ると、20分に関口のクロスから鳥海がヘディングシュートでゴールに迫る。29分には、敵陣右サイドでのボール奪取からボックス中央でボールを持った長谷川のシュートがクロスバーを直撃。前半は一方的な展開となった。

試合を折り返すと、町田は後半から投入された鄭大世が体を張ったプレーでシュートシーンを迎える。何度か鄭大世にボールを集めて好機を迎えるが、押し切ったのはホームの甲府だった。

67分、右サイドからの攻撃は一度跳ね返されたものの、こぼれ球に走り込んだ須貝がボックス右角から迷わず右足を一閃。ゴール前の混戦に絡まれ軌道が変わりながらも、強烈なシュートがゴールに突き刺さった。

その後は76分の宮崎のシュートがポストに嫌われて追加点が奪えない甲府。一方の町田も83分のCKで鄭大世がヘディングシュートでゴールに迫ったが、同点には追いつけず試合終了。1-0で試合を制した甲府が3連勝を収めた。

ユアテックスタジアムでは仙台と琉球が激突。2試合ぶりの勝利を目指す仙台は立ち上がり2分、中島が敵陣中央から放ったロングシュートが相手GKを強襲。6分にはボックス右から縦に仕掛けたフェリペ・カルドーソがDFをかわしてシュートを放つが、ここも琉球GK田口が好セーブを見せた。

0-0で迎えた後半立ち上がりのCKでも、皆川のヘディングシュートが田口に防がれた仙台。それでも58分、氣田が前線からプレスをかけてボックス左でボールを奪うと、その横パスをフェリペ・カルドーソが確実に流し込み、先制点を奪った。

その後も61分に皆川が決定機を迎えるなど攻勢を続ける仙台は、追加点は再びボール奪取から生まれる。80分、敵陣右サイドのスローインからリスタート。一度は相手に奪われたものの、フェリペ・カルドーソがボックス右で素早く奪い返し、ボックス中央の氣田にラストパス。冷静に流し込んだ氣田は3戦連発となった。

そして、試合は2-0で終了。仙台が暫定2位に浮上している。

ケーズデンキスタジアムで行われた水戸vs山口は劇的な結末となった。14分に先制を許したホームの水戸は、後半に入ると60分と69分に木下と古巣戦となった高井が立て続けにゴールを決めて逆転に成功する。ところが逆転から2分後に失点し、試合は再びタイとなる。

このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、水戸は相手のゴールキックを跳ね返すと、そこから速攻へ展開。敵陣中央でボールを持った曽根田がドリブルでボックス手前まで運び、そこから右足を強振。これがゴール右下に突き刺さり、土壇場で逆転した。

劇的勝利を収めた水戸は5試合ぶりの白星で今季3勝目となった。

◆第11節
▽4/23(土)
ベガルタ仙台 2-0 FC琉球
モンテディオ山形 2-0 大宮アルディージャ
東京ヴェルディ 1-1 ジェフユナイテッド千葉
ヴァンフォーレ甲府 1-0 FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 2-1 V・ファーレン長崎
水戸ホーリーホック 3-2 レノファ山口FC
栃木SC 0-0 横浜FC

▽4/24(日)
《17:00》
ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田

▽4/20(水)
徳島ヴォルティス 5-0 いわてグルージャ盛岡
大分トリニータ 1-3 ツエーゲン金沢

▽4/22(金)
ロアッソ熊本 1-1 ファジアーノ岡山

関連ニュース
thumb

小川の劇的ゴールで追いついた横浜FCが首位キープ、2位新潟は千葉に競り負ける【明治安田J2第25節】

2日、明治安田生命J2リーグ第25節の11試合が各地で行われた。 首位を走る横浜FCは、18位のブラウブリッツ秋田をホームに迎えた。 立ち上がりから両チームが一進一退の攻防を繰り広げる中、40分にアウェイの秋田に重要な場面が訪れる。右サイドでボールを持ち上がった小暮がボックス右から中央に鋭いクロスを送ると、相手GKがパンチング。これに詰めた井上がヘディングシュートでゴールネットを揺らすも、オフサイドの位置にいた齋藤がプレーに関与していたとして、ゴールは認められなかった。 首位チームを相手に、貴重な先制点のチャンスをふいにしてしまった秋田だが、試合を折り返した68分にもゴールに迫る。敵陣左サイド深い位置からのロングスローを投げ入れ、ボックス内が混戦になったところをボックス右で中村が拾い、右足を振り抜く。これは右のゴールポストに弾かれるも、こぼれ球にゴール前の千田が反応し、強烈なシュートをゴールに叩き込んだ。 この失点でスイッチが入ったのか、徐々に攻勢を強めていく横浜FC。しかし、ゴールに迫るも得点は奪えず、時間が過ぎていく。 このまま9試合ぶりの敗戦を喫するかと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。右CKからボールがファーサイドで流れると、再度ボックス手前左から武田が高精度のクロスを供給。これに中央の小川が頭で合わせ、ゴール左に決めた。 劇的な同点ゴールを挙げた小川はシーズン16点目となり、得点ランクトップを独走。横浜FCは勝ち点1を積み上げ、首位をキープした。 2位のアルビレックス新潟は、8位ジェフユナイテッド千葉とホームで対戦した。 序盤はアウェイの千葉がペースを握って試合を進める中、13分に決定機。敵陣中央付近からのFKの場面で田口のふわりとした弾道のキックにブワニカ啓太が頭で合わせるも、相手GKがセーブ。しかし、西久保がこぼれ球に詰めてゴール右に押し込んだ。 1点を追うことになったホームの新潟だが、すぐさまビューティフルゴールで追いつく。22分に敵陣右サイド深い位置でFKを獲得し、キッカーは島田。角度のほとんどない位置から強烈な左足でゴールを狙うと、左のポスト叩いてゴールネットを揺らした。 このゴールで主導権を取り戻した新潟は、細かいパスワークを中心とした攻撃を展開。幾度となくチャンスを迎えるが、勝ち越しゴールには至らない。 すると、60分には千葉がセットプレーから再びチャンスを迎える。右CKの場面で田口の入れたボールは相手に跳ね返されるも、ボックス左手前でこぼれ球に反応した秋山が左足のダイレクトシュート。ボックス内の櫻川がヒールでコースを変えて、ゴール左に流し込んだ。 試合は1-2のまま終了し、千葉がアウェイで貴重な3ポイントを奪取。敗れた新潟は首位浮上のチャンスを生かせなかった。 注目のトップ争いでは3位ベガルタ仙台が16位のヴァンフォーレ甲府とのホーム戦で3-0と快勝。首位横浜FCとの勝ち点差を「2」とし、プレッシャーを強めている。 その他、最下位FC琉球は19位のいわてグルージャ盛岡をアウェイで0-1と下し、ナチョ・フェルナンデス監督就任後初白星。17位栃木FCとのアウェイ戦で、インドネシア代表DFアルハンが先発でデビューとなった11位の東京ヴェルディは0-1と勝利を挙げている。 ◆第25節 ▽7月2日(土) いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC琉球</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ベガルタ仙台 3</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 栃木FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ FC町田ゼルビア 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> 横浜FC 1-1 ブラウブリッツ秋田 アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-1 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 4</span>-2 大宮アルディージャ レノファ山口FC 0-0 大分トリニータ V・ファーレン長崎 1-1 モンテディオ山形 ロアッソ熊本 1-1 徳島ヴォルティス 2022.07.06 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬が「2022スペシャルユニフォーム」を発表、デザインは投票で選出の黒ベース

ザスパクサツ群馬は5日、「2022スペシャルユニフォーム」のデザインが決定したことを発表した。 クラブ創設20周年を迎えた群馬。今季のスペシャルユニフォームのデザインは、ファンクラブ会員、シーズンシートホルダー、アシストパートナー、パートナー、トークンホルダーの投票により、最終決定された。 フォーマルな黒を基調に、ボディにはエンブレムで使用している「獅子」の透かしが入っている。左袖部分には「20th anniversary」と「Beyond THESPA」のロゴが入り、20年の伝統とBeyond(今までを超える)を表現。また、GK用ユニフォームのベースカラーには黄色を採用した。 9月24日の明治安田生命J2リーグ第38節レノファ山口FC戦、10月1日の第39節大宮アルディージャ戦で着用予定。販売はすでにスタートしている。 <span class="paragraph-title">【写真】透かしも必見、投票で選ばれた群馬の2022スペシャルユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/2022%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2022スペシャルユニフォーム</a><br>デザイン決定<br>\<br><br>9/24(土)山口戦・10/1(土)大宮戦で着用する <a href="https://twitter.com/hashtag/2022%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2022スペシャルユニフォーム</a> のデザインが決定!<a href="https://t.co/whOjBcIRvX">https://t.co/whOjBcIRvX</a><br>投票頂いた皆さま、ありがとうございました<br>購入は <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグオンラインストア</a> で<a href="https://t.co/UJ19zXHdVI">https://t.co/UJ19zXHdVI</a><a href="https://twitter.com/hashtag/thespa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#thespa</a> <a href="https://t.co/4HJjcwmY0O">pic.twitter.com/4HJjcwmY0O</a></p>&mdash; ザスパクサツ群馬 (@OfficialThespa) <a href="https://twitter.com/OfficialThespa/status/1544244698243510273?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

東京Vのスタッフがスタメン漏洩で処分…アルハンのJデビューをSNSに投稿

東京ヴェルディは6日、スターティングメンバーを漏洩させたスタッフの処分を発表した。 東京Vは6日、明治安田生命J2リーグ第25節でアウェイで栃木SCと対戦する。 この試合のスターティングメンバー発表前の14時頃、インドネシア代表DFプラタマ・アルハンの通訳が自身のSNSアカウントで試合メンバーに選ばれたことを公開していた。 18時頃にこの投稿をクラブの強化部スタッフが見つけて削除指示。経緯確認を行い、通訳として先んじてメンバーを知り得る立場であり、そのまま個人のSNSで情報発信してしまったとのことだ。 なお、情報を漏洩することにより何らかの利益を享受する、又は対戦相手を利する等の不正な意図はなかったことも併せて確認したという。 クラブは、Jリーグ規約第1章第3条〔遵守義務〕の、(7)『Jリーグ関係者は、職務の遂行を通じて知り得た協会、Jリーグ、Jクラブその他のJリーグ関係者に関連する一切の秘密または内部事情を、第三者に開示または漏えいしてはならない』に抵触する違反行為に該当すると判断。当該スタッフをけん責処分とした。 ちなみに、アルハンはこの日がJリーグデビューとなっている。 東京Vは今回の件を受けて再発防止策についても言及。「情報漏洩を受け、情報管理体制を強化するとともに、再発防止の徹底に努めてまいります。また、再発防止策として、クラブスタッフならびに所属選手に対しチーム情報の取扱いについての指導を再徹底するとともに、SNSの利用に関するルールの見直しと講習会を行います」とした。 2022.07.06 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が「声出し応援」に持論、浦和ファン、Jリーグ、政府に一言

本田圭佑が、Jリーグでの「声出し応援」の問題に関して持論を展開した。 Jリーグは5日、臨時実行委員会を開催。その後のブリーフィングで、声出し応援の違反に対する処分に言及した。 Jリーグでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が始まった2020年からリーグの中断や無観客試合、入場制限など、さまざまな感染対策をしながら運営している。 現在は、入場制限に関しては規制がなくなっている一方で、サッカーの醍醐味でもある「声出し応援」は禁止されている状況だ。 ただ、6月から試験的に「声出し応援」を認め、感染拡大に影響があるかどうかなどのチェックを実施。ステップを踏んで、検証していき、最終的には元の観戦スタイルに戻す試みをしている。 そんな中、2日に行われたガンバ大阪vs浦和レッズの試合で、浦和のサポーターがチャントやブーイングなどの声出し行為を行っていた。 以前から浦和のサポーターには違反行為が散見され、他のクラブの多くのサポーターがガイドラインを遵守している中で、非難を浴びる状況に。そして、5日に浦和が初めて声明を発表。謝罪するとともに、処分や対策を発表していた。 これを受けて、Jリーグも最大2000万円の罰金処分の可能性があることを発表。また、繰り返して違反が起きれば、勝ち点剥奪や無観客試合の実施などがあることを示唆している。 そんな中、本田は自身のツイッターを通じてこの件について言及。日本政府がルールを変える必要があるとしながら、浦和への思い、Jリーグへの想いを綴った。 「声出し応援の件でそれぞれの登場人物に対して思うこと。 浦和ファン: 気持ちは分かる。けどバランスが大事よ Jリーグ: 対応が難しいよね。想いは一緒なはずやから 政府: 馬鹿げたルールはすぐに変えて。遅い。システム変えなあかん 批判してる第三者: ルールはルールという考え方に終止符を打って」 また、ルールを守って主張することが必要としながらも、その考え方だけに固執するのは良くないともした。 「ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います」 <span class="paragraph-title">【SNS】本田が声出し応援について言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います。</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1544459836909563905?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC渡邉千真に第二子誕生「家族が増えた幸せと共に頑張っていきたい」

横浜FCは、4日に元日本代表FW渡邉千真(35)に第二子(次女)が誕生したことを発表した。 今季は自身のキャリア初となるJ2で、ここまで13試合に出場して2得点を挙げている渡邉。頂上決戦となった第23節のアルビレックス新潟戦では貴重な追加点を奪い、首位奪還に貢献していた。 渡邉はクラブ公式サイトを通じ、次のような喜びのコメントを残している。 「この度、7月4日に第二子となる次女が誕生しました。命がけで産んでくれた妻に心から感謝しています。新しい家族が増えた幸せと共に、二児の父として精一杯頑張っていきたいと思います。これからも家族4人で温かい家庭を築いていきたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】首位決戦となった新潟戦で勝利を手繰り寄せた渡邉千真のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>渡邉千真の追加点!<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E7%AB%9C%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長谷川竜也</a> の浮き玉のスルーパスに抜け出した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B8%A1%E9%82%89%E5%8D%83%E7%9C%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#渡邉千真</a> がトラップからゴール左隅に流し込み追加点!<a href="https://twitter.com/hashtag/yokohamafc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yokohamafc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%AA%E6%B5%9CFC%E6%96%B0%E6%BD%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#横浜FC新潟</a> <a href="https://t.co/hBGkfPlcro">pic.twitter.com/hBGkfPlcro</a></p>&mdash; 横浜FC【公式】 (@yokohama_fc) <a href="https://twitter.com/yokohama_fc/status/1541038957974405126?ref_src=twsrc%5Etfw">June 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 20:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly