「日本に住んで3年になりますが」イニエスタの妻が日本生活での驚きを打ち明ける「いまだに驚いています」

2022.04.22 20:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの妻であるアンナ・オルティスさんが日本での驚きを綴った。

イニエスタは2018年の5月にバルセロナから神戸へと加入。Jリーグでも華麗なプレーを見せ続け、来日4シーズン目を迎えている中、一緒に日本で生活しているアンナさんが21日にSNSを更新した。

アンナさんは、神社の前で腰かけている自身の写真を添えながら、「日本は私たちに平和をもたらしてくれました...日本に住んで3年になりますが、私はいまだに外の澄んだ空気と人々が移動するときの静けさに驚いています」と心境をスペイン語と日本語の両方で伝えている。

アンナさんの投稿には、「これからも日本を楽しんで」、「日本を好きになってくれて、とっても嬉しいです」、「ご家族みんなで、いつまでも日本を満喫して欲しいと心から願っています」、「日本に来てくれてありがとう」と日本のファンからも多くの感謝のコメントが寄せられている。

2021年には神戸との契約を2年延長したイニエスタ。その背景には、日本生活の充実もあったのかもしれない。

1 2

関連ニュース
thumb

監督交代の神戸、武藤嘉紀がヘッド2発の躍動で3試合ぶり勝利!鳥栖はダブル許しまたも連勝逃す【明治安田J1第19節】

2日、明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸が駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で神戸が勝利を収めた。 現在6位の鳥栖と最下位の神戸の対戦。上位を窺いたい鳥栖も最下位からの巻き返したい神戸も勝ち点3が欲しい一戦となった。 鳥栖は前節から5名を変更。ファン・ソッコ、原田亘、堀米勇輝、小野裕二、宮代大聖が外れ、田代雅也、藤田直之、中野嘉大、本田風智、垣田裕暉が入った。 対する神戸はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任。暫定監督を含め、今季4人目となる吉田孝行監督が就任した。 その初陣となった試合では前節から3名のスタメンを変更。GK前川黛也、大崎玲央、大迫勇也が外れ、GK飯倉大樹、菊池流帆、小田裕太郎を起用した。GKを入れ替えて流れを変えたいところだ。 互いにボールを繋ぎながら攻め込むスタイル。鳥栖は後方からビルドアップして攻めていく展開に。対する神戸もパスを繋ぎながら攻め込んでいく。 すると19分に神戸がチャンス。左CKからイニエスタがクロスを送ると、これがゴールに向かいGK朴一圭が慌ててパンチング。その後の流れから、左からのイニエスタのクロスに対して小林がファーに飛び込むが、わずかに合わない。 対する鳥栖は26分にチャンス。ショートコーナーから、ボックス左からのクロスがクリアされると島川がヘッドで落とす。最後は本田がダイレクトシュート。鋭いボールがゴールに飛ぶが、わずかに右に外れる。 激しい球際の競り合いが見られるこの試合。田代との競り合いで武藤が脇腹付近を痛めて倒れ込んでいる。VARのチェックも入ったが、これは特にファウルも取られなかった。 38分には山口がクロスを送ると、武藤がボックス内でヘッド。しかし、力無くGK朴一圭がキャッチする。 鳥栖は40分に右CKを獲得すると、藤田のクロスにジエゴが飛び込んでヘッド。強烈なシュートがゴールを襲ったが、GK飯倉がセーブ。クロスバーに当たったボールを収めた。 押し込み続ける鳥栖は42分にも島川のスルーパスに反応した垣田がボックス内で滑り込みながらシュート。しかし、これもGK飯倉がセーブする。 互いに攻勢を見せる中でゴールが生まれなかった前半。ハーフタイムには互いにカードを切らずに後半に臨む。 後半は前半の鳥栖ペースから神戸が盛り返し、立ち上がりに汰木がシュートを放つなど積極的にゴールに向かう。 決定機こそ多く迎えられないものの、両サイドバックの酒井、山川が高い位置を取り、積極的に攻撃参加するなど、攻勢を止めない。 すると、69分に神戸がチャンス。パスを繋いで時間をかけて崩すと、橋本、武藤、佐々木、山川と繋ぎ、その山川がボックス右から鋭いクロス。これに橋本がダイレクトヒールで合わせると、シュートはゴールへ飛ぶもGK朴一圭がセーブする。 ビッグチャンスを止めた鳥栖は72分にチャンス。左サイドを岩崎が仕掛けると、一旦は止められるもディフレクトしたボールが岩崎の元へ。そのままボックス内左からシュートも、オフサイドとなった。 ゴールが欲しい神戸は73分に汰木を下げて大迫勇也を投入。流れを変えにいくと、押し込み続けた神戸は79分についに結実した。 右サイドからの山川のクロスにファーサイドで武藤がヘッド。上手くコントロールしたシュートはファーに決まり、神戸がついに先制する。 先制を許した鳥栖はボールを握って行きたいところだったが、神戸がしっかりとボールを握って時間をかけていくことに。するとアディショナルタイム1分、左サイドからのクロスをファーサイドでフリーだった武藤がボックス内でヘッド。これが左に決まり、神戸がリードを広げる。 結局そのまま試合は終了。神戸が新体制初陣で見事に勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。 サガン鳥栖 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 武藤嘉紀(後34、後46) 2022.07.02 21:29 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vs神戸】吉田孝行監督が3度目のリリーフ、やり続ける鳥栖相手に神戸は何を見せる?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:30キックオフ サガン鳥栖(6位/27pt) vs ヴィッセル神戸(18位/11pt) [駅前不動産スタジアム] ◆アグレッシブさを前面に【サガン鳥栖】 後半戦初戦となった前節のFC東京戦は5-0と圧倒。良い守備から良い攻撃をまさに体現。前々節の悔しさを跳ね返した形となった。 川井健太監督が掲げるアグレッシブさを前面に出し、相手を制圧していくスタイルのサッカーはどのチーム相手にも行えている。その中で、しっかりと結果を残せており、チームとしても良いサイクルが生まれているところだ。 今節の相手は最下位の神戸。監督交代直後で、どのような変化があるのか、それともないのか。読めないところは多いが、鳥栖のスタイルは変わらない。 気をつけるべきは高い能力を持つ個々の局面での対応。しっかりと受け過ぎずに組織として対応できるかがポイントとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、田代雅也、ジエゴ MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:宮代大聖 監督:川井健太 ◆3度目の正直なるか【ヴィッセル神戸】 最下位から抜け出せない神戸に激震が。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が3カ月足らずで解任の憂き目に。吉田孝行監督が指揮を執ることとなった。 三浦淳寛監督でスタートした今季は、周囲の予想とは大きく異なり結果が出ずに低迷。暫定指揮を執っていたリュイス・プラナグマ監督も含めれば、吉田監督が4人目というのだから、いかにチームが混沌としているかが分かる。 そもそも、守備の立て直しという観点で招へいしたロティーナ監督はその役目を一定は果たしていたと言える。守備に重きを置くことで、神戸が理想としていた華やかな攻撃が見れなくなることもわかっていたはずだ。 もちろん結果が伴っていないということは大きな要因だが、チームとして何を求めていくのか。どこに向かっていくのかが本当に定まっているのかは不安要素。そして、これまで2度も火中の栗を拾ってきた吉田監督に3度目の登板をさせてしまった。 就任からわずか数日で何かを変えられるとは思えないが、クラブとして今の状況が良くないことを認識しなければ、浮上することは不可能だろう。その気概をこの一戦では見せてもらいたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、橋本拳人 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:大迫勇也 監督:吉田孝行 2022.07.02 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸、レギュレーション違反でACLのユニフォームデザインを変更…シンプルなものに

ヴィッセル神戸は1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で着用するユニフォームのデザイン変更を発表した。 今シーズンは明治安田生J1リーグで前半戦を終えて最下位と低迷している神戸。一方で、ACLではグループステージを突破し、ラウンド16に駒を進めた。 ノックアウトステージは先日、日本で集中開催されることが発表。8月に埼玉で行われ、神戸は横浜F・マリノスと対戦することが決まっている。 その神戸だが、今回デザイン変更を発表。理由としてはアジアサッカー連盟(AFC)からレギュレーションに抵触すると指摘されたためという。 「グループステージ開催中にAFC(アジアサッカー連盟)よりユニフォームデザインの一部がACLのレギュレーションに反すると指摘が入り、その後に複数回の双方確認を経て、この度ノックアウトステージで着用するユニフォームのデザインを変更することが確定となりました」 グループステージで着用していたユニフォームは、Jリーグで着用しているものと同じ胸の部分が菱形にデザインされ、神戸の街並みが描かれていたが、変更後のデザインは前面のデザインが全て消された無地となっている。 なお、ACLのユニフォームを購入している方は「ACLノックアウトステージTシャツ 12 VISSEL KOBE」を贈呈するとのこと。また、今回の変更されたユニフォームの販売は予定されていない。 <span class="paragraph-title">【比較写真】デザイン変更後のユニフォームと変更前のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ACLユニフォームに関して】<br><br>デザインの一部がACLのレギュレーションに反すると指摘が入り、その後複数回の双方確認を経て、ノックアウトステージで着用するユニフォームのデザインを変更することになりました。<br>詳細はこちらをご確認<a href="https://t.co/6wkAeqMSUb">https://t.co/6wkAeqMSUb</a><a href="https://twitter.com/hashtag/visselkobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#visselkobe</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴィッセル神戸</a></p>&mdash; ヴィッセル神戸 (@visselkobe) <a href="https://twitter.com/visselkobe/status/1542720558445793280?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/U816hkj83A">https://t.co/U816hkj83A</a><a href="https://twitter.com/hashtag/visselkobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#visselkobe</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴィッセル神戸</a></p>&mdash; ヴィッセル神戸 (@visselkobe) <a href="https://twitter.com/visselkobe/status/1499572300215169025?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.01 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

巻き返し図る神戸がMF橋本拳人と契約延長、FIFAの特別措置延長で

ヴィッセル神戸は1日、日本代表MF橋本拳人(28)との契約延長を発表した。 橋本は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)が選手の契約に対して特別措置を与えたことによりフリーで今年3月に神戸へと移籍。特別措置は続いている状況であり、今回の契約延長もそれに該当する。 橋本は、FC東京の下部組織出身で、U-15深川、U-18と昇格し、2012年にトップチームへと昇格した。 2013年8月から2014年までの1シーズン半はロアッソ熊本へレンタル移籍を経験。2015年に復帰すると徐々に出場機会を増やし、2019シーズンはJリーグのベストイレブンに選出。J1では132試合14得点、J2では60試合、J3では5試合1得点、YBCルヴァンカップでは19試合で1得点を記録していた。 2020年7月からロシア・プレミアリーグのFCロストフへと完全移籍。ロストフでは30試合で8ゴール3アシスト。今シーズンもロシア・プレミアリーグで10試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 神戸では明治安田生命J1リーグで5試合に出場し1得点を記録していた。 2022.07.01 11:18 Fri
twitterfacebook
thumb

「新ユニフォームが似合いそう」バルセロナがイニエスタの画像を投稿 ファンは「戻ってきてくれ」

バルセロナのサポーターたちは今なおレジェンドの復帰を望んでいるようだ。 バルセロナは27日、2022-23シーズンのアウェイユニフォームを発表。今から30年前の1992年に開催されたバルセロナ・オリンピックをコンセプトに、金メダルをイメージしたゴールドがベースになったデザインを発表していた。 SNSでも新ユニフォームにまつわる投稿を多くしているバルセロナだが、現在はヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの合成写真を投稿した。 バルセロナは公式アカウントで「イニエスタは新しいユニフォームが似合いそうだ。金色のシャツはイニエスタに似合っていたはず」と写真をアップ。バルセロナ時代のイニエスタが新ユニフォームを着ているよう見えるものを投稿した。 すると、ファンからは「レジェンド」、「彼だけじゃなくメッシにも似合いそうだ」、「このユニフォームが気に入っている!」、「会いたいよ」、「戻ってきてくれ」といった言葉が寄せられている。 2018年に神戸に加入し日本にやってきたイニエスタだが、それまではバルセロナで16シーズンもの間プレ。公式戦600試合以上に出場し、8度のラ・リーガ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、トータルで31個のタイトル獲得に貢献していた。 <span class="paragraph-title">【写真】やはり似合う?バルセロナの新ユニフォーム姿のイニエスタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfXkjc0KWAE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfXkjc0KWAE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfXkjc0KWAE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Barcelona(@fcbarcelona)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.30 19:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly