降格圏のビーレフェルト、昨季は残留に導いたクラマー監督を解任

2022.04.20 21:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
奥川雅也が所属するアルミニア・ビーレフェルトは20日、フランク・クラマー監督(49)の解任を発表した。また、アシスタントコーチのイリア・グルエフ氏も解任となる。

クラマー監督はグロイター・フュルトやデュッセルドルフ、U-18、U-19、U-20ドイツ代表の監督をこれまで務め、2021年3月にビーレフェルトの監督に就任した。

2020-21シーズンは堂安律(現PSV)や奥川の活躍もあり、なんとかチームをブンデスリーガ残留に導いたが、今シーズンもチームは苦しむことに。ブンデスリーガでは30試合を終え、5勝11分け14敗と勝ち点を積み上げられず、降格圏の17位に位置している。

残留ラインのヘルタ・ベルリンとの勝ち点差は「3」となっており、残り4試合での逆転は可能な状況。クラブは解任に踏み切り、GKコーチを務めていたマルコ・コストマン氏がシーズン終了まで監督を務めることも発表された。

また、アシスタントコーチにはミヒャエル・ヘンケ氏(64)を招へい。オットマー・ヒッツフェルト監督の下で、長らくバイエルンのアシスタントコーチを務めた経験もある。

解任となったクラマー監督は、クラブを通じてコメントしている。

「選手、スタッフ、マネージングディレクター、幹部メンバー、ファン、そして全てのアルミニアに信頼と協力をしてくれた方に感謝したい。私にとっては喜びだった」

「昨シーズンはリーグに残留することができた。同様の状況で、今回もアルミニアがこの大きな目標を達成できることを確信している」

「私はグループを信じ、アルミニアのために祈り続ける」

関連ニュース
thumb

オーストリア代表MFシェプフがMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスへ完全移籍

MLS(メジャーリーグ・サッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスは4日、アルミニア・ビーレフェルトからオーストリア代表MFアレッサンドロ・シェプフ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年末までで、1年間の延長オプションが付随している。 昨シーズンに2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に降格したビーレフェルトを離れ、MLSを新天地に選択した28歳の攻撃的MFは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「今ここにいることにとても興奮しているよ。ヨーロッパから北米に来ることは、僕にとってとても大きな決断だった。バンクーバーにたくさんの成功をもたらしたいし、BCプレイスで多くのサポーターに会うのを楽しみにしているよ」 バイエルンの下部組織出身のシェプフは2014年に加入したブンデスリーガ2部のニュルンベルクで台頭。その後、シャルケでのプレーを経て、昨夏にビーレフェルトへ加入。セントラルMFを主戦場にブンデスリーガ31試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 また、2016年にデビューを飾ったオーストリア代表では通算32試合に出場し1ゴールを記録。昨年6月に行われたユーロ2020でも2試合に出場していた。 2022.08.04 23:05 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安が芸術FK弾で決勝点!延長戦を制したフライブルクが2回戦へ《DFBポカール》

DFBポカール1回戦の11試合が、7月31日にドイツ各地で行われた。 堂安律の所属するフライブルクは2部所属のカイザースラウテルンと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。1点のビハインドで後半を迎えたフライブルクは、82分にR・サライのゴールで試合を振り出しに戻した。 試合はそのまま延長戦に突入。フライブルクは111分、バイタルエリア中央右寄りの位置で獲得したFKを堂安が直接狙うと、これがゴール右隅に突吸い込まれ勝ち越しに成功。これが決勝点となりフライブルクが2回戦へ駒を進めた。 その他の日本人選手在籍クラブでは、DF吉田麻也の所属するシャルケは4部のブレーマーSVに5-0で、DF室屋成の所属するハノーファーは4部のショット・マインツに3-0で、DF板倉滉に所属するボルシアMGは4部のオーバーアハーンに9-1で、MF奥川雅也の所属するビーレフェルトは4部のエンガースに7-1でそれぞれ勝利している。 また、MF遠藤渓太の所属する3部のブラウンシュヴァイクはヘルタ・ベルリンと対戦し、4-4で120分が終了。その後行われたPK戦を6-5で勝利し2回戦へ駒を進めている。 なお、31日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 日程&結果 ▽7/31(日) SWレーデン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザントハウゼン(2部)</span> ブレーマーSV(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 シャルケ</span> ショット・マインツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハノーファー(2部)</span> レーディングハウゼン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ホッフェンハイム</span> オーバーアハーン(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">9 ボルシアMG</span> ローネ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アウクスブルク</span> カイザースラウテルン(2部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 フライブルク</span> エンガース(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">7 ビーレフェルト(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マンハイム(4部) 0</span>-0(PK:5-3) ホルシュタイン・キール(2部) エルツゲビルゲ(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 マインツ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブラウンシュヴァイク(3部) 4</span>-4(PK:6-5) ヘルタ・ベルリン ▽8/1(月) コットブス(4部) vs ブレーメン(2部) ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン マクデブルク(3部) vs フランクフルト インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部) ▽8/30(火) オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ ▽8/31(水) ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン ▽7/29(金) ディナモ・ドレスデン(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 シュツットガルト</span> ノイシュトレーリッツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">8 カールスルーエ(2部)</span> カーン=マリエンボルン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ニュルンベルク(2部)</span> 1860ミュンヘン(3部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ドルトムント</span> ▽7/30(土) 1889ベルリン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ボーフム</span> 19シュトラーレン(4部) 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザンクトパウリ(2部)</span> バイロイト(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハンブルガーSV</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レーゲンスブルク</span>(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リューベック(4部) 1</span>-0 ハンザ・ロストック(2部) イラーティッセン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハイデンハイム(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルフェアスベルク(4部) 4</span>-3 レーバークーゼン ヴェルニゲローデ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">10 パーダーボルン(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2</span>-0 グロイター・フェルト(2部) オッフェンバッハ(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 デュッセルドルフ(2部)</span> イェーナ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴォルフスブルク</span> 2022.08.01 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場もビーレフェルト、ホーム開幕戦完敗で連敗スタート《ブンデス2部》

ビーレフェルトは24日、ブンデスリーガ2部第2節でレーゲンスブルクをホームに迎え、0-3で完敗した。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 ビーレフェルトは開幕節、10人となった中、奥川にゴールが生まれたもののザントハウゼンに1-2と敗戦。黒星スタートとなった。 奥川が引き続き[3-5-2]のインサイドMFでスタメンとなった中、ビーレフェルトは思うように攻撃を仕掛けられない状況が続く。 すると前半追加タイム3分、ギンバーにゴールを許し前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、ビーレフェルトは53分に同点のチャンス。ボックス左で仕掛けた奥川が縦に抜け出してクロス。プリートルはフリーの状態でシュートを放ったが、枠を外してしまった。 すると56分、タールハンマーにミドルシュートを決められ、ビーレフェルトは2点を追う展開に。 結局、終盤にかけても反撃に転じられなかったビーレフェルトは試合終了間際にも失点して完敗。苦しい連敗スタートとなった。 ビーレフェルト 0-3 レーゲンスブルク 【レーゲンスブルク】 ギンバー(45分+3) タールハンマー(56分) ゴウラス(90分+1) 2022.07.24 22:39 Sun
twitterfacebook
thumb

降格ビーレフェルト、ウニオン・ベルリン退団のベテランDFオチプカをフリーで獲得

2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に降格したビーレフェルトは22日、元ウニオン・ベルリンのドイツ人DFバスティアン・オチプカ(33)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は明かされていない。 ビーレフェルト加入の決まったオチプカは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「首脳陣との話し合いの中で、最初からとても良い感触を得ていたんだ。一日でも早くチームに馴染んで、彼らの力になりたいと思っている。ここビーレフェルトでは何度もプレーしており、ファンの雰囲気の良さは知っているよ」 レバークーゼンの下部組織で育ったオチプカは、2012年に加入したフランクフルトで台頭。2017年1月にシャルケにステップアップを果たすと、頼れる左サイドバックとして4シーズンプレーしたが、2021年夏に2.ブンデスリーガ降格を機に退団。 昨夏に加入したウニオン・ベルリンでは、準主力としてブンデスリーガ18試合を含む公式戦21試合に出場していたが、シーズン終了後には契約満了を迎え、無所属となっていた。 2022.07.22 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

奥川が開幕節でゴール、10人ビーレフェルトは黒星発進《ブンデス2部》

ビーレフェルトは16日、ブンデスリーガ2部開幕節でザントハウゼンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ビーレフェルトのMF奥川雅也は77分までプレーしている。 昨季ブンデスリーガで8ゴールを挙げながらもチームは2部降格となった奥川はビーレフェルトに残留した中、開幕節でインサイドMFの位置で先発。 試合は11分に先制を許したビーレフェルトは、迎えた後半開始2分にシドラーが2枚目のイエローカードを受けて退場に。 10人となったビーレフェルトだったが、59分に奥川が同点弾を奪う。ボックス中央で味方のパスを受け、DFを外して右足でシュートを蹴り込んだ。 しかし63分に失点して勝ち越しを許したビーレフェルトはそのまま1-2で敗戦。黒星スタートとなっている。 ザントハウゼン 2-1 ビーレフェルト 【ザントハウゼン】 キンソンビ(11分) キンソンビ(63分) 【ビーレフェルト】 奥川雅也(58分) 2022.07.17 06:02 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly