【プレミア注目プレビュー】トップ4レースへの生き残り懸かるユナイテッドが盤石リバプールに挑む

2022.04.19 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第30節延期分、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが、日本時間19日28:00にアンフィールドでキックオフされる。逆転優勝目指すホームチームと、逆転でのトップ4フィニッシュ目指すアウェイチームによる大一番だ。

前節、首位マンチェスター・シティとの頂上決戦を2度追いついてのドローで終え、首位浮上こそ逃したものの1ポイント差を維持した2位のリバプール(勝ち点73)。先週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ではベンフィカを退けてベスト4進出を果たすと、週末のFAカップではシティとの激戦に3-2で競り勝ち、10シーズンぶりのファイナル進出を決めた。すでにEFLカップのタイトルを手中に収めたクロップ率いるチームは、史上初のクアドルプルの可能性を残してシーズン最終盤の重要な戦いに臨む。

そういった中、残る3つのコンペティションにおいて最も目標達成が困難なリーグ戦では、首位チームの残り試合の対戦相手を考えれば、ひとつも取りこぼしが許されない。そして、シティ戦から中2日で戦う今回の一戦は、ビジャレアルとのCL準決勝2ndレグ直後に控える第36節のトッテナム戦と並ぶ最もタフな試合となるはずだ。

対するユナイテッド(勝ち点54)は、レスター・シティ戦のドローに加え、0-1という結果以上に内容面が問題視されたエバートン戦の敗戦によって逆転でのトップ4フィニッシュは絶望的かに思われた。

しかし、前節のノリッジ戦ではホームで最下位相手に大苦戦を強いられながらも、FWクリスティアーノ・ロナウドの今季2度目のハットトリックの活躍によって3-2で競り勝ち3試合ぶりの白星を奪取。さらに、トッテナム、アーセナル、ウェストハムといったライバルの取りこぼしにより、4位トッテナムと3ポイント差の暫定5位に浮上。残り6試合でのトップ4フィニッシュに望みを繋いだ。

ただ、対戦相手のFAカップ決勝進出に伴い、第37節チェルシー戦の日程が変更となり、今回のリバプール戦を皮切りにアーセナル、チェルシーとのビッグマッチ3連戦が実現することに。この連戦の結果次第では5月を待たずして終戦の可能性も出てきている。それだけに難所アンフィールドとはいえ、勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

なお、昨年10月に行われた前回対戦ではオールド・トラッフォードに乗り込んだリバプールが5-0で圧勝。前半に4ゴールを奪って早々に勝敗を決定づけると、後半にはFWサラーがハットトリック達成。対するユナイテッドは途中出場のMFポグバの退場で数的不利を背負い、一矢報いることも叶わなかった。

ちなみに対リバプール初采配となるラングニック監督は、直接的な指導は行っていないものの、敵将クロップに戦術面で大きな影響を与えた師匠筋にあたる。そして、通算対戦成績でも6勝5分け2敗と大きく勝ち越している。

◆リバプール◆
【4-3-3】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ヘンダーソン、ファビーニョ、チアゴ
FW:サラー、ジョタ、マネ

負傷者:なし
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者、負傷者共にいない。

スタメンに関してはシティ戦から中2日の過密日程を考慮し、数名の入れ替えを予想。コナテとナビ・ケイタに代わってマティプ、プレミアリーグ400試合出場となるヘンダーソンが復帰するほか、マネに代わってジョタの復帰が濃厚とみる。また、ロバートソン、チアゴのところにツィミカス、カーティス・ジョーンズらが入る可能性もある。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、テレス
MF:ポグバ、マティッチ
MF:エランガ、ブルーノ・フェルナンデス、サンチョ
FW:クリスティアーノ・ロナウド

負傷者:DFヴァラン、ショー、MFフレッジ、マクトミネイ、FWカバーニ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては前述の主力クラスの5名が引き続き起用できない。

前日に自動車事故に巻き込まれたB・フェルナンデス、双子の出産と共に男の子の死去を明かしたC・ロナウドに関しては精神面の不安を抱える状況だが、チーム事情を考えればスタートからの起用となりそうだ。

スタメンに関してはポルトガル代表の2選手の起用を前提に、ノリッジ戦から2選手の変更を予想。ダロトとリンガードに代えてワン=ビサカ、マティッチという、より守備的なタレントを起用する可能性が高いと見る。また、システムに関しても直近のノリッジ戦で採用した攻撃的な[4-3-3]から[4-2-3-1]への変更が見込まれる。

★注目選手
◆リバプール:FWモハメド・サラー
Getty Images

ハットトリック記録の前回対戦の再現狙う。今シーズンここまで29試合20ゴールを記録し、自身3度目のリーグ得点王に向けてまい進するエジプト代表FW。ただ、代表戦を合わせて今季ここまで50試合以上をこなしていることもあり、ここに来て公式戦6試合連続ノーゴールと得点ペースが大きく落ちてきている。

とりわけ、ワールドカップ予選敗退という失意を味わった代表からの復帰後は、直近のFAカップのシティ戦で1アシストを記録しているものの、身体の重さやシュート精度の低下を窺わせるシーンも少なくない。

チーム自体は流れの中からもセットプレーからも多くのゴールを決めており、エース不振の影響は最小限となっているが、クアドルプル達成へ重要な最終盤の戦いに向けてサラーの復活はやはり必須だ。

そういった中、今回の対戦相手であるユナイテッドは前回対戦でのハットトリックを含め、直近の公式戦で3試合連発を含め6ゴールを奪っている非常に相性が良いお得意様。さらに、ヴァラン、ショーという主力DF、フィルター役を担うマクトミネイ、フレッジらの不在で守備強度は格段に落ちており、自信、ゴールを取り戻す上では格好の相手と言える。

◆マンチェスター・ユナイテッド:MFポール・ポグバ
Getty Images

今季限りでの退団不可避も意地を見せられるか。リーズとの開幕戦での1試合4アシストを含め、開幕4試合で7アシストを記録する好スタートを切ったが、以降はフランス代表で披露しているような一貫性のあるパフォーマンスを見せられず、チーム同様に低調なパフォーマンスが続く29歳。

直近のノリッジ戦では交代時、試合終了後にホームサポーターからブーイングを浴びた結果、耳に手を当てる挑発的なジェスチャーで反発。契約最終年を迎え、クラブとの交渉が難航を見せる中でのサポーターとの関係悪化によって退団不可避の様相だ。

ここ最近のパフォーマンス、前述の一件を考えれば、リバプールとの大一番での起用が見送られる可能性もあるが、フレッジ、マクトミネイとセントラルMFの主力2選手の不在を受け、スタメン起用の可能性は高い。

前回対戦では途中投入でのラフプレーによって一発退場という愚行を犯しており、個人としてもリベンジの気持ちが強い一戦において前述のブーイングを称賛のチャント、拍手に変えるような躍動を期待したい。

試合を通して守勢が見込まれるが、レ・ブルーで見せるような献身性で最終ラインを助け、攻撃面では局面を変える中盤での運び、相手のハイラインを破る高精度のパスでチャンスを演出したい。


関連ニュース
thumb

リバプール痛恨、チアゴがハムストリング負傷で6週間離脱の見込み

リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、6週間の負傷離脱を強いられることになった。『アスレティック』が伝えている。 6日に行われたプレミアリーグ開幕節のフルアム戦で、後半開始5分にハムストリングを負傷したチアゴ。検査の結果、少なくとも6週間の離脱は覚悟しなければならなくなったようだ。今後、さらなる検査で具体的な離脱期間がわかってくる模様だが、長期離脱は避けられない状況だ。 そのフルアム戦を2-2で引き分けたリバプールでは、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンとMFカーティス・ジョーンズがケガ、MFナビ・ケイタが病気で離脱中。ケイタは次節にも戻ってくる見込みだが、現状ではセントラルMFを一度に4人も失ってしまう事態に瀕している。 リバプールは今後、プレミアリーグ第3節でのマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチや、9月初旬のチャンピオンズリーグ開幕を控えているが、チアゴは少なくとも公式戦5試合は欠場するものと見られている。 2022.08.09 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの19歳FWピノ、リバプールとアーセナルが関心か

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)に、リバプールとアーセナルが関心を寄せているようだ。 ピノは16歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2020-21シーズンからファーストチームの一員に。昨季は右サイドを主戦場に公式戦40試合に出場し、7得点4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 昨年10月には18歳でA代表デビュー。今年3月のアルバニア代表戦で初ゴールもゲットし、通算4試合1得点。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も期待される成長株だ。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルはピノのリリース条項を8000万ユーロ(約110億円)に設定している。しかし、リバプールやアーセナルからのオファー次第では、この金額以下でも売却を容認する可能性があるという。 ビジャレアルは昨季の後半戦にトッテナムからの半年レンタルで在籍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの再獲得に本腰。収支バランスを整えるために、選手の売却が必要となる可能性がある模様だ。だが、ピノはビジャレアルが育て上げた宝石の1人。首脳陣らにとって難しい決断となるようだ。 2022.08.08 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

マネの代役にサネを狙う? 監督は補強に否定的も興味と現地報道…移籍金は75.6億円

ユルゲン・クロップ監督が補強に関して否定的な意見を口にする一方で、中盤の補強の噂は絶えないようだ。 スペイン『エル・ナシオナル』によると、リバプールはバイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネ(26)の獲得を望んでいるようだ。 今夏のリバプールはベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得。開幕戦でも早速1ゴールを記録していた。 一方で、セネガル代表FWサディオ・マネがバイエルンへと移籍。さらに、ベルギー代表FWディヴォク・オリジがミランへ、日本代表MF南野拓実がモナコへと去り、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノもユベントス移籍が取り沙汰されている。 パニックバイはしたくないリバプール。クロップ監督はケガ人が多い状況を認めながらも、補強で穴埋めをする気がないことを主張している。 ただ、マネが抜けた穴は埋められているとは言えない状況。ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタも負傷で出遅れているということもあり、エジプト代表FWモハメド・サラーが孤軍奮闘する可能性もある。 そのサラーも契約が残り1年となっており、来夏にはチームを去る可能性が十二分にある。その中でターゲットとしているのがサネということだ。 サネにはレアル・マドリーも関心を示しているとされたが、フロレンティーノ・ペレス会長は必要性を感じていないとのこと。マドリー移籍は無くなったと考えられる。 『エル・ナシオナル』によればクロップ監督はサネの補強は、チームに特別なもたらせると考え、なるべく早い獲得を望んていると報じており、監督の発言とは異なる状況。サネの移籍金はおよそ5500万ユーロ(約75億6000万円)と見られている。 マンチェスター・シティでもプレーしたサネはプレミアリーグのことも理解しており、確かに大きな補強に。バイエルンでの自身の立ち位置が不透明になっていることもあり、もしかしたらリバプールにやってくる可能性があるかもしれない。 2022.08.07 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「パニックになってはいけない」開幕戦でチアゴ負傷…不測の事態もクロップ監督は補強否定「何人かが負傷しているだけ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの負傷に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 6日に新シーズンの開幕を迎えたリバプール。アウェイでのフルアム戦となった試合は、2-2のドローに終わった。 2度相手に先行されながらも追いついて引き分けたリバプールだったが、負傷者が多い中で、試合中に再び負傷者が出てしまった。 51分、負傷したチアゴはハーヴェイ・エリオットと交代。復帰したばかりの中で、再び負傷と、チームとしては非常に痛い結果となった。 試合後、クロップ監督はチアゴについて「これから何が出てくるかはわかる。明確だ。我々は十分な選手がいるから、MFは必要ないと言っていたし、実際に十分な選手がいる」とコメント。「ただ、今の問題は、こういうことが起こり得るから、本当に自分たちの責任ではないことで罰を受ける」と語り、不足の事態が起きてしまうものだと語った。 開幕前の会見で補強について尋ねられたクロップ監督は、その計画はないと強気の発言。しかし、開幕戦でその言葉を打ち消さなければいけない試練が待っていた。 「カーティス(・ジョーンズ)がこういった事態になることは、誰も想像できなかった。でも、彼は若く、一種のストレスの反応だろう。体とはそういうものだ」 「ナビ(・ケイタ)はただの病気だ。来週には間違いなく復帰する」 「オックスレイド(=チェンバレン)はまだ早く、チアゴはもちろん良くない。これから見守る必要がある」 「移籍は、今、長期的な意味をなさない。我々には中盤の選手がいるし、まだ十分な人数がいる。中盤の選手が不足しているわけではなく、何人かが負傷しているだけだ」 「これは良い状況ではなく、全く好ましくはない。どう対応するかを見なければいけない。ただ、パニックになってはいけない」 あくまでも選手は充足しているというクロップ監督。復帰すれば、さらに余剰人員が出てしまうだけに、補強でカバーすることはなさそうだ。 2022.08.07 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

躍動フルアムに苦戦のリバプール、ヌニェスの1G1Aで2度のビハインド追いつきドロー《プレミアリーグ》

リバプールは6日、プレミアリーグ開幕節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 昨季はマンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いの末、惜しくも2位に終わったリバプールは、1週間前に行われたシティとのコミュニティ・シールドでは3-1と勝利。その試合のスタメンからGKアドリアンに代えて守護神アリソンのみを変更した。 1年でプレミアリーグに復帰したフルアムに対し開始直後、ミトロビッチに決定機を許したリバプールは守勢の入りとなる。 ホームチームのアグレッシブな姿勢の前になかなか主導権を握れないリバプールは、32分に押し切られる。右サイドを上がったテテにクロスを入れられると、ファーサイドのミトロビッチにアーノルドの上からヘディングシュートを叩き込まれた。 意外にも追う展開となったリバプールは39分に個人技からこの試合最初のチャンス。ボックス左のルイス・ディアスが縦に仕掛けてシュート。際どかったが、右ポストに直撃した。 フルアムの良さばかりが目立った前半はリバプール1点ビハインドで終了した。 迎えた後半開始6分、チアゴの負傷によりエリオットが、フィルミノに代わってヌニェスが投入された中、前半同様にプレー強度が落ちないフルアムにリバプールは主導権を握られる。57分にはボックス右からケバノに左ポスト直撃のシュートを打たれた。 ひやりとしたリバプールは62分に同点のチャンス。サラーの右クロスからヌニェスがヒールで合わせたシュートが枠に向かったが、GKロダークのセーブに阻まれる。それでも64分に追いついた。先ほどと同じような形からサラーの右クロスをヌニェスが合わせた。 さらに67分にもラフなロングボールをボックス内で収めたヌニェスがゴールに迫ったリバプールだったが、70分にPKを献上する。ボックス内で仕掛けてきたミトロビッチをファン・ダイクが倒してしまった。 このPKをミトロビッチに決められて勝ち越されたリバプールだったが、81分に追いつく。アーノルドのフィードをボックス内のヌニェスが収め、最後はサラーが流し込んだ。 終盤にかけてはリバプールが攻勢をかけると、試合終了間際にはヘンダーソンのコントロールシュートがバーに直撃。善戦してきたフルアムに対し、2度のビハインドをリバプールが追いつく結果で開幕戦は決着となった。 2022.08.06 22:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly