序列が下がった吉田麻也もJリーグ復帰か!? サンプドリアとの契約は今夏で終了

2022.04.18 19:43 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF吉田麻也(33)がJリーグに復帰する可能性もあると、イタリア『Club Doria 46』が伝えた。

2020年1月にサウサンプトンからサンプドリアへとレンタル移籍で加入した吉田。2020年9月からは完全移籍で加入した。

これまでサンプドリアでは公式戦72試合に出場し3ゴール6アシストを記録。ディフェンスの一角としてレギュラーだったが、ここ最近は出番が限られている状況に。16日に行われたセリエA第33節のセレルニターナ戦ではベンチに座ったまま、7試合ぶりにプレーしなかった。

前節のボローニャ戦では59分に途中出場したが、チームは直後に失点し2-0で敗れる展開に。マルコ・ジャンパオロ監督の中での序列が下がりつつある。

さらに吉田の契約は今シーズン終了で満了を迎えることもあり、このままいくと退団するという予測がなされている。

そんな中、サンプドリアの情報を主に扱う『Club Doria 46』は吉田のJリーグ復帰の可能性を報じた。

吉田の目標はセリエAに残るということとしながらも、11月に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)に向けて、帰国の可能性を報道。冬にはアル・ガラファからのオファーを断っていることもあり、移籍となれば日本になる可能性が高いと見られているようだ。

2021年にはDF長友佑都(FC東京)、DF酒井宏

関連ニュース
thumb

苦しむも今季初連勝のピオリ、退場レオンについて「イエローに気をつけろと言ってあった」

ミランのステファノ・ピオリ監督が勝利という結果に安堵した。 連覇がかかるセリエAを開幕5試合無敗でスタートしたミラン。今週ミッドウィークから始まったチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージを挟み、10日のセリエA第6節で18位のサンプドリアとの敵地戦に臨んだ。 6分にMFジュニオール・メシアスのゴールで先制したミランだが、47分に2枚目のイエローカードを受けたFWラファエル・レオンが退場に。57分に追いつかれたが、67分にFWオリヴィエ・ジルーのPK弾で何とか勝利した。 GKマイク・メニャンの好守もあって、苦しみながらも今季のリーグ戦初連勝を成し遂げたピオリ監督。イタリア『スカイ』で、下位ながらユベントスやラツィオとドローゲームを演じたサンプドリア相手の苦戦を認めた。 「前半は良いプレーができたし、もっとゴールも決められたはずが、結果は辛勝だった。10人になって歯を食いしばらなければならなかったが、選手たちはすべてのボールに頑張って向かっていってくれたよ。サンプドリアはユベントスやラツィオを抑え込んでいたし、決して楽な戦いではなかった」 また、ラファエル・レオンの退場についてが「レオンのファウルは別として、ストライカーは守備者が倒れるたびに警告を受ける。イエローに気をつけろと言ってあったが、彼は試みたかったのだろう。まあ、たいしたことではない。(次戦は)他の誰かがプレーするさ」と話している。 2022.09.11 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レオン退場ミラン、サンプドリアに競り勝って4勝目《セリエA》

ミランは10日、セリエA第6節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 レオンの2ゴール1アシストの活躍で前節インテルを下し、3勝2分けスタートとしたミランは、4日前に行われたチャンピオンズリーグではザルツブルクにドロー。そのミランはザルツブルク戦のスタメンから3選手を変更。トモリやベナセルがベンチスタートとなった。 2分け3敗スタートのサンプドリアに対し、立ち上がりから圧力をかけたミランは6分に先制する。レオンが左サイドを突破した流れから、ボックス内でジルー、デ・ケテラエル、レオンと繋げて最後はメシアスが蹴り込んだ。 その後、11分にジュリチッチのミドルシュートがバーに直撃するピンチのあったミランだったが、主導権を握り続けると、21分にリードを広げかける。 ボックス左からのレオンのクロスに合わせたデ・ケテラエルがネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドがあったとしてノーゴールに。 前半半ば以降もミランペースが続いた中、42分に追加点のチャンス。ボックス左に侵入したテオ・エルナンデスのクロスをジルーが合わせたが、シュートはGKアウデーロにセーブされた。 迎えた後半開始1分、レオンがバイシクルシュートを狙うと、フェラーリの顔面に足が入った。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたレオンは退場となった。 すると10人となったミランは57分に同点とされる。アウジェッロの左クロスをジュリチッチに頭で合わせられた。 それでも63分にテオ・エルナンデスのコントロールシュートでゴールに迫ると、直後に得たCKからPKを獲得。ジルーがヘディングシュートを狙うと、ビジャールの手に当たってVARの末にPK判定となった。 これをジルーが決めて勝ち越したミランは終盤にかけてのサンプドリアの攻勢を凌いで逃げ切り。連勝とし、4勝目を挙げている。 2022.09.11 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがトッテナムMFウィンクスを買取OP付レンタルで獲得…コンテ体制で出番減少、キャリア初の移籍に

サンプドリアは30日、トッテナムのイングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得することを発表した。 ウィンクスはトッテナムの下部組織出身で、2016年7月にファーストチームに昇格。これまで移籍の経験はなく、キャリア初の移籍となる。 これまでトッテナムでは公式戦203試合に出場し5ゴール6アシストを記録。プレミアリーグで128試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 ボランチを主戦場に1列前やサイドでもプレーは可能。しかし、アントニオ・コンテ監督の下で、昨季は出番が減少。今季はここまで試合に絡まず。移籍も容認されている状態だった。 イングランド代表としても10試合に出場し1ゴール。カタール・ワールドカップ(W杯)の出場は諦めておらず、出番を求めて本人も移籍を希望していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ウィンクスがイタリアに到着</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://t.co/ckqNqWo5v4">pic.twitter.com/ckqNqWo5v4</a></p>&mdash; U.C. Sampdoria (@sampdoria) <a href="https://twitter.com/sampdoria/status/1564713546767908865?ref_src=twsrc%5Etfw">August 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.31 10:14 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズで構想外ウィンクスがセリエA移籍へ! サンプTDが合意明かす

トッテナムの元イングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)のサンプドリア移籍が決定的となった。 幼少期からトッテナムのアカデミーに在籍するウィンクスは2014年にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦203試合に出場。マウリシオ・ポチェッティーノ体制では中盤のバランサーとして主力を担った。 しかし、以降は細かい負傷離脱やパフォーマンスの問題もあり、序列が低下。昨シーズン途中に就任したアントニオ・コンテ監督の下ではMFロドリゴ・ベンタンクール加入後に出場機会が激減。さらに、今夏にクラブがMFイヴ・ビスマを獲得したことで、完全に構想外となった。 今夏の移籍市場ではサウサンプトンやニューカッスル、エバートンといった国内クラブへの移籍が取り沙汰されたが、2500万ポンド(約40億3000万円)程度と言われる移籍金を支払ってまで獲得に動くクラブはなかった。 選手本人は国内でのキャリア継続を希望していたが、移籍市場閉幕が迫る中、以前からオファーが届いていたサンプドリアへの移籍を受け入れる形となった。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、サンプドリアでテクニカルディレクターを務めるカルロ・オスティ氏は、「トッテナムからハリー・ウィンクスを獲得することで合意に達した。近々契約書にサインするつもりだ」と、同選手の獲得を認めた。 なお、ウィンクスは29日にジェノヴァ入りし、メディカルチェックを受診予定。移籍形態に関しては、買い取りオプションの有無は不明だが、1年間のレンタル移籍に。また、サラリーの大部分をトッテナムが負担する形になるという。 2022.08.29 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ラビオ弾幻のユベントス、サンプドリアにゴールレスドロー《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第2節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 開幕節サッスオーロ戦をディ・マリアの公式戦デビュー弾とヴラホビッチのドッピエッタで勝利したユベントスだったが、ディ・マリアが負傷。代わって新戦力のコスティッチが先発。そして移籍が濃厚と思われたラビオがスタメンとなった。 アタランタに0-2で敗れて黒星スタートとなったサンプドリアに対し、[4-3-3]で臨んだユベントスは開始6分にピンチ。ブレーメルのクリアミスからレリスに決定機を許したが、GKペリンの好守でボールはバーに直撃した。 ペリンに助けられたユベントスは15分に絶好機。アウジェッロからボールを奪ったクアドラードが独走。ボックス右に侵入し、GKと一対一となったが、アウデーロのセーブに阻まれた。 互いに一つずつ決定機を作って迎えた23分、コスティッチの右足ミドルでゴールに迫ったユベントスだったが、前半半ば以降は攻撃の形を作れず。前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、膠着した展開で推移した中、65分にユベントスが先制しかける。ミレッティのスルーパスでボックス左に侵入したヴラホビッチの折り返しをラビオが蹴り込んだ。しかしVARの末、ヴラホビッチがオフサイドでゴールは取り消しに。 終盤、87分にロベッラのコントロールシュートで、追加タイム3分にコスティッチのボレーシュートでゴールに迫ったユベントスだったが、ゴールを割るには至らず0-0の引き分けに終わった。 2022.08.23 05:42 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly