相手2人をかわす超絶トラップ!ロンメルのU-21日本代表FW斉藤光毅が圧巻ゴールで今季の戦いを終える

2022.04.18 12:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プロキシマス・リーグ(ベルギー2部)のロンメルに所属するU-21日本代表FW斉藤光毅(20)が、今シーズンの戦いを終えた。2021年1月に横浜FCからロンメルへ完全移籍した斉藤は昨シーズン10試合に出場。今シーズンは開幕からレギュラーの座を勝ち取ると、ケガで離脱する期間もあったものの、チームの主力としてプレー。16日に行われた最終節のダインゼ戦にも左サイドで先発出場した。

すると、開始早々の3分、中盤でボールを拾ったMFブライアン・スメーツが前線へとロングフィード。相手DF2人と競り合った斉藤が見事なトラップで抜け出すと、ボックス手前から右足シュート。狙いすましたキックはゴール左のポストに直撃してからネットを揺らし、電光石火の先制点となった。

試合はその後両チームが1点ずつを奪い、2-1でロンメルが勝利。斉藤は82分までプレーした。

斉藤は今シーズンのリーグ戦20試合に出場し5ゴール3アシスト。ベルギーカップ2試合で1ゴールという数字を残し、今季の戦いを終えている。

1 2

関連ニュース
thumb

エスパニョールがブラジル人MFヴィニシウス・ソウザをレンタルで獲得、昨季はベルギー1部で活躍

エスパニョールは8日、ベルギーのロンメルからブラジル人MFヴィニシウス・ソウザ(23)がレンタル移籍で加入することを発表した。 フラメンゴの下部組織出身のヴィニシウス・ソウザは、2019年8月にファーストチームに昇格。コパ・リベルタドーレスの優勝に貢献するなどし、クラブ・ワールドカップのメンバーにも選ばれるなどして注目を集めた。 2020年10月にロンメルへと完全移籍すると、2021-22シーズンはメヘレンへのレンタル移籍を経験する。 2021-22シーズンは、ジュピラー・プロ・リーグで27試合に出場し2ゴール1アシストを記録。プレーオフ2でも5試合に出場するなど、チームの中心選手として活躍していた。 2022.07.09 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表MF斉藤光毅がオランダ1部のスパルタ・ロッテルダムにレンタル移籍!

エールディビジのスパルタ・ロッテルダムは25日、ベルギー2部のロンメルに所属するU-21日本代表MF斉藤光毅(20)がレンタル移籍で加入することを発表した。 斉藤は横浜FCの下部組織出身で、2021年1月にロンメルへと完全移籍する。 コロナ禍での海外挑戦となった斉藤だが、1年目はベルギー2部で9試合に出場し1アシストを記録。フルシーズンを戦った、2021-22シーズンはリーグ戦20試合に出場し5ゴール2アシストを記録。センターフォワードの他、両サイドハーフや両ウイングでプレーした。 先日まではU-21日本代表としてウズベキスタンで開催されていたAFC U23アジアカップにも出場していた。 スパルタ・ロッテルダムは、2021-22シーズンのエールディビジで14位に終わっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】斉藤光毅のインタビューとロンメルでのプレー映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CaEVGStPtSg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.25 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

衝撃の切り返し&タッチ&ターン! パリ五輪世代の「10」番、斉藤光毅が2人抜きから決勝点をアシスト

パリ・オリンピック世代の逸材は、所属クラブに帰還後すぐさま結果を残した。 3月23日から29日にかけて行われたドバイカップU-23。U-21日本代表として参加し、第2戦のU-23カタール代表戦ではゴールを決めたMF斉藤光毅。ロンメルSKに帰還して最初の試合、2日のウェステルロー戦でも早速結果を残した。 ホームのロンメルは先制を許すも、前半のアディショナルタイム1分に追い付き、勢いのままに畳みかけると、2分後には斉藤に見せ場がやってくる。 長い対角のパスを左サイドで受けた斉藤は深い切り返しで対峙相手を置き去りにすると、カバーに入ったDFもいとも簡単に抜き去って見せる。独力で崩し切ってボックス左最奥からラストパスを送り、カウエ・ヴィニシウスの得点をお膳立て。チームメイトのロビン・エンケンスは、斉藤が2人を抜き去った時点でゴールを確信したかのように両手を挙げている。 これが決勝点となり、ロンメルは3試合の白星を手にした。U-21日本代表「10」番のさらなる飛躍にも期待が高まる。 <span class="paragraph-title">【動画】得意のドリブルから決勝点をアシスト、斉藤光毅が相手を手玉に取る(3:55~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="A4_g1-LkikY";var video_start = 235;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.04.04 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

求めたゴールを決め結果を残したU-21日本代表MF斉藤光毅、A代表入りへ「口だけじゃなく、全員が本気で目指して」

U-21日本代表のMF斉藤光毅(ロンメル)が、U-23カタール代表戦を振り返った。 U-21日本代表は26日、ドバイカップU-23の第2戦でU-23カタール代表と対戦。初戦のU-20クロアチア代表戦からDF半田陸(モンテディオ山形)、MF甲田英將(名古屋グランパス)、斉藤の3名以外の全員を入れ替えて臨んだ。 試合は前半からビルドアップでミスが散見される展開となるも、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)の体を張った守備で得点を許さず。28分には斉藤が抜け出してビッグチャンスを迎えるが、シュートはポストに嫌われた。 ゴールレスで迎えた後半、53分に右サイドを突破したFW細谷真大(柏)が鋭いボールを中央へ入れると、走り込んでいた斉藤に収まり、ゴール左に決めて日本が先制する。 先制した日本は選手を入れ替えていくと、86分には左CKのクリアボールを途中出場の山本理仁(東京ヴェルディ)が見事なジャンピングボレーを叩き込み、2-0。日本は連勝を収めた。 2連勝を収め、待望のゴールを奪った斉藤は「単純にシンプルに嬉しいという気持ちが正直なところです。欲しいと言っていた点が取れて、ホッとしているという気持ちもあります」とコメント。「前半1回ポスト当てて、焦っていた気持ちはありましたが、その中でゴール前で落ち着いてゴールできたのは成長なのかなとも捉えられます。これからもそういうメンタリティでやって行きたいと思います」と、失敗をしながらも落ち着いてプレーしていきたいと語った。 ゴールシーンについては「最初(細谷)真大が抜けた時に、完全にフリーで、相手も遅れていたので、ダイレクトで決めれるようなイメージを持っていました」と語り、「思ったよりダイレクトで打てる状況じゃなかったので、相手がいるのをわかったので、落ち着いて一対一に持ち込めたことは良かったと思います」と、判断を変えてしっかりと決められたことは良かったとした。 ただ「レベルが上がるにつれてああやっている時間はないと思いますし、入っていく場所、スプリントのスピード、真大のボールも、ワンタッチで決められないと世界の上の国とかでは通用しないと思います。そこもしっかり意識してやって行きたいと思います」と、ゴールに満足せず、より高いレベルのプレーを見せたいとした。 この試合は2列目の左で先発したが、トップ下のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)とポジションを入れ替えるなどしてプレーしていた。 斉藤は「どっちもできる選手だと思うので遼太郎も僕も。相手も入れ替わったら嫌だと思います。特徴の違う2人なので、その中でストロイングポイントになることはアイコンタクトして、コミュニケーションをとって、色々合わせていかないといけないと思いますし、相手にとって嫌なことをどんどんやっていこうと思っています」と、相手の守備に嫌なことをしたいとした。 また、「そこを遼太郎だけじゃなく、色々な選手とやっていって、自分の特徴を出して、他の選手の特徴も出していければ、より良くなると思います」と語り、チーム全体として特徴を理解しあってやっていきたいとした。 まだ時間は少ない中で、U-21日本代表としての成長については「もちろん自分は大岩剛監督の下で初めての試合ですが、最初にやった練習の時よりももちろん試合の時の方がみんなコミュニケーションをとってより良くなっていますし、これからもっともっと練習や試合を積み重ねて良くしていかないとA代表には届かないと思います」とコメント。「選手1人1人が上の目標を持って、本気で目指さないと自分たちが掲げている目標には届かないと思うので、そういう気持ちで、口だけじゃなく、全員が本気で目指していけるような集団を作っていかなければいけないと思っています。そういうチームが強いと思っているので、自分を含めて高みを目指して行きたいと思います」と語り、いかにA代表入りをリアルに目指すかが大事だとした。 2022.03.27 13:43 Sun
twitterfacebook
thumb

10番背負う斉藤光毅「気負いすると良くない」と語るも、高みを目指す「楽しみながらしっかりと自分のプレーを」

U-21日本代表は23日、ドバイカップU-23でU-20クロアチア代表と対戦し、1-0で日本が勝利した。 パリ・オリンピックを目指す世代の初の国際試合となった一戦。大岩剛監督が率いての初の公式戦となり、大きな注目が集まる大会に。日本は前半から押し込み続けるもなかなかチャンスを生かせずゴールを奪えない。 後半に選手を入れ替えて流れを変えにいくと、81分に途中出場の荒木遼太郎の浮き球のパスをこちらも途中出場の小田裕太郎が落ち着いて決めてゴール。1-0で勝利した。 この試合が世代別代表のデビュー戦だった斉藤光毅(ロンメル)が試合後に取材に応じた。 背番号10を背負っての初戦。先発した斉藤は開始早々に仕掛けから際どいシュートを放つなど、積極的な姿勢を見せた。「個人的には点取りたくて結果を残したかったです」と積極的なプレーの理由を語り、「結果を残せなかったですが、チームが勝てたことには良かったと思っています」と、チームとしての勝利を喜んだ。 ただ、「チャンスは活かせなかったので、これからチームとしても個人としてもしっかり振り返りたいと思います」と、試合を分析して反省したいとした。 CBの西尾隆矢(セレッソ大阪)から縦パスが入り、かなり効果的なプレーが出ていたが、「CBからの縦パスで良い場面も作れましたが、個人的には寄りすぎて、ちょっとスペースを潰してしまったかなと思いました」と、ワイドなポジショニングをもう少し取るべきだったと反省。「試合中、ハーフタイムでコミュニケーションをとって、周りに言われたり、こっちが言ったり、時間がない中ではコミュニケーションが大事だと思うので、そういう場面を増やしていきたいと思います」と、しっかりと周りとのコミュニケーションをとってアジャストしていきたいとした。 今回の活動に臨むに当たっては「そんなに気負いすると良くないので、自分らしく楽しみながらプレーすることは大前提として、結果は求められるので、楽しみながらしっかりと自分のプレーをしたら結果がついてくると信じているので、意識してやりたいです」とコメント。10番を背負うことを重く受け止めないようにしたいとした。 今日の試合では、Jリーグ組の荒木と小田のコンビネーションでゴールを奪った。同世代でいち早く海外へと渡っている斉藤は「今日の試合に限らずJリーグで点を取っていたり活躍している選手がいると刺激もありますし、危機感も芽生えます」とコメント。「早く海外に行ったからと言って何も変わらないですし、成長しなければいけないなと思います。刺激を与えあってより良い集団になれればと思います」と、自分の立ち位置に驕ることなく、切磋琢磨して成長したいとした。 大岩監督は「パリ五輪経由A代表ではなく、A代表経由パリ五輪」と言っている。その点について選手の立場では、「監督が言っていて、それをやるというよりは、選手たちが本当に入りたいという気持ちを全面に出さないと他人には伝わらないだろうし、A代表のスタッフや選手たちにも見てもらえないと思います」とコメント。「人一倍そういう気持ちを持って、高いところを意識してやっていきたいと思います」と、強い気持ちを持って、本気でA代表入りを目指してプレーしたいと語った。 2022.03.24 00:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly