【J1補強分析|清水エスパルス】過渡期にあるチーム、戻ってきた男たちに期待が掛かる【評価:B】

2022.02.19 12:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎フロンターレの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。

そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:B》(評価:S〜E)

【IN】
GK権田修一(32)←ポルティモネンセ(ポルトガル)/期限付き移籍→完全移籍
DF菊地脩太(18)←清水エスパルスユース/完全移籍
DF山原怜音(22)←筑波大学/新加入
MF神谷優太(24)←柏レイソル/完全移籍
MF岸本武流(24)←徳島ヴォルティス/完全移籍
MF白崎凌兵(28)←鹿島アントラーズ/完全移籍
MF成岡輝瑠(19)←SC相模原/期限付き移籍終了
MF川谷凪(18)←静岡学園高校/新加入
FW髙橋大悟(22)←ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍終了
FW栗原イブラヒムジュニア(20)←鈴鹿ポイントゲッターズ/期限付き移籍終了
FW千葉寛汰(18)←清水エスパルスユース/昇格
FW加藤拓己(22)←早稲田大学/新加入

【OUT】
GK髙木和徹(26)→東京ヴェルディ/完全移籍
GK梅田透吾(21)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍延長
DF奥井諒(31)→V・ファーレン長崎/完全移籍
DFエウシーニョ(32)→未定
DFノリエガエリック(20)→未定
MF中村慶太(28)→柏レイソル/完全移籍
MF河井陽介(32)→ファジアーノ岡山/完全移籍
MF石毛秀樹(27)→ガンバ大阪/完全移籍
MF西村恭史(22)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍延長
MF金子翔太(26)→ジュビロ磐田/期限付き移籍→完全移籍
FW指宿洋史(30)→アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)/完全移籍
FW藤本憲明(32)→ヴィッセル神戸/期限付き移籍終了
FW川本梨誉(20)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍延長

昨シーズンはミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎えて臨んだシーズンだったが、チムになかなか戦術が浸透せずに苦しい戦いに。残留争いからなかなか抜け出せないシーズンを最後まで送った。

そこで迎えた今シーズン。MF中村慶太、MF河井陽介、DF奥井諒、DFエウシーニョなど戦力として計算していた選手たちが退団。チームとしての過渡期にあることが見て取れる。

ただ、日本代表の守護神でもあるGK権田修一を完全移籍で獲得すると、MF神谷優太(←柏レイソル)、MF岸本武流(←徳島ヴォルティス)、MF白崎凌兵(←鹿島アントラーズ)と実力者を補強。大きな戦力ダウンとはなっていない。

さらに、武者修行を続けていたFW髙橋大悟(←ギラヴァンツ北九州)が満を辞して復帰。北九州で鍛えられたものを還元できるかは期待がかかるところだ。

計算できる選手をしっかりと獲得できたことで評価は【B】。あとは平岡宏章監督が同チームとして1つにまとめるかに注目だ。

関連ニュース
thumb

清水DF鈴木義宜のツイートが秀逸!公式のミスを逆手に取りセンスを発揮「惜しい、シュートも漢字も」

清水エスパルスのDF鈴木義宜が場を和ませ、落ち着かせた。 リーグ戦では1試合を除いてフル稼働中の鈴木義宜は、14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われたガンバ大阪戦にもフル出場。36分にはクロスバー直撃のヘディングを見せた。 清水の公式ツイッターアカウントはこのシーンをピックアップ。「ショートコーナーから最後は #鈴木義宣 がダイビングヘッド!マークをうまく外したシュートはクロスバーに弾かれる」と紹介している。 すると、本人もこのツイートを引用。「惜しい、シュートも漢字も」と、名前の「宜」の字が「宣」になっている間違いを自らネタにした。 当初は「恥ずかしいし失礼」など、所属選手の漢字間違いに憤慨するファンもいたものの、守備の要による一言で緩和。「うまい笑」、「次はどちらもうまくいくことを願う」、「バーが、、、ついてない」、「センス◎」と、鈴木のツイートにより、雰囲気は一変した。 「決まってたら、正しく書いてもらえたかも笑」といじる声もあり、次戦への期待も込められている。 ちなみに誤りである漢字のハッシュタグで検索すると、過去に在籍していた大分トリニータのツイートやテレビ朝日のテロップが見つかるなど、意外と見落としがちであることがうかがえる。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木のバー直撃のヘディングを紹介した清水</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">惜しい、シュートも漢字も<a href="https://twitter.com/spulse_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@spulse_official</a> <a href="https://t.co/0b2PxuImeL">https://t.co/0b2PxuImeL</a></p>&mdash; 鈴木義宜 (@no__ri__5) <a href="https://twitter.com/no__ri__5/status/1558963683782381568?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

交代的中の清水が残留争うG大阪に2-0勝利! 大きな今季初の連勝【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイの清水エスパルスがガンバ大阪を2-0で下した。 1試合未消化で暫定16位のG大阪は前節中止で約2週間空いての今節となるなか、新戦力のファン・アラーノが同じく今夏加入の鈴木武蔵とともにベンチ入り。一方、勝ち点2差でひしめく残留争いのライバルとの敵地戦に挑む15位の清水は北川が今夏復帰後3試合目にして初先発した。 今夏に積極補強を施して残留争いからの脱出を期す両クラブの一戦は立ち上がりの主導権を握ったG大阪が押し気味に進めるが、清水も9分にボックス左のチアゴ・サンタナによる左足フィニッシュがクロスバーを叩けば、13分にカウンターから乾もゴールに迫り、攻めの形を作り出す。 相手にあわやという場面も作られながら、スムーズにボールを前に持ち運ぶG大阪は持ち前の積極性を打ち出す食野が攻撃をリードするが、縦にしぷるな攻めで仕掛ける清水も36分に右CKから鈴木義宜のクロスバーを叩くダイビングヘッド。前半の半ば以降も一進一退の攻防が続く。 互いに狙いを表現しながらゴールレスで折り返した試合もボールを保持して崩しにかかるG大阪と直線的な攻めを徹底する清水という構図に。そのなか、60分に清水がカルリーニョス・ジュニオを投入すると、G大阪もデビュー戦のファン・アラーノと鈴木武蔵を一挙に送り出す。 両軍が途中出場の選手でこう着状態を崩そうと動いたなか、G大阪が先にその効果をなす。65分、右CKからファン・アラーノの右足キックにボックス中央で競り勝った昌子が頭で合わせると、ゴール前で完全にフリーの鈴木武蔵にビッグチャンス。だが、押し込み切れなかった。 後ろに重たい時間が長くなる清水だが、69分にベンジャミン・コロリとホナウドを入れ、飲水タイムを挟むと、それが奏功。73分、カルリーニョス・ジュニオのパスをボックス右で受けたベンジャミン・コロリが今季3得点目を右足で決めてみせ、ほしかった先制点をもぎ取る。 追いかけるG大阪は残る交代枠でケガ明けの山本悠樹、倉田秋、ウェリントン・シウバを立て続けに送り出すが、清水がミスを見逃さず。86分、ボール奪取のチアゴ・サンタナがボックス左からゴール前に折り返すと、カルリーニョス・ジュニオが左足で2戦連発弾を記録した。 終盤に決定的な追加点を手にした清水はそのままG大阪の反撃を無失点で抑え込み、残留に大きな今季初の連勝。G大阪はこれで6試合勝ちなしで、暫定ながら最下位のジュビロ磐田と勝ち点22で並び、降格圏17位に転落している。 ガンバ大阪 0-2 清水エスパルス 【清水】 ベンジャミン・コロリ(後28) カルリーニョス・ジュニオ(後41) 2022.08.14 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:G大阪vs清水】勝った方が残留圏、負ければボトム3の“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2022年8月14日(日) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/22pt) vs 清水エスパルス(15位/24pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆勝てば降格圏脱出【ガンバ大阪】 前節のアビスパ福岡戦は、相手チームに新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多数出たことで中止に。調整期間を多く取ることができた。 中断明けの京都サンガF.C.戦で引き分け、連敗は「3」で止めた中、チームとして夏に加入した鈴木武蔵や食野亮太郎のフィットに時間を割けたはずだ。 残り試合も減ってきた中で、チームは自動降格圏。今節勝利すればそこから脱出できるだけに、必勝が求められる試合となる。 勝ち切れないという試合が続き、終盤の失点に目が行きがちだが、そもそもの問題は効果的にチャンスをモノにできていないこと。G大阪らしさを失っていることが苦戦の大きな要因だ。 GK東口順昭が戻ったことで守備は安定感を増している。あとは攻撃陣の爆発を待つのみ。鈴木や食野を含めた前線の選手の奮起が待たれる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、クォン・ギョンウォン MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介 MF:石毛秀樹、食野亮太郎 FW:鈴木武蔵 監督:片野坂知宏 ◆勢いのままに上昇へ【清水エスパルス】 前節のFC東京戦はアウェイでの試合となったが、0-2で見事に勝利を収めて降格圏を脱した。 中断明けのサガン鳥栖戦も2点ビハインドで敗色濃厚の中、終盤の2ゴールで追い付き勝ち点1を積み上げることに。その原動力になっているのは今夏加入した選手たちだ。 両サイドを任されるヤゴ・ピカチュウと乾貴士は攻撃のアクセントとなり、チアゴ・サンタナ、カルリーニョス・ジュニオと前線を生かすことが可能に。上昇気流に乗って、降格圏から離れていきたいところだ。 今季は連勝が一度もなく、今節の勝利でなんとか連勝を収めたいところ。守備陣はしっかりとゼロに抑えることに集中し、前線の活躍を待ちたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、立田悠悟、鈴木義宜、山原怜音 MF:ヤゴ・ピカチュウ、白崎凌兵、松岡大起、乾貴士 FW:チアゴ・サンタナ、カルリーニョス・ジュニオ 監督:ゼ・リカルド 8月14日 16:21 2022.08.14 16:23 Sun
twitterfacebook
thumb

清水が連勝中のFC東京を退け3試合ぶり白星! 暫定ながら残留圏へ【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、FC東京vs清水エスパルスが7日に行われ、0-2で清水が勝利した。 FC東京は前節、アダイウトンの後半アディショナルタイムのゴールでサンフレッチェ広島に競り勝ち2連勝。リーグ戦ここ4試合では3勝1敗としている。一方の清水は、前節はサガン鳥栖相手に追いつく形で3-3のドローに。こちらはここ6試合で1勝と苦しい時期が続いている。 スタメンはFC東京は前節から2人変更。清水は6人変更した中で、加入後2試合目となる注目のピカチュウは連続先発。また、乾は移籍後初スタメンとなった。 まず仕掛けたのはアウェイの清水。2分、ボックス手前左でボールを持ったカルリーニョス・ジュニオがカットインから右足一閃。わずかに右に逸れたがいきなり惜しいシーンを迎える。 8分に左サイドの山原のシュート性のクロスがGKスウォビィクを慌てさせると、続く11分には右CKから立田がヘディングシュート。ここはスウォビィクに正面で対応された。 前半半ばにかけては中盤で攻守が目まぐるしく入れ替わる展開に。その中で20分、清水は左サイドの山原の突破から最前線のチアゴ・サンタナへボールが渡ると、敵陣中央から右のピカチュウへ展開。ボックス右手前まで持ち運んだピカチュウはそこから右足を振り抜いたが、シュートは惜しくも左に外れた。 一方、ここまでチャンスのないFC東京は、30分にディエゴ・オリヴェイラが初めてゴール前に攻め込むが、シュートはGKの正面に。また、アダイウトンが個人突破を試みるも、清水の守備網に絡め取られる。 それでも、ここからホームチームが攻勢に出ると、迎えた39分の左CKのシーン。三田がアウトスイングのクロスを放り込み、森重が頭で反応。こぼれ球をアダイウトンが蹴り込みネットを揺らした。 しかし、VARで確認した結果、シュートコースにいた東がオフサイドの判定となり、ゴールは取り消しに。アダイウトンは2試合連続ゴールとはならなかった。 0-0で迎えた後半立ち上がりは、清水は松岡のミドルシュート、FC東京は速攻から松木のシュートなど、互いにゴールに迫る展開に。 すると57分に試合が動く。清水は原が右サイドを突破し、深い位置から右足でクロス。これをファーサイドから走り込んだC・ジュニオが力強く頭で合わせ、ネットを揺らした。 この失点で目が覚めたか、FC東京も直後から次々とゴールに迫る。まずは62分、敵陣中央のFKの流れで、アダイウトンがボックス左から強烈なシュート。続く64分には、松木のスルーパスでボックス左に侵攻したアダイウトンの折り返しにディエゴ・オリヴェイラが飛び込んだが、惜しくも押し込めず。 だが、追加点を狙う清水もチアゴ・サンタナが際どいシュートを放つと、途中出場の北川もボックス手前からミドルシュートで相手ゴールを強襲。しかし、ここはGKスウォビィクの好セーブに遭う。 81分にはFC東京のビッグチャンス。紺野が右サイドから中央にカットインし、左足でクロスを挙げると、途中出場のバングーナガンデがファーサイドからシュート。決定機だったが枠に飛ばせず。 一進一退の攻防が続いたが、アウェイの清水がトドメをさす。85分、セットプレーのセカンドボールを回収し、左サイドの山原が深い位置からクロスを供給。最後はチアゴ・サンタナが力強くヘディングシュートを決め、2点目を挙げた。 これで清水はリーグ戦3試合ぶりの白星。暫定で15位に浮上している。 FC東京 0-2 清水 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(後12) チアゴ・サンタナ(後40) 2022.08.07 20:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:FC東京vs清水】連勝中の東京、新戦力躍動の清水…上を目指す中で勝ち点を手にするのは?

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月7日(日) 18:00キックオフ FC東京(7位/35pt) vs 清水エスパルス(17位/21pt) [味の素スタジアム] ◆ポジショナルプレーが浸透、連勝継続へ【FC東京】 前節は上位のサンフレッチェ広島を相手に1-2で勝利。中断明けの試合を制しリーグ戦で2連勝とした。 勝ち点的にはまだまだ上位を狙える位置にあり、継続していきたいところ。ホーム2連戦で連勝を伸ばしたいところだ。 アルベル監督のサッカーも徐々に浸透。広島戦では、ボール回しがスムーズに行き、プレスを回避することに成功。そこからゴールを奪うことができた。 ただ、主導権を握るには先制したほうが当然良い。自分たちの特徴を出し、先にゴールを奪って主導権を握れるかがカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、バングーナガンデ佳史扶 MF:安部柊斗、東慶悟、松木玖生 FW:紺野和也、ディエゴ・オリヴェイラ、三田啓貴 監督:アルベル ◆新戦力の勢いを活かせるか【清水エスパルス】 前節はサガン鳥栖との一戦で、3-3のドロー。勝利とはならなかったが、負け試合を引き分けに持ち込む力を見せた。 新加入のヤゴ・ピカチュウが先発、乾貴士、北川航也が途中出場を果たし、それぞれが存在感を発揮。北川は早速ゴールを決め、チームを敗戦から救った。 ポジション争いが激化することは間違いなく、どのようなメンバーがピッチに立つかは不明。ただ、調子の良い選手を継続的に起用するほうが得策と言えるだろう。 まだチームは降格圏。勝ち点をなんとか稼いで行かなければいけない状況。FC東京相手にアウェイでゴールを決めている北川は、2戦連発でチームを救えるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、立田悠悟、山原怜音 MF:ヤゴ・ピカチュウ、宮本航汰、白崎凌兵、乾貴士 FW:北川航也、チアゴ・サンタナ 監督:ゼ・リカルド 2022.08.07 15:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly