【J1補強分析|ヴィッセル神戸】即戦力を獲得、昨夏加入の選手たちも戦力となりいざタイトルへ【評価:S】

2022.02.18 22:04 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、いよいよ2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎Fの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。

そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:S》(評価:S〜E)

【IN】
GK坪井湧也(22)←中央大学/新加入
DF槙野智章(34)←浦和レッズ/完全移籍
DF尾崎優成(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格
MF扇原貴宏(30)←横浜F・マリノス/完全移籍
MF汰木康也(26)←浦和レッズ/完全移籍
FW藤本憲明(32)←清水エスパルス/期限付き移籍終了

【OUT】
GK伊藤元太(21)→ザスパクサツ群馬/期限付き移籍
DFトーマス・フェルマーレン(36)→現役引退
MF櫻井辰徳(19)→徳島ヴォルティス/期限付き移籍
FWドウグラス(34)→柏レイソル/完全移籍
FW田中順也(34)→FC岐阜/完全移籍

今冬の移籍市場の神戸は大人しさを見せた。昨年夏には、FW大迫勇也(←ブレーメン)、FW武藤嘉紀(←ニューカッスル)、FWボージャン・クルキッチ(←フリー)と大きく補強。彼らが今シーズンはフルシーズンを戦えるだけに、1つの補強とも言える。

それを除いても、実績ある経験者を補強。10年過ごした浦和レッズを退団したDF槙野智章を補強すると、同じ浦和からMF汰木康也とサイドアタッカーを獲得した。

さらに、横浜F・マリノスからはMF扇原貴宏を獲得。中盤のゲームメーカーとして、実績ある扇腹を獲得。MF山口蛍とはセレッソ大阪時代にコンビを組んでおり、チームに良い効果をもたらすことになりそうだ。

即戦力3名を加えた一方で、退団した主軸はDFトーマス・フェルマーレン(→現役引退)とFWドウグラス(→柏レイソル)の2名。チーム最多の7得点を記録していたドウグラスが抜けたのは大きいが、前述の大迫、武藤、ボージャンが力を発揮すれば問題ないだろう。

また一発のあったFW田中順也も退団。攻撃の枚数は減ったが、清水を残留に導いたFW藤本憲明も復帰。アジアを狙う陣容は揃ったと言える。

評価は【S】。単純に戦力としてみても、経験値を考えてもプラスが大きい。プレーオフを勝ち抜く必要はあるが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いも待っており、アジアを狙いながらリーグタイトルを狙うには、ケガなどで選手が欠けた際に心許なさが多少はある。

ただ、三浦淳寛監督は昨季は特に中盤の多くの選手を入れ替え適用しており、既存選手の経験値は上がっている。新加入選手の力をしっかりとチームに還元できれば、2つ目のタイトルも見えてくるだろう。

関連ニュース
thumb

神戸がチリ代表FWサンチェスにオファー! 好条件も本人は拒否

インテルからの退団が濃厚となっているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に関して、ヴィッセル神戸行きの可能性があったようだ。チリ『TNTスポーツ』が伝えた。 これまでウディネーゼやバルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとヨーロッパでのキャリアを積んでいるサンチェス。セリエAでは173試合で36ゴール35アシスト、プレミアリーグでは154試合で63ゴール33アシスト、ラ・リーガでも88試合で38ゴール29アシストを記録。チャンピオンズリーグでも64試合で13ゴール16アシストとワールドクラスの選手として知られている。 チリ代表としても146試合で48ゴールと結果を残している中、新シーズンに向けたインテルの構想には 入っておらず、移籍が噂されている。 サンチェスの獲得には、バルセロナ時代のチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属する神戸の他、中国スーパーリーグのクラブががオファーを出したとのことだ。 『TNTスポーツ』によれば、神戸のオファーが経済面では最も良かったとのこと。移籍金とサラリーで約1400万ユーロ(約19億3000万円)を支払う気があったという。 さらにガラタサライもオファーを改めて提出したものの、サンチェスはいずれも拒否したという。 本人の希望としては、ヨーロッパのトップリーグでキャリアを続けたいとのことだ。 インテルのトレーニングに合流することになるが、果たしてどのような結末が待っているか。移籍するのか、インテルに残るのか。去就が注目される。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】母国チリで休暇を過ごすサンチェス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfpCstGsX_s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sanchez Alexis(@alexis_officia1)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.06 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也が大仕事! 後半ATに反転ボレー決め神戸が今季初の連勝、清水を抜き最下位脱出【明治安田J1第20節】

6日、明治安田生命J1リーグ第20節のヴィッセル神戸vs清水エスパルスがノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1で神戸が勝利を収めた。 最下位の神戸(勝ち点14)と17位の清水(勝ち点17)の一戦。降格圏に沈む両チームの対戦となった。 前節は今季のリーグ戦でサガン鳥栖を相手にアウェイ初勝利を挙げた神戸。新体制での連勝を目指す試合は、1名だけスタメンを変更。菊池流帆が外れ大﨑玲央が入った。 対する清水は前節は国立競技場での一戦で横浜F・マリノス相手に3-5で敗戦。そこからスタメンは1名変更し、立田悠悟が外れ、カルリーニョス・ジュニオを起用した。 互いに負けられない一戦。裏天王山とも言われる試合は立ち上がり2分に清水が早速セットプレーのチャンス。キック精度の高い西澤はクロスを入れずにトリックプレー。最後は原がヘディングで前に送るが、これはGK飯倉がキャッチする。 神戸は立ち上がりからハイプレス。最前線から激しく寄せていく一方で、清水も前からプレスをかけて素早く攻める展開を見せる。 互いにアグレッシブな入りを見せた中、ペースを握っていた神戸が先にスコアを動かす。8分、イニエスタのパスを受けた武藤がボックス手前からドリブルスタート。ボックス内右から折り返すと、DFにあたりながらも溢れたボールを汰木がダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、神戸が先制する。 神戸が先制してからは互いに攻め込むも精度を欠いてチャンスを作れない。 それでも28分、神戸はカウンターからシュートまで持ち込む。ロングフィードに抜けた小田がドリブルを仕掛けると、折り返しをイニエスタがシュート。しかし、これはGK権田の正面に飛んでしまう。 その後はこう着状態が続き、互いにスペースを使って攻め込んでいくが、決定機を作るまでには至らない。 神戸が1点リードで迎えた後半も、立ち上がりから神戸が積極的な姿勢を見せると47分、左サイドを突破した汰木がクロス。ニアサイドに飛び込んだ武藤がダイビングヘッドも枠外。このプレーで武藤が足首を抑えていたが、問題なくプレーを続ける。 52分にも神戸がカウンター。イニエスタがボールを運び武藤へパス。ボックス内でシュートに行こうとするが、相手に対応されてシュートは打てない。 なかなかゴールをこじ開けられなかった清水だったが66分にチャンスを生かす。ハーフウェイラインからの大きなサイドチェンジを山原が受けると、パスを受けたカルリーニョス・ジュニオのクロスがディフレクト。これに早く反応したチアゴ・サンタナがフリーで蹴り込み、清水が同点に追いつく。 タイスコアとなった試合。清水は西澤を下げて、ベンジャミン・コロリを投入。対する神戸は、イニエスタと小田を下げて、大迫勇也、佐々木大樹を投入する。 清水はチアゴ・サンタナがゴールに迫るシーンが増えていく。対する神戸はボールを保持しながらも、鋭い仕掛けでゴールを狙っていく。 清水は82分、相手のミスを逃さず、縦パスを受けた神谷がボックス手前からシュート。しかし、これはゴールとなならない。 さらに84分にも清水が決定機。右サイドからのアーリークロスにチアゴ・サンタナがドンピシャヘッド。離れた位置から力のあるシュートが放たれネットを揺らしたが、わずかにオフサイドでゴールは認められなかった。 互いに攻めるがゴールまで迫れない中、後半アディショナルタイムにドラマが。アディショナルタイム2分、神戸はこぼれ球を繋ぐと、武藤のシュートをブロック。これを片山がクロスも、ミスとなると、浮き球を大迫が振り向きざまボレー。これが決まり、神戸が土壇場で勝ち越しに成功する。 その後試合は再開するも程なくして終了。途中出場の大迫の5試合ぶりゴールで2-1と勝利した神戸が今季初の連勝。勝ち点で清水と並び、得失点差で上回ったために最下位を脱出した。 ヴィッセル神戸 2-1 清水エスパルス 【神戸】 汰木康也(前8) 大迫勇也(後47) 【清水】 チアゴ・サンタナ(後21) <span class="paragraph-title">【動画】ハンパない!大迫勇也、後半ATの決勝反転ボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>勝負を決めたのは<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E8%BF%AB%E5%8B%87%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%B8%85%E6%B0%B4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#神戸清水</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/visselkobe?ref_src=twsrc%5Etfw">@visselkobe</a> <a href="https://t.co/lTDLc4LWlM">pic.twitter.com/lTDLc4LWlM</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1544653841685049344?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 20:59 Wed
twitterfacebook
thumb

いくつ分かる? 神戸DF槙野ら寿司会写真に4人の中で「1人だけ〇〇」

ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章が4日にインスタグラムを更新。寿司会の様子を公開した。 新体制の初陣で今シーズンのリーグ戦アウェイ初勝利を挙げた神戸。すぐ迫ってくる次節を前に英気を養ったようだ。 槙野が投稿した写真には、ファンが、「楽しそう」、「あたしは左上がやはりタイプだわ」、「ボージャン笑笑」、「よいお寿司食べて、キッチリ勝ち点3取っていきましょ」、「武藤が決めたのでガッテン!ですね」などのコメントを寄せたが、この1枚には色々なものが隠されているようだ。 今回は槙野の他、FWボージャン・クルキッチ、FW武藤嘉紀、FW藤本憲明が寄り集まったが、唯一ポーズの異なる藤本は「1人だけ握ってるやん」とセルフツッコミ。Tシャツの色も1人だけ異なるものを着用している。 その他にも槙野のみがDF登録など、複数の"1人だけ〇〇"が隠れているようだが、いくつ見つけられるだろうか? <span class="paragraph-title">【写真】槙野や武藤ら、ヴィッセル神戸の4人でお寿司会</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfl3xBDrWM_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfl3xBDrWM_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfl3xBDrWM_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸、セルティックとのコラボグッズを販売!古橋をデザインしたタオマフなども

ヴィッセル神戸は5日、セルティックとのコラボレーショングッズを販売すると発表した。 2018年夏から昨シーズンまで神戸に在籍し、2021年夏に海を渡ったセルティックの日本代表FW古橋亨梧。スコットランドでもゴールを量産するストライカーが懸け橋となり、両クラブのコラボが実現した。 両クラブのユニフォームデザインをベースに、シンプルなロゴをあしらったタオルマフラーを筆頭に、古橋をデザインした初のコラボグッズが出来上がった。 古橋が神戸とセルティック、それぞれのユニフォームを着た姿をあしらい、「KYOGO」の文字で2つのクラブを繋いだタオルマフラーやハンドタオル、クッションにマグカップ、アクリルキーホルダーの計6種類が用意された。 各グッズは6日11時からハーバーランドのオフィシャルショップとJリーグオンラインストアで販売開始。明治安田生命J1リーグ第20節清水エスパルス戦の会場でも購入可能とのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】古橋グッズも多数!神戸とセルティックのコラボアイテム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">CELTIC FC|VISSEL KOBE<br>待望のコラボグッズ!<br><br>古橋亨梧選手(<a href="https://twitter.com/Kyogo_Furuhashi?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kyogo_Furuhashi</a>)をデザインした初のコラボグッズを明日から販売!<br>Jリーグオンラインストア店では古橋選手のサイングッズがあたるキャンペーンも<br><br>詳細は<a href="https://t.co/R29fZ95HHc">https://t.co/R29fZ95HHc</a><a href="https://twitter.com/hashtag/visselkobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#visselkobe</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴィッセル神戸</a> <a href="https://twitter.com/CelticFCJPN?ref_src=twsrc%5Etfw">@CelticFCJPN</a></p>&mdash; ヴィッセル神戸 (@visselkobe) <a href="https://twitter.com/visselkobe/status/1544237247951949824?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージのキックオフ時間&テレビ放送、ネット配信が決定

5日、JリーグはYBCルヴァンカップ・プライムステージのキックオフ時間とテレビ放送を発表した。 6月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 6月29日に行われたオープンドローの結果、前回王者の名古屋は浦和と対戦が決まり、昨シーズンのカップ戦王者同士の対決に。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 また、Jリーグで苦しむ神戸は福岡と、J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 キックオフ時間は浦和vs名古屋が19時半、残りの3カードは第1戦も第2戦も19時キックオフに。また、テレビではフジテレビNEXT、フジテレビONE、フジテレビTWO、スカパー!で放送される他、インターネットでは、FOD、SPOOX、スカパー!番組配信で放送される。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 【第1戦】 8月3日 《19:00》 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡 [ノエビアスタジアム神戸] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス [エディオンスタジアム広島] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 【第2戦】 8月10日 《19:00》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [等々力陸上競技場] テレビ:フジテレビONE インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [ニッパツ三ツ沢球技場] テレビ:フジテレビTWO インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 浦和レッズ vs 名古屋グランパス [埼玉スタジアム2002] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 2022.07.05 17:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly