昨季はJ3初年度で旋風巻き起こした宮崎が新ユニフォーム発表! 元日本代表FW工藤壮人もアピール

2022.02.03 22:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】新加入の工藤壮人もユニフォームを持ってアピール




1 2

関連ニュース
thumb

宮崎が16試合出場の藤武剛と契約更新 「アツく盛り上げましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は10日、DF藤武剛(24)の契約更新を発表した。 V・ファーレン長崎のアカデミーで育った藤武だが、トップチームに上がらず、徳山大学に進学。2021年に宮崎入りし、今季は明治安田生命J3リーグ16試合に出場した。 ルーキーイヤーの1試合出場から大幅に出番を増やして3年目を迎える藤武はクラブを通じて決意を新たにしている。 「今シーズンどんな時も沢山の温かいご声援、ご支援本当にありがとうございました。リリースの通り来シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただきます。沢山の期待や想いを決して裏切る事なく、自分の気持ちをピッチの上で表現します。強い覚悟と責任を持ち戦います。来季も応援よろしくお願いします。宮崎をアツく盛り上げましょう!」 2022.12.10 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎のMF小野寺達也が現役引退、小林悠、太田宏介、ぺこぱ・シュウペイとは高校の同期「自分が納得できるまでプレーする事ができました」

テゲバジャーロ宮崎は9日、MF小野寺達也(35)が現役引退することを発表した。 小野寺は神奈川県出身で、麻布大学附属渕野辺高校から拓殖大学へと進学した。 高校時代は元日本代表DF太田宏介(FC町田ゼルビア)、FW小林悠(川崎フロンターレ)、お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイと同期で、小林とは大学でもサッカー部で共にプレーした。 2010年に栃木SCに入団。2016年にはV・ファーレン長崎へと完全移籍すると、2017年にギラヴァンツ北九州へと期限付き移籍。2018年に完全移籍した。 2019年には当時JFLの宮崎に完全移籍。2020年にはチームのJ3昇格に貢献していた。 J2通算122試合6得点、J3通算35試合出場。JFLでは40試合で1得点を記録した。 小野寺はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンをもって、現役を引退することに決めました。サッカーをする事が中心の生活から離れるのは少し寂しいですが、自分が納得できるまでプレーする事ができました」 「これまでプレーしてこられたのは共に戦ってくれたファン・サポーターの皆様、チームメイト、監督、スタッフ、スポンサーの皆様、自分に関わって下さったすべての方々のおかげです」 「栃木SC、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州、テゲバジャーロ宮崎でプレーができてとても幸せでした。本当にありがとうございました」 「サッカーを通じて色々な事を学び、出会えた人が自分の宝物です。今後も大好きなサッカーと向き合っていきたいと思います」 「最後に、どんな時でも1番近くで支え続けてくれた家族に感謝しています。13年間ありがとうございました」 なお、小野寺は強化部スタッフに就任することも決定。コメントを寄せている。 「2023年シーズンより、強化担当スタッフをさせて頂く事になりました。来年もテゲバジャーロ宮崎の一員として戦える事を嬉しく思います」 「クラブに貢献できるように精進していく所存です。宜しくお願い致します」 2022.12.09 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

宮崎が元讃岐の青戸翔を獲得 「得点王目指して頑張ります」

テゲバジャーロ宮崎は9日、カマタマーレ讃岐からFW青戸翔(26)の完全移籍加入を発表した。 青戸は東京ヴェルディの下部組織育ちだが、桐蔭学園高校に進学。国際武道大学を卒業後に関東サッカーリーグ1部や、ドイツ5部、関西サッカーリーグ1部でのプレーを経験して、カマタマーレ讃岐に今季加入した。 その讃岐移籍1年目では明治安田生命J3リーグ23試合に出場して3ゴールを決めたが、同シーズンをもって契約満了に。そして、トライアウトでのアピールを経て、宮崎入りが決まった。クラブを通じて意気込みを語っている。 「カマタマーレ讃岐から加入することになりました青戸翔です。テゲバジャーロ宮崎の選手として戦えることを嬉しく思います。僕のゴールがチームの勝利に繋がり、選手、スタッフ、サポーター、関わる全ての方々と最高の瞬間を味わいたいです。一度だけじゃなく、二回、三回、何度でもです。2023シーズンの得点王目指して頑張ります。応援どうぞ宜しくお願いします」 2022.12.09 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

宮崎、九州リーグ時代から在籍のGK石井健太と契約更新!本日35歳のお誕生日「大好きな宮崎の地で」

テゲバジャーロ宮崎は8日、GK石井健太(35)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 石井は東海大学を卒業後の2010年、宮崎県に本拠地を置くJFL(日本フットボールリーグ)のホンダロックSCヘ加入。同クラブで3年間プレーし、2014年に当時JFLのカマタマーレ讃岐へと移籍した。 讃岐での4年間は出場機会に恵まれず、2017年に九州サッカーリーグの宮崎へと加入。同年にJFL昇格を勝ち取ると、2021年にJ3へと参入を果たし、昨季は9試合、今季も9試合でゴールマウスを守った。 本日35歳の誕生日を迎えた石井は、クラブを通じてコメントを発表している。 「2023年シーズンもテゲバジャーロ宮崎で戦えることとなりました。日々を大切に、丁寧に、大好きなサッカーが、大好きな宮崎の地で出来ることに感謝を忘れず、ひたむきに、強かに、チームとしても、個人としても良くなり続けることを誓います。J3優勝、J2昇格します。最後の1秒まで、最後の1mmまで、あきらめず共に戦ってください。皆んなで掴み取りましょう!!!」 2022.12.08 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

宮崎MF内薗大貴が契約更新 「自分らしく精一杯頑張りたい」

テゲバジャーロ宮崎は7日、MF内薗大貴(35)の契約更新を発表した。 東海学園大学卒の内薗はFC刈谷でプレーした後、宮崎の前身であるMSU FCにかつて在籍。その後、FC KAGOSHIMAや、鹿児島ユナイテッドFCを渡り歩き、2018年に当時日本フットボールリーグ(JFL)の宮崎に加入した。 今季は7月末から出場機会を増やして、明治安田生命J3リーグ14試合でプレー。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「ファン、サポーター、スポンサーの皆様2022シーズンもチームがどのような状況になっても変わらず熱い声援、支援していただきありがとうございました。この度2023シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただく事になりました。テゲバジャーロ宮崎の発展の為に自分らしく精一杯頑張りたいと思います、応援よろしくお願い致します」 2022.12.07 19:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly