日本代表スタメンは中国代表戦と同じ11名! 大一番のサウジアラビア代表戦

2022.02.01 18:04 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第8戦でサウジアラビア代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。

7大会連続7度目のW杯出場を目指す日本。現在5勝2敗で勝ち点15の2位につけている状況。首位のサウジアラビアとの大一番となる。

1月27日には中国代表を相手に2-0で勝利を収めた日本。今回のメンバーはその中国戦と同じ11名がスターティングメンバーに名を連ねた。

試合は19時10分から埼玉スタジアム2002で行われる。

◆日本代表スターティングメンバー[4-3-3]
GK:権田修一
DF:酒井宏樹、板倉滉、谷口彰悟、長友佑都
MF:田中碧、遠藤航、守田英正
FW:伊東純也、大迫勇也、南野拓実
監督:森保一

◆サブ
GK:川島永嗣、シュミット・ダニエル
DF:山根視来、植田直通、中谷進之介、中山雄太
MF:原口元気、柴崎岳、堂安律、久保建英
FW:浅野拓磨、前田大然

関連ニュース
thumb

「素敵な写真」EL王者・長谷部誠が貴重すぎる3ショット公開! 内田篤人ともう1人は?「嬉しいメンバー」

フランクフルトのMF長谷部誠が貴重すぎる3ショットを投稿し話題を呼んでいる。 リーグで最も長くプレーする選手として、2021-22シーズンのブンデスリーガを戦った長谷部。コンディションなどの問題もあり、出場機会は減少。それでもリーグ戦で18試合、そしてチームが優勝したヨーロッパリーグでは決勝を含めて7試合に出場してチームを支えた。 現役引退の噂もあがる中、シーズン途中には2027年までの5年契約を締結。これは選手としてだけでなく、引退後のコーチキャリアも含めた契約となっている。 未だ引退の時期は明言していないものの、ピッチ内外で大きな存在であり続ける長谷部。オリバー・グラスナー監督もその点は高く評価しており、選手が入れ替わる新シーズンも現役でプレーする可能性が高い。 その長谷部は束の間のオフを利用して帰国。先日は日本代表の試合を観戦するなど、日本での生活を楽しんでいる。 そんな中、長谷部は25日にインスタグラムを更新。珍しすぎる貴重な3ショットを掲載した。 長谷部は「日本はやはり暑いですね!体調にお気をつけて、素敵な週末を!」と投稿。そのメッセージと共に投稿された写真は、元日本代表DFの内田篤人氏と日本代表の元通訳である矢野大輔氏との3ショットだった。 矢野氏はアルベルト・ザッケローニ監督の通訳を務めており、長谷部、内田とは2014年のブラジル・ワールドカップを共に戦った中。ご存知の通り内田は日本代表に加え、シャルケ時代にはブンデスリーガで何度も対戦した相手だ。 この貴重な3ショットにはファンも反応。「素敵すぎるメンバー」、「嬉しいメンバー」、「素敵な写真」、「大好きメンツ」とコメント。ブラジルW杯を戦った3人のショットが沸いていた。 <span class="paragraph-title">【写真】もう8年前…懐かしすぎる3ショットにファン歓喜</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfNMJ1Jhz7H/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfNMJ1Jhz7H/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfNMJ1Jhz7H/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷部誠 Makoto Hasebe(@makoto_hasebe_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.25 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

「ジュビロの時好きでした笑」アーセナルの岩渕真奈が偶然出会った日本代表OBにまさかの告白!?

アーセナルに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈に日本代表でも活躍した選手たちとの出会いがあったようだ。 日本でオフを過ごしている岩渕は、アパレルブランド『VIRI-DARI DESERTA』の展示会を訪れた際に、元日本代表のMF福西崇史とMF石川直宏と偶然出会ったという。 3人はそれぞれSNSを更新。同ブランドのディレクターである渡邉俊介氏と並んでの4ショットを投稿した。 岩渕も「素敵な展示会で素敵な方々に会えました」と報告。さらに、会場だったコーヒーショップ『Swell Coffee Roasters』の「コーヒーも美味しかった」と感想を綴っている。 そして、今回が初対面だった福西氏には「ジュビロの時好きでした笑」と石川氏には「小さいときなななななないしかわなーおって歌ってました笑」と2人が現役時代だった頃のエピソードを明かしている。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕、福西氏、石川氏、渡邉氏のオシャレな4ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfJfxlQJ4sn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfJfxlQJ4sn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfJfxlQJ4sn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">福西崇史(@takashi_fukunishi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.24 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸にも“謎の練習生”出現、ファンは「全然、違和感がない」

ヴィッセル神戸に“謎の練習生”が現れた。 川崎フロンターレや浦和レッズをはじめ、様々なクラブに現れている“謎の練習生”だが、神戸にもついに現れたようだ。 神戸はクラブのSNSを更新。金髪のその練習生は、日本代表FW古橋亨梧(セルティック/スコットランド)だった。 1年前まで神戸でプレーしていた古橋。Jリーグで見せていた得点力に目をつけていたアンジェ・ポステコグルー監督がセルティックの監督に就任すると、獲得を熱望。自身初の海外移籍を果たした。 欧州1年目の古橋は、いきなり結果を残すとチーム最多となるリーグ戦とプレーオフを合わせて12ゴールを記録。公式戦通算では33試合で20ゴール5アシストを記録し、スコティッシュ・プレミアシップとリーグカップの2冠達成に大きく貢献していた。 6月の日本代表活動に参加していた古橋はゴールこそなかったが、3試合でプレー。スコットランドに戻る前に古巣でかつての仲間と共に汗を流し、ホットラインを形成していたアンドレス・イニエスタと共にトレーニングする姿も見られた。 ファンは神戸のトレーニングウェアを着ている古橋の姿に「全然、違和感がない」、「天使ちゃんがいぶきに」、「やっぱり赤似合う」とコメントが寄せられた。 26日の浦和レッズ戦にはノエビアスタジアム神戸に姿を表すとのことで、日本代表としてはピッチに立てなかったが、ファンの歓迎を受けることは間違いなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】“謎の練習生”はイニエスタと共にトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfLIb37vUB7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfLIb37vUB7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfLIb37vUB7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VISSEL KOBE | ヴィッセル神戸(@visselkobe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.24 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「浦和には来ないのかという声もありましたが」遠藤航がついに大原へ!すでに京都と湘南にも訪問

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、ついに浦和レッズを訪問した。 6月に行われた日本代表の親善試合でも中心として活躍した遠藤。これまでには古巣である湘南ベルマーレや湘南時代の指揮官である曺貴裁監督が率いる京都サンガF.C.の練習に訪れていた。 となると残すはもう1つの古巣である浦和。そして、ついに遠藤が大原サッカー場に姿を現したことをクラブのSNSが伝えている。 やはり訪問を望む声は多くあったようで、クラブは遠藤のコメントも紹介。「みなさん、お久しぶりです。僕が京都や湘南に行ったりしていたので、浦和には来ないのかという声もありましたが、来ました!」とし、「ファン・サポーターのみなさんにはお会いできませんでしたが、また機会があれば来たいと思っています。これからも引き続き、僕の応援もしていただければ嬉しいです」とメッセージを送っている。 <span class="paragraph-title">【写真】大原サッカー場にプラダを着た遠藤が登場!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日、オフ期間を利用して <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> 選手が大原サッカー場を訪問してくれました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> そして海外での更なる活躍を期待しています‼<a href="https://twitter.com/hashtag/WeareREDS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareREDS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/REDS030th?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#REDS030th</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ありがとう</a> <a href="https://t.co/jxOFay1nrk">pic.twitter.com/jxOFay1nrk</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1540228312273866752?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.24 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯の選手枠増が日本代表にもたらす影響は? プラス3名に入り込むのは誰だ/日本代表コラム

史上初の冬開催となるカタール・ワールドカップ(W杯)。ヨーロッパのシーズン真っ只中に行われることもあり、出場する選手たちをはじめ多くの関係者のなかに困惑もあるはずだ。 コンディション調整の仕方、シーズンの戦い方、そしてW杯後の戦い方など、それぞれの思惑もあるだろう。 そんな中、23日に国際サッカー連盟(FIFA)が、カタールW杯に向けた新たな変更点を発表。チームの登録人数がこれまでの23名から26名に増加したのだ。 これは新型コロナウイルス(COVID-19)がいまだに終息に向かわないなか、選手たちに感染者が出る可能性も考慮したもの。また、5人交代というルールを継続することから、枠を拡大することとなった。 たった3名と思う人もいるかもしれないが、この3名があるかどうかでは大きくチームの戦略も変わってくる。また、15名がベンチ入りできるということは、ケガや出場停止がなければフルに全員を試合で起用できるという状況なだけに、監督としても幅が広がるはずだ。 そこで、今の日本代表が26名で編成されるとしたらどのような影響があるのか予想してみた。 <span class="paragraph-title">◆GK3名+各ポジション2名</span> これまでの23名という枠で考えると、まずはGKに3名、そして残りの20名を各10のポジションに2人ずつという計算になる。 もちろん、違うメンバー構成にするところは多々あるが、考え方としてはレギュラー10名+バックアップ10名ということだ。 日本代表は[4-1-4-1(4-3-3)]と[4-2-3-1]を併用しているが、[4-1-4-1]に当てはめて考えてみたい。 まずGKだが、こちらは別途3枠がある。正守護神である権田修一(清水エルパルス)、3大会に出場している川島永嗣(ストラスブール/フランス)は入る可能性が高い。そして残りの1枠は国によって考え方が違い、若手の枠として考えるか、控えの戦力として考えるかだ。これまでの代表招集の実績でいけば、谷晃生(湘南ベルマーレ)かシュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)が濃厚。ただ、6月に招集された大迫敬介(サンフレッチェ広島)、U-21日本代表で活躍する鈴木彩艷(浦和レッズ)もいる。残り5カ月の中で決めることになりそうだが、目下7月のEAFF E-1サッカー選手権の出来が重要になりそうだ。 右サイドバックはケガからの回復次第だが、酒井宏樹(浦和レッズ)、山根視来(川崎フロンターレ)、左サイドバックは長友佑都(FC東京)、中山雄太(ズヴォレ/オランダ)が現時点では順当な選出となるだろう。 そしてCBは4名。最近の招集メンバーを見れば、吉田麻也(サンプドリア/イタリア)、冨安健洋(アーセナル/イングランド)、板倉滉(シャルケ/ドイツ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)という構成になると見て良い。 中盤は考え方次第だがアンカーとインサイドハーフで6名という計算。遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)、守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)、田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)という最終予選のレギュラー3人に、原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)、鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)、柴崎岳(レガネス/スペイン)という3名になると予想できる。 前線の3人に関しては、右は伊東純也(ヘンク/ベルギー)、左は南野拓実(リバプール/イングランド)が軸に。そして控えとして堂安律(PSV/オランダ)、三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)と見て良いだろう。1トップは大迫勇也(ヴィッセル神戸)、浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)という序列に感じる。 これが本来の23名の枠で考えた時のメンバー。直近の日本代表活動で招集され、森保一監督の下で長い間プレーしてきたメンバーとなる。順当すぎるという感じだろう。 <span class="paragraph-title">◆残り3名でチームの幅を広げる</span> では、ここに3名が加わると考えるとどういう方法論があるのか。単純に考えれば、DF、MF、FWに1人ずつというのがセオリーとも言える。 すでに選んだ8名に加え、DF陣でもう1人加えると考えるなら、伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)という選択肢になるだろう。6月に初招集を受けて4試合中3試合でプレー。日本代表に慣れていない中、左サイドバック、センターバックでプレーしたが、高さとフィード能力で一定のパフォーマンスを見せた。 まだまだ連携面や約束事という点では物足りなさはあるが、ドイツに渡って1年目でシュツットガルト首脳陣の予想を良い意味で裏切りレギュラーとしてプレーした能力は十分見せた。複数ポジションができるという点でも望ましいメンバーの1人と言える。 中盤は[4-1-4-1]をベースに考えた6名を選択しているが、[4-2-3-1]となれば1つポジションが空いている。それがトップ下だ。 23名の中で考えれば鎌田、南野、堂安あたりが務めることになりそうだが、ここに割って入るとすれば久保建英(マジョルカ/スペイン)だろう。多くの期待を背負っている久保は、6月のガーナ代表戦でついに初ゴールを記録。3年かけての初ゴールとなったが、残り5カ月のパフォーマンスが重要。現時点で序列は低いが、3枠増えることで選択肢の1つになることは間違いない。どこのクラブに行くのか。選択を間違えず、5カ月でパフォーマンスを上げられることが期待される。 そしてもう1枠が前線。候補としては古橋亨梧、前田大然(セルティック/スコットランド)、上田綺世(鹿島アントラーズ)辺りだろう。いずれもクラブではゴールを量産しているが、代表ではなかなか結果を残せていない。試合に勝ってベスト8を目指すという目標に向けては、点が取れる選手が必要。大迫の状態もこの先わからず、流動的になるだろうが、W杯の時点で一番乗っている選手がベストだろう。この3人以外にもまだまだチャンスがあると言えるだけに、ゴールを量産し続ける選手としておきたい。 <span class="paragraph-title">◆チーム作りは無駄ではない可能性</span> ここまで森保一監督は、最終予選ではメンバーをほぼ固定して戦った一方で、6月の4試合はチームのベースアップ、様々な組み合わせによる化学反応を見極める時間に費やした。 新たなポジション、新たな組み合わせで見えてくるものもあり、固定して戦い方を固めた方が良いという意見も理解はできるが、このやり方も間違いではなかったと言える。 枠が3人広がったことで、チームとしてのバリエーションは広げられることになった。ただ3名を追加するというよりも、意図を持って3人追加できる方がプラス。そういった意味では、6月の4試合で見えたものをどうブラッシュアップしていくか。9月の貴重な時間に向けて、26名でのプランニングが必要となる。 ドイツ代表、スペイン代表、コスタリカ代表とどの相手も実力があり、一筋縄で勝てる相手ではないことは承知。ただ、そこを戦略性を持って攻略することは不可能ではない。残り5カ月、選手たちはピッチ上で最高のパフォーマンスを続けること、そして森保監督には26名で完成するパズルを組み立ててもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.06.24 12:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly