富山選手1名が新型コロナ陽性…他の選手&スタッフは全員陰性

2022.01.28 12:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は28日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を報告した。

当該選手は27日に発熱、倦怠感があり、医療機関での自主的なPCR検査で陽性判定。現在は隔離され、保健所指導のもとで自宅にて療養中だという。

これを受け、チームは27日の練習を中止して、選手・チームスタッフのオンサイト検査および自主的なPCR検査を実施。全員の陰性を確認したようだ。

また、医療機関を通じて保健所に報告。今後は保健所の指導に従って、当該選手の行動履歴から感染経路および濃厚接触者の特定に努めるとのことだ。

濃厚接触者に認定された者についてはチームから完全に隔離。観察期間を経て、自主的なPCR検査で陰性を確認した後、チームに合流させる模様だ。

関連ニュース
thumb

台風15号で断水や浸水被害の静岡市にJ3カターレ富山が水の支援! サポーターの有志も参加

カターレ富山は28日、台風15号の影響で断水が続いている静岡市清水区を中心とした被災者の方への水の支援を発表した。 24日に発生した台風15号の影響で、静岡県内では断水や浸水の被害が発生。特に静岡市清水区を中心に6万世帯を超える断水が起き、市民は困っていた。 こうした状況を受け、アスルクラロ沼津、藤枝MYFC、清水エスパルス、ジュビロ磐田の静岡県のJリーグクラブがそれぞれ支援活動を行い、水を中心に物資の支援を行っている。 この影響で10月1日に予定されていた清水vs磐田の“静岡ダービー”は中止に。まだまだ、復旧しきれていない状況が続いている。 そんな中、遠く離れた富山県からも支援が。代表取締役社長の左伴繁雄氏は、かつて清水の社長を務めており、バスケットのB3リーグに所属するベルテックス静岡のエグゼグティブスーパーバイザーも務めていたこともあったこと。また、清水に所属していた鎌田翔雅からも提案があり、今回の水の支援を行うことを決めたという。 今回は「カターレ富山ナチュラルミネラルウォーター」(1ケース500ml×24本入)を、合計335ケース支援。株式会社IACと鎌田から100ケース、クラブとして100ケース、サポーターオンライン購入分として135ケースを提供することとなった。 富山が寄付の背景をクラブ公式サイトで説明している。 「9月24日(土)に発生した台風15号の影響により静岡市清水区を中心に発生した断水がいまだ続いております」 「給水支援が追い付いていない状況下で、カターレ富山でも何か出来ることがないか模索したところ、弊社代表取締役社長の左伴繁雄が所属していたベルテックス静岡(B3リーグ)が支援物資を募っていることを知りました」 「また、清水エスパルスに所属していた鎌田翔雅選手からも提案があり、株式会社IACと協力して同社の商品「カターレ富山ナチュラルミネラルウォーター」200ケースを支援することを決定し、受け入れ先についてはベルテックス静岡と調整し、株式会社田子の月清水店に配送致しました」 「加えて、SNSで支援を申し出たサポーターのオンライン購入分135ケースを、静岡市清水区に本社があるフジ物産株式会社に配送致しました。配送した水は、株式会社田子の月清水店、フジ物産株式会社を通じて断水でお困りの各所へお届けされます」 <span class="paragraph-title">【写真】鎌田翔雅らも静岡市へ水の支援に協力</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%9C%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田子の月</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%B8%E7%89%A9%E7%94%A3%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フジ物産株式会社</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E9%9D%99%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベルテックス静岡</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ht?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ht</a><a href="https://t.co/WgGKupkNRq">https://t.co/WgGKupkNRq</a> <a href="https://t.co/CUEcD0wn3J">pic.twitter.com/CUEcD0wn3J</a></p>&mdash; カターレ富山 (@katallertoyama) <a href="https://twitter.com/katallertoyama/status/1575055196388225024?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

いわきが岐阜に勝利し首位キープ、松本は最下位・YS横浜にまさかの完封負け【明治安田J3第26節】

25日、明治安田生命J3リーグ第26節の7試合が各地で行われた。 前節11試合ぶりの黒星を喫した首位のいわきFCは、Jヴィレッジスタジアムで10位・FC岐阜と対戦し、2-1で勝利を収めた。 いわきは前半終了間際の45分に先制点を奪取。右サイド深くでのスローインを起点にして山なりのクロスをファーサイドへ送ると、収めた鈴木翔大が駆け上がってきた日高大を使う。ボックス左最深部からグラウンダーでの折り返し、有田稜が合わせてネットを揺らした。 リードして後半を迎えたいわきだが、53分にクロス処理のミスから岐阜のチームトップスコアラーの藤岡浩介に同点弾を許し、さらにここまで全試合出場の日高が負傷交代というアクシデントにも見舞われる。 それでも67分、ボックス右角付近でFKを獲得すると、山下優人のキックがクリアされて大きく浮き上がったボールに相手GKとDFが被り、こぼれ球に反応した岩渕弘人が蹴り込んで勝ち越し点を挙げる。これが決勝点となり、いわきが苦しみながらも2-1で勝利。首位の座をキープしている。 昨日の鹿児島ユナイテッドFC大敗を受け、得失点差で2位に浮上した松本山雅FCだが、ホームで最下位のY.S.C.C.横浜に足元をすくわれた。 YS横浜は前半終了間際の44分、吉田明生からのパスを左サイドで受けたロリス・ティネッリがヌルヌルとしたドリブルで3人を置き去り、ボックス左から右足でニアへ流し込んで試合を動かす。 終盤にはセットプレーを含めて松本の猛攻を受けるも、最後まで耐え抜き、クリーンシートを達成。ルクセンブルク人Jリーガーの加入後初ゴールでYS横浜が5試合ぶりの勝利を手にし、松本は6試合ぶりの黒星で3位に後退した。 石﨑信弘前監督が退任し、小田切道治ヘッドコーチがバトンを引き継いだ5位・カターレ富山は17位・カマタマーレ讃岐を相手に4-0と大勝。白星スタートの初陣となった。 前節首位のいわきを撃破した6位・FC今治は、12位・テゲバジャーロ宮崎と対戦。U-19日本代表としてAFC U-20アジア杯ウズベキスタン2023予選で活躍した千葉寛汰の2ゴールなどで打ち合いを制し、2連勝を飾っている。 ◆明治安田生命J3リーグ第26節 ▽9/25(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわきFC 2</span>-1 FC岐阜 SC相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンラーレ八戸</span> カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 カターレ富山</span> テゲバジャーロ宮崎 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC今治</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 Y.S.C.C.横浜</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 2</span>-1 アスルクラロ沼津 ▽9/24(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 藤枝MYFC</span> 2022.09.25 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格目指すJ3富山、成績不振で石﨑信弘監督の退任を発表…後任にはHCの小田切道治氏が昇格

カターレ富山は19日、石﨑信弘監督(64)の退任を発表した。 石崎監督はモンテディオ山形、大分トリニータ、川崎フロンターレ、東京ヴェルディ1969(現:東京ヴェルディ)、柏レイソル、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)、杭州緑城U-18(中国)、テゲバジャーロ宮崎、藤枝MYFCで監督を歴任。昨シーズンから富山の監督に就任すると、最終的には昇格を逃したものの4位フィニッシュを果たしていた。 今シーズンも引き続きJ2昇格を目標としてシーズンインしたが、ここまで明治安田生命J3リーグ25試合を消化して、14勝3分け8敗の5位に。クラブは成績不振に加えて目標達成のため後がないこと、試合内容の課題が昨年から大きく改善されていないことを受け、第25節のアスルクラロ沼津戦後に指揮官交替の決断を下したと報告している。 また、後任は現在チームでヘッドコーチを務める小田切道治氏(44)に決定。地元富山県出身である小田切氏は、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)やヴァンフォーレ甲府などでプレー。2009年に富山で現役引退となった後も下部組織のコーチとしてクラブに残り、2019年からはトップチームのコーチを務めていた。 代表取締役社長の左伴繁雄氏は、監督交代の経緯と後任選定の理由を報告している。 「昨シーズンより監督として指揮をお願いして参りました石﨑信弘氏につきまして、先日行われましたリーグ第25節対アスルクラロ沼津戦をもちまして退任いただく決定を致しましたことを、慎んでご報告させていただきます。併せて石﨑氏の後任として現ヘッドコーチの小田切道治氏に務めていただくことをお知らせ致します」 「本人事は、今般の戦績を会社として掲げた「J2復帰」に照らし合わせれば、到底看過出来るものではないこと。また、サッカーの内容に見る課題(詳細は差し控えます)が昨年から大きく改善されていないこと。そして、J2復帰に向けて順位・競技試合数が限界に来ていることから、監督の交替に踏み切ったものです」 「一方で、90分戦えるフィジカルを作り上げ、結果には必ずしも結びつきませんでしたが、軸のしっかりしたスタイルを構築された功績は、決して色褪せるものではありませんし、最大限の感謝と敬意をお伝えしたいと思います」 「後任選定に際しましては、以下のことを留意致しました」 ・大変申し上げ難いながらも、J3カテゴリーに来てくれる監督は、報酬面も含め限定されること。 ・ある程度出来上がった型を持っているチームに対して、良いところは継続しながら課題となっている病巣を根治する処方箋を持っていること。 ・現在籍選手の長短所を熟知し、それに応じた起用や指導がなされること。 ・相手チームのスカウティングに則った戦略、戦術の選択が出来る柔軟性を有していること。 ・戦い方や練習内容、強度、日常管理について、強化部とベクトルが合っていること。 ・リバウンドメンタリティ醸成に長けたモチベーターであること。 「以上を踏まえ、現ヘッドコーチの小田切氏と致しました」 「小田切氏は地元富山出身の監督候補として、十分な研鑽を積んだ上で満を持した起用がなされるべきと考えておりました。しかし、本人が監督未経験ながらも、火中の栗を拾う覚悟を示してくれたクラブ愛は最大限尊重したいと考えます。ならば、この先どういう結果になろうと、任命責任は私にあり、その限りに於いて、彼を最後までサポートし、守っていく所存です」 「最後に、石﨑さん、これまでチームを鍛え上げていただき、本当にありがとうございました。そして残り1/3シーズンの9試合は、小田切監督を中心に、チーム/フロント、ファン・サポーターのみんなが一つになり、チャレンジ&カバーで乗り切って行きましょう」 2022.09.19 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

富山のMF碓井鉄平が右ヒザ内側側副じん帯損傷…全治約4週間

カターレ富山は9日、MF碓井鉄平の負傷を発表した。 クラブの発表によると、碓井は3日に行われた明治安田生命J3リーグ第23節の福島ユナイテッドFC戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのこと。全治は約4週間とのことだ。 碓井は、今シーズンの明治安田J3で22試合に出場し1得点を記録していた。 2022.09.09 20:42 Fri
twitterfacebook
thumb

いわき、福島ダービー快勝で首位キープ! 鹿児島も連勝で猛追崩さず【明治安田J3第21節】

20日、明治安田生命J3リーグ第21節の5試合が各地で行われた。 首位のいわきはホームに福島を迎えたダービーマッチ。開始7分に相手の高橋にゴールに迫られ肝を冷やしたいわきだったが、ここをGKサカタのファインセーブで乗り切ると、12分にボックス右でこぼれ球を拾った岩渕のボレーシュートが決まり、先制に成功する。 22分には有田のクロスに合わせた鈴木のシュートが、GKとDFにディフレクトする形でゴールイン。オウンゴールで追加点を得た。 だが、福島も41分に見事なパスワークから延が反撃の1点。試合は2-1で折り返した。 それでも、いわきは後半立ち上がりの52分に有田のゴールで再び突き放すと、89分には吉澤のゴールでダメ押し。今季ホーム最多の3120人の観客の前で快勝を収めた。 そのいわきを1ポイント差で追う鹿児島はアウェイで相模原と対戦。4分に中原のミドルシュートがクロスバーを叩き、早くもゴールを予感させる。 しかし、16分に右サイドからのクロスに飛び込んだ有田のシュートはGKの正面、35分に左サイドから上がったクロスに有田が今度は頭で合わせるが、ここは枠の上に外れるなど、前半は無得点に終わる。 それでも61分に有田がきっちり仕事を果たす。ロメロ・フランクが左から中央へ持ち込み、ボックス手前からボックス左へラストパス。有田がワントラップから右足でシュートを放つと、スライディングブロックに入った相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 73分には薩川のミドルシュートが突き刺さるも、ゴール前にいた牛之濱がオフサイドポジションでGKの視界を遮ったとしてゴールは認められず。それでも1点を守り抜いた鹿児島が勝利を収め、いわきを猛追している。 その他では、90分に椎名のゴールで愛媛を退けた富山が暫定で3位に浮上。長良川競技場で行われた岐阜vs藤枝は、雷の為、前半21分の時点で中止となった。 ◆第21節 ▽8/20 いわき 4-1 福島 相模原 0-1 鹿児島 富山 2-1 愛媛 八戸 3-1 長野 ※中止 岐阜 vs 藤枝 ▽8/21 宮崎 vs 鳥取 今治 vs 讃岐 YS横浜 vs 沼津 北九州 vs 松本 2022.08.20 22:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly