日本代表のCBは谷口と板倉を抜擢! 中国代表戦スタメン発表!

2022.01.27 18:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
17日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦で中国代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。

7大会連続7度目のW杯出場を目指す日本。現在4勝2敗で勝ち点12の2位につけている状況だ。

今回の活動にはDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)が負傷欠場となり代役が注目された中、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF板倉滉(シャルケ)が抜擢。共に最終予選では初出場となる。

その他、FW浅野拓磨(ボーフム)はベンチからも外れている。

試合は19時00分から埼玉スタジアム2002で行われる。

◆日本代表スターティングメンバー[4-3-3]
GK:権田修一
DF:酒井宏樹、谷口彰悟、板倉滉、長友佑都
MF:田中碧、遠藤航、守田英正
FW:伊東純也、大迫勇也、南野拓実
監督:森保一

◆サブ
GK:川島永嗣、シュミット・ダニエル
DF:山根視来、植田直通、中谷進之介、中山雄太
MF:原口元気、柴崎岳、堂安律、久保建英
FW:前田大然


関連ニュース
thumb

アジア杯は1年延期を!/六川亨の日本サッカーの歩み

来年の6月16日から7月16日にかけて、中国の10〜12都市で開催される予定だった2023アジアカップは、新型コロナウイルスの感染拡大で上海市をロックダウン(都市封鎖)するなど緊急事態が続いているため中国サッカー協会(CFA)は開催を断念。AFC(アジアサッカー連盟)も例外的な状況であるとして中国での開催中止を認め、新たな都市での開催が可能かどうか模索しているようだ。 本来なら東アジアでの開催のため、代替地としては日本か韓国しか候補地はない。しかし大会は前回UAE大会から24チームに増え、1ヶ月に及ぶ長丁場の大会となった。このため6〜7月に1ヶ月間もJリーグを中断することはかなりハードルが高い。チーム数が増えたことで開催地も限られてくるだろう。2015年に同大会を開催したオーストラリアは来年7〜8月に女子のW杯開催を控えているため2大会を引き受ける余裕はない。 となるとスタジアムや輸送、ホテルなどのインフラが整っている候補としては今年の11月にW杯を開催するカタールくらいしかない。ただし、中東での開催となると酷暑の夏を避け、前回のように1月開催となる。さすがにカタールもW杯とアジアカップを連続して開催するのは不可能に近いと思わざるを得ない。 そこで提案がある。アジアカップの開催を1年先送りにして2024年開催とするのだ。本来アジアカップはW杯の中間年、五輪やEURO(欧州選手権)の年に開催されてきた。日本はこれまでW杯が終了するたびに監督も代ってきた。契約は4年間だが、監督就任2年目のアジアカップは監督の力量をチェックする最適の大会だった。 例えばフィリップ・トルシエ監督は99年のコパ・アメリカで惨敗して解任の危機にあった。しかし2000年のレバノン大会で優勝し、名波浩と中村俊輔を擁した日本は“アジアカップ史上最強のチーム"と評された。2004年3月のW杯予選のシンガポール戦に苦戦したジーコ・ジャパンも、同年7月に中国で開催されたアジアカップではGK川口能活の奇跡的なPKストップなどで連覇を達成した。 ところが2008年に東南アジア4カ国で開催予定だったアジアカップは、同年に北京五輪が控えているため1年前倒しして2007年開催となった。イヴィチャ・オシム監督は1年間の準備で大会に臨み、3位決定戦では韓国をスピードとスタミナで圧倒しながらも0-0からのPK戦で敗れてしまった。 アジアカップはこの大会から4年ごとに開催されるようになったが、2011年はカタールのため酷暑を避けた1月開催ということで、前年の南アW杯から半年後の大会となった(アルベルト・ザッケローニ監督はそれでも優勝)。続く15年はオーストラリアだったが、こちらは南半球初の大会ということで、冬の6〜7月を避け、夏となる1月に開催。そして前回UAE大会も1月の開催だった。 たった半年での大会に加え、日本の主力は海外組のため代表チームとして練習できる期間はほとんどない。このためW杯に出場した選手を中心に、ぶっつけ本番での大会となる。せめて2年あれば、監督がやりたいサッカーの骨格が見えてくるような気がする。 中国は高齢者のワクチン摂取率が低いそうだが、2年後の6〜7月なら新型コロナウイルスの脅威も現在よりは改善されているかもしれない。アジアカップを本来の姿に戻すためにも以前のような偶数年に開催することを提案したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.18 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

7月のE-1サッカー選手権は茨城と愛知で開催! マッチスケジュールが決定

日本サッカー協会(JFA)は17日、EAFF E-1サッカー選手権のマッチスケジュールを発表した。 7月19日から27日にかけて中国で開催される予定だったE-1サッカー選手権だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の防疫対策を理由に、中国での開催を断念。日本での開催が決定していた。 男子は日本の他に、韓国、中国、香港が参加。女子は日本の他に、韓国、中国、チャイニーズ・タイペイが出場する。 大会は茨城県の県立カシマサッカースタジアムと愛知県の豊田スタジアムの2箇所で行われ、日本の初戦は男女ともにカシマスタジアムで開催。もう1試合は豊田スタジアムで行われ、2節目以降は女子がカシマスタジアム、男子が豊田スタジアムでの開催となる。 男子は、日本の初戦が香港代表(7/19)、2戦目が中国代表(7/24)、最終戦が韓国代表(7/27)に決定。女子は、初戦が韓国代表(7/19)、2戦目がチャイニーズ・タイペイ(7/23)、最終戦が中国代表(7/26)に決まった。 2019年に行われた前回大会は、男子は韓国が優勝し日本は2位、女子は日本が優勝し韓国が2位だった。 ▽7月19日(火) 《16:00》 【女子】日本 vs 韓国 《19:20》 【男子】日本 vs 香港 茨城/カシマスタジアム ▽7月20日(水) 《15:30》 【女子】中国 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:00》 【男子】中国 vs 韓国 愛知/豊田スタジアム ▽7月23日(土) 《15:30》 【女子】日本 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:00》 【女子】中国 vs 韓国 茨城/カシマスタジアム ▽7月24日(日) 《16:00》 【男子】韓国 vs 香港 《19:20》 【男子】日本 vs 中国 愛知/豊田スタジアム ▽7月26日(火) 《16:00》 【女子】韓国 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:20》 【女子】日本 vs 中国 茨城/カシマスタジアム ▽7月27日(水) 《16:00》 【男子】中国 vs 香港 《19:20》 【男子】日本 vs 韓国 愛知/豊田スタジアム 2022.05.17 12:53 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表も出場する2023年のアジアカップ、新型コロナの影響で中国での開催を断念

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、2023年に行われるAFCアジアカップに関して、中国での開催を断念したことを発表した。 2019年6月5日にパリで行われたAFCの臨時大会にて、2023年のアジアカップの開催地に選ばれた中国。24カ国が出場し、2023年6月16日から7月16日まで中国の10都市で開催されることとなっていた。 しかし、その後に中国の武漢で発見された新型コロナウイルス(COVID-19)が、世界中でパンデミックに。今なお、その影響は続いている。 中国国内では、上海など一部の都市でロックダウンが行われるなど、未だに感染が終息に向かわない状況となっている。 AFCによれば、中国サッカー協会(CFA)との長きにわたる話し合いの結果、CFAが開催を断念。正式に、中国での開催がなくなることとなった。 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選はアジアカップの予選も兼ねており、日本代表も出場することが決定している。 なお、現時点で開催地は未定。改めて発表されることとなる。 2022.05.14 20:19 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.103】マリノスの新得点源は代表滑り込みを果たせるか?/西村拓真(横浜F・マリノス/FW)

「西村(拓真)は今季、非常にいいスタート切った。トップ下にはマルコス・ジュニオール、吉尾海夏、西村の3人がいて、1人1人のキャラクター、能力が全く違う。試合ごとに選択肢が出てくるのはチームの強みになっている。その中でも西村は要求以上のことをやってくれていると思っています」 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻った直後の5月初旬、横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督がこう評した通り、今季新加入の西村拓真がいい味を出している。 開幕当初は出番が少なかったものの、3月2日のヴィッセル神戸戦にトップ下で初先発し、2ゴールを奪ってから指揮官の評価が一気にアップする。4月10日の鹿島アントラーズとの上位対決でも勝利を決定づける2点目を叩き出し、ACL1次ラウンドの重要局面だった4月25日のシドニーFC戦でも2点目をゲット。「ここ一番で点を取れる男」という印象を強めたのである。 それだけではない。西村には凄まじい走りで攻守両面に絡めるダイナミックさとい長所がある。前述の鹿島戦でもチーム最多走行距離の12.511キロを記録。スプリント回数も22という数字を残した。もちろん昨季の得点源だった前田大然(セルティック)のデータには及ばないが、彼の抜けた穴を着実に埋めているのは確か。「西村はチームのためにベストを尽くす。本当に手を抜かずに走ってくれる」とマスカット監督が称賛するのも頷ける話だ。 となれば、日本代表入りの期待も高まってくるところ。しかしながら、彼の経歴を見ると、富山第一高校時代の2012年に富山県選抜として国体に出場し、2013年にU-17北信越選抜入りした経験があるだけ。日の丸とは縁遠いキャリアを送ってきた分、どうしてもハードルは上がると言わざるを得ない。 しかも、1996年生まれは2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪世代の一番下の学年。鎌田大地(フランクフルト)も代表入りが2019年3月のコロンビア戦(日産)までズレ込んだし、鈴木優磨(鹿島)もお呼びがかからないまま現在に至っている。そういったマイナス要素がある分、圧倒的な実績を残さない限り、森保一監督が重い腰を上げる気にはならないだろう。その厳しさを本人もよく分かっているはずだ。 まさに前田大然も2021年のJ1で23ゴールという驚異的な数字を叩き出したことで、日本代表に呼ばれ、念願だった1トップで起用されるまでになった。それまでの彼は代表に行くたび左サイドに据えられ、「前で勝負したい」と言い続けられながらも、そういう扱いをしてもらえなかった。それを自らの活躍で覆し、セルティック移籍、新天地でのコンスタントな活躍につなげている。 ベガルタ仙台時代の2018年にJ1・11ゴールを挙げ、ロシア1部・CSKAモスクワから引っ張られた西村は「数字こそ成功の源」だと身をもって理解しているに違いない。結局、コロナ禍もあって1度目の海外挑戦はロシアからポルトガル1部・ポルティモネンセへ赴く形で幕を閉じたが、2度目がないとも言い切れない。今や代表でエース級の存在感を示している伊東純也(ヘンク)も27歳になろうという時にベルギー行きを決断している。アタッカーにはそれだけの可能性があるのは事実だろう。 だからこそ、西村にはここからギアを一段階二段階引き上げ、ゴールラッシュを見せる必要がある。現時点ではJ1・4点で得点ランキング5位タイにつけているが、鈴木優磨や上田綺世(鹿島)らを抜いて日本人トップになることが最初のターゲットと言っていい。ここからのマリノスは18日の湘南ベルマーレ戦を皮切りに、18日の浦和レッズ戦、21日のアビスパ福岡戦、25日の京都サンガF.C.戦、そして29日のジュビロ磐田戦と5連戦が待ち構えている。そこで1試合1点ペースで加算していけば、早くも2ケタが見えてくる。そんな理想的なシナリオを描くことが肝要だ。 6月の日本代表4連戦のメンバー発表は20日に予定されているから、そこに西村が滑り込む可能性は極めて低い。ただ、彼ら国内組には7月のEAFF E-1選手権がある。コロナの影響で中国開催から日本開催に変更され、開催地は愛知県豊田市中心になる見込みだ。名古屋市出身の西村にしてみれば、その舞台に立って目覚ましい活躍を見せたいと願わないはずがない。E-1から11月のカタール・ワールドカップ(W杯)滑り込みの確率も極めて低いだろうが、可能性のある限り、突き進んでいくしかない。 「マリノスは本当にアタックの回数が多いチームなので、いろんなチャンスが来る。そこで決めきる技術を高めていけば、(2021年チーム総得点の82得点は)成し遂げられる数字だとは思います。結果にこだわり、守備のプレッシングをどんどんやりつつ、個性を出していきたいです」と西村はシーズン当初、語気を強めていた。現時点のチーム総得点19をその領域に引き上げるためには、誰かが起爆剤にならなければいけない。ギラギラしたこの男には大化けする予感が少なからずある。トリコロールの背番号30のここからの一挙手一投足を期待を込めて見守りたい。 2022.05.14 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「たまたま入ったやつだ」2011年女子W杯優勝のなでしこに再脚光、公式が澤、熊谷、川澄のプレーを紹介するも本人がまさかの反応

2011年の女子ワールドカップ(W杯)で初優勝の栄冠に輝いたなでしこジャパンを公式ツイッターが取り上げている。 2011年ドイツ大会で躍進を遂げ、初優勝の栄冠をつかんだなでしこジャパン。女子W杯公式ツイッターアカウントは10日になでしこのレジェンドと称して澤穂希がW杯で挙げた全8ゴールを紹介。もちろん、ドイツ大会のアメリカ女子代表との決勝戦の一撃も含まれている。 続いて、PK戦までもつれ込んだそのアメリカ戦で勝負を決めた熊谷紗希(現:バイエルン/ドイツ)のキックもピックアップ。さらに、翌11日には準決勝のスウェーデン女子代表戦で川澄奈穂美(現:NJ/NYゴッサムFC/アメリカ)が決めたループシュートを、エフェクト付きで取り上げている。 2011年7月13日。フランクフルト・アム・マインのコメルツバンク・アレーナで行われた一戦は、先制を許しながらも、川澄のヘディングで追い付いて試合を折り返した。 59分に澤のゴールで逆転に成功すると、63分には川澄が決勝行きを大きく手繰り寄せる追加点を奪取。距離はあったが、飛び出していたGKの位置を見て敵陣中央の左寄りから鮮やかなループシュートを沈めた。 美しい軌跡には「このゴールで魅了され11年くらいファンやってます」、「宝石のようなゴール」、「ナホさんといえばこれ」などの声が寄せられているほか、INAC神戸レオネッサを初代WEリーグ女王に導いた星川敬監督も反応を示している。 川澄本人はリプライで「あ、たまたま入ったやつだ」と涼しいコメント。ファンからは「たまたまのレベルが高すぎます」と言った声が上がり、INAC神戸時代のチームメイト、レベッカ・モロスからは「ウ・ソ!」と突っ込まれるなどしている。 あれから11年が経過。今では世界トップとの差を再び痛感させられつつあるなでしこジャパンだが、2023年7月19日に開幕を迎えるオーストラリア&ニュージーランド大会での"再輝"が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】2011年女子W杯、川澄奈穂美がスウェーデン戦で決めたスーパーループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr"> Na Na Na Na Na Na Na Na, Na, Kawasumi Naho... <br><br>WHAT a shot from <a href="https://twitter.com/NahoKawasumi_9?ref_src=twsrc%5Etfw">@NahoKawasumi_9</a>! <a href="https://t.co/caDdqWrgQI">pic.twitter.com/caDdqWrgQI</a></p>&mdash; FIFA Women&#39;s World Cup (@FIFAWWC) <a href="https://twitter.com/FIFAWWC/status/1524354634839732229?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.13 20:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly