「なんとお礼をしたらよいか」欧州初挑戦デビュー8分で骨折した前田直輝にユトレヒトが粋な計らい、名古屋も感謝

2022.01.24 12:58 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】ユトレヒトが前田のためにTシャツ作成! 名古屋も感謝のメッセージ




1 2

関連ニュース
thumb

元蘭代表FWバス・ドストがユトレヒト加入! 10年ぶりの母国帰還に

ユトレヒトは1日、クラブ・ブルージュから元オランダ代表FWバス・ドスト(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となる。 昨年1月、フランクフルトの経済的な問題もあってベルギーに新天地を求めたドストは、在籍1年半で公式戦57試合24ゴールと上々の数字を残した。 だが、2021-22シーズン限りで終了する契約を延長することなく、フリーになることを選択。その実績を考えれば、ヨーロッパを中心に多くのクラブからオファーが舞い込んだはずだが、ヘーレンフェーンに在籍していた2012年以来、10年ぶりの母国復帰を選択した。 ドストは2007年に母国クラブのエメンでプロデビュー。その後、ヘラクレス、ヘーレンフェーン、ヴォルフスブルク、スポルティングCP、フランクフルトを渡り歩いた。 オランダ代表としても18キャップを刻んだ196cmの屈強なストライカーは、ヘーレンフェーンとスポルティング時代にエールディビジ、プリメイラ・リーガで得点王に輝いた実績もあり、久々の母国での活躍が期待されるところだ。 2022.07.02 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

「ここに立つという夢が益々強くなった」前田直輝がCL決勝を生観戦!ベンチ入りの南野拓実に「刺激になったなんて、差がありすぎて、今は言えないけど」

ユトレヒトに所属するMF前田直輝がリバプールの日本代表FW南野拓実からインスピレーションを受けたようだ。 前田は2021年12月に名古屋グランパスからオランダのユトレヒトへ完全移籍のオプション付きの期限付き移籍で加入した。 しかし、デビュー戦となったアヤックス戦でルーズボールを奪い合った際にスライディングで対応した相手選手と交錯すると、そのプレーで左足下腿を骨折。悔しい形で数カ月の離脱となっていた。 その前田は自身のインスタグラムを更新。「What a moment.サッカー少年に戻れた日 子供の頃からの夢の舞台。ここに立つという夢が益々強くなった」と5月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプールvsレアル・マドリーの一戦を現地のスタッド・ドゥ・フランスで観戦したことを報告した。 さらに、出場機会はなかったものの決勝のベンチに入っていた南野との2ショットを添え、「拓実ありがとう!刺激になったなんて、差がありすぎて、今は言えないけど、追いつけ追い越せ!頑張るわ!」と意気込んでいる。 <span class="paragraph-title">【写真】前田直輝と南野拓実のCL決勝2ショット!(3枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CeOdEQLD9YU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CeOdEQLD9YU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CeOdEQLD9YU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">前田直輝(@naoki112738)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.02 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

VARがまさかの誤審、堂安だけじゃなく中山雄太のズヴォレも被害、残り2節で最下位転落

優勝を争うPSVが誤審によって勝ち点を奪われるという悲劇があったが、同じ日に違う試合でも悲劇が起きていた。 日本代表MF堂安律が所属するPSVは勝ち点差「4」で首位のアヤックスを追いかけている状況。そのアヤックスが引き分けたことで、勝利すれば勝ち点差が「2」に縮まるところだった。 3位のフェイエノールトと対戦したPSVは前半で2点のリード。しかし、1-2で迎えた後半アディショナルタイムにハンドを取られPKを与えると、2-2で試合を終えて勝ち点差を詰めることができなかった。 しかし、オランダサッカー連盟(KNVB)は主審のPKの判定が誤信だったと認め、VARが覆すべきだったと語った。 誤審で勝敗が左右されることとなったが、勝ち点が戻ってくるわけではないが、同様の被害が同じエールディビジで発生。またしても日本人選手が被害を受けた。 それは日本代表DF中山雄太が所属するズヴォレ。下位に低迷しており、熾烈な残留争いを繰り広げている。 勝ち点26で位置していた残留プレーオフに臨む16位に位置していたズヴォレは、降格圏17位ヴィレムⅡ、最下位のスパルタ・ロッテルダムと勝ち点で並んでいる状況だった。 そのズヴォレはユトレヒトと対戦。0-1とリードを許した中、迎えた41分にヘルファネ・カスタネールがクロスに合わせて同点ゴールを決める。しかし、このプレーがオフサイドと判定。VARのチェックも入り、ゴールは取り消された。なお、その後に追いついて1-1の引き分けに終わっている。 しかし、KNVBのスポークスパーソンは「VARによって、オフサイドラインが誤って描かれ、ヘルファネ・カスタネールのゴールが誤って認められなかった。ズヴォレにとっては、非常に迷惑な話だと思う」とコメントした。 このゴールが決まっていれば試合展開が変わっていたと考えられ、ズヴォレが勝っていたかはわからないが、影響がゼロとは言えない。 さらに悲劇的なのは、残留を争っていたヴィレムⅡとスパルタ・ロッテルダムが揃って勝利を収めたこと。これによりズヴォレは最下位に転落し、残り2節での逆転残留を目指す必要が出てきた。 シーズン最終盤の大事な時期に、PSVの試合と続けて誤審が発生。さらにVARが導入されていながらもミスだが、「1試合ではレフェリーとVARを判断しない。一連の戦いで判断している」と、審判に処分は下らないとのこと。割を食ったのは両チームだけとなった。 なお、ズヴォレは残留を争うスパルタ・ロッテルダムと次節対戦。最終節は、PSVとの対決となる。 <span class="paragraph-title">【動画】残留争う中山雄太のズヴォレも誤審の被害に…まさかのVARがミス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_yQLG9CgAc4";var video_start = 353;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.10 12:49 Tue
twitterfacebook
thumb

一時引退報道のイハッターレンがアヤックス移籍か?

ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が、アヤックス移籍に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 イハッターレンは、昨夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。 しかし、サンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていた。 その後、安定した精神状態を取り戻し、現役続行に向けてトレーニングを再開した同選手は、先日に代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人の下で新天地への移籍を模索している。 一時は故郷のユトレヒトへの復帰の可能性が報じられてきたが、ここに来てアヤックス移籍の可能性が浮上。同選手はすでにエリック・テン・ハグ監督と幾度も話し合いを重ねており、過去に数人の“問題児”を更生させてきた指揮官も逸材の再生に自信を示しているようだ。 なお、ユベントスとアヤックスは買い取りオプション付きの18カ月レンタルで合意に至っており、個人間での合意もほぼ完了しているようだ。 ただ、唯一の障害はイハッターレンのプロフェッショナリズムを欠く行動に憤るサンプドリアで、クラブは同選手に対して法的措置を講じる構えだ。 卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、アヤックスで復活への道を歩むことになるのか…。 2022.01.21 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

デビュー戦で負傷の前田直輝が左足下腿骨折で数カ月の離脱に…初の欧州挑戦はほろ苦い結果に

ユトレヒトは18日、日本人MF前田直輝が左足下腿の骨折で数カ月の離脱になることを発表した。 今冬に名古屋グランパスからユトレヒトへレンタルで加入した前田は、16日に行われたエールディビジ第19節のアヤックス戦に先発デビュー。しかし8分、ルーズボールを奪い合った際にスライディングで対応したリサンドロ・マルティネスと交錯すると、このプレーで左足を負傷。その後の検査で、前述の診断結果が下された。 なお、クラブは離脱期間について数カ月と伝えたが、オランダメディアは全治4カ月の重傷と報じている。 デビュー戦で長期離脱となった前田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「中盤でのデュエルで負傷退場することとなってしまった。僕はスタジアムからすぐにユトレヒトの大学病院に向かい検査を受けた結果、下腿の骨折が確認された。さらにAMC(アムステルダム・メディカルセンター)の外部専門医による検査では手術が必要と診断されました。今後は数カ月のリハビリが待っている。つまり、ユトレヒトでの初戦が僕にとって最後の試合になってしまった」 「ヨーロッパでプレーすることは僕にとって大きな夢で、ユトレヒトがチャンスを与えてくれて、その夢を叶えることができた。デビュー戦はユトレヒトに来たときから噂になっていたアヤックスとのホーム戦ということで、とても楽しみにしていました。残念ながらすぐにケガをしてしまい、その夢が壊れました。ただ、僕は夢をあきらめるつもりはありません」 「名古屋グランパス、ユトレヒトと治療方針について話し合い、これからは治療に専念します」 2022.01.19 01:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly