レーティング:チェルシー 2-0 トッテナム《プレミアリーグ》

2022.01.24 03:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第23節、チェルシーvsトッテナムが23日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ケパ 6.0
難しい対応はケインのヘディングシュートぐらいだったが、EFLカップに続きトッテナムの攻撃を完封した

DF
28 アスピリクエタ 6.0
最終ラインと中盤を行き来しながら、攻撃では回数は多くなかったものの、効果的な飛び出しでアクセントに。守備の局面ではメンタル面の駆け引きを含め老獪さが光った

2 リュディガー 6.5
4バックでも要所で積極的な攻撃参加を幾度か見せた。試合終盤は的確なクロス対応や対人対応でクリーンシートに貢献

6 チアゴ・シウバ 7.0
前回のリーグ戦に続きセットプレーから1ゴール。長短織り交ぜた的確な配球に加え、後ろに重心を置いた後半半ば以降は読みを利かせた潰し、インターセプトが光った

31 サール 6.0
左サイドバック起用も3バックの左に近い守備重視のプレー。攻撃面の貢献は少なかったが、守備では周囲のサポートを受けながら集中した対応を90分間継続

MF
22 ツィエク 7.5
得意とするトッテナム相手に圧巻のコントロールシュートで決勝点。試合を通して攻撃の起点となり、守備面でのハードワークも素晴らしかった

(→サウール -)

19 マウント 7.0
2点目をアシスト。インサイドハーフでのプレーとなった中、攻守両面で多くの仕事をこなす。とりわけ、前半はツィエクと共に攻撃の主役に

5 ジョルジーニョ 6.5
前半にベルフワインにあっさりと振り切られた場面はあったが、後半は守備面で良いボールリカバリーを見せて盛り返す。繋ぎの局面でも積極的にボールを呼び込んで捌いた

(→カンテ 5.5)
試合のクローザー役を完遂

8 コバチッチ 6.5
4バックでのプレー、相棒がジョルジーニョということもあり、いつも以上に攻守のバランスを意識。決定的な仕事はなかったが、献身的なプレーで周囲を大いに助けた

20 ハドソン=オドイ 6.5
前半は判断ミスも幾度かあったが、先制点のアシストに2点目に繋がるFK奪取と決定的な仕事をこなす。守備でも献身性を示した

(→マルコス・アロンソ -)

FW
9 ルカク 5.5
前線で身体を張る仕事は見せたが、決定機の場面では相手守備にうまく対応された

監督
トゥヘル 6.5
トッテナムの変化にも慌てず、後半の修正で流れを引き寄せて今季4戦全勝に無失点を継続

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロリス 6.0
2失点共にノーチャンス。それ以上に見事なシュートストップや飛び出しでピンチを防ぎ、個人として意地を見せた

DF
25 タンガンガ 4.5
前半から対面のハドソン=オドイに苦戦を強いられカードをもらった結果、1失点目の場面では厳しく行けずに起点を作られた

(→スキップ 5.5)
劣勢を跳ね返そうと、攻守にアグレッシブにプレーしたが、決定的な仕事には至らず

15 ダイアー 6.0
負傷明けの一戦で試合を通してソリッドな守備対応を続けてルカクを封じた。最終ラインでは最も頼りになる存在だった

6 ダビンソン・サンチェス 5.0
2失点目の場面では競り負けた。ルカクに対して強さを見せたが、後手を踏む対応も多かった

33 ベン・デイビス 5.0
左サイドバックでのプレーとなったが、一列前のセセニョンとの連携の問題などもあり、守勢を強いられ続けた

MF
2 ドハーティ 4.5
後半は幾度か良いランニングで決定機に絡みかけたが、守備の強度不足と攻撃面での細かいミスが目立った

8 ウィンクス 5.0
前半の入りに良い攻撃参加を見せたが、慣れないシステムでの戦いによって判断面で曖昧な部分が目立った

(→ブライアン・ヒル -)

5 ホイビュルク 5.5
攻守両面で相手の中盤と互角に戦った。ただ、3バックや3セントラルでの戦いに比べて、バランスを意識するあまり持ち味のアグレッシブさをなかなか出せなかった

19 セセニョン 4.5
守備面を中心に懸命にプレーしたが、チェルシーに対してクオリティの部分で質の低さを露呈

(→ルーカス・モウラ 5.0)
幾度か得意の仕掛けを見せたが、全体的に周囲と呼吸が合わず。攻撃を活性化できなかった

FW
10 ケイン 5.5
ベルフワインと共にほぼ孤立無援の攻撃を懸命に牽引。幻のゴールを含め状態は上がってきた

23 ベルフワイン 5.5
レスター戦での活躍に続きスタメン抜擢のこの試合でもキレを感じさせるプレーで存在感を示した

監督
コンテ 4.5
各選手のコンディションの問題が影響したかもしれないが、慣れない布陣、メンバー構成で自ら流れを相手に与えてしまった印象。ウィンターブレイク前で無理できる状況だっただけに、フルメンバーでのよりアグレッシブな戦いが見たかった…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ツィエク(チェルシー)
試合の流れを大きく引き寄せる見事なゴールを決めたモロッコ代表MFをMOMに選出。得点自体も素晴らしかったが、試合を通して良い立ち位置、正確なプレーでチームの攻撃をけん引した。さらに、守備の局面では献身的なプレスバックで幾度もチームを助ける利他的なプレーをみせ、交代時にスタンフォード・ブリッジのホームサポーターから惜しみない拍手を受け取った。

チェルシー 2-0 トッテナム
【チェルシー】
ツィエク(後2)
チアゴ・シウバ(後10)


関連ニュース
thumb

バルサ行き濃厚のチェルシーDFクリステンセン、FAカップ決勝当日朝に欠場を申し出の事実…

バルセロナへの移籍が大きく取り沙汰されているチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンだが、FAカップ決勝でプレーすることを断っていたようだ。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるクリステンセン。バルセロナへの移籍が濃厚となっており、メディカルチェックも完了しているとのことだ。 そのクリステンセンだが、14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝ではメンバー外となっていた。 本来であれば、クリステンセンはこのリバプールとの決勝でプレーする予定だったが、イギリス『BBC』によると、試合当日の朝にトーマス・トゥヘル監督へ試合でプレーする準備ができていないと申し出て、出場を断っていたというのだ。 今夏の退団が濃厚であるため、来季の構想に入らない選手がシーズン終盤の試合で起用されないということはよくあるが、トゥヘル監督は移籍を認めながらも起用する方針だったとのこと。ただ、クリステンセン側から申し出たというのだ。同選手がピッチに立っていれば、タイトルが獲得できたかは分からないが、ケガなどではないという事実が混乱を表していることとなる。 2022.05.16 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍濃厚のクリステンセン、トゥヘルも退団認める

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(26)の退団を認めた。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 今季もここまで19試合で出番を得ているものの、現行契約が今季までのクリステンセンに対しては以前から取り沙汰されていたバルセロナへのフリー移籍の噂が今年3月に入って一気に加速。契約合意に至り、すでにメディカルチェックも完了したという情報も舞い込んだ。 そうした中、14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦後の記者会見に出席したトゥヘル監督は選手たちの去就について言及。レアル・マドリーへの移籍が決定的となっているドイツ代表DFアントニオ・リュディガーと同様に、クリステンセンも退団することを認めた。 「我々は主力選手を失っているように思える。もちろん、トニ(リュディガー)も、アンドレアスも退団することになる」 2022.05.16 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で敗れたチェルシー、女子が翌日に女子FAカップで優勝し2冠達成《女子FAカップ》

15日、女子FAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアム行われ、3-2でチェルシーが勝利。2冠を達成した。 8日にFA女子スーパーリーグ(WSL)で3連覇を達成したチェルシー。リーグ3位のシティと対戦した。 男子のFAカップ決勝は14日に同じウェンブリー・スタジアムで行われた中、チェルシーはPK戦にもつれ込んだ末にリバプールに敗れており、女子はなんとかタイトルを勝ち取りたいところだった。 女子FAカップ史上最多となる4万9094人の観客が集まった中、試合はチェルシーが先制。エースのサム・カーが33分にゴールを奪うも、42分に同点に追いつかれる。 63分にはエリン・カスバートのゴールでチェルシーが勝ち越し。このまま勝利かと思われたが、89分にヘーリー・ラソがゴールを決めて土壇場でシティが同点に追いつき、試合は延長戦へ突入する。 粘るシティは何度となくチャンスを作るが、99分にカーがこの試合2点目を決めて勝負あり。3-2でチェルシーが勝利し、女子は見事にFAカップを獲得。2冠を達成した。 2022.05.16 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー行きが決定的となったリュディガーが去就にコメント「制裁が問題ではない」

レアル・マドリー移籍が濃厚となっているチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、去就について口を開いた。 4月末にトーマス・トゥヘル監督から退団の意向が伝えられ、事実上の公式発表となったリュディガー。チェルシーは契約延長に動いていたが、給与を巡って交渉が長引いていたところ、ロシア軍によるウクライナ侵攻が勃発。ロシアのウラジミール・プーチン大統領と近しい関係にあるとされたロマン・アブラモビッチオーナーへの制裁で交渉が全面的に禁止となった。 リュディガーも当初はチェルシーに歩み寄る姿勢だったものの、遅々として進まぬ交渉についに堪忍袋の緒が切れ、退団という決断に至った。 そんなリュディガーが14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝戦後に、報道以降、去就について初めてコメント。合意に達するチャンスはあったとしながらも、最後はチェルシーに感謝の言葉を送った。 「相変わらず浮き沈みの激しい、でも前向きなことが多い5年間だった。機会はあったんだ。制裁は問題じゃない。僕はそこに深く突っ込むつもりはなかったからね。結局は双方の問題だった」 「チェルシーは僕にとてもよくしてくれた。僕もチェルシーに尽くしたと思う。常に感謝しているよ」 2022.05.15 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝で負傷交代のサラー、CL決勝は「大丈夫だ!」

FAカップ決勝戦で負傷したリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーだが、重傷ではないようだ。 14日に行われたチェルシーとのFAカップ決勝戦。試合は0-0のままPK戦にもつれ込む熱戦となった中、GKアリソンの活躍もありリバプールが勝利。16年ぶりの優勝でEFLカップに続く今季2つ目のタイトルを手にした。 ただ、この試合では前半30分過ぎに突如サラーが違和感を訴え、ベンチに下がっていた。今後、プレミアリーグの優勝争い、さらにはチャンピオンズリーグ(CL)の決勝戦が控えるリバプールにとって、エースの離脱は大きな痛手となる。 しかし、試合後にスペイン『アス』のリポーターが本人にケガの具合を尋ねたところ、「大丈夫だ!」とサラーは返答。CL決勝の出場可否についても「もちろん出られる」と力強く答えたという。 試合後のユルゲン・クロップ監督のコメントによれば、サラーは続ける意思を示していたが、監督の判断で大事をとって交代させていた模様。また、延長戦の前に交代していたDFヴィルヒル・ファン・ダイクに関しても、大きな問題ではないようだ。 2022.05.15 18:36 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly