マドリーがミリトンの劇的弾でドローに持ち込む! エルチェはベルナベウ初勝利ならず…《ラ・リーガ》

2022.01.24 02:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは23日、ラ・リーガ第22節でエルチェとホームで対戦し2-2の引き分けに終わった。

同一カードとなった直近のコパ・デル・レイ4回戦を延長戦の末に勝利したマドリーは、その試合から先発を大幅7人変更。ヨビッチやロドリゴ、カマヴィンガ、GKルニンらに替えてベンゼマ、アザール、モドリッチ、GKクルトワら主力が先発に名を連ねた。

新型コロナウイルスの影響でフランシスコ監督を欠くエルチェに対し、アザール、ベンゼマ、ヴィニシウスの3トップで試合に臨んだマドリーは11分に最初の決定機を創出する。ボックス左深くでボールキープしたベンゼマの落としを受けたヴィニシウスがゴールエリア左まで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKの好守に阻まれた。

主導権を握るマドリーは27分にも、ロングフィードを絶妙なトラップで収めたベンゼマがボックス内からシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに防がれた。

さらにマドリーは、32分に敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左から侵入したヴィニシウスがパラシオスに倒されPKを獲得。しかし、ベンゼマのPKは枠の右上に外れた。

ハーフタイムにかけても攻勢を続けるマドリーだったが、一瞬の隙を突かれて失点する。42分、モヒカのスルーパスで左サイドを抜け出したフィデルがダイレクトクロスを供給すると、ゴール前に走りこんだボジェがヘディングシュートをゴールに突き刺した。

先制を許したマドリーだが、すぐに反撃。44分、アラバが最前線のベンゼマへグラウンダーの縦パスを入れると、ベンゼマのヒールパスに反応したメンディがボックス左から左足を振り抜いたが、シュートはゴール右に外れた。

1点のビハインドで後半を迎えたマドリーは、開始早々の51分にボックス左から仕掛けたアザールがパラシオスに倒される。主審はPKを宣告したが、オンフィールドレビューの結果、ノーファウル判定となりPKは取り消された。

反撃したいマドリーだったが、57分にアクシデントに見舞われる。左モモ裏に違和感を訴えたベンゼマを下げてヨビッチが緊急投入。さらに64分には、クロースを下げてロドリゴをピッチに送り出した。

その後もマドリーが押し込む展開が続いたが、再びスコアを動かしたのはエルチェだった。76分、バイタルエリアでボールを受けたボジェが巧みなタッチで相手DF2人をかわしラストパスを供給。このパスでボックス右から侵入したペレ・ミジャがゴール左隅へシュートを流し込んだ。

ホームで2失点を喫したマドリーは、79分にアザールとルーカス・バスケスを下げてイスコとバルベルデを投入。すると81分、左CKからアラバがニアでフリックしたボールがペレ・ミジャに右手に当たるとオンフィールドレビューの結果、PKを獲得。このPKをモドリッチが冷静にゴール右隅へ沈めた。

最終盤に差し掛かり、ミリトンを前線に上げたパワープレーを敢行するマドリーは92分、イスコのパスをライン際ギリギリで残したヴィニシウスが左クロスを上げると、ミリトンがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。

結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。劇的弾で2度のビハインドを追いついたマドリーがホームで勝ち点1をもぎ取った。


関連ニュース
thumb

異次元のスピードを持つライオン、サディオ・マネ【CL注目選手④】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆圧倒的なスピードを誇るライオン</span> FWサディオ・マネ 生年月日:1992年4月10日(30) 所属:リバプール 国籍:セネガル 今季成績 プレミアリーグ:34試合16ゴール4アシスト チャンピオンズリーグ:12試合5ゴール1アシスト 2016年7月にサウサンプトンからリバプールに加入したマネ。ユルゲン・クロップ監督の下で飛躍し、リバプールに欠かせない3トップの一角を担っている。 30歳を迎えたマネだが、持ち味であるスピードは陰りを見せることはない。 リバプールの前線といえば、エジプト代表FWモハメド・サラーが牽引している状況だが、そのサラーに気を取られているとマネが虎視眈々と狙っているという状況だ。 特にスピードは一級品で、一瞬の隙でも見逃すことはない。相手の背後をとる動きは秀逸だ。 また、身体能力の高さを生かしたプレーと脅威のボディバランスも持ち味で、無理な体勢でもプレー精度が落ちることはない。 献身性も抜群で、常に獲物を狙っているライオンのよう。サラーばかりに気を取られているとマネが牙を剥くこととなる。 <span class="paragraph-title">◆ラストシーズン?2度目の戴冠へ</span> 2023年夏までの契約を残すマネ。同僚のサラーと共に、今夏の去就が非常に注目を集めている。 一部では両選手共にチームを去るのではないかと見られていたが、サラーは来シーズンは残留すると明言した。 一方でマネは去就に含みを持たすことに。今シーズンがリバプールでのラストシーズンになる可能性もあり、最後にタイトルを獲得したいところだろう。 2018-19シーズンのCL制覇時は全試合に出場。決勝でも90分間プレーし、チームの勝利に貢献した。マドリー相手には3試合で1アシストのみ。まだ一度も勝ったことがないが、しっかりと勝利し、2度目のビッグイヤー獲得なるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃のスピードスター、サディオ・マネ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="um7djk8ymr0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

切れ味鋭いドリブル突破、飛躍のヴィニシウスの歴史がここからスタート!?【CL注目選手③】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆切れ味抜群の若きドリブラー</span> FWヴィニシウス・ジュニオール 生年月日:2000年7月12日(21) 所属:レアル・マドリー 国籍:ブラジル 今季成績 ラ・リーガ:35試合17ゴール13アシスト チャンピオンズリーグ:12試合3ゴール7アシスト 2018年7月にフラメンゴから加入したヴィニシウス。マドリーでは早くも4シーズン目を迎えた。 昨シーズンまでは高いパフォーマンスを見せながらもイマイチ数字という結果がついてこなかったヴィニシウス。2020-21シーズンは公式戦49試合に出場し6ゴール7アシストを記録するにとどまっていた。 しかし、今シーズンは持ち前の才能がついに花開くことに。公式戦51試合に出場し21ゴール20アシスト。ラ・リーガでは17ゴール13アシストと30ゴールに絡む活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献した。 左ウイングでのプレーはトップのカリム・ベンゼマと呼応するようにゴールとアシストを増やしていき、フィニッシャーとしても相手に恐怖を与える存在となっていった。 特に華麗なドリブルでの突破は切れ味が増しており、自ら仕掛けてのゴールも量産。準決勝のマンチェスター・シティ戦では自陣ハーフウェイライン付近でうまく入れ替わると、そのままゴール前まで独走。ゴールを決め切るなど、自信もつけていることを感じさせる。 <span class="paragraph-title">◆初の栄冠へ</span> ヴィニシウスが加入してからはマドリーはCLのタイトルを獲得していない。リーグ制覇は今季で2度目。クラブ・ワールドカップが1回、スーペル・コパが2回という状況。まだまだこれからトロフィーの数を増やしていくはずだ。 そのヴィニシウスにとっては、優勝すれば初のビッグイヤー獲得に。ベンゼマの衰えは見えないものの、将来のエース候補として考えられるヴィニシウスにとっては、自身が飛躍したシーズンで欧州制覇を果たしたいところだろう。 これまでの数々のスター選手が刻んだように、ヴィニシウスにとってのマドリーの歴史がスタートする優勝となるのか。ここまで見せてきたプレーで、リバプールの守備陣を混乱させ、ゴールを決め切れるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】飛躍の若きドリブラー、ヴィニシウス・ジュニオール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cZzP4Cpber4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセロは今夏マドリー退団か…ベンチでチームメイトに「クラブは更新するつもりがない」と暴露?

ブラジル代表DFマルセロのレアル・マドリー退団が現実味を帯びてきているのかもしれない。 2007年に加入し、マドリーで15年という長期キャリアを築いてきたマルセロ。ここまでクラブ歴代8位の通算546試合に出場し、38得点103アシストをマーク。通算6度のラ・リーガ制覇、4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を含め、クラブ史上最多となる合計24個のタイトルを獲得してきた。 ただ、契約が今夏で満了となる契約について、マルセロは「レアルでの物語がここで終わらないことを祈る」と残留を希望しているものの、クラブサイドは延長に向けた動きを見せていない。スペイン『マルカ』によれば、シーズン終了後に会談の場を設けるとのことだが、退団は既定路線となっているようだ。 そんな中、20日に行われたラ・リーガ最終節のベティス戦で4試合ぶりにベンチ入りしたマルセロは、隣にいたMFルーカス・バスケスに対して自身の状況について漏らしたという。『フットメルカート』によると、『The Day After』のカメラが「クラブは更新するつもりがない。クソみたいな話だろ」と話していた瞬間を捉えていたようだ。 マルセロにとって、ここまで多大な貢献をしてきた自分への対応としては不満があるのだろう。実際にそのような言葉を口にしたかは定かではないが、退団が濃厚と言われる状況に気が気でないのは確かなのかもしれない。 2022.05.26 18:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「世界中が赤か白に染まる」CL決勝を心待ちにするクロップ監督、敵将に対しては「本当に尊敬している」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を心待ちにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 今季のCL決勝トーナメントではインテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われる決勝戦へ駒を進めたリバプール。ファイナルの舞台で対峙するのは、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーとなる。 先週末に行われたプレミアリーグ最終節で、1ポイント差でリーグタイトルを逃した失望が心配されているが、記者会見の場でクロップ監督はチームの雰囲気の良さを強調。プレミアリーグの痛みはすでに過去のものだとして、全員がCL決勝での勝利に集中していると語った。 「今朝もチームと会ったが、みんな良い雰囲気だった。人生は健康ならば何度でもチャンスを与えてくれるものさ。今回はそれがCLの決勝戦なのだから、日曜日の痛みはもう感じていない。相手はこの大会でおそらくもっとも経験豊富であり、非常に強い相手との試合になるが、本当に楽しみにしている」 「CL決勝がなくとも今季は素晴らしいシーズンだった。そしてCLで優勝すれば、ファンタスティックなシーズンになるだろう。それくらいシンプルだ。2つの大会で優勝したのだから、3つ目の大会で惜しくても気にしなくていい…とは思っていない。CL決勝には何度行けるかわからないのだから、数少ないチャンスを活かすべきだ。この5年間で、3度目の決勝進出というのは我々にとって特別だよ」 「マドリーはこの10年でおそらく5回か、少なくとも4回は優勝している。多くの選手がこうした試合にいつも参加していたから、今回も素晴らしい試合になるだろう。この試合では、世界中が赤と白に染まるだろうね。そうあるべきだと思う。歴史的に見ても、この大会では常に強かった2チームの対決であり、こうしたレベルのチームと戦うのは最高だ」 また、クロップ監督は対戦相手のマドリーやカルロ・アンチェロッティ監督にも言及。非常に強力なチームを作り上げたと、敬意を示した。 「彼らはボールを持って1対1の場面となったとき、自信に満ち溢れていることがあらゆる場面で見て取れる。誰もが落ち着いていて、あちこちで本当にリラックスしているね。技術的にも最高のレベルで、そこまで複雑なことはやらないが、フットボールはそれほど複雑ではないのだからそれで良いのだ。彼らは適切な選手を適切なポジションに配置している」 「(アンチェロッティについて)私の英語力では、きっと正確な言葉を見つけられないだろう。カルロは私にとって世界でもっとも成功した監督の一人であり、お手本だ。そして、これまでに会ったなかで最高な人物の一人だよ。皆が『彼は素晴らしい社会人であり、本当に良い人であり、良い関係を築いている』と言うだろうね」 「彼がエバートンにいた頃は、少し関係が途絶えていた。お互いにビジネスの部分を尊重し過ぎていたんだ。そうでなければ、何度か食事に出かけただろうね。私から彼への尊敬の念は、これ以上ないほど大きい。彼はファンタスティックで、純粋に経験が豊富で、とてもとても成功した人だ。あらゆる場所で勝利を収め、これからもそれは続くだろう。私はそれを本当に尊敬している」 2022.05.26 17:19 Thu
twitterfacebook
thumb

”ワンクラブマン”のトッティ、ムバッペのPSG残留を称賛「心からの選択」

元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を決めたフランス代表FWキリアン・ムバッペを称賛している。 PSGとの契約が切れる今夏のレアル・マドリー移籍が取り沙汰されながらも、最終的に残留を決断したムバッペ。すでに個人間合意に至っていたという情報が出回っていたため、まさに急転直下の展開に。 賛否両論ある中、トッティ氏はムバッペの選択を称賛。フランス『RMC Sport』のインタビューの中で、自身もかつてマドリーのオファーを断り、24年にわたるキャリアでローマ一筋を貫いた立場から持論を述べた。 「それは心で決めたことなのだろう。私は称賛するよ。レアル・マドリーからのオファーを断るのは簡単なことじゃない。私も20年前にローマに残るため同じ決断をした」 「ムバッペは若いにもかかわらず、正しい決断をしたと思う。ルーツが最も重要なのだ。彼は賢明にパリに留まるという選択をした。私はそれが正しいことだったと思うよ」 2022.05.26 16:13 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly