攻撃停滞のアーセナルがホームで最下位バーンリーに痛恨ドロー…負傷再発の冨安健洋は欠場《プレミアリーグ》

2022.01.24 01:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第23節、アーセナルvsバーンリーが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。なお、アーセナルのDF冨安健洋は負傷欠場した。

2022年に入って公式戦3敗1分けと未勝利が続くリーグ6位のアーセナル(勝ち点35)が、最下位のバーンリー(勝ち点11)を相手に新年初白星を目指した一戦。前節、ノースロンドン・ダービーを延期によって回避し、1週間ぶりの実戦となったEFLカップ準決勝のリバプール戦ではホームで0-2の完敗を喫したアルテタ率いるチームは、その試合から先発1人を変更。負傷再発の冨安に代わってホールディングがセンターバックに入り、ホワイトが右サイドバックに回った。

日程面のアドバンテージを持つアウェイのバーンリーが、ロングボールを使ってのセカンドボールの拾い合いという自分たちの土俵に持ち込み、良い入りを見せる。9分には左サイドで仕掛けたマクニールのシュート性のクロスがニア上に向かうが、これはGKラムズデールがはじき出した。

一方、序盤の守勢を撥ね返して徐々に相手陣内でのプレーを増やすアーセナルはサカとマルティネッリの好調ウイングコンビの仕掛けを攻撃の足掛かりとする。

17分には相手陣内中央でルーズボールを制したラカゼットが馬力のある仕掛けでボックス右まで持ち込んで右足を振り抜くが、これは枠の右に外れる。さらに、20分には再び高い位置でルーズボールに反応したウーデゴールがスミス・ロウとの連携からボックス内で絶好のシュートチャンスも、左足のダイレクトシュートはGKポープの足を使ったファインセーブに遭う。

以降は相手にカウンターチャンスを与えずに押し込む形を作り出したアーセナルだが、引いてブロックを作る相手に対して、効果的にボールを動かすことができず。完全にボールを持たされる状況が続く。

幾度か左サイドのティアニーに崩しのチャンスが訪れるが、クロスの精度やシュート精度を欠く場面が散見。前半終了間際にはボックス右で仕掛けたサカが得意の角度から左足を振り抜くが、これも枠を捉えることができず。攻撃面で停滞感が漂う中で前半を終えることになった。

後半も同じメンバーで臨んだアーセナルは、マクニールにファーストシュートを放たれるなど、引き続き難しい入りとなる。

なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く中、61分にはサカのカットインからの仕掛けで得たボックス手前右好位置のFKを、前回対戦で直接FKからゴールを決めているウーデゴールが左足で狙うも、これはクロスバーの上を越える。さらに、直後の64分には右CKのサインプレーからボックス中央にフリーで走り込んだスミス・ロウが右足のダイレクトシュート。これがゴール前の密集を抜けてゴール左隅へ向かうが、これはGKポープに見事な反応ではじき出された。

一連の攻撃で完全に流れを掴んだアーセナルはここから畳みかける攻めを見せる。67分にはスミス・ロウが相手DFを振り切る見事な突破からボックス左に侵入し、ゴールライン際から絶妙なマイナスの折り返しを入れるが、ラカゼットのシュートはわずかに枠の右へ外れた。

自分たちの流れの中でゴールをこじ開けることができなかったアーセナルは、徐々に中2日の疲労が出始めて後半半ばから終盤にかけて攻撃が停滞。スミス・ロウに代えてエンケティアを投入し、前線の枚数を増やしていくが、守り慣れたバーンリーの堅守を前に後半序盤のような決定機を作り出せない。

逆に、試合最終盤にはガブリエウを前線に上げたパワープレーでゴールをこじ開けにかかるなど、前がかりなところを相手に引っくり返されて危険なカウンターを浴びる場面が散見。ただ、マクニールの強引過ぎる仕掛けに救われた部分もあり、失点という最悪な形は避けられた。

結局、ボールポゼッション75%、シュート20本とスタッツでは相手を大きく上回ったものの、最下位バーンリー相手に決定力を欠いたホームチームは痛恨のドロー。2022年初勝利をまたしても逃すことになった。


関連ニュース
thumb

アーセナルで燻るニコラ・ペペ、PSGが獲得に興味か

アーセナルに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ(26)に関して、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に動くようだ。フランス『フットメルカート』が報じた。 2019年8月にリールから8000万ユーロ(約109億円)という高額な移籍金でアーセナルへと加入したペペ。加入前の2018-19シーズンはリーグ・アンで38試合に出場し22ゴール11アシストをゴールを量産。大きな期待を寄せられていた。 しかし、アーセナル加入後は出番をもらうも結果が残せず。2020-21シーズンはプレミアリーグで10ゴールを記録するなどしたが、今シーズンはイングランド代表MFブカヨ・サカの台頭も著しく、先発機会が激減。プレミアリーグでも20試合で1ゴール2アシストに終わった。 2024年6月まで契約を残すぺぺだが、ミケル・アルテタ監督の下では序列が低い状況。また、112試合で27ゴール21アシスト、プレミアリーグでも80試合で16ゴール9アシストと数字を残せず、苦しんでいる状況もある。 ぺぺも現状を理解している一方で、「プレーしないのはイライラする。プレーしないのが好きな選手はいないが、僕はかのtくの決定を尊重しなければならない」とコメント。ただアルテタ監督はそのことを説明してくれたというものの、「言語の壁とのコミュニケーションが容易でない場合もある」と、言葉が通じない難しさを感じているとした。 ぺぺはアーセナルの中で780万ユーロ(約10億6500万円)と最高の年俸をもらっていることもあり、金額に見合った活躍ができていないのは事実だ。 その中でPSGがペペに目をつけており、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがチームを去る今、バルセロナのフランス代表MFウスマーヌ・デンベレとともにあ優先的なターゲットになっているとのことだ。 2022.05.28 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ストライカー探すアーセナル、アトレティコ復帰濃厚のモラタ獲得に接近か

アーセナルが今季ユベントスにレンタル移籍していたアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)獲得に接近しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 モラタは2020年夏にアトレティコからユベントスへレンタルで加入。主力として活躍したことで昨夏にレンタル期間が1年延長されると、今季も公式戦48試合で12ゴール9アシストの数字を残したが、チームは11シーズンぶりの無冠に終わった。 今冬にセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチも加わったなか、選手本人は完全移籍を希望しているものの、現時点でユベントスに買い取りオプションを行使する気配がなく、今夏にアトレティコへ復帰する見込みとなっている。 モラタに対してはチャビ・エルナンデス監督が同選手を高く評価するバルセロナも関心を示しているが、ここにきてアーセナルへ加入する可能性が高まっているようだ。アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを放出した今冬にも、ミケル・アルテタ監督がモラタ獲得を望んだが移籍は実現しなかった。 しかし、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが契約満了による退団に近づき、ストライカー不足に陥るアーセナルは再びモラタ獲得にトライ。2500万ポンド(約40億円)のオファーを提出しており、獲得に近づいているようだ。 モラタは2017年夏にチェルシーへ加入したものの、満足なパフォーマンスを発揮できず去った過去があり、再びプレミアリーグへ挑戦する決断をするのかが注目されている。 2022.05.27 17:56 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤戦躍動のエンケティアがアーセナル残留へ! 長期契約で合意か

アーセナルのイングランド人FWエディ・エンケティア(22)がクラブ残留を決断したようだ。イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者ら複数現地メディアが報じている。 チェルシーアカデミーを放出され、2015年にアーセナルのアカデミーに加入したエンケティア。以降はリーズ・ユナイテッドへの武者修行を経験した以外、ガナーズ一筋のキャリアを歩む。 アーセナルとの現行契約が今シーズン終了までとなっていた中、前半戦は思うように出場機会を得られずにフラストレーションを募らせ、今冬には移籍の可能性も伝えられたが、最終的に残留。 すると、プレミアリーグ第33節サウサンプトン戦から8試合連続でスタメン起用されると、チェルシーとのビッグロンドン・ダービーでチームを勝利に導く今季リーグ戦初ゴールを含む2ゴールの活躍をみせ、古巣リーズ戦でも2ゴール、最終節のエバートン戦でも1ゴールを記録。チームはトップ4フィニッシュを逃したものの、個人としては来シーズン以降に大きな期待を抱かせるシーズンの締めくくりとなった。 ただ、今夏の去就は不透明となっており、ウェストハムやクリスタル・パレスといった国内クラブに加え、ブンデスリーガの複数クラブが関心を寄せているとの報道も出ていた。 それでも、前述のメディアによると、エンケティアは正式にサインはしていないものの、アーセナルと長期契約を結ぶことで合意し、来シーズン以降もノースロンドンでのプレー継続を決断したようだ。 仮に、今回の報道が事実であれば、アーセナルサイドはエンケティアにある程度の出場機会を与えることを約束した可能性が高く、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、イングランド代表FWタミー・エイブラハム、ナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンらが獲得候補に挙がるストライカー補強にも影響がありそうだ。 元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの退団が濃厚ということもあり、少なくとも1人のストライカー獲得は決定的だが、エンケティアの残留によって複数人の獲得の可能性は低くなるかもしれない。 2022.05.26 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

頭角を表すアーセナルFWエンケティア、肉体の変化に英紙着目

シーズン後半戦に出番を勝ち取ったアーセナルのFWエディ・エンケティア(22)に視線が注がれているようだ。 アーセナルの育成組織出身であるエンケティアは2017年夏にファーストチームへと昇格した。 アンダーカテゴリーでは得点を積み重ねていたが、プレミアリーグでは出場機会をつかめず、2019年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っていたリーズ・ユナイテッドへと約半年の期限付き移籍を決行した。 アーセナル復帰後も出番が限られていたなかで、今季の開幕前には足首を負傷。しかし、ケガの功名か、離脱中に取り組んだ肉体改造も相まってか、シーズン終盤にはスタメンの座を確保。8試合連続の先発出場を飾り、最終節のエバートン戦でも1得点を挙げた。このゴールにより、エンケティアはカップ戦を含めて初のシーズン二桁得点を記録することとなった。 イギリス『サン』はエンケティアの肉体の変化に注目。過去のエンケティアも併せてピックアップしている。 「(負傷中の3カ月は)うまく時間を使うことができたと思うし、ハードワークを見せられるようになってよかった。周囲のレベルが上がってフィジカル面で悩まされるから、テクニックを見せるためにも(自身の)強さが必要になった」 「両親は僕が(コンディション作りに)適した食事や適切なジム装備を手にしているかを確認してくれた。僕がベストを尽くせるよう、高い要求をしてくれる。そのサポートは素晴らしいよ」 <span class="paragraph-title">【写真】肉体改造をしたエンケティア</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Eddie Nketiah’s stunning body transformation from slim teen to hunk as Arsenal star checks in for post-season bodybuilding <a href="https://t.co/oAtc6JviBF">https://t.co/oAtc6JviBF</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1529175677202735106?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.25 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルの中盤を支えたMFエルネニーが契約延長「このクラブが大好き」

アーセナルは25日、エジプト代表MFモハメド・エルネニー(29)との契約延長を発表した。 エルネニーは、2016年1月にバーゼルからアーセナルへと完全移籍で加入。守備的なボランチの選手としてこれまで公式戦147試合に出場し5ゴール10アシストを記録している。 ウナイ・エメリ監督の下では構想外となりベシクタシュへとレンタル移籍を経験。2020年8月に復帰すると、ミケル・アルテタ監督の下ではコンスタントに出場機会を得ており、今シーズンもベンチを温める日々が続いたが、ガーナ代表MFトーマス・パルティが離脱した結果、終盤はチームを助ける大きな役割を果たしていた。 残留を希望するコメントを残していたエルネニーだが、新契約を結び、改めてコメントしている。 「僕はこのクラブが大好きで、家族の一員のように感じている」 「この素晴らしいクラブと素晴らしいファミリーの中で続けていきたい。そして、将来を考えても幸せでとても興奮している」 また、アルテタ監督もエルネニーを評価した。 「彼はチームに無限のエネルギー、熱意、そしてコミットメントをもたらし、誰からも愛されている」 「ピッチの内外で我々にとって重要な選手であり、我々の若い選手にとって真のロールモデルだ。彼が残ってくれることを嬉しく思う」 2022.05.25 17:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly