清水の選手3名が新型コロナウイルス感染…1名が症状を訴え検査し3名が陽性に

2022.01.23 21:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは23日、トップチームの選手3名が陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は22日の夜に発熱し、ノドの痛みなどの症状があったとのこと。23日にPCR検査を実施し、陽性判定を受けていた。

なお、同日に全選手とスタッフが検査を受けた結果、新たに2選手が陽性と判定されたとのことだ。なお、こちらの選手は症状はないとのことだ。

当該選手は適切な対策のもとで療養中。なお、24日のグラウンドでのトレーニングは中止となった。


関連ニュース
thumb

J3今治が清水FW千葉寛汰を育成型期限付き移籍で獲得「誰よりもゴールに貪欲な姿勢を見てください」

FC今治は23日、清水エスパルスのFW千葉寛汰(18)の育成型期限付き移籍加入を発表した。 移籍期間は2022年5月24日から2023年1月31日までとなり、背番号は「30」をつける。 千葉は静岡県静岡市出身で、ジュニアユースから清水の下部組織に所属。U-16、U-18日本代表や、U-19、U-20日本代表候補にも選ばれていた。 今シーズンからトップチームに昇格すると、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 千葉は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治サポーターの皆さんはじめまして。清水エスパルスから来ました千葉寛汰です。自分を必要としてくれたFC今治のために全身全霊をかけて闘います」 「誰よりもゴールに貪欲な姿勢を見てください。たくさんのゴールを決めてチームを勝たせられるように頑張ります!宜しくお願いします」 ◆清水エスパルス 「自分のことを応援していただいた、全ての皆さんの期待に応えることができず申し訳ありません。今の自分には、試合に継続して出場することが成長に繋がる必要なことだと思い、移籍を決断しました。頑張ってきます!」 2022.05.23 11:29 Mon
twitterfacebook
thumb

清水MF原輝綺が4週間の負傷離脱…高橋大悟も全治5〜6週間

清水エスパルスは22日、MF原輝綺とMF高橋大悟の負傷を報告した。 原は3日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の湘南ベルマーレ戦で右大腿二頭筋肉離れのケガを負い、全治まで4週間を要する見込み。高橋は4月24日に行われた松本山雅FCとの練習試合で右踵部骨膜を損傷し、全治5〜6週間の見込みだ。 今季のここまでは原がJ1リーグ11試合に出場。高橋は6試合に出場して1得点だった。 2022.05.22 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

土壇場で相馬勇紀のミドル弾が炸裂!名古屋が清水破り今季初の連勝【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルスvs名古屋グランパスがIAIスタジアム日本平で行われ、アウェイの名古屋が1-2で勝利を収めた。 前節は京都サンガを相手にゴールレスドローに終わった16位の清水。待望の今季ホーム初勝利を目指すなかで、今節も同じ11人がスタメンに名を連ねた。 対する名古屋は前節、セレッソ大阪を1-0で下し、7試合ぶりとなる3ポイントを獲得。今季初の連勝を狙う一戦では、吉田豊が6試合ぶりの先発となった。 立ち上がりの3分、ファーストシュートを放ったのはホームの清水。宮本の縦パスを受けた鈴木が前を向き、敵陣中央の遠い位置から左足を振り抜くも、相手GKに弾かれる。 対する名古屋も7分、ボックス右手前から森下がクロスを上げ、ファーサイドで収めた吉田がマイナス方向に折り返す。このパスをボックス手前中央で受けた仙頭が、シュートフェイクで相手を一人かわし、右足でシュートを放ったが、相手DFに至近距離でブロックされた。 両チームがゴールに迫る中、先手を取ったのは名古屋だった。22分、吉田からのパスを敵陣左サイド浅い位置で受けたマテウスが、相手DFの股を抜いてドリブル突破。深くまで侵入しクロスを上げると、ニアサイドで待っていた酒井がヘディングシュートでゴールネットを揺らした。 酒井の今シーズン初ゴールで先制に成功したアウェイチームはさらにセットプレーからチャンス。39分、右CKの場面でキッカーのマテウスがボックス手前中央に柔らかい弾道のボールを送ると、走り込んできた稲垣がダイレクトで左足を振り抜いたが、強烈なシュートは相手GKに阻まれた。 1点ビハインドで試合を折り返した清水だったが、後半立ち上がりにチャンスを得る。50分に獲得した左CKの場面でキッカーは西澤。ボックス中央へ蹴り込まれた滞空時間の長いボールに立田が頭で合わせるも、惜しくも枠の上に外れた。 後半に入って押し込まれている印象の名古屋は70分、中谷の縦パスを受けた石田が素晴らしいファーストタッチで前を向き、ドリブルでボックス右手前まで運んでから右足のシュート。しかし、これは枠の左に外れる。 後半から勢いを強めたホームチームは71分についに同点に追いつく。自陣からのスルーパスで敵陣右サイド深くに抜け出したカルリーニョス・ジュニオが右足で低い弾道のクロスを供給。ゴール前で飛び込んだチアゴ・サンタナが頭で合わせると、ゴール左に決まった。 試合を振り出しに戻した清水は80分にもシュートシーンを作る。片山が敵陣右サイド深い位置から上げたクロスがゴール前で混戦を生み、このこぼれ球に反応した鈴木が左足のシュートを放ったが、惜しくも枠の上へ。 その後も攻勢を強めるホームチームに対して、守りを固めるアウェイチームという構図のまま試合は進行。だが、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイムに試合を動したのは名古屋だった。 敵陣中央で相馬がボールを受けると、ドリブルで持ち上がり、ボックス手前中央から右足を一閃。鋭いミドルシュートは左ポストに当たってゴールネットを揺らし、土壇場での決勝点となった。 後半から途中出場した相馬の今シーズン初ゴールで勝ち越した名古屋は、そのまま試合終了まで守り切り1-2で勝利。今季初の連勝を収めた。 清水エスパルス 1-2 名古屋グランパス 【清水】 チアゴ・サンタナ(後27) 【名古屋】 酒井宣福(前22) 相馬勇紀(後49) 2022.05.21 17:32 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が徳島を下して2位突破! 清水は首位通過決定済みの広島に勝利し今季ホーム初白星【ルヴァンカップ・グループB最終節】

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループBでは、広島と名古屋が突破した。 すでに広島の首位突破が決まり、残り一枠を3チームで争う構図のグループB。勝てば自力突破となる2位の名古屋は、4位徳島とのアウェイ戦に臨んだ。 試合は10分、名古屋は左CKの場面で阿部がアウトスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ吉田温紀がヘディングシュート。高い打点から叩きつけられたボールがゴールに吸い込まれた。 前半終了間際には、稲垣が相手のボックスの手前でボールを奪取し、右から左へ展開。これに阿部が左足で合わせてゴール右下にシュートを突き刺した。 2点リードで試合を折り返した名古屋は、後半立ち上がりには甲田の強烈なシュートがクロスバーに直撃。その直後にも立て続けにチャンスを迎えるが、3点目には至らない。 一方、徳島は60分にゴール前のこぼれ球を浜下がシュートに繋げるも、精度を欠いて枠の外。最後までネットを揺らせないまま、試合は名古屋が勝利し、広島に続く2位でのプレーオフ進出を決めた。 もう一方の清水vs広島では、ホームの清水が34分に岸本の移籍後初ゴールで先制。左CKのシーンで神谷がニアで触れたボールを頭で押し込んだ。 対する広島は、後半立ち上がりにルーキーの棚田のシュートでゴールに迫ると、迎えた61分、バイタルエリアでの連携から永井に今大会2ゴール目が決まり同点に。 しかし、終盤の83分に清水が滝のゴールで勝ち越し。最終順位は3位でグループステージ敗退となったものの、今季のホーム初ゴールを挙げた。 ◆順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島(12pt/+8) 2:名古屋グランパス(10pt/2) 3:清水エスパルス(8pt/-2) 4:徳島ヴォルティス(4pt/-8) 2022.05.18 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

両守護神の活躍で京都vs清水はゴールレスの引き分けに【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、京都サンガF.C.vs清水エスパルスが14日にサンガスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 10位の京都(勝ち点16)と14位の清水(勝ち点12)の一戦。京都は4月の5試合は3勝1分け1敗の好成績を残したものの、同月最後のリーグ戦となったアビスパ福岡戦からここ3試合は1分け2敗。前節は未だホーム無敗を誇る札幌の本拠地で1-0の惜敗を喫した。 対するは、前々節の湘南ベルマーレ戦で今季2勝目を挙げた清水。その日は6分間で3得点と攻撃陣が爆発したが、前節の川崎フロンターレ戦はホームで0-2の完敗。再びリスタートを強いられることになった。 試合は序盤から互いに次々と決定機を作り出す白熱の展開となる。まずは2分、清水は敵陣でボールをロストしたところを素早く奪い返し、宮本が鈴木唯人とのワンツーでボックス手前からミドルシュートを放つ。 これはGK上福元の正面に飛んで事なきを得た京都は8分、敵陣での宮吉のパスカットからウタカがボックス右に侵攻。シュートを打てればという場面だったが、ここはホナウドの対応に遭う。それでも11分には、左サイドからのクロスを武富が頭で合わせて決定機を演出する。 一進一退の攻防はまだ続く。19分、今度は清水の鈴木唯人が左サイドを突破しクロスを上げると、相手に当たってこぼれたところを白崎が素早くシュート。これはDFにブロックされ、そのセカンドボールを今季初先発のカルリーニョス・ジュニオが拾いゴールを狙うも、ここもDFに跳ね返された。 あと一歩まで迫りながらも、肝心のゴールには至らない両チーム。京都は26分のウタカのシュートはGKの正面に。38分には高い位置でボールを奪ったウタカが持ち上がり、最後は武富がボックス右からシュートを放ったが、これもGK権田の正面に飛ばしてしまった。 後半はよりタイトな内容となり、互いに前半ほどゴールに近づくことはできなくなる。それでも清水は55分過ぎにチアゴ・サンタナが立て続けにシュートシーンを迎えるなど、少ないながらもチャンスを迎えていく。 一方の京都は、75分にウタカがシュートを放つも大きく枠を外れる。後半アディショナルタイムには、自陣でのボール奪取から前線のウタカが起点となり、山田にビッグチャンス。だが、ウタカの横パスを受けてボックス右に侵入するも、丁寧にコースを狙ったシュートはGK権田の守備範囲だった。 清水もラストプレーで途中出場の神谷がミドルシュートを狙ったが、京都もGK上福元がしっかりセーブ。この両守護神の活躍もあり、試合は最後までゴールが生まれず0-0の引き分けに終わった。 京都サンガF.C. 0-0 清水エスパルス 2022.05.14 15:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly