清水の選手3名が新型コロナウイルス感染…1名が症状を訴え検査し3名が陽性に

2022.01.23 21:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは23日、トップチームの選手3名が陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は22日の夜に発熱し、ノドの痛みなどの症状があったとのこと。23日にPCR検査を実施し、陽性判定を受けていた。

なお、同日に全選手とスタッフが検査を受けた結果、新たに2選手が陽性と判定されたとのことだ。なお、こちらの選手は症状はないとのことだ。

当該選手は適切な対策のもとで療養中。なお、24日のグラウンドでのトレーニングは中止となった。

関連ニュース
thumb

C大阪、舩木翔のJ1初ゴールで清水とドロー【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、セレッソ大阪vs清水エスパルスが26日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 C大阪は前節、サンフレッチェ広島に逆転負けし、連勝が3試合でストップ。ミッドウィークに行われた天皇杯では、数名の主力を温存させた中で、ベガルタ仙台との打ち合いを制し、ベスト16入りを決めた。 対する清水は、前節のアビスパ福岡戦の勝利で3連敗を止めるとともに、6試合ぶりの白星を手にした。しかし、主力メンバーで臨んだ天皇杯では京都サンガF.C.に敗れ、大会から去っている。 前半の立ち上がりはホームのC大阪がペースを握る展開に。その中で5分に為田が鋭いミドルシュートで相手GKを強襲。9分には右CKからヨニッチがヘディングシュートを放つが、ここもGKに防がれてしまう。 そんな中15分、C大阪が自陣からカウンターに出ようとしたところ、起点となった清武が後ろからチャージを受けて左足首を負傷。しばらく倒れ込んだ後、何とか立ち上がったものの、プレー続行は不可能となり、加藤と交代した。 その後も清武交代以前と変わらずC大阪がボールを保持していくが、意外な形で試合が動いた。35分、清水は西澤が右サイドからクロスを上げると、ヨニッチがクリアし切れず足に当たったボールがゴールイン。オウンゴールでアウェイチームが先制した。 リーグ戦では1カ月ぶりに先制を許したC大阪。直後の36分、為田のロングパスで速攻のチャンスを迎えると、ボックス左に流れた毎熊のラストパスを加藤がボックス手前からダイレクトシュート。しかし、ここは大きく枠を外してしまった。 44分には毎熊がボックス手前右からシュートを放つも、GKの守備範囲。試合は清水のリードで折り返すことになった。 後半に入ると、西尾を下げて舩木投入したC大阪が、52分にブルーノ・メンデスのヘディングシュートでゴールに迫る。清水も57分に右CKから片山がヘディングシュートを見舞うも、GKにキャッチされた。 その後はC大阪が立て続けにチャンスを迎える展開に。64分に左サイドの舩木のクロスから加藤がヘディングシュート。72分にも加藤がボックス左から決定的なシュートを放つが、どちらもGK権田に止められてしまう。 しかし迎えた76分、右CKのチャンスで鈴木が右足でクロスを入れると、仕留めたのは舩木。ニアで合わせたヘディングシュートがゴール左に決まり、同点に追いついた。舩木はこれがJ1初ゴールとなった。 追い付かれた清水はその直後、チアゴ・サンタナと白崎を下げてコロリとディサロを投入。すると87分にその2人がチャンスメイク。コロリが左サイドから侵攻し、ボックス中央へ浮き球のラストパス。フリーで待ち構えていたディサロは胸トラップから左足を振り抜いたが、大きく枠を外れる結果に。 結局、試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。 セレッソ大阪 1-1 清水エスパルス 【C大阪】 舩木翔(後31) 【清水】 OG(前35) 2022.06.26 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ラピド・ウィーン北川航也が古巣清水へ! 完全移籍で3年ぶり復帰

清水エスパルスは19日、ラピド・ウィーンから元日本代表FW北川航也(25)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「45」をつける。 北川は清水の下部組織あがりで、プロ4年目の2018年にJ1リーグで13得点を決めて一気にブレイク。それから日本代表にも初選出され、2019年夏にオーストリアのラピド・ウィーンで初の欧州挑戦を果たした。 だが、加入から数カ月後に左足首のじん帯損傷に見舞われ、復帰後も出番に恵まれず。2021-22シーズンも12試合に出場したオーストリア・ブンデスリーガでたった1度の先発機会にとどまり、得点もなかった。 J1リーグ16位に沈む状況から脱しようと、ゼ・リカルド新監督の下で再出発を図る古巣に3年ぶりの復帰を決断した北川。クラブを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「SKラピード・ウィーンから加入しました北川航也です。また、皆さんとオレンジのユニフォームを着て、清水エスパルスのエンブレムを背負って闘えることを、とても嬉しく思います。シーズン途中での加入となりますが、自分の持っている力の全てをチームに還元していきます。早くIAIスタジアム日本平のピッチで皆さんと会える時を楽しみにしています。よろしくお願いします」 2022.06.19 14:03 Sun
twitterfacebook
thumb

清水MF中山克広が全治6週間の左大腿直筋肉離れ…トレーニング中に負傷

清水エスパルスは19日、MF中山克広のケガを発表した。 16日のトレーニング中に負傷して、検査を受けたところ、左大腿直筋肉離れと診断。全治まで6週間を要する見込みだ。 横浜FCから加入して2年目の今季はここまで公式戦18試合でプレー。明治安田生命J1リーグでは2ゴールを記録している。 16位の清水は18日に第17節のアビスパ福岡戦を3-1で制し、3連敗をストップ。ゼ・リカルド体制の初陣を白星で飾った。 2022.06.19 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「本当の補強」と言われた北川航也、3年間で7ゴールに終わりラピド・ウィーンも早期売却に動く…清水復帰とも

ラピド・ウィーンに所属するFW北川航也(25)だが、クラブはもはや構想に入れていないようだ。オーストリア『Krone』が報じた。 2019年7月に清水エスパルスから完全移籍でラピド・ウィーンへと移籍した北川。当時は日本代表にも選出され、2019年1月のアジアカップでは大迫勇也(ヴィッセル神戸)と共に出場していた。 その北川は1年目でリーグ戦19試合で2ゴール1アシスト、2年目は17試合で3ゴール1アシストを記録。しかし、3年目の今シーズンは12試合の出場でノーゴール。公式戦でも26試合でわずか1ゴール1アシスト鹿記録できなかった。 「コーヤは我々にとって本当の補強になるだろう」と150万ユーロ(約2億1300万円)の移籍金を払って獲得した当時にスポーツ・ディレクター(SD)のゾラン・バリシッチ氏が語っていたが、在籍3年間で公式戦71試合で7ゴール3アシストと期待に応える結果を残せていなかった。 北川はクラブ内でもとても給与が高い1人で、残り契約が1年あるもののクラブはは期待外れに終わった北川を手放したいと考えているようだ。 売却先を探しているラピド・ウィーンだが、北川はJリーグ復帰の可能性が取り沙汰され、『Krone』も古巣の清水復帰がう有力であると報道。3シーズンぶりに復帰する可能性がありそうだ。 2022.06.19 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼ・リカルド新体制の清水、福岡下し今季ホーム初勝利飾る【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、清水エスパルスvsアビスパ福岡が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-1でホームの清水が勝利を収めた。 前節は柏レイソルに1-3と敗れ、その直後に指揮官交代に踏み切った清水。これが初陣となるゼ・リカルド新監督はU-21日本代表に招集された鈴木唯人に代わり、後藤をスタメン起用した。 対するアビスパ福岡は、前節は浦和レッズを相手にゴールレスドロー。3試合ぶりの白星を狙う今節では、ここまで出番の少なかった北島が先発となった。 立ち上がりからボールを支配して攻め込むホームの清水。7分にいきなり新体制初ゴールを奪う。ショートカウンターの流れからチアゴ・サンタナがボックス左にスルーパスを送ると、これに反応した神谷が左足ダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。中央へ走り込んだ西澤が左足でゴール右に流し込み、先制に成功する。 早々に1点を奪われた福岡は22分にセットプレーからチャンス。ボックス手前中央で獲得したFKの場面で、サインプレーから志知が左足のミドルシュートを放つも、枠の左に外れた。 アウェイチームは38分にも、北島が敵陣左サイドの深い位置からボックス手前左まで切り込み、左足のクロスを供給。これにファーサイドで相手DFに競り勝ったフアンマが頭で合わせたが、惜しくも相手GKに阻まれる。 2つのピンチを凌いだ清水は41分、敵陣右サイドでのパス交換から西澤がアーリークロスを上げると、チアゴ・サンタナがヘディングシュート。これがゴール左隅に決まり、リードを2点を広げる。 試合を折り返して、後半立ち上がりは静かな展開で時間が進む。その中でホームチームは60分、カウンターの流れから山原が長い距離をドリブルで運び、ボックス左まで侵入。左足を振り抜くも、相手GKにセーブされる。 2点を追う福岡は68分に波状攻撃を仕掛ける。その流れの中でボックス手前中央でこぼれ球を拾った岸が後方にフリックすると、前がダイレクトで右足を一閃。これは枠を外れたが、80分にはここまで最大の決定機を迎える。 中村の縦パスを受けたルキアンがバイタルエリアでボールをキープし、こぼれたところに山岸が反応。ダイレクトで右足を振り抜いた強烈なシュートがゴール右隅に決まり、1点を返した。 しかし、清水は再び相手を突き放す。85分、チアゴ・サンタナが自陣からのロングボールを敵陣中央で収めると、ボックス中央へスルーパスを供給。これに反応したベンジャミン・コロリが華麗なループシュートで相手GKをいなし、ゴールネットを揺らした。 再び2点差としたホームチームは、その後もボールを上手くキープして時間を使い、3-1のまま試合終了。ゼ・リカルド監督の初陣で今季のホーム初勝利を手にした。 清水エスパルス 3-1 アビスパ福岡 【清水】 西澤健太(前7) チアゴ・サンタナ(前41) ベンジャミン・コロリ(後40) 【福岡】 山岸祐也(後35) 2022.06.18 20:32 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly