【プレミア注目プレビュー】劇的勝利で勢いづくスパーズが今季3戦全敗のチェルシーとのシックスポインターに臨む

2022.01.23 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第23節、チェルシーvsトッテナムが日本時間23日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。熾烈なトップ4争いに身を置くロンドンの両雄による、今季4度目のダービーだ。

先月まではマンチェスター・シティ、リバプールと共に三つ巴の優勝争いの主役を演じてきたチェルシー(勝ち点44)。だが、前々節のシティとの頂上決戦を0-1で落とし、優勝戦線から早々に脱落。さらに、前倒し開催となったブライトン戦も1-1のドローで終え、直近のリーグ戦3分け1敗の4戦未勝利と泥沼の状況に陥る。そして気付けば、消化試合数の少ないライバルの今後の結果次第で、安泰と思われたトップ4フィニッシュに暗雲が垂れ込め始めている。

その苦境の中で迎える今回の一戦ではリーグ前回対戦、直近のEFLカップ2試合すべてで勝利し、且つ1失点も与えていない、相性が良いトッテナムが相手。ここまでの過密日程を考慮し、異例の2日間のオフを設けて万全を期して臨むホームゲームで、そのお得意様にきっちり勝ち切ってインターナショナルブレークに入り、シーズン終盤戦に向けてチームを立て直したい。

一方、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ、EFLカップで敗退したものの、コンテ新体制移行後は6勝3分けの9戦無敗でリーグ戦の順位を5位まで上げてきたトッテナム(勝ち点36)。上位陣で消化試合が最も少ないチームは、延期された4試合すべてに勝利した場合、3位まで浮上する可能性を有している。

チェルシーとのEFLカップでは完成度の差を見せつけられたものの、情熱的なイタリア人指揮官の下でポチェッティーノ時代の全盛期のような躍動感を取り戻しつつある新生スパーズは、リーグ前々節のワトフォード戦をダビンソン・サンチェスの後半アディショナルタイムのゴールで競り勝つと、前節のレスター・シティ戦では後半の94分まで1点ビハインドを背負っていた中、ベルフワインの2ゴールで勝ち点0を勝ち点3に変える会心の逆転劇をみせ、2試合連続での劇的過ぎる勝利を飾っている。

また、その試合の2日後にはキャプテンであり守護神のロリスの契約延長という朗報も発表され、チームのムードは良好。リーグ戦では2018年11月以降、6試合未勝利(1分け5敗)が続く宿敵を撃破するタイミングは、今回の一戦をおいて他にはないはずだ。

◆チェルシー◆
【3-4-2-1】
▽チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケパ
DF:リュディガー、チアゴ・シウバ、サール
MF:アスピリクエタ、カンテ、コバチッチ、マルコス・アロンソ
FW:ツィエク、ルカク、マウント

負傷者:DFチルウェル、リース・ジェームズ、チャロバー
コロナ陽性者:DFクリステンセン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはチルウェルと新型コロナウイルス感染のクリステンセンが引き続き欠場となる。リース・ジェームズとチャロバーは練習復帰を果たしたが、いずれも筋肉系のケガだったこともあり、マッチフィットネスを含めて復帰はインターナショナルマッチウィーク明けが濃厚だ。また、守護神メンディが引き続きアフリカ・ネーションズカップ参戦のため不在だ。

システムに関してはEFLカップの2試合、直近のブライトン戦で[4-2-2-2]の布陣を採用しているが、今回の一戦では[3-4-2-1]への変更を予想。前々節のシティ戦に近いメンバーでの戦いとなる見込みだ。

スタメンに関してはアスピリクエタを3バックの右に置き、右のウイングバックにハドソン=オドイかプリシッチを置く、より攻撃的な形も想定される。前線に関してもヴェルナー、ハヴァーツの起用も十分に考えられるところだ。

◆トッテナム◆
【3-5-2】
▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ロリス
DF:ダビンソン・サンチェス、ダイアー、ベン・デイビス
MF:ドハーティ、スキップ、ウィンクス、ホイビュルク、レギロン
FW:ケイン、ベルフワイン

負傷者:DFロメロ、FWソン・フンミン
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはソン・フンミンに加え、チームトレーニングに復帰したばかりのロメロが引き続き欠場となる。一方で負傷明けのダイアーの復帰は朗報だ。

システムに関してはルーカス・モウラとベルフワインを2シャドーに置く[3-4-3]の形もオプションにあるが、前線の枚数を欠くチーム事情もあり、どちらかをベンチに置く可能性が高い。

スタメンは直近のレスター戦から3人の変更を予想。タンガンガに代わってダイアー、エメルソン、ルーカスに代わってレスター戦勝利の立役者となったドハーティとベルフワインのスタメン抜擢とみる。

★注目選手
◆チェルシー:DFアントニオ・リュディガー
Getty Images

ダービーで躍動するブルーズのディフェンスリーダー。メンタル面の駆け引きを含め、“エースキラー”として存在感を高める28歳のドイツ代表DFは、エモーショナルなダービーを得意としている。

とりわけ、トッテナムとのダービーでは、これまで公式戦12試合を戦い9勝3敗の戦績を収め、今季の3度の対戦ではリーグ前回対戦と直近のEFLカップの対戦で1ゴールずつ挙げる活躍を見せている。

チェルシーとの現行契約が今季限りとなっている中、現時点では退団の可能性が濃厚なリュディガーにとって、今回の試合は自身最後のダービーとなるかもしれない。

ただ、直近のインタビューでは「言葉だけでなく、完全にコミットしている」、「ピッチで起きていることに集中している」と、去就が不透明な状況においても、ブルーズへの忠誠を改めて語っている。

トップ4フィニッシュに向け勝ち点必須のダービーでは復調を見せるケインという相手のエースを封じると共に、攻撃でもビルドアップ、セットプレーの局面で普段以上の存在感を示したい。

◆トッテナム:MFオリヴァー・スキップ
Getty Images

カナリーズへの武者修行を経て重要なプレーヤーに成長。今シーズン、ロメロ、エメルソン、ブライアン・ヒル、ゴッリーニと新戦力が今一つ存在感を発揮できない中、“新戦力”として輝きを放っているのが、ノリッジ・シティでの1年間の武者修行を経て大きく成長した21歳の生え抜きMFだ。

エンドンベレ、デレ・アリの不調、ロ・チェルソの負傷離脱もあってホイビュルクと共に中盤の主力に定着すると、ここまで公式戦27試合に出場するフル稼働を見せている。チームトップクラスの豊富な運動量、クイックネスを生かした広範囲をカバーする守備、中盤での正確なパス捌きで、コンテ体制で攻守にアグレッシブな戦いを見せる新生スパーズを支える。

とりわけ、ここ最近では攻守両面で能動的な姿勢が際立っており、攻撃のスイッチを入れる縦パスや果敢な持ち出し、ショートカウンターをけん引する高い位置での潰しと、一段階上のレベルのプレーヤーへの階段を一気に駆け上がっている印象だ。

今季ここまでのビッグマッチではチーム同様に思うような結果を残せていないが、カンテやコバチッチと同ポジションでワールドクラスにいる難敵との厳しいマッチアップを制し、チームを勝利に導き更なる成長の足掛かりとしたい。


関連ニュース
thumb

渦中のクリステンセンにトゥヘル「彼はプレーしたくなかったわけじゃない。私はそう思っている」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンに言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季もチェルシーで公式戦34試合に出場するものの、契約切れが今夏に迫るクリステンセン。フリーでのバルセロナ行きが決定的とされるなか、14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦を欠場した。 ただ、現地メディアが指摘したメンバー外の経緯が物議に。そのリバプール戦で先発予定されながら、試合当日にケガでもないのに、トーマス・トゥヘル監督にメンバーから外すよう申し出たというのだ。 バルセロナ行きが濃厚とされる状況もあって、様々な憶測がなされ、プロ意識を欠く行為と非難の声も少なくないなか、トゥヘル監督がその件に口を開いた。 「アンドレアスは(リバプール戦)当日の朝、私に話をしにきた。『出る準備ができていない。先発するのも、ベンチにもいるのも』とね。彼なりの理由があるんだ。それはプライベートなことで、秘密にしておく。ただ、ここ数週間、同じような状況で、今回が初めてじゃない」 「彼はプレーしたくないというわけじゃなく、プレーできなかったんだ。私はそう思っている。それは大きな違いだ。我々は受け入れざるを得なかったし、これからも受け入れるつもり。私はアンドレアスにああいった類の試合でプレーしたい思いがあったと今でも信じている」 なお、チームは19日に行われるプレミアリーグ第27節延期分のレスター・シティ戦を含めて残り2試合だが、ドイツ人指揮官はクリステンセンの出場可否について、「FAカップ決勝のときも知らせを受けたのは直前だった。この試合も、他の試合も予測できないね」と話している。 2022.05.19 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「アマチュアのような振る舞い」 FA杯決勝でメンバー入り拒否のクリステンセンに非難の声

FAカップ決勝を欠場したチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンに対して、非難が強まっている。イギリス『ミラー』が伝えた。 チェルシーとの契約延長交渉が難航し、今夏にフリーでバルセロナへ加入することが濃厚となっているクリステンセン。14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦では先発が予定されていたものの、当日の朝になってトーマス・トゥヘル監督に準備ができていないと伝え、出場を拒否していた。チェルシーはクリステンセン抜きで決勝に臨み、PK戦で敗れている。 かつてリバプールやアストン・ビラでプレーした元イングランド代表FWスタン・コリモア氏は、こうした振る舞いを行ったクリステンセンを非難。アマチュアのような振る舞いだと断じて、バルセロナでも同様の事態が起きる可能性を危惧した。 「どのような業界で働いていても、プロとして振る舞うか、アマチュアのように振る舞うかには明確な線引きがあると思う。そして土曜日のクリステンセンは後者のカテゴリーに属していた」 「私の知る限り、彼は精神的な問題について話したことはない。かつての指揮官であるマウリツィオ・サッリは、彼が試合当日に胃痙攣を起こすことがあると話していた。我々は彼が今回も週末の状況に対処できなかったと受け止める必要はあるだろう。だが申し訳ないが、それはプロのサッカー選手である以上は受け入れるべきものだ」 「この仕事は、相手チームとの対戦や緊張への対処などに対してのテストでもある。そしてもし自分が先発に選ばれるようになり、見返りとして週に何千ポンドかを受け取る契約に喜んでサインしたなら、そのすべてを受け入れるか、条件を変更するかをすべきだ」 「試合前、トイレに閉じこもる選手を何人か知っていた。だが試合開始のゴングが鳴れば気を引き締め、周りにいる10人の仲間と共に白線を越え、仕事をする手助けをしてくれたよ。プロフットボーラーなら自分の肉体的、精神的な限界に挑戦して、極限の環境で責任を果たすしかない」 「誰も彼に危険な目に遭えとは言っていない。ただ、もしこれが大きな試合の前の緊張や気負いだけが原因なら、馬鹿げた話だ。現代の選手たちは自分の好きなものを好きなだけ食べたいと思っているようであり、そのうち彼らは試合を選ぶようになるのではと心配している」 「例えば、来シーズンのエル・クラシコや、タイトルを決めるかもしれない試合前にこれが起こるかもしれない。だからバルセロナは適切な調査を行い『君が年に3、4試合欠場するかもしれないことは理解しているが、それならその数週間分の給料は支払わないか、事態をカバーするため契約から週数千ポンドを減額する』と言ってほしいね」 「選手ももっとオープンに、『こうしたことがある』と言えば皆も理解してくれると思う。だが、FAカップ決勝の日や、その他の大事な試合の日にいきなり欠場するような事態は、完全に不公平だろう」 2022.05.18 13:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ行き濃厚のチェルシーDFクリステンセン、FAカップ決勝当日朝に欠場を申し出の事実…

バルセロナへの移籍が大きく取り沙汰されているチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンだが、FAカップ決勝でプレーすることを断っていたようだ。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるクリステンセン。バルセロナへの移籍が濃厚となっており、メディカルチェックも完了しているとのことだ。 そのクリステンセンだが、14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝ではメンバー外となっていた。 本来であれば、クリステンセンはこのリバプールとの決勝でプレーする予定だったが、イギリス『BBC』によると、試合当日の朝にトーマス・トゥヘル監督へ試合でプレーする準備ができていないと申し出て、出場を断っていたというのだ。 今夏の退団が濃厚であるため、来季の構想に入らない選手がシーズン終盤の試合で起用されないということはよくあるが、トゥヘル監督は移籍を認めながらも起用する方針だったとのこと。ただ、クリステンセン側から申し出たというのだ。同選手がピッチに立っていれば、タイトルが獲得できたかは分からないが、ケガなどではないという事実が混乱を表していることとなる。 2022.05.16 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍濃厚のクリステンセン、トゥヘルも退団認める

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(26)の退団を認めた。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 今季もここまで19試合で出番を得ているものの、現行契約が今季までのクリステンセンに対しては以前から取り沙汰されていたバルセロナへのフリー移籍の噂が今年3月に入って一気に加速。契約合意に至り、すでにメディカルチェックも完了したという情報も舞い込んだ。 そうした中、14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦後の記者会見に出席したトゥヘル監督は選手たちの去就について言及。レアル・マドリーへの移籍が決定的となっているドイツ代表DFアントニオ・リュディガーと同様に、クリステンセンも退団することを認めた。 「我々は主力選手を失っているように思える。もちろん、トニ(リュディガー)も、アンドレアスも退団することになる」 2022.05.16 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で敗れたチェルシー、女子が翌日に女子FAカップで優勝し2冠達成《女子FAカップ》

15日、女子FAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアム行われ、3-2でチェルシーが勝利。2冠を達成した。 8日にFA女子スーパーリーグ(WSL)で3連覇を達成したチェルシー。リーグ3位のシティと対戦した。 男子のFAカップ決勝は14日に同じウェンブリー・スタジアムで行われた中、チェルシーはPK戦にもつれ込んだ末にリバプールに敗れており、女子はなんとかタイトルを勝ち取りたいところだった。 女子FAカップ史上最多となる4万9094人の観客が集まった中、試合はチェルシーが先制。エースのサム・カーが33分にゴールを奪うも、42分に同点に追いつかれる。 63分にはエリン・カスバートのゴールでチェルシーが勝ち越し。このまま勝利かと思われたが、89分にヘーリー・ラソがゴールを決めて土壇場でシティが同点に追いつき、試合は延長戦へ突入する。 粘るシティは何度となくチャンスを作るが、99分にカーがこの試合2点目を決めて勝負あり。3-2でチェルシーが勝利し、女子は見事にFAカップを獲得。2冠を達成した。 2022.05.16 11:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly