ユナイテッドがラッシュフォードのラストプレー弾でハマーズとの接戦を劇的に制す!《プレミアリーグ》

2022.01.23 02:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第23節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが22日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。

エランガのプレミア初ゴールを含む生え抜きFW3選手の活躍によってブレントフォードを破り、リーグ3戦ぶりの白星を手にした7位のユナイテッド(勝ち点35)。トップ4を争うライバルとのシックスポインターに向けては前節から先発1人を変更。自宅が強盗の被害に遭い精神面のダメージを考慮されたリンデロフがベンチ外となり、マグワイアが起用された。

一方、4位のウェストハム(勝ち点37)はリーズとの打ち合いに敗れ、リーグ連勝が「3」でストップ。辛うじてトップ4をキープしているものの、ライバルが未消化試合で勝ち点を積んだ場合、一気にヨーロッパ圏外に転落する微妙な立ち位置にある。そのライバルの一角との重要な一戦では、先発3人を変更。コンディションの問題で守護神ファビアンスキがベンチ外となりアレオラが代役に、一方で負傷明けのズマとソウチェクがディオプ、ヴラシッチに代わって復帰した。

立ち上がりから上位対決らしい緊迫感のある攻防が続き、共にカウンターの形から相手ゴールへ迫る場面を作り合う。以降はボールを握って遅攻からチャンスを窺うホームチーム、堅守速攻で応戦するアウェイチームという構図に落ち着いて試合が進んでいく。

中盤での睨み合いが続く中、ユナイテッドは両サイドバックのクロスやカウンターを起点に幾度か惜しい場面を作り出すが、35分過ぎのクリスティアーノ・ロナウドのボックス内での相手DFとの交錯がノーファウルで流されるなど、最後のところでウェストハムの堅守をこじ開けられない。

一方、ウェストハムは要所で中盤でのパスカットから得意のカウンターを仕掛けていくが、ボーエンやアントニオ、ランシーニらの仕掛けがことごとくユナイテッドの好守に阻まれ、こちらはわずかシュート1本で前半を終えることになった。

守備の良さが際立ち、互いに枠内シュート0で折り返した試合は、後半に入ってよりオープンな展開となる。まずは49分、後方からの飛び出しでボックス左に抜け出したフレッジが左足の強烈なシュートを放つ。だが、この試合最初の枠内シュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。

以降は互いに相手のボックス内への侵入を増やし、ウェストハムはボーエン、ユナイテッドはヴァランといずれもセットプレーから際どい場面を作り出した。

0-0の均衡が保たれる中、先に動いたのはユナイテッド。62分、エランガを下げてラッシュフォードを投入。途中からグリーンウッドとサイドを入れ替えるなど、攻め手を変えて堅守攻略を図るが、フレッジの決定機以降、なかなか惜しい場面を作れない。

後半半ばを過ぎて試合が完全に膠着し始めると、ラングニック監督は80分過ぎに勝負に出る。フレッジとグリーンウッドを下げてカバーニ、去就問題で注目集めるマルシャルを投入。より攻撃的な[4-4-2]の布陣に変更した。

その後、互いに際どいシーンを作り合いながらも試合は3分が加えられた後半アディショナルタイムに突入。このままゴールレス決着濃厚と見られた中、最後の最後にオールド・トラッフォード劇場が開演。

93分、テレスのロングフィードをDFフレデリックスが頭で触ったボールが左のハーフスペースのC・ロナウドに渡る。ここでマルシャルを経由したボールがボックス左のカバーニに繋がり、ウルグアイ代表FWからの冷静な折り返しをファーに飛び込んだラッシュフォードがワンタッチで流し込んだ。

カバーニの抜け出しがオフサイドぎりぎりということもあり、VARのチェックが入ったものの、最終的にユナイテッドのゴールが支持された。そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、ウェストハムとの接戦をラッシュフォードの2試合連続ゴールで勝ち切ったユナイテッドが2連勝で暫定4位に浮上した。u

関連ニュース
thumb

カバーニがユナイテッド退団、「サポーターには感謝以外に言葉はない」

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)が27日、公式サイトで別れを告げた。 6月に契約が切れるカバーニは以下のようにコメントした。 「正直、サポーターには感謝以外に言葉はない。初めから彼らは僕に敬意を示してくれて感謝している。彼らのそんな思いにもっと応えたかったから、そういう意味では苦い思いが残っている。ケガもあってコンスタントにプレーできなかったが、サポーターはそんな自分に対しても気を遣ってくれた。心から感謝したい。それは選手にとってとても重要なことなんだ」 カバーニは2020年夏にパリ・サンジェルマンからフリーでユナイテッドに加入。ユナイテッドでは公式戦59試合の出場で19ゴール7アシストを記録。今季は公式戦20試合の出場で2得点1アシストに終わっていた。 2022.05.28 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの21歳フランス人MFにユナイテッドなどが関心、ラングニックが注視してきた逸材

ボルシアMGに所属する元U-19フランス代表MFクアディオ・コネ(21)に対し、複数のビッグクラブが関心を寄せているようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 セントラルミッドフィルダーを本職とするコネは、2021年1月にトゥールーズからボルシアMGへ加入。2020-21シーズンの後半戦はトゥールーズへレンタル移籍という形で在籍を続け、晴れて今シーズンからボルシアMGの一員となった。 開幕当初はベンチ外が続いたコネだったが、第6節ドルトムント戦でデビューを果たすと、その後は不動のレギュラーに定着。リーグ戦で27試合2得点1アシストを記録した。 初挑戦のブンデスで確かな実力を見せつけたコネだが、早くもさらなるステップアップのチャンスが訪れているようだ。フランス『レキップ』によると、マンチェスター・ユナイテッド、アトレティコ・マドリー、ユベントスが興味を抱いており、すでに3クラブともコネ側と話し合いの場を設け、今夏もしくはそれ以降のコネ獲得の可能性を探っているとのことだ。 また、フランス『Get French Football News』によると、中でもコネ獲得に前のめりなのが中盤の補強を最優先事項と位置づけているユナイテッドで、ラルフ・ラングニック暫定監督がここ数年にわたって注視し続けてきたヨーロッパの若手選手の1人がコネであるとのことだ。 一方のボルシアMGは、2025年6月まで契約を残すコネを今夏に売却する必要はないと判断している模様で、コネ本人が早急なステップアップに慎重な姿勢を示していることや、代理人側からもコネが契約延長を含め長期的にボルシアMGに在籍することを望んでいるという趣旨の発言がなされていることから、少なくとも今夏移籍する可能性は低いのではないかと見られている。 2022.05.27 16:48 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼は戻ってこないよ」ユーベ復帰説が出ているポグバの“秘密”をアッレグリ監督が暴露「彼は二度も私に負けたから(笑)」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、復帰が噂されるフランス代表MFポール・ポグバについて秘密を明かした。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ったポグバはフリーで2012年8月にユベントスへと完全移籍。セリエAで自身の才能を遺憾無く発揮し、世界的な選手へと成長すると、2016年8月に当時の世界最高額となる8930万ポンド(約133億円)でユナイテッドに戻っていた。 それから6年が経った今、ユナイテッドとの契約が満了となるポグバにはユベントスへの復帰がしきりに報じられている。 その中、前回在籍時にはポグバを指揮していたアッレグリ監督が、『DAZN Italia』でクラブOBの元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ氏とのインタビューに応じ、冗談交じりに復帰を否定した。 「彼はもう戻ってこないよ、私に挑戦するのが怖いんだ。ポグバは足でも手でも負けたんだ。だから彼は去った。それが彼が退団した本当の理由だよ」 2人は練習場にあるバスケットゴールを使ってフリースローチャレンジで対戦。アッレグリ監督が勝利を収めると、本業であるサッカーのシュートチャレンジでも指揮官が勝利し、その映像はSNSでも話題を呼んでいた。 微笑ましいエピソードで上手くはぐらかしたアッレグリ監督。これだけ仲が良い監督のもとであれば伸び伸びとプレーできそうなものだが、ポグバはどのような決断を下すだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】めちゃくちゃ仲良し!ポグバとアッレグリ監督がバスケとサッカーで2本勝負!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lpimQLbpQyw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mdjgXTiTACE" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.05.27 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGは解任噂レオナルドSD案件のデンベレから撤退?ユナイテッドが正式オファーへ

今シーズン限りでバルセロナを契約満了となるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)だが、昨夏に続いてマンチェスター・ユナイテッドもデンベレ獲得を目指す構えのようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 2017年8月のバルセロナ加入以降、度重なる負傷離脱などにより必ずしも継続的な活躍ができていなかったデンベレ。しかし、昨年11月にチャビ・エルナンデス監督が就任すると状況は一変することに。試合を重ねるごとに圧倒的な存在感を見せつけ、低迷していたチームの巻き返しに大きく貢献。優勝したレアル・マドリーには及ばずも、2位フィニッシュの立役者のひとりとなった。 リーグ戦21試合の出場で1ゴールと一見すると物足りない数字に映るが、その一方でアシストは「13」を記録。とりわけ冬の移籍で加入した元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとの好連携でゴールに関与し続けた。 シーズン後半戦の主役となったデンベレだが、来シーズン以降バルセロナでプレーを続けるかどうかは現時点で不明瞭。チャビ監督やクラブとしてはデンベレを引き続き重要な戦力と見なしているが、これまでの話し合いにおいて両者は契約延長で合意に至っていないと見られている。 また、『ミラー』によると、移籍先として盛んに報じられてきたパリ・サンジェルマン(PSG)も、デンベレ獲得のオペレーションは解任が噂されているレオナルドSD(スポーツ・ディレクター)主導のもとで進んできたものであり、新たにSD就任が噂されているルイス・カンポス氏はデンベレのこれまでの負傷癖や態度を疑問視。獲得に乗り気でないとのことで、クラブの周囲ではすでに撤退ムードだとされている。 そんな中、ユナイテッドがデンベレ獲得に名乗りを上げた模様だ。ユナイテッドは昨年夏にもデンベレ獲得を試みており、フリー移籍で獲得可能な今夏はPSGがデンベレ獲得から正式に撤退した場合に限ってのみ、週給24万ポンド(約3800万円)のオファーを提示するとのことだ。 現時点でバルセロナ残留の線は限りなく低いと見られているデンベレ。来シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらと共に、復権を目指すユナイテッドでプレーすることになるのか、今夏のデンベレの動向に注目が集まっている。 2022.05.27 11:31 Fri
twitterfacebook
thumb

「1つひとつに感謝」 ユナイテッドの39歳グラントが現役生活に幕…イプスウィッチで指導者の道へ

マンチェスター・ユナイテッドは26日、イングランド人GKリー・グラント(39)の現役引退を発表した。 グラントは2000年にダービー・カウンティでプロデビュー後、複数クラブを転々。世代別を最後に代表から縁遠い存在だったが、キャリア通算500試合以上の出場数を誇る経験が買われ、2018年夏にユナイテッド入りした。 ユナイテッドではサブ役が終始続いたが、2018-19シーズンのカラバオカップでデビュー。翌シーズンにはヨーロッパリーグでゴールマウスを守り、36歳305日でクラブ史上最年長の欧州デビューという記録を打ち立てた。 グローブを外すグラントは「511試合に出場した後、自分のキャリアを次のステージに進めるのに適したタイミングだと判断したんだ。楽しいことも、大変なこともたくさんあったけど、1つひとつに感謝している」と話した。 また、「ユナイテッドでプレーするという少年時代の夢は手の届かないことだと思っていたし、それを叶えられたのは大きな誇りと感動でいっぱいだ!」と公式戦2試合の出番しかなかったが、4年間に満足感を示している。 なお、今後について指導者の道へ。そして、リーグ1のイプスウィッチ・タウンでコーチ業を始める見通しを明らかにしている。 2022.05.27 09:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly