アトレチコ・ミネイロ退団のジエゴ・コスタ、新天地はコリンチャンスか

2022.01.21 13:54 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(33)の新天地はコリンチャンスが有力になっているようだ。フランス『フットメルカート』が伝えている。

2020年末に個人的な理由でアトレティコ・マドリーを退団したジエゴ・コスタは、半年の空白期間を経てアトレチコ・ミネイロに加入。個人的には公式戦19試合5ゴールを記録した中で、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAとコパ・ド・ブラジルを制覇し、同選手にとってもキャリア初の母国凱旋で最高の成績を収めた。

だが、先日にアトレチコ・ミネイロを退団。契約を1年残す状態だったが、わずか半年でクラブに別れを告げた。新天地としては、バルセロナやアーセナル、ニューカッスルといった欧州再上陸の噂もあるが、『フットメルカート』によれば、コリンチャンスが2年契約を提示し、ジエゴ・コスタも概ね合意しているようだ。

コリンチャンスは7度のブラジル王者に輝いた歴史を持つ強豪。2012年にはコパ・リベルタドーレスを制覇し、クラブ・ワールドカップでは欧州王者のチェルシーを下して優勝を果たしていた。昨季のセリエAは5位となっている。


関連ニュース
thumb

ウクライナ脱出で一時帰国中のシャフタールMFマイコンが古巣にレンタル移籍で復帰

シャフタール・ドネツクは3月31日、ブラジル人MFマイコン(24)をコリンチャンスにレンタル移籍させたことを発表した。契約期間は2022年12月31日までとなる。 現在、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ウクライナリーグに所属する外国籍選手は、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置によって移籍期間外での移籍が許可されている。 そして、マイコンはその特例措置を利用して、今シーズン終了までの契約で古巣にレンタル移籍することになった。 12歳の頃にコリンチャンスの下部組織に入団したマイコンは、2016年2月にプロデビュー。ポンチ・プレッタへのレンタル移籍を経て、2018年6月にシャフタールへ完全移籍。 シャフタールで在籍3年半で公式戦98試合に出場し8ゴール9アシストをマーク。今季も主力として公式戦26試合に出場していた。 2022.04.01 01:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ウクライナ代表FWジュニオール・モラエス、シャフタールからコリンチャンスへフリー移籍

コリンチャンスは16日、ウクライナ代表FWジュニオール・モラエス(34)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年12月31日までで、背番号は「18」を着用する。 サントスの下部組織出身のジュニオール・モラエスは、2010年1月にルーマニアのグロリア・ビストリツァに移籍し欧州に挑戦。その後はウクライナのメタルルフ・ドネツクやディナモ・キエフ、ブルガリアのCSKAソフィアなどでプレー。 2018年の夏に加入したシャフタール・ドネツクでは、在籍3年半で公式戦106試合に出場し61得点25アシストを記録。今季は昨年4月に負った十字靱帯損傷の影響でここまで公式戦1試合に出場にとどまっていた。 シャフタールに在籍するブラジル人選手たちは、2月28日に欧州サッカー連盟(UEFA)の支援を受けて、ロシアからの軍事侵攻を受けるウクライナから隣国ルーマニアへ避難。 国際サッカー連盟(FIFA)は8日、ロシアとウクライナのクラブに所属する外国籍選手および監督へ特別措置を講じ、6月30日まで契約解除状態にすることを発表。これにより、フリー移籍が可能となったジュニオール・モラエスは3月上旬にブラジルへ帰国し、母国でプレーを続けることを選択した。 2022.03.17 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタがコリンチャンス加入へ! 減俸受け入れ必須も大筋合意

元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(33)のコリンチャンス移籍が決定的となったようだ。ブラジルの複数メディアが伝えている。 2020年末に個人的な理由でアトレティコ・マドリーを退団したジエゴ・コスタは、半年の空白期間を経てアトレチコ・ミネイロに加入。個人的には公式戦19試合5ゴールを記録した中で、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAとコパ・ド・ブラジルを制覇し、同選手にとってもキャリア初の母国凱旋で最高の成績を収めた。 だが、先日にアトレチコ・ミネイロを退団。契約を1年残す状態だったが、わずか半年でクラブに別れを告げた。新天地候補には過去にプレーしたスペインやイングランドなど、ヨーロッパ5大リーグやトルコなどヨーロッパのクラブの名前が挙がっていたが、最終的には母国残留を選択した模様だ。 現在、ジエゴ・コスタとコリンチャンスは移籍に向けて大筋合意に至った模様。ただ、正式契約には選手サイドが減俸を受け入れる必要があるとのことだ。 コリンチャンスは7度のブラジル王者に輝いた歴史を持つ強豪。2012年にはコパ・リベルタドーレスを制覇し、クラブ・ワールドカップでは欧州王者のチェルシーを下して優勝を果たしていた。なお、昨季のセリエAは5位となっている。 2022.03.01 23:16 Tue
twitterfacebook
thumb

コリンチャンス、新指揮官にヴィトール・ペレイラ氏を招へい

コリンチャンスは23日、ポルトガル指揮官ヴィトール・ペレイラ氏(53)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年12月31日までとなる。 アンドレ・ビラス・ボアス氏の右腕として、生まれ故郷のポルトで頭角を現したペレイラ監督は、2011-12、2012-13シーズンにポルトをリーグ2連覇に導いた。 さらに、オリンピアコスでもリーグ制覇を成し遂げた同監督は、フェネルバフチェ、1860ミュンヘン、上海上港(現在は上海海港)を経て、82021年7月に2度目となるフェネルバフチェの指揮官に就任。 しかし、今シーズンは序盤から不安定な戦いが続くと、リーグ戦では首位のトラブゾンスポルと14ポイント差の5位に低迷。また、ヨーロッパリーグでもグループ3位と思うような結果を残せず、昨年12月に解任されていた。 シウビーニョ監督を招へいし5年ぶりの優勝を狙ったコリンチャンスは、2021年シーズンのカンピオナート・ブラジレイロを首位のアトレティコ・ミネイロと27ポイント差の5位でフィニッシュ。また、1月下旬に開幕したカンピオナート・パウリスタでも、第3節でライバルのサントスに敗戦するなど安定感を欠き、2月3日に解任が発表されていた。 2022.02.24 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位のサレルニターナがコリンチャンスMFエデルソンを完全移籍で獲得

セリエAで最下位のサレルニターナは30日、コリンチャンスのブラジル人MFエデルソン(22)を完全移籍で獲得したこと発表した。 契約期間は2026年6月までとなる。 エデルソンは、クルゼイロやコリンチャンス、フォルタレザでプレー。これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)では76試合に出場し3ゴール2アシストを記録した。 2021シーズンもセリエAで34試合に出場し1ゴール2アシストを記録。コパ・ド・ブラジル(国内カップ戦)でも10試合に出場した。 2022.01.30 21:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly