イニエスタが再びの勝尾寺ショット投稿!鳥居をバックにした妻アンナさんとの1枚に「ホントに仲いいねー」

2022.01.20 05:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがインスタグラムを更新。妻のアンナ・オルティスさんと仲睦まじい写真を公開した。

イニエスタがアップしたのは、大阪府の箕面国定公園にある勝尾寺を訪れたときの写真。荘厳な鳥居をバックに、アンナさんと互いに腰に手を回しながら、後ろのカメラに視線を送るなんとも幸せそうな1枚だ。

オフシーズンもスペインに帰国せず日本で過ごしたイニエスタは、以前にも勝尾寺の写真を投稿していたが、よほどのお気に入りだったのか改めて別ショットを投稿した形だ。微笑ましい夫婦のカットには、「ベストフォト」、「良きです」、「ホントに仲いいねー」と国内外のファンも反応している。

すでに2022シーズンの始動を迎えている神戸。これからはどんな投稿を見せてくれるのか、イニエスタの一挙手一投足から目が離せない。



1 2

関連ニュース
thumb

「行ってらっしゃいお祭り男!!!」槙野智章の試合前ルーティンが反響も…相手GKには「うるさくてゴメン」と謝罪?

ヴィッセル神戸の試合直前の様子が反響を呼んでいる。 神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第13節でサガン鳥栖をホームに迎え4-0で勝利。開幕から11試合勝利がなく苦境に立たされていた中、待望の今季リーグ戦初白星を手にした。 システムを変更した神戸だったが、DF槙野智章もセンターバックとして先発。試合前には並々ならぬ気合を入れていたようだ。 試合直前の槙野は、チームメイトたちとハイタッチ。大きな声を出しながら気合を入れる。そしてMF佐々木大樹とも手を合わせると、「ワッショイ」の掛け声とともにお尻同士をぶつけ合い。さらに佐々木は「行ってらっしゃーいお祭り男―――」の絶叫で槙野を見送った。 これには神戸の選手たちだけでなく、近くにいた鳥栖のGK朴一圭も思わず笑いをこぼし、目が合った槙野と笑顔でグータッチを交わしていた。 槙野は「試合に向かう時に、出ていない選手からパワーもらいます。槙野、佐々木のやり取りをご覧あれ」とインスタグラムに投稿。朴一圭も「最高でした」と爆笑の絵文字を添えて反応すると、「うるさくてゴメンよ」と冗談交じりに謝罪していた。 一方、盛り上げに一役買った佐々木も自身のツイッターを更新。「リュウホくんやリョウくんにもやってる試合前ルーティン槙くんも欲しがっててやっとできた」と経緯を明かし、「思ったよりええなー笑毎試合盛り上げて楽しませてくれるそれが槙野智章。これからも目が離せない」と自賛している。 <span class="paragraph-title">【動画】「行ってらっしゃーいお祭り男―――」大盛り上がりの試合前ルーティン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CdmjbhZjYoX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CdmjbhZjYoX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CdmjbhZjYoX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VISSEL KOBE | ヴィッセル神戸(@visselkobe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「感情大爆発」ゴールで初勝利に貢献の神戸FW武藤「嬉しすぎて我を忘れてしまいました」

ヴィッセル神戸の日本代表FW武藤嘉紀がサガン鳥栖戦を振り返った。 神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第13節でサガン鳥栖をホームに迎え4-0で勝利。開幕から11試合勝利がなく苦境に立たされていた中、待望の今季初白星を手にした。 最前線で先発した武藤は、2-0とリードで迎えた64分、DF酒井高徳がボックス左でボールを受けたタイミングで、巧みな動き直し。ボックス中央でフリーになると、倒れ込みながら見事なボレーを沈めてみせた。 左ヒザの負傷による離脱もあった武藤にとっては、およそ3カ月ぶりとなるリーグ戦での一発。ゴール直後には雄叫びを上げたが、一夜明けた15日に自身のインスタグラムを更新。 「感情大爆発 ゴール後、嬉しすぎて久しぶりに我を忘れてしまいました。本当に素晴らしいサポート応援ありがとうございました」と振り返った。 鳥栖戦では、武藤に加えてFW大迫勇也やMFアンドレス・イニエスタといった主力選手がしっかり活躍した神戸。ここからの巻き返しに期待がかかる中、18日には第14節で川崎フロンターレをホームに迎える。 <span class="paragraph-title">【写真】ゴール直後に我を忘れて感情を爆発させる武藤嘉紀</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdkue8GJN2u/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdkue8GJN2u/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdkue8GJN2u/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">武藤嘉紀/Yoshinori Muto(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「この高徳めちゃくちゃうまい」神戸FW武藤のボレーをお膳立てした酒井高徳に熱視線「どんだけ中みるねん」

ヴィッセル神戸の元日本代表DF酒井高徳に熱い視線が注がれているようだ。 神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第13節でサガン鳥栖をホームに迎え、4-0で勝利を収めた。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でグループステージ突破を決めたものの、J1では開幕から11試合勝利がなく、苦境の立たされる神戸。チームを救ったのはアンドレス・イニエスタや大迫勇也らの役者だった。大量4ゴールを挙げて鳥栖を撃破。ようやく今季初白星を手にした。 中継を担う『DAZN』は64分に挙げた武藤嘉紀のゴールシーンをピックアップ。巧みな動き直しから見事なボレーを沈めた武藤だが、そのアシストを記録した酒井に目を向けるファンも多いようだ。 アンドレス・イニエスタが左サイドを突破すると、酒井は守備陣が引っ張られて空いたスペースに位置取り、ボックス左で受ける。見事な足技を駆使し、対面の小野裕二を翻弄してクロスを送るが、その間にも度々ルックアップして中の様子を確認していた。 このプレーにはサポーターから「高徳やるじゃん」、「酒井どんだけ中みるねんすごすぎ」、「この高徳めちゃくちゃうまいなー」などの声が。足技だけでなく、視線も含めた酒井のテクニックを称えるコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】視線にも注目、武藤のボレーを導いた酒井のアシスト(4:16~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="EQnJ4_NAhzw";var video_start = 256;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 18:22 Sun
twitterfacebook
thumb

「38歳でこの動きはやべえ」シュートをイメージしたイニエスタのパーフェクトトラップに称賛の嵐「超一流」

今シーズンのリーグ戦初勝利を収めたヴィッセル神戸。その火付け役となった元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのゴールに称賛の嵐だ。 開幕から11試合勝利に見放されていた神戸。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフや本戦では勝利を収めていたが、明治安田生命J1リーグでは4分け7敗と結果が出ていなかった。 そんな中迎えたのはサガン鳥栖戦。今季わずか1敗で上位に位置する相手との試合だったが、立ち上がり早々にイニエスタが魅せた。 開始2分、最終ラインの小林友希からのロングフィードに左サイドで酒井高徳が抜け出すと、相手のマークを振り切り中央へグラウンダーのパス。これをボックス内で待ち構えたイニエスタが受ける。 イニエスタは見事なトラップで足元にボールを置くと、相手のプレスが来る中、ワンテンポずらしてDFとGKのタイミングを外して右足一閃。これがネットを揺らした。 開始早々のゴールで勢いに乗ったチームは4ゴールを奪い、今シーズンのJ1で初勝利を収めた。 チームを勢いづかせるゴールだが、簡単そうに見える中でも光ったイニエスタのテクニック。これにはファンも「細かいステップ踏んで、DFとキーパーのタイミングをずらしてる」、「超一流」、「正面向く早さ」と技術の高さに称賛の声が集まった。 また、イニエスタのシュート前のトラップが大きな話題に。「トラップうますぎ」、「打ちやすいところにコントロールしてる」、「38歳でこの動きはやべえ」と、衰えぬボールコントロールが話題を呼んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】魔術師イニエスタが魅せたシュートを意識したパーフェクトトラップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="EQnJ4_NAhzw";var video_start = 73;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 12:22 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸が大量4ゴールで今季リーグ戦初勝利!主将イニエスタが1G1Aの活躍で好調鳥栖を破る【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖が14日にノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームの神戸が4-0で勝利した。 開幕からいまだ白星がなく、前節のガンバ大阪戦も前半に退場者を出して敗れた神戸はその試合から菊池、初瀬、扇原、井上、大迫に代えて槙野、小林、山川、郷家、アンドレス・イニエスタを起用。システムは[4-3-3]から [4-2-3-1]に変更し、イニエスタがトップ下に据えられた。 一方、FC東京相手に勝利を収め、リーグ4試合無敗と好調の鳥栖。前節からスタメンを3枚変更し、原田、堀米、中野伸哉に代わりファン・ソッコ、ジエゴ、本田が入った。システムは [3-4-2-1]から変わらず、小野が1トップに入っている。 立ち上がりの2分、いつも通り高い位置からプレッシャーをかけてくる鳥栖に対して、神戸はセンターバックの小林がロングボールを蹴ると、左サイドを抜け出した酒井が相手を一人かわしてボックス内のイニエスタにパス。ボールを受けた元スペイン代表が流石の落ち着きでボールをコントロールすると、ゴール左隅に蹴り込み、先制点を記録した。 勢いに乗る神戸は5分にも汰木が右サイドを突破して低いクロスを上げると、最後はまたもイニエスタがシュートを放つが、これは大きく枠外へ。続く6分にはロングボールに抜け出した武藤が相手GKと一対一のチャンスを迎えるなど、序盤は立て続けに神戸がチャンスを作る展開になった。 出鼻をくじかれた形の鳥栖は良い形でボールを奪えても、なかなかチャンスまで結び付けられない時間が続く。すると、14分には敵陣でボールを奪った神戸の武藤がバイタルエリア中央のイニエスタへパス。イニエスタからボックス左に進入した汰木へボールがわたると、冷静にゴール右隅に流し込み、神戸加入後リーグ初ゴールを記録した。 その後は拮抗した時間帯が続き、鳥栖はロングボールやセットプレーからチャンスを作ろうと試みるも、神戸の集中した守備を崩すまでには至らず。37分には大きな揺さぶりから最後は岩崎がシュートを放つが、威力はなくGK前川がキャッチ。42分にはFKのこぼれ球に反応した菊地がシュートを放つもゴールネットを揺らすことはできず、ハーフタイムとなった。 後半、引いて守る神戸に対して鳥栖はシンプルなクロスを入り混ぜながらの攻撃が続く。58分にはジエゴの鋭いクロスに走り込んだ小野が右足で合わせたが、GK前川が好セーブで防いだ。 なかなかゴールを奪えない鳥栖に対して、神戸は64分に左サイドをドリブルで深く抉ったイニエスタからパスを受けた酒井がふわりとした浮き球パスをボックス中央へ。これに反応した武藤がダイレクトボレーをゴールに叩き込み、神戸が大きな3点目を挙げた。 大量リードを奪った神戸はイニエスタに代わって投入された大迫が70分にシュートを放つなど、これまでの鬱憤を晴らすような展開を見せる。一方、苦しい試合となった鳥栖は75分に小野のパスをボックス内で受けた宮代がシュートを放ったが、GK前川が好セーブで防いだ。 終盤にかけて圧力を強めたい鳥栖だったが、センターバックの田代、ジエゴを上げたパワープレーも奏功せず。後半アディショナルタイム1分にはGK前川からのロングボールに大迫が競り勝つと、ボールを受けたボージャンがバイタル中央まで運び、ボックス内に走り込んだ大迫に再びパス。これを日本代表FWが冷静に決めて4点目を記録した。その後も最後まで鳥栖に思うようなチャンスを作らせず、試合終了を迎えた。 イニエスタ、武藤、大迫など役者がしっかり仕事を果たした神戸はようやくリーグ初白星。一方の鳥栖は今季ワーストの4失点を喫して、リーグ5試合ぶりの敗戦となった。 ヴィッセル神戸 4-0 サガン鳥栖 【神戸】 アンドレス・イニエスタ(前2) 汰木康也(前14) 武藤嘉紀(後19) 大迫勇也(後45+1) 2022.05.14 17:24 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly