「すげえ!頭良い」年間最優秀選手のレヴァンドフスキ、娘の髪を束ねる方法も斬新で一流だった

2022.01.19 20:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは髪の結い方もうまかった。

17日に国際サッカー連盟(FIFA)が発表した2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で男子最優秀選手に選ばれたレヴァンドフスキ。2年連続の受賞という偉業を成し遂げた。

これまで数々のゴールを積み上げ、その多くが話題となってきたストライカーは、子供とのやり取りも注目を集めることとなった。

娘の長女クララちゃんの髪をポニーテールにするレヴァンドフスキのスゴ技を『ESPN』が公開。ものの数秒で驚くほどきれいに仕上げることができているが、用いた道具が斜め上だった。

取り出したのはなんと掃除機。ロングノーズをセットし、そこへ軽く房にしたクララちゃんの髪を吸い込ませたのだ。さらに、最初に束ねきれなかった部分も送り込んで形を整えたら、ノーズにあらかじめつけておいたヘアゴムを髪へセット。見事、美しいポニーテールの完成だ。

圧倒的な技術力にファンも驚愕だ。「真のサロンドール」、「ほっこりすぎて今日一の笑顔出た」、「ゴール奪う以外も有能やな〜」、「すげえ!頭良い」、「試してみてもいいかも」など、多くの称賛が寄せられた。

「掃除機が汚れてるでしょ」という衛生面を気にかけるものには「いや、そのためだけの掃除機だったら?」とリプライを寄せるファンも。確かに髪用の掃除機を1台購入するくらい、レヴァンドフスキには訳ないだろう。

普段はピッチ上でのテクニックがピックアップされるレヴァンドフスキ。家庭での一コマでも確かな技術力を見せつけることとなった。



1 2

関連ニュース
thumb

バイエルン、グラフェンベルフ獲得が決定的に! 移籍金は34億円

バイエルンが、アヤックスのオランダ代表MFライアン・グラフェンベルフ(19)の獲得を決定的なものとしたようだ。 来シーズンに向けて中盤の刷新を今夏の補強戦略のひとつに定めているバイエルン。現時点ではフランス代表MFコランタン・トリソ、スペイン人MFマルク・ロカの放出が決定的な上、オーストリア代表MFマルツェル・ザビッツァーに関しても適切なオファーが届いた場合、売却を容認する構えだ。 そして中盤の補強第一号として濃厚なのが、名高いアヤックスの育成機関で鍛えられたグラフェンベルフだ。2018年9月にプロデビューし、昨シーズンからトップチームに定着。ここまで公式戦103試合の出場で12ゴール13アシストを記録しており、昨年3月にはオランダ代表に初招集された。 そのプレースタイルからフランス代表MFポール・ポグバとも比較されており、多くのビッグクラブの関心を集めていた。また、2023年まで契約を結んでいるものの、本人も今夏の移籍を望んでいるとのことで、去就が注目されていた。 そして、熾烈な獲得レースをバイエルンが制した模様だ。移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンとグラフェンベルフは2027年までの契約を締結。クラブ間では、2500万ユーロ(約34億円)+アドオンという条件で合意しているようだ。 同氏は移籍を確信しており、公式発表も間もなくと予想している。 2022.05.26 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、アヤックスDFマズラウィ獲得を正式発表

バイエルンは24日、アヤックスのモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)の獲得を発表した。フリートランスファーでの加入で、契約期間は2026年6月までの4年間となっている。 オランダ出身でアヤックスのアカデミーで育ったマズラウィは、2018年2月にトップチームデビュー。高い技術と戦術理解度に加え、推進力も兼ね備えるプレーメーカータイプの右サイドバックとして、これまで公式戦135試合に出場し10ゴール9アシストを記録。 3度のエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ優勝に貢献した。 バイエルン移籍が決まったマズラウィは以下のようにコメントしている。 「バイエルンとの最初の交渉から好印象だった。ヨーロッパ最高のクラブへと移籍できて嬉しいよ。バイエルンでは最高のタイトルを取れると思ったので選んだよ」 2022.05.24 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ退団希望も…バイエルン名誉会長は残留強調 「我々の意見ははっきりしている」

バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長が契約問題でクラブと揉めるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキについて語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 これまでブンデスリーガ得点王に7度輝くなど、バイエルンの絶対的エースとして君臨してきたレヴァンドフスキだが、クラブとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍を希望。ポーランド代表FWに対しては特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに移籍金3200万ユーロ(約43億6000万円)のオファーを送ったとも伝えられている。 バイエルンは売却を検討せず、残り1年の契約を全うするよう求めているが、レヴァンドフスキの代理人であるビニ・ザハビ氏はドイツ『ビルト』で「クラブの責任者たちから尊敬されていると感じない」、「彼らはロベルトという人間を失った」などと発言して対立姿勢を明確にした。 こうした状況に対して、ヘーネス名誉会長は財政難にもかかわらず主力選手に接触してきたバルセロナへ不快感を示しつつ、レヴァンドフスキは今夏残留するだろうとコメント。そのうえで、残る1年間でじっくり話し合いたいと希望した。 「レヴァンドフスキを欲しがっているとされる彼らは、半年前に13億ユーロの借金を抱えていたはずだ。きっと彼らは芸術家か何かだろうね。ドイツでそんなことをすれば、破産してしまうだろう」 「今のところ、バイエルンでロベルトの放出を望む人物はいない。現状では、代わりが見つかっていないことは明確だ。だから、我々の意見ははっきりしている」 「もし彼がここで良いプレーをして、家族と一緒にドイツでとても快適に過ごし続けることができれば、1月にこう言うかもしれない。『僕はここがとても好きだから、もう2年か3年残るよ』とね」 「彼を今夏に手放さないと決めたとしても、2023-24シーズンを前に彼が去っていくとは限らないだろう。彼と我々はこれからの1年間で、状況を見直すことになるからね」 2022.05.24 17:56 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキはすでに心ここにあらず? 代理人が明かす「クラブからは尊敬を感じない」

退団が噂されているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、すでに決意は固まっているようだ。 バイエルンとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍が噂されているレヴァンドフスキ。特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに3200万ユーロのオファーを送ったとも言われている。また、チャビ・エルナンデス監督も「オプションのひとつ」とコメントするなど、目の離せない状況が続いている。 そんな中、代理人であるビニ・ザハビ氏もドイツ『ビルト』のインタビューで注目のコメントを残した。れレヴァンドフスキは、すでにバイエルンから心は離れているようだ。 「もちろん、ロベルトは2023年まで契約があるため、もう1年引き留めることは可能だ。しかし、私はそれを勧めない」 「ロベルトも私も、ここでは誰もお金のことは気にしていない。彼はここ数カ月間、クラブの責任者たちから尊敬されていると感じることができていないのだ。それが真実だ」 「バイエルンはレヴァンドフスキという選手ではなく、ロベルトという人間を失ったのだ」 また、バイエルン側から契約延長のオファーがあったという噂については、「それはない」と否定している。 2022.05.23 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ノイアーがバイエルンと2024年まで契約延長!「まだまだ歴史を築いていきたい」

バイエルンは23日、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(36)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 2011年夏にバイエルンに加入し、世界最高GKの一人として君臨し続けるノイアー。獲得したタイトルは10度のブンデスリーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ優勝など27個を数える。 また、個人賞に目を向けてもそのキャリアは輝かしく、FFHS世界最優秀GK賞は2013年の初受賞を含め5度受賞。2020年には世界と欧州のGKオブ・ザ・イヤーをダブル受賞した。また、2011年と2014年には、ドイツの年間最優秀選手賞にGKとして選ばれており、史上最も優れたGKと言っても過言ではない。 一時は世代交代の必要性を指摘されたこともあったが、自身の後継者として注目されたドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルの加入後も卓越したパフォーマンスを継続し、その座を譲ることなくバイエルンのゴールマウスに強固な鍵を閉めている。 今季も公式戦39試合に出場し、ブンデスリーガを制覇。その中で1月に受けたドイツ『Sport1』のインタビューで「バイエルンは並外れたクラブだ。僕がここにいる間も歴史を築いてきた。今後も続けていきたい。もちろん、その一部になりたいと持っているよ」とコメントしていた。 2022.05.23 18:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly