バルサ、スペイン代表、ミラン、そして神戸…ボージャンが豪華ユニフォームコレクションをお披露目

2022.01.19 05:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチがユニフォームコレクションを公開するとともに、今シーズンの意気込みを語った。

昨年夏に神戸へと加入したボージャン。J初ゴールを記録したものの、10月24日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節の名古屋グランパス戦で右ハムストリングを肉離れ。以降は出場がなく、治療のためにスペインへと帰国していた。

今年に入り、日本へと戻ってきたボージャンはインスタグラムを更新。自身がこれまでのキャリアで着用してきたユニフォームを公開した。バルセロナ時代のものからローマやミランのユニフォーム、スペイン代表で着用したものなど、そうそうたるコレクションには、もちろん神戸のユニフォームも加えられている。

豪華なコレクションをお披露目したボージャンは、併せて今季へ懸ける意気込みを英語とスペイン語で綴っている。

「15年目のシーズン。プロサッカーを通じて経験を楽しみ続けるべく、野心と興奮に満ちている。さぁ、頑張ろう!」

神戸は今季、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)も控えている。タイトル獲得のために、リスタートを誓うボージャンの活躍は欠かせないだろう。



1 2

関連ニュース
thumb

FC東京DF小川諒也、ヴィトーリア・ギマランイスへは100万ユーロでの買取OP付きレンタル移籍

ポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスは28日、FC東京の日本代表DF小川諒也(25)のレンタル移籍を発表した。 FC東京がすでに発表していた小川のレンタル移籍。移籍期間は7月1日から2023年6月30日までとなる。 また、ヴィトーリア・ギマランイスは100万ユーロ(約1億3700万円)での買い取りオプションがあることも発表。2023-24シーズンに向けて完全移籍に切り替わる可能性もあることとなった。 小川は2015年に流通経済大学付属柏高校からFC東京に入団した左利きの左サイドバック。DF太田宏介が退団した2019年7月以降は新たな左サイドバックの担い手としてトップチームに定着した。 日本代表としても5試合に出場している小川は、FC東京では公式戦171試合で6ゴール14アシストを記録。6月26日の明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖戦が移籍前最後の一戦となる。 <span class="paragraph-title">【写真】ヴィトーリアのユニフォームを着た小川諒也</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ようこそ <br><br>Ryoya Ogawa assinou pelo <a href="https://twitter.com/hashtag/Vit%C3%B3riaSC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VitóriaSC</a> até <br><br>O jogador internacional pelo Japão chega por empréstimo, até junho de 2023, com opção de compra no valor de 1.000.000€. <a href="https://t.co/VFvqf1cnzY">pic.twitter.com/VFvqf1cnzY</a></p>&mdash; Vitória Sport Clube (@VitoriaSC1922) <a href="https://twitter.com/VitoriaSC1922/status/1530500875294326784?ref_src=twsrc%5Etfw">May 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.28 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ACL損傷で離脱中のサンペールがリハビリ姿を公開、笑顔のサムアップで「復帰へと着実に進んでいます!」

ヴィッセル神戸に明るいニュースが飛び込んできた。離脱中のMFセルジ・サンペールが元気な姿を見せた。 今季の明治安田生命J1リーグでここまでわずか1勝。最下位に沈む神戸は、27日に代表取締役社長交代を発表した。 さらに、DF槙野智章が右ヒラメ筋肉離れで約6週間の離脱、MF小田裕太郎がコンディション不良のためにAFC U23アジアカップに臨むU-21日本代表を辞退するなど、痛手を被っている。 ネガティブな話題が先行する神戸だが、朗報が届いた。長期離脱中のサンペールが精力的にリハビリに励む姿を自身のインスタグラムに投稿した。 サンペールは3月15日にホームで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦に先発したが、前半途中で負傷交代。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、その後スペインのバルセロナ市内にある病院で手術を受けていた。 サンペールはスペイン語、英語、日本語の3カ国語でメッセージも投稿。リハビリは順調だとサムアップでエアロバイクにまたがる様子を公開した。 「手術から2ヶ月経ちました! リハビリは大変だけど、日に日に感覚が良くなり、復帰へと着実に進んでいます!」 チームメイトのFWリンコンは「がんばれ友よ!より強くなって戻ってきてくれ!」と残せば、DF菊池流帆、槙野、DF初瀬亮も反応を示している。ファンから「無理はダメと重々承知してるけど一刻も早く帰ってきてほしい、リハビリ頑張ってください」などの声が届けられている。 全治は手術日から8カ月が見込まれているため、もちろん今季中の復帰は難しい状況。だが、リハビリに励むサンペールの姿が、苦境に立たされている神戸に力を与えることになるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】リハビリに励むサンペール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CeEC1LaA_FO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CeEC1LaA_FO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CeEC1LaA_FO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sergi Samper(@sergisamper)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.28 19:28 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和、終始ボール握るも福岡の堅守崩せず9つ目のドロー…無得点試合は8度目に【明治安田J1第16節】

明治安田生命J1リーグ第16節、アビスパ福岡vs浦和レッズが28日にベスト電器スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 両チームともに前節は攻め手を欠き、黒星を喫した。巻き返しを図りたい一戦で、福岡は中2日での連戦を加味し、名古屋グランパス戦から先発を5人変更。古巣対戦となる田中達也はこれがJ1通算100試合出場の節目となった。 浦和はセレッソ大阪戦から3人を入れ替え、[4-2-3-1]の右サイドハーフに明本、左にアレックス・シャルクを起用。キャスパー・ユンカーはメンバー外となり、小泉と松尾が縦関係を築いた。 最初にチャンスを迎えたのはポゼッションで上回る浦和。6分、アレクサンダー・ショルツの縦パスを受けた松尾がボックス手前で反転からフィニッシュ。DFのブロックに遭ってこぼれたボールを明本が拾い、左足で狙ったが、志知に寄せられたことでコースが変わり、左ポストに嫌われた。 14分にも松尾が仕掛け、セカンドボールをペナルティアーク左から小泉が狙う。26分にはシャルクとのパス交換から左をえぐった大畑が、触れば1点もののグラウンダーのクロスを送るも、合わせることはできなかった。 [4-4-2]でブロックを組む福岡に初めてともいえるチャンスが訪れたのは39分。山岸が敵陣中央の右で縦パスを収めてサイドへ展開すると、ジョルディ・クルークスが時間を作って右足の高精度クロスを送る。半歩タイミングをずらしてゴール前へ入ってきた山岸が頭で合わせるも、枠を捉えられなかった。 ゴールレスで迎えた後半も福岡陣地でのプレーが続き、56分に浦和は右からの大きなサイドチェンジを受けたシャルクがカットインから右足のミドル。63分には高い位置で山岸から2人がかりでボールを奪い、距離はある中で宮本が左足のフィニッシュを見せる。 さらに70分には岩波の浮き球のパスから伊藤が裏を取り、GKをかわしてかわしてボックス左から流し込むが、左のポストに当ててしまう。オフサイドではあったが、またしても枠に嫌われてしまった。 押し込む時間が続く浦和だがゴールが遠く、79分にも小泉がボックス手前左から右足のミドルを放つも、GK村上の好セーブに遭う。 ワンチャンスを狙う福岡は84分に途中出場のルキアンが好機を迎えるが、ボックス右からのグラウンダーのシュートはGK西川が伸ばした手に吸い込まれた。 浦和は92分にセットプレーからの二次攻撃を仕掛け、左からの浮き球を岩波がゴールエリア右で胸トラップというシーンを迎えるも、打ち切れずにGK村上に対応される。 ショルツの力ない左足シュートがGK村上にキャッチされたところで試合終了のホイッスル。浦和は終始ボールを支配したものの、福岡の堅守を崩し切れず、9つ目のドローを記録。決定力に難を抱えたまま、無得点試合もリーグ戦8度目を数えることとなった。 アビスパ福岡 0-0 浦和レッズ 2022.05.28 19:06 Sat
twitterfacebook
thumb

U-23アジアカップに臨むU-21日本代表が京都MF山田楓喜を追加招集 「本気で戦って魅せてきます!」

日本サッカー協会(JFA)は28日、U-21日本代表に京都サンガF.C.のMF山田楓喜を追加招集すると発表した。 山田は2020年に京都U-18からトップチームに昇格した生え抜き。3年目の今季はここまで公式戦14試合の出場で2ゴールを記録している。 クラブの公式サイトを通じては「日々サンガでやり続けてきていることを日本代表でも変わらずやるだけです! 本気で戦って魅せてきます!」とコメントしている。 AFC U-23アジアカップに臨むU-21日本代表はグループステージでUAE代表(3日)、サウジアラビア代表(6日)、タジキスタン代表(9日)と対戦する。 2022.05.28 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

野津田岳人が得意のFKで7年ぶりゴール! 広島が名古屋を下して連勝【明治安田J1第16節】

明治安田生命J1リーグ第16節、サンフレッチェ広島vs名古屋グランパスが、28日にエディオンスタジアムで行われ、1-0で広島が勝利した。 広島は前節、京都サンガF.C.に3-1で快勝し、リーグ戦ここ9試合で5勝目を挙げた。ただ、25日に予定されていたガンバ大阪戦は、新型コロナウイルス感染者が続出したことにより中止に。この名古屋戦の開催も危ぶまれたが、感染拡大に至らなかったこともあり、無事行われることになった。スタメンに関しては京都戦から森島が外れ、柴崎がリーグ戦では今季初の先発となった。 一方の名古屋は現在4連勝中。25日の前節アビスパ福岡戦では、前半にチアゴが退場となりながらも、序盤のゴールを守り切って勝利を収めた。スタメンはそのチアゴと宮原に代わり、藤井とレオ・シルバが起用されている。 両チームのOBである佐藤寿人氏が見守る中、試合は2分、広島の選手のトラップミスを突いた名古屋が右サイドからチャンスメイク。柿谷がボックス右に侵攻しクロスを上げたが、ここは味方に合わなかった。 一方の広島も7分、敵陣中央でのFKがチャンスを生む。野津田がクロスを入れると、GKランゲラックがこれをファンブル。すかさず柏がヘディングで押し込みにかかるが、寸前のところで柿谷にクリアされゴールならず。 エースのファインプレーで難を逃れた名古屋だったが、この時にランゲラックが足を負傷。開始9分で交代を余儀なくされ、GK武田がリーグ戦今季初出場となった。 守護神負傷交代のアクシデントに見舞われた名古屋を尻目に、広島はビッグチャンスを迎える。23分、相手のミスパスを自陣で奪った藤井が右サイドを独走。ボックス手前まで運び、縦に速いクロスを入れると、ベン・カリファがダイレクトで合わせたシュートが右ポストを直撃。そのこぼれ球をベン・カリファが頭で押し込んだが、DFに当たってネットを揺らすことはできなかった。 30分にドリブルで抜け出したマテウスを佐々木が遅れてチャージに入り、ファウル判定。ボックス手前の好機だったこともあり、名古屋の選手はイエローカードを主張したが、佐々木に対してお咎めはなし。意見の分かれるシーンとなった。 後半から名古屋は柿谷を下げて石田を投入。一方、日程的に有利の広島は、引き続き同じ11人で後半も強度の高いプレーを見せていく。すると58分、押し込んでいた中で満田が倒されてボックス手前右でFKを獲得。野津田が縦回転をかけてシュートを放つと、GKの逆を突く形でゴール右に決まり、ホームチームが先制した。 野津田の広島での7年ぶりのゴールにホームサポーターも沸く中、60分には満田のスルーパスからベン・カリファにシュートシーン。だが、ここは威力が弱く、GKにキャッチされた。 その後も素早い攻守の切り替えで有利に進めていく広島。名古屋は連戦の疲労もあってか後手に回されてしまう。73分には、広島はFKのリスタートから満田がミドルシュートでGKを強襲。75分が過ぎた時点で、すでにシュート数は倍以上の差がついている。 それでも名古屋も80分手前から押し返す時間帯に。広島は危機を察知してか、ジュニオール・サントスと柏を下げて永井と青山を投入してリフレッシュを図る。 再び強度を高めていきたい広島だが、85分にはここまでで最もヒヤリとするシーンが。名古屋は縦パスに反応した酒井のポストプレーから、ボックス手前右のマテウスがシュート。左足でゴール左を狙ったが、惜しくも枠に収められなかった。 89分には、何度もマッチアップを繰り返してきた藤井と相馬が走力勝負に。ここは前に出た相馬を藤井がたまらず手を使って止めてしまい、イエローカードの対象となった。 終盤にかけて猛攻を続ける名古屋は、アディショナルタイムに稲垣が得意のミドルシュートを放つが、広島も永井が顔面ブロックの決死の守備を見せる。 そして、最後は2度のCKを凌いだ広島が1-0で逃げ切り勝利。2連勝を収めた。 サンフレッチェ広島 1-0 名古屋グランパス 【広島】 野津田岳人(後13) 2022.05.28 16:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly