アトレティコがリールの主力左SBにオファー! 今夏のフリー獲得目指す

2022.01.17 08:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーが今夏の移籍市場でリールのモザンビーク代表DFヘイニウド・マンダヴァ(27)の獲得に近づいているようだ。フランス『レキップ』が報じている。

昨シーズンのリールの国内リーグ制覇に貢献したヘイニウドだが、今シーズン限りで満了する契約に関する延長交渉は停滞。今夏のタイミングでの退団が決定的と見られている。

過去にナポリ、ポルトからの関心を集めたモザンビーク代表DFに関しては、契約満了まで半年を切った中で国外クラブとの交渉が可能となっている。

そういった中、アトレティコが公式なオファーを掲示し、今夏のフリートランスファーでの獲得に向けて好位置に立っているようだ。

モザンビーク出身のヘイニウドは2015年にベンフィカBに加入し、ヨーロッパでのキャリアをスタート。その後、ベレネンセスへの移籍を経て2019年1月にリールへ加入した。

昨シーズンに左サイドバックの主力に定着すると、高い身体能力と豊富な運動量を武器に、守備では抜群の対人対応で堅守構築に寄与。攻撃では安定した繋ぎと推進力のあるプレーをみせ、リールのリーグ・アン制覇に大きく貢献。個人としてもフランスプロサッカー選手協会(UNFP)が選出する2020-21シーズンの年間ベストイレブンに選出されていた。


関連ニュース
thumb

結論まだも「頭にあるのはヨーロッパ」…スアレスが去就語る

アトレティコ・マドリーを退団するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)が去就に言及した。 2020年夏にアトレティコ・マドリーに活躍の場を移したスアレス。当時のバルセロナを率いたロナルド・クーマン監督に半ば追い出される形でのアトレティコ入りだったが、1年目からラ・リーガで21ゴールを決め、優勝に貢献した。 2年目の今季も公式戦45試合の出場で13得点を記録したが、FWアントワーヌ・グリーズマンの復帰やFWジョアン・フェリックスの復調によるポジション争いの激化で途中出場の割合も増加。契約最終年の今季をもって退団が決まった。 それにより、実績を鑑みても当然の成り行きだが、行き先を巡る憶測も加熱。すでにイングランドのほかにも中東やアメリカ、ブラジルが挙がり、今夏の去就が注目されるスアレスだが、現時点でまだ何の結論も下していないようだ。 スペイン『Cadena SER』の番組『El Larguero』に出演したスアレスは行き先を問われると、「誓って、まだ何も。多くのオプションとオファーはあるけどね。みんなの意見を聞きながら、そのときが来たら決断したい」と返した。 その流れでヨーロッパ以外でプレーする可能性を尋ねられると、「いやいや、僕の頭にあるのはヨーロッパだ」ときっぱり。スペインクラブからもオファーがあるのを認めつつ、引き続き高いレベルでプレーしたい思いを明かした。 「スペイン? もちろん、僕はここで築いたキャリアに大きな誇りを感じている。いくつかのチームからオファーもあるけど、まだ考え中だ。高いレベルで戦えるプロジェクトを見つけられたら」 今年11月にカタール・ワールドカップも迫る状況を考えると、プレー機会はもちろんながら、できればより高いレベルに身を投じておきたいところ。一部ではバルセロナ復帰を望むとする報道もあるが、決断やいかに。 2022.05.24 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコがソシエダ撃破で3位フィニッシュ! セビージャは5戦ぶり白星でホーム最終戦飾るも4位フィニッシュに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが22日にアノエタで行われ、アウェイのアトレティコが1-2で勝利した。 勝利で3位確定を目指すアトレティコ(勝ち点68)は、6位フィニッシュが確定しているソシエダ(勝ち点62)とのアウェイゲームに臨んだ。シメオネ監督はこの一戦に向け、ルイス・スアレスとマテウス・クーニャを入れ替えた以外、同じメンバーで臨んだ。 立ち上がりからホームのソシエダがイサク、セルロートの2トップを起点に良い形の仕掛けを見せていく。安定したボールポゼッションに加え、守備の局面でも切り替えの精度、連動したプレスでアウェイチームに自由を与えない。 決定機まであと一歩という状況が続くも、30分には右サイドから強引に内へ仕掛けたセルロートがカットインからシュート。GKオブラクが前にはじいたボールをラフィーニャが押し込みにかかるが、このシュートは右ポストを叩いた。 前半半ばから終盤にかけてもホームチームの時間帯が続いたが、ラフィーニャがボックス付近での2度の決定機でシュートを枠に飛ばすことができず、ゴールレスでの折り返しとなった。 前半シュート0と低調なパフォーマンスに終始したアトレティコだったが、ハーフタイムに闘将から強烈な檄が飛んだのか、後半はアグレッシブな入りを見せる。 キックオフ直後にクーニャ、デ・パウルと続けてシュートを放つと、50分にはコンドグビアの球際の粘りからボックス手前でグリーズマンの落としに反応したデ・パウルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅を射抜いた。 前半の守勢を耐え抜き勝負所で決め切る、らしい戦いぶりでリードを手にしたシメオネのチームは、直後の56分にもカラスコのチャンスメークからグリーズマンに追加点のチャンスが訪れるなど、完全に試合のペースを掴む。 その後、63分には互いにこの試合で初めて交代カードを切った中、アトレティコの采配が試合を動かした。69分、セットプレーの二次攻撃からカラスコがボックス内へ入れた縦パスをゴールを背にしたコケが丁寧にマイナスに落とすと、前向きな状態でサポートに入ったアンヘル・コレアが絶妙な右足のダイレクトシュートを右隅へ突き刺した。 これで勝利に大きく近づいたアウェイチームは試合終盤にグリーズマン、デ・パウルを下げてスアレス、レマルの投入で試合をクローズにかかる。 後半アディショナルタイムにはDFフェリペのハンドで与えたペナルティアーク付近でのFKの場面で、キッカーのヤヌザイのシュートはGKオブラクがファインセーブで防いだものの、こぼれ球をグリディに頭で押し込まれて1点を返される。それでも、リードをきっちり守り切り1-2の勝利。今季最終戦を白星で飾り、自力での3位フィニッシュを決めた。 また、同日行われたセビージャvsアスレティック・ビルバオは、ホームのセビージャが1-0で勝利した。 逆転でのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得を目指す8位のアスレティック(勝ち点55)と、同じく逆転での3位フィニッシュを目指す4位のセビージャ(勝ち点67)による上位対決。 試合はホームのセビージャが優勢な入りを見せると、10分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスをゴール前に飛び込んだラメラが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。 以降はボールを握って押し込むセビージャ、カウンターで応戦するアスレティックという構図の下で一進一退の攻防が続く。27分にはボックス手前で強引に仕掛けたユーリのシュートがゴールネットを揺らすが、オンフィールドレビューの結果、トラップ際のハンドを取られてアウェイチームの先制点は認められず。 その後は球際でのバトルが強調され、両チームの選手がヒートアップする場面も散見。その中でアスレティックがよりゴールに迫るが、ボックス内に持ち込んだベレンゲルのシュートが枠を外れるなど、決め切るまでには至らなかった。 ゴールレスで迎えた後半はイニャキ・ウィリアムズのポスト直撃のシュート、VARのレビューでオフサイドとなったレキクの幻のゴールと互いに決定機を作り合うオープンに入りに。 以降はセビージャペースで試合が進むと、途中出場のラファ・ミルが決定的な仕事を果たす。68分、ラメラの絶妙なスルーパスでオフサイドラインを破ったラファ・ミルがボックス内に持ち込み、ニア下を狙ったシュートでGKとの一対一を冷静に制した。 その後は交代カードを切りながら危なげなく時計を進めたセビージャが、アスレティックの攻撃をクリーンシートで凌ぎ切り、得意のウノセロ勝利。直近4試合連続ドローと勝ち切れない状況が続いた中、ホーム最終戦で5試合ぶりの白星を飾った。 2022.05.23 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ブバカル・カマラがマルセイユ退団を明言! すでに新天地も選択済み

マルセイユのフランス代表MFブバカル・カマラ(22)が今シーズン限りのクラブ退団を決断した。 高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。 キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めている。 今月には一部で報じられたセネガル代表ではなく、フランスのフル代表に初招集となったカマラは、フランスのテレビ局『TF1』の番組『テレフット』で自身の去就について言及。今シーズン限りで満了するマルセイユとの契約を延長せず、新たなリーグでのプレーを決断したことを明かした。 「僕は契約を更新せず、今シーズンの終わりにマルセイユを離れることを決断した。それが自分のキャリアの今後にとって最良の決断だと思っている」 「自分のキャリアの中で、新しい挑戦、新しいリーグを発見するために成長したいと思っている。そして、自分の将来のクラブをすでに選んだ。皆さんはそれがすぐにどのクラブであるかを知ることになるはずだよ」 2022.05.22 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ最終節プレビュー】降格1枠巡る残留争い決着へ! 久保建英の17位マジョルカはオサスナ戦

先週末に行われた第37節の結果、セビージャのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得、レバンテに続くアラベスの降格、レアル・ソシエダのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が決定した。 そして、今シーズンのラ・リーガを締めくくる最終節は、降格残り1枠、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権争いを中心に3日間の変則日程での開催となる。 その中で最注目はMF久保建英を擁する17位のマジョルカ(勝ち点36)、18位のカディス(勝ち点36)、16位のグラナダ(勝ち点37)の3チームによる残留争いだ。 前節を降格圏の18位で迎えたマジョルカだったが、ホーム最終戦となったラージョ戦を、後半アディショナルタイムのFWアブドンの劇的ゴールによって、2-1のスコアで勝ち切り残留圏内の17位に浮上。自力で残留を決められる最終節では9位のオサスナ(勝ち点47)とのアウェイゲームに臨む。 当該成績ではグラナダに劣り、カディスを上回っているため、残留の条件は勝ち点3獲得か、カディスと同条件の戦績で終える必要がある。なお、マジョルカとカディスが引き分け、グラナダが敗れた場合、3チームが勝ち点37で並ぶことになるが、当該チーム間の対戦の勝ち点合計ではグラナダ(勝ち点8)、マジョルカ(勝ち点4)、カディス(勝ち点2)という順番になっており、その場合も残留を決められる。 対戦相手のオサスナは直近5試合未勝利ということもあり、ホーム最終戦での6戦ぶりの白星奪取に向けモチベーションは高く、堅守を軸とするそのスタイルはマジョルカが勝ち点3を目指す上で戦い辛いところだ。 ラージョ戦でも途中出場となった久保に関しては、現実主義のアギーレ監督が他会場の動向を見ながら試合を進めていく可能性が高く、その守備力を考えれば、スタートからの起用の可能性は低く、ここ数試合と同様に点が必要な場面での途中投入の可能性が高そうだ。今回の一戦に限っては久保を投入せざるを得ない状況は避けたいところだが、出番が訪れた際にはチームを残留に導く大きな仕事を期待したい。 そのマジョルカと残留を争うカディスは、前節でレバンテに敗れ降格が決定した最下位のアラベス(勝ち点31)とのアウェイゲームに臨む。前節は主力温存のレアル・マドリー相手に1-1のドローに持ち込んだが、FWネグレドのPK失敗を含め決定力不足、試合最終盤の微妙な判定も響いて降格圏に転落となった。ただ、この最終節で勝利できれば、上位2チームの取りこぼしは十分に考えられるだけに自分たちの戦いに集中したい。 残留の可能性は最も高いグラナダだが、下位2チームの結果如何で悲劇を味わう可能性もあり、13位のエスパニョール(勝ち点41)をホームで迎え撃つ一戦では勝利が必要だ。前節はわずかながらトップ4フィニッシュの可能性を残していたベティスに0-2で敗れたものの、それ以前は2連勝を飾っており調子自体は悪くない。ホームアドバンテージを生かしてサポーターと共に残留決定の歓喜を分かち合いたい。 また、残留争いほどの盛り上がりはないものの、7位のビジャレアル(勝ち点56)、8位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点55)によるECL出場権争いにも注目集まる。 自力でECL出場権獲得を決められるビジャレアルは、2位を確定させているバルセロナ(勝ち点73)と敵地カンプ・ノウで対戦。ホーム最終戦というモチベーションはあるものの、一部主力温存の可能性もあるホームチームに対して、リバプールとの2ndレグで見せたようなアグレッシブな戦いを期待したい。 一方、逆転での7位フィニッシュを狙うアスレティックは、ホームで4位のセビージャ(勝ち点67)と対戦する。対戦相手のセビージャは3位フィニッシュの可能性、一部でロペテギ監督のラストマッチとも報じられる中、モチベーション高く臨んでくるはずだが、サン・マメスの熱狂的な雰囲気に後押しされるMFムニアイン、FWイニャキ・ウィリアムズらの躍動で堅守攻略といきたい。 最後に、28日にリバプールとのCL決勝を控える今季ラ・リーガ王者のレアル・マドリー(勝ち点85)は、フライデーナイトに行われる5位のベティス(勝ち点64)とのホームゲームで今季を締めくくる。 CLファイナルに向けた最後の調整の場となるこの一戦に向けてはDFアラバを除き、全主力が主力が招集されており、アンチェロッティ監督もベストメンバーを起用する可能性が高そうだ。自身初のピチーチ獲得決定的なFWベンゼマはトリプレーテで30ゴール、FWヴィニシウスは同じくトリプレーテで20ゴールの大台到達となるため、強豪ベティスにもアグレッシブな仕掛けを期待したい。また、契約延長の可能性はあるものの、現時点では契約満了濃厚なDFマルセロにも出番がありそうだ。 《ラ・リーガ最終節》 ▽5/20(金) 《28:00》 ラージョ vs レバンテ レアル・マドリー vs ベティス ▽5/21(土) 《24:30》 バレンシア vs セルタ ▽5/22(日) 《24:30》 エルチェ vs ヘタフェ 《27:00》 オサスナ vs マジョルカ アラベス vs カディス グラナダ vs エスパニョール 《29:00》 バルセロナ vs ビジャレアル レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 2022.05.20 19:03 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、今夏の補強は最小限に! SDが明言「大型契約の波は終わった」

アトレティコ・マドリーでスポーツ・ディレクターを務めるアンドレア・ベルタ氏が、今夏の移籍市場では大型投資を行わないことを明言した。 今シーズンのアトレティコは、ラ・リーガでは4位以内を確定させ、10年連続となるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したものの、そのCLではベスト16、コパ・デル・レイではベスト8と、2シーズンぶりの無冠が決定している。 また、攻撃を支えたFWルイス・スアレスの退団が公となり、MFエクトル・エレーラも今夏にMLSのヒューストン・ダイナモへ旅立つ。加えて2024年までのレンタル契約を結んでいるFWアントワーヌ・グリーズマンも今夏にバルセロナにレンタルバックする可能性も報じられるなど、タイトルに向けて主力級の選手の獲得は必要だと思われる。 ところが、イタリア『カルチョメルカート』の取材に応じたアンドレア・ベルタ氏は、今夏の補強は最小限にとどめる意向であることを明らかに。既存のチームが将来性に富んだ実力のあるチームだと自信を示した。 「大型契約の波は終わった。我々にとって重要なことは、将来性のある選手で構成された、価値のあるこのチームを継続することだ。とりあえず市場が開くのを待とう」 ここ数年で、1億2600万ユーロを投資したFWジョアン・フェリックスをはじめ、7200万ユーロのMFトマ・レマル、6000万ユーロのFWジエゴ・コスタなど、超大型補強を敢行してきたアトレティコ。昨夏もMFロドリゴ・デ・パウル(3500万ユーロ)やFWマテウス・クーニャ(2600万ユーロ)を獲得したが、今年は静かな夏となりそうだ。 2022.05.17 17:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly