マドリーがアスレティック撃破で2季ぶり12度目の優勝! モドリッチ&ベンゼマ弾に守護神が圧巻のPKストップ《スーペル・コパ》

2022.01.17 05:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎RFEF
スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが16日にサウジアラビアで行われ、2-0で勝利したマドリーが2シーズンぶり通算12回目の同タイトルを獲得した。

バルセロナとの今季2度目のエル・クラシコとなった準決勝をバルベルデが延長戦で決めたゴールによって3-2で競り勝ったマドリー。4チーム形式移行後の初代王者であるエルブランコは、2大会ぶりの優勝を目指して前回王者と対峙した。アンチェロッティ監督は4日前のクラシコから先発2人を変更。新型コロナウイルス陽性のカルバハルに代えてルーカス・バスケス、アセンシオに代えてロドリゴを起用し、右サイドを入れ替えた。

一方、アスレティックは昨季リーグ王者アトレティコ・マドリーとの接戦をニコ・ウィリアムズのゴールによって2-1で逆転勝利。大会連覇に王手をかけた。ラ・リーガでの2度の対戦でいずれも敗れている難敵相手の大一番ではアトレティコ戦と全く同じスタメンを採用。2トップにはイニャキ・ウィリアムズとサンセトが並んだ。

中立地とは思えないマドリー応援ムードが目立つキング・アブドゥッラー・スポーツ・シティ・スタジアムでのファイナルは、地力で勝るマドリーが押し込む立ち上がりとなる。

一方、アスレティックは自陣に押し込められながらも易々とボックス内への侵入は許さず、ソリッドな対応を続ける。また、良い形でクサビを引き出すサンセトを起点に攻撃の枚数は少ないながらも、快足イニャキ・ウィリアムズとの2トップでカウンターチャンスを作り出す。
押し込みながらも決定機まであと一歩という状況が続くマドリーは、18分にベンゼマ、27分にカゼミロとミドルレンジのシュートでチャンスを窺うが、GKウナイ・シモンの牙城を破れない。

それでも、焦れずにゲームをコントロールするアンチェロッティ率いるチームは前半の内にゴールをこじ開ける。38分、自陣からカゼミロ、モドリッチ、ロドリゴとスムーズに縦パスが繋がる。そして、右サイドから斜めのドリブルでボックス内に侵入したロドリゴがDF3枚を引き付けて短いマイナスのパスを送ると、これをモドリッチが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右隅を射抜いた。

百戦錬磨のクロアチア代表MFのゴラッソによってマドリーの1点リードで折り返したスーペル・コパ。この展開の中でアスレティックはベレンゲルを下げて、アトレティコ撃破の立役者となったニコラス・ウィリアムズをハーフタイム明けに投入した。

しかし、後半も先にゴールをこじ開けたのはマドリー。50分、ボックス付近でベンゼマが放ったシュートがDFジェライの上げた手に直撃すると、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのベンゼマがゴール左隅に突き刺し、相手の出ばなを挫く後半開始早々のゴールとした。

この2失点目で厳しくなったアスレティックは58分、バレンシアガ、サラガ、サンセトを下げてユーリ、ベスガ、ラウール・ガルシアをピッチへ送り込む3枚替えを敢行。この交代でウィリアムズ兄弟の仕掛けに加え、ラウール・ガルシアの高さをシンプルに使った攻撃で幾度か惜しいシーンを作り出していく。

一方、よりカウンターを繰り出しやすいシチュエーションとなったマドリーだが、64分にロドリゴを下げてバルベルデを同じポジションに入れて攻守のバランスを整える交代策に出る。

以降はリスクを冒して攻めるアスレティックがマドリー陣内でプレーする時間を増やしていくが、要所を締めるエルブランコの堅守を前に攻めあぐねる場面が目立つ。さらに、アンチェロッティ監督はヴィニシウスを下げてカピタンのマルセロを投入する守備的な采配で試合をクローズにかかった。

だが、一発勝負のファイナルは簡単に終わらない。87分、ユーリの左クロスをボックス内のラウール・ガルシアが頭で合わすと、枠に向かっていたボールがDFミリトンの腕に直撃。すると、主審はオンフィールドレビューの結果、アスレティックにPKを与えると共に決定機阻止のミリトンにレッドカードを掲示した。

このPKが決まれば同点に追いつく可能性も十分にあったが、ここでマドリーの守護神が立ちはだかった。キッカーのラウール・ガルシアは左に飛んだクルトワの動きを見て中央に蹴り込むが、クルトワはこれを予期していたか、左足で蹴り出す圧巻のPKストップを見せた。

このPKストップでアスレティックの反撃の芽を完全に詰んだマドリーがこのまま2-0で試合を締めくくり、アンチェロッティ新体制での初タイトルを手にした。


関連ニュース
thumb

マルセロは今夏マドリー退団か…ベンチでチームメイトに「クラブは更新するつもりがない」と暴露?

ブラジル代表DFマルセロのレアル・マドリー退団が現実味を帯びてきているのかもしれない。 2007年に加入し、マドリーで15年という長期キャリアを築いてきたマルセロ。ここまでクラブ歴代8位の通算546試合に出場し、38得点103アシストをマーク。通算6度のラ・リーガ制覇、4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を含め、クラブ史上最多となる合計24個のタイトルを獲得してきた。 ただ、契約が今夏で満了となる契約について、マルセロは「レアルでの物語がここで終わらないことを祈る」と残留を希望しているものの、クラブサイドは延長に向けた動きを見せていない。スペイン『マルカ』によれば、シーズン終了後に会談の場を設けるとのことだが、退団は既定路線となっているようだ。 そんな中、20日に行われたラ・リーガ最終節のベティス戦で4試合ぶりにベンチ入りしたマルセロは、隣にいたMFルーカス・バスケスに対して自身の状況について漏らしたという。『フットメルカート』によると、『The Day After』のカメラが「クラブは更新するつもりがない。クソみたいな話だろ」と話していた瞬間を捉えていたようだ。 マルセロにとって、ここまで多大な貢献をしてきた自分への対応としては不満があるのだろう。実際にそのような言葉を口にしたかは定かではないが、退団が濃厚と言われる状況に気が気でないのは確かなのかもしれない。 2022.05.26 18:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「世界中が赤か白に染まる」CL決勝を心待ちにするクロップ監督、敵将に対しては「本当に尊敬している」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を心待ちにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 今季のCL決勝トーナメントではインテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われる決勝戦へ駒を進めたリバプール。ファイナルの舞台で対峙するのは、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーとなる。 先週末に行われたプレミアリーグ最終節で、1ポイント差でリーグタイトルを逃した失望が心配されているが、記者会見の場でクロップ監督はチームの雰囲気の良さを強調。プレミアリーグの痛みはすでに過去のものだとして、全員がCL決勝での勝利に集中していると語った。 「今朝もチームと会ったが、みんな良い雰囲気だった。人生は健康ならば何度でもチャンスを与えてくれるものさ。今回はそれがCLの決勝戦なのだから、日曜日の痛みはもう感じていない。相手はこの大会でおそらくもっとも経験豊富であり、非常に強い相手との試合になるが、本当に楽しみにしている」 「CL決勝がなくとも今季は素晴らしいシーズンだった。そしてCLで優勝すれば、ファンタスティックなシーズンになるだろう。それくらいシンプルだ。2つの大会で優勝したのだから、3つ目の大会で惜しくても気にしなくていい…とは思っていない。CL決勝には何度行けるかわからないのだから、数少ないチャンスを活かすべきだ。この5年間で、3度目の決勝進出というのは我々にとって特別だよ」 「マドリーはこの10年でおそらく5回か、少なくとも4回は優勝している。多くの選手がこうした試合にいつも参加していたから、今回も素晴らしい試合になるだろう。この試合では、世界中が赤と白に染まるだろうね。そうあるべきだと思う。歴史的に見ても、この大会では常に強かった2チームの対決であり、こうしたレベルのチームと戦うのは最高だ」 また、クロップ監督は対戦相手のマドリーやカルロ・アンチェロッティ監督にも言及。非常に強力なチームを作り上げたと、敬意を示した。 「彼らはボールを持って1対1の場面となったとき、自信に満ち溢れていることがあらゆる場面で見て取れる。誰もが落ち着いていて、あちこちで本当にリラックスしているね。技術的にも最高のレベルで、そこまで複雑なことはやらないが、フットボールはそれほど複雑ではないのだからそれで良いのだ。彼らは適切な選手を適切なポジションに配置している」 「(アンチェロッティについて)私の英語力では、きっと正確な言葉を見つけられないだろう。カルロは私にとって世界でもっとも成功した監督の一人であり、お手本だ。そして、これまでに会ったなかで最高な人物の一人だよ。皆が『彼は素晴らしい社会人であり、本当に良い人であり、良い関係を築いている』と言うだろうね」 「彼がエバートンにいた頃は、少し関係が途絶えていた。お互いにビジネスの部分を尊重し過ぎていたんだ。そうでなければ、何度か食事に出かけただろうね。私から彼への尊敬の念は、これ以上ないほど大きい。彼はファンタスティックで、純粋に経験が豊富で、とてもとても成功した人だ。あらゆる場所で勝利を収め、これからもそれは続くだろう。私はそれを本当に尊敬している」 2022.05.26 17:19 Thu
twitterfacebook
thumb

”ワンクラブマン”のトッティ、ムバッペのPSG残留を称賛「心からの選択」

元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を決めたフランス代表FWキリアン・ムバッペを称賛している。 PSGとの契約が切れる今夏のレアル・マドリー移籍が取り沙汰されながらも、最終的に残留を決断したムバッペ。すでに個人間合意に至っていたという情報が出回っていたため、まさに急転直下の展開に。 賛否両論ある中、トッティ氏はムバッペの選択を称賛。フランス『RMC Sport』のインタビューの中で、自身もかつてマドリーのオファーを断り、24年にわたるキャリアでローマ一筋を貫いた立場から持論を述べた。 「それは心で決めたことなのだろう。私は称賛するよ。レアル・マドリーからのオファーを断るのは簡単なことじゃない。私も20年前にローマに残るため同じ決断をした」 「ムバッペは若いにもかかわらず、正しい決断をしたと思う。ルーツが最も重要なのだ。彼は賢明にパリに留まるという選択をした。私はそれが正しいことだったと思うよ」 2022.05.26 16:13 Thu
twitterfacebook
thumb

CL決勝でマドリーへのリベンジ狙うサラー、4年前の負傷は「キャリアの中で最悪の瞬間」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、レアル・マドリーへのリベンジに向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝では難敵ビジャレアルに苦戦しながらも勝利し、優勝した2018-19シーズン以来となる決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、因縁の深いレアル・マドリーと対戦する予定になっている。 リバプールとマドリーは2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝でも対戦。いずれもマドリーが勝利を収めているが、特に4年前の決勝ではサラーが相手DFセルヒオ・ラモスともつれながら転倒したことで肩を負傷。前半での負傷交代を余儀なくされると、エースを失ったチームは相手に押し込まれる結果となり1-3で敗れた。 記者会見に出席したサラーは、今大会にかける意気込みについて語りつつ、4年前のCL決勝についても言及。負傷で早々にピッチを去ることになった悔しさを明かしている。 「今はとてもやる気がある。前回のマドリーとの対戦、そして日曜日のプレミアリーグを終えた後で、チームの誰もがCLを勝ち取るためにモチベーションを高めているんだ。僕がここに来てから、毎シーズンこのために戦ってきており、皆が楽しみにしているよ」 「(2017-18シーズンのCL決勝では)30分くらいで交代したのを覚えている。あれは僕のキャリアの中で最悪の瞬間だった。本当に、本当に落ち込んでいたよ。あの時は良いシーズンだったのに、CL決勝を30分で終えるなんて、どんなフットボーラーにとっても最悪の出来事だ。試合後、僕は病院にいて、結果はヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)から聞いて知った」 「そのとき、僕はこう思ったんだ。『こんな負け方はできない』とね。フットボールをやっていて、全員かほとんどの選手にとって初めてのCL決勝だった。だから、敗れたことにはとてもとても失望した。でも、その後の夏を経て僕らはチームに戻り、お互いに話をした。僕の記憶が正しければ、ドレッシングルームでヘンドとミリー(ジェームズ・ミルナー)が『もう一度、すべてをやり直そう』と言ったんだ。そして、その翌年に優勝することができた」 2022.05.26 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「もう一度あの感動を味わいたい」CL決勝を前に、リバプール主将ヘンダーソンが必勝誓う

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われるCL決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーと再び対戦する。 先週末に行われたプレミアリーグ最終節の結果、勝ち点差「1」でリーグタイトルを逃したリバプールだが、記者会見に出席したキャプテンのヘンダーソンはチームの雰囲気の良さを強調。今季すでにEFLカップ、FAカップを制しているチームは、最後に残ったビッグタイトルを勝ち取りたいと意気込んだ。 「正直なところ、チームの雰囲気は良いよ。今日のトレーニングもとても良く、週末に向けて若者たちの興奮が伝わってきた。もちろん、日曜日の結果には失望したよ。あと一歩のところで何が起きたのか、理解するのは大変だった。それでも、今季のチームをこれほど誇りに思うことはない。2つのトロフィーを獲得して、土曜日にもう1つ手にする大きなチャンスがあるのだからね。今季最後にもう一度全力を尽くして、CLのトロフィーを持ち帰れるよう頑張りたい」 「(CL決勝は)僕にとってラストチャンスのようなものだと思っている。チャンスはいつ来るかわからない以上、土曜日のこの試合はとても大きなものだ。だからこそ、チームとして、選手としてすべてを出し切りたい。フットボールの世界は何が起こるかわからず、物事はすぐ変わってしまう。それでも僕らは長い間、このチャンスを得るため働いてきた。そしてそれが、CLを制覇するのに十分なものであったと願っている」 「(2018-19シーズンの)マドリードでのCL優勝は、自分のキャリアのなかで最大の瞬間であり、もっとも特別なものだったと言えるね。前年にあと一歩のところで逃したCLをついに勝ち取ったことは、自分にとっても、仲間にとっても、関係者にとっても、本当に感動的な時間だった。だからできれば土曜日にもう一度あの感動を味わいたいし、祝いたい」 また、ヘンダーソンはメディアで頻繁に報じられるリバプールとマドリーの因縁についても言及。2017-18シーズンのCL決勝では前半に無念の負傷交代となったFWモハメド・サラーの気持ちに寄り添いつつ、マドリーに対して必要以上の感情は持っていないと語った。 「正直なところ、モー(モハメド・サラー)の立場なら理解できる。あの試合、あのような形で負傷して退場したことは、彼にとって大変だった。もちろん、僕ら全員にとっても大変だったよ。だから、それは理解できる。でも僕にとっては、CL決勝でプレーする以上のモチベーションは必要ない」 「僕たちの焦点はただそこに行き、パフォーマンスすることだ。それこそ僕らが子供の頃に夢見たことさ。マドリーとのCL決勝戦以上にビッグなものはないだろう。本当にタフな戦いになるだろうね。だから、勝つためには100%の力が必要なのはわかっている。フットボールでは常にそうであり、今回もそうなのは間違いない」 2022.05.26 11:59 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly