ムバッペ&ケーラー弾で首位PSGが3試合ぶりの白星!《リーグ・アン》

2022.01.16 07:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は15日、リーグ・アン第21節でブレストとホームで対戦し2-0で勝利した。

首位を独走するPSGは、この試合にムバッペやディ・マリア、イカルディ、ワイナルドゥム、ヴェッラッティらを起用した。立ち上がりから主導権を握るPSGだったが、9分に最初のピンチ。左サイドのオノラがゴール前へパスを送ると、キンペンベのクリアミスからうまくゴール前に抜け出したカルドナに決定機を許したが、シュートはGKドンナルンマがファインセーブ。

なかなか決定機まで持ち込めない時間の続いたPSGだったが32分、ワイナルドゥムのパスをボックス左で受けたムバッペがワンフェイクからシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。

先制したPSGは40分にも、ディ・マリアのスルーパスをボックス内の相手DFがクリアすると、ワイナルドゥムに当たったルーズボールをゴール前のイカルディが頭で流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。

迎えた後半、PSGは開始早々の48分にヴェッラッティが右ポスト直撃のシュートを放つ。すると53分、ボックス左深くから切り込んだメンデスの折り返しをゴール前のケーラーが流し込み、待望の追加点を奪った。

その後は膠着状態が続いたが、PSGは75分にセットプレーの二次攻撃からチャンスを迎える。右CKのセカンドボールを拾っエレーラの左クロスをマルキーニョスがヘディングシュート。さらにゴール前で相手DFがクリアしたボールをイカルディが頭で押し込むが、これは相手GKのセーブに防がれた。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ブレストを下したPSGは3試合ぶりの白星を飾った。

関連ニュース
thumb

メッシ華麗弾で先制もPSG、ベンフィカに苦戦強いられドロー《CL》

パリ・サンジェルマンは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でベンフィカとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節マッカビ・ハイファ戦をメッシ、ムバッペ、ネイマールの揃い踏みで連勝スタートとしたPSGは、その3人が3トップを形成。3バックを採用し、[3-4-1-2]で臨んだ。 前節ユベントスに貫禄勝ちして2連勝スタートとしたベンフィカに対し、8分にピンチ。しかしゴンサロ・ラモスの決定機はGKドンナルンマが阻止した。 続く18分にもピンチが訪れ、ボックス右に抜け出したネレスにシュートを打たれたが、またもGKドンナルンマが好守で凌いだ。不安定な入りとなったPSGだったが、個人技で劣勢をねじ伏せる。 22分、バイタルエリアでムバッペ、ネイマールとつないで、最後はボックス手前右のメッシがダイレクトでシュート。完璧にコントロールされたシュートが決まった。 前線3人の閃きで試合を動かしたPSGは37分のピンチもGKドンナルンマが防いだが、42分に同点とされる。左サイドからクロスを入れられると、ダニーロに当たってボールはゴールに吸い込まれた。 1-1で迎えた後半、開始4分にPSGにビッグチャンス。ハキミのシュートがGKを強襲したルーズボールをネイマールが拾いバイシクルシュート。だが、ボールはバーに直撃した。 続く55分、ネイマールの直接FKで牽制したPSGは69分、ボックス手前左からムバッペのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKヴラチョディモスのファインセーブに阻まれた。 終盤の81分にはピンチを迎えるも、ラファ・シウバのドリブルシュートは、再三の好守を見せるGKドンナルンマがセーブ。終盤にかけても好機を作れなかったPSGは1-1でドロー。苦しい試合展開となった中、勝ち点1を持ち帰った。 2022.10.06 06:02 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGと契約最終年のメッシ、将来は現時点で決まり事なし

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)は自身の将来に関して、現時点で白紙の状態だという。 涙のバルセロナ退団から早1年が過ぎたメッシ。PSGでの2年目となる今季はパリの環境にすっかりと慣れ、ここまで出場した公式戦12試合で7得点8アシストの数字が物語るとおり、ピッチ上でらしい姿を振り撒いている。 だが、ピッチ外では2年契約の最終年となるPSGとの契約状況もあって、今季終了後の去就が注目の的に。バルセロナ復帰の報道がなされたりもしているが、選手サイドはまだ何も決めておらず、進んだものもないようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏はそう主張しており、メッシに近しい関係者から、将来を決めるのは今ではなく、2023年に入ってからとの見通しがなされているという。 なお、バルセロナはすでに内部でメッシの復帰を巡って議論中とのことだが、PSGも契約の延長を試みるとも。他方ではアメリカ行きの選択肢も取り沙汰されるメッシだが、将来やいかに。 2022.10.05 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、選手不在のチームバスがリスボンとパリを往復3600Km…環境汚染との指摘が…

先日に近距離でのプライベートジェット使用で批判を招いたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、今回のリスボン遠征で新たな批判を招く可能性が浮上しているようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。 PSGは先月3日に行われたリーグ・アン第6節ナントとのアウェイゲームに向かう際、パリから比較的距離が近いにもかかわらずプライベートジェットを使用。 気候変動に影響を与えるとされるプライベートジェット利用は、昨今大きな議論の的となる中、クリストフ・ガルティエ監督は公式会見の場で意見を求められると、「今朝、移動手段を手配する会社と相談し、砂上ヨットでの移動を検討していた」とジョークで返答。この環境問題軽視の返答は環境活動家などから大きな批判を招き、フランス人指揮官は後に謝罪に追い込まれていた。 そういった一件もあった中、今回新たな批判を招いているのは、往復3600Kmと言われるチームバスの長距離移動だ。 5日にチャンピオンズリーグ(CL)でベンフィカとのアウェイゲームを戦うPSGの選手やスタッフは、リスボンまでの移動を当然のことながらプライベートジェットで行う。しかし、そのチームの移動に先んじてクラブはチームバスを片道1800kmの行程で現地へ向かわせたという。 そして、このチームバスはリスボンの空港からホテル、ホテルからスタジアムへの近距離の移動の際に使用された後、選手やスタッフを乗せることなく再び1800kmの行程でパリへ戻ることになるという。 通常、長距離移動が伴う遠征では遠征先での近距離の移動に関しては、現地でチャーターしたバスを使用するケースが多いが、PSGは安全面を考慮してか、防弾などの装甲が施されているクラブ保有のチームバスの使用を決断した模様だ。 前述のプライベートジェット使用とは異なり、今回の一件は過剰な指摘とも取れるが、世界全体が環境問題に取り組む現状では細かな環境への配慮が求められる。 2022.10.04 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「偶然だと思ったけど…」メッシ、転倒しながらも狙い通りの超絶スルーパス「魔法使い」「神様が出すパス」

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの見せた技術と執念がファンを唸らせた。 PSGは1日、リーグ・アン第9節でニースと対戦し、2-1で勝利。メッシは先制点となる直接FKを決め、観衆を興奮の渦に巻き込んだ。 また、58分には離れ業を披露。中盤でのプレスをいなして前線へと持ち上がるのだが、途中で相手のチャージを受けて横転してしまう。それでもボールからは目を離さず、倒れた状態ながらもバウンドに合わせた完璧なキックでFWネイマールへのスルーパスを通して見せた。 卓越したスキルにはファンも驚愕。「メッシには周りのすべてを観察し、ボールを見ずに支配する何かがあります。できるのは彼とマイケル・ジョーダンだけ」、「偶然だと思っていたのですが、この絵を見ると、意図がはっきりとわかります。彼は間違いなく天才です」、「メッシはこの星の出身ではない」、「彼らが毎日一生懸命努力しているということ」、「魔法使い」、「神様が出すパスを見て」といった称賛が相次いだ。 さらにすぐさま立ち上がってリターンを受け、MFヴィティーニャへとラストパスを供給。周囲が王様ともてはやすが、メッシのプレーからは勝負へのこだわりや執念を感じ取ることができる。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシは倒されてもボールから目を切っていない!転倒しながらも狙い通りのスルーパスを供給</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Lo que le faltaba a Messi: asistir desde el suelo<br><br> <a href="https://t.co/p9DF97Qud7">pic.twitter.com/p9DF97Qud7</a></p>&mdash; Pablo Giralt (@giraltpablo) <a href="https://twitter.com/giraltpablo/status/1576944136221229058?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ズラタン、41歳の誕生日プレゼントは2台のフェラーリ 祝福も多数届く「ズラタンデーおめでとう」「素晴らしい」

何もかもが規格外だ。 ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは10月3日に41歳の誕生日を迎えた。夏に受けたヒザの手術からの復帰プログラム中のため、今季はまだ出場はないが、ミランからはバースデーメッセージとともに「フィールドに戻り、ミラニスタとして100ゴールを達成してもらいたい。お待ちしております」との期待が寄せられている。 また、過去に所属したパリ・サンジェルマン(PSG)やバルセロナのほか、欧州選手権(ユーロ)の公式アカウントからも祝福のメッセージを発信している。 イブラヒモビッチ自身も自らを祝福。3日にインスタグラムを更新して「Happy Birthday to Zlatan」と綴り、白と赤、2台のフェラーリが重なるような合成写真を公開した。 『フットボール・イタリア』によれば、これは自分のために購入した誕生日プレゼントとのこと。ズラタンは昨年にも50万ユーロ(約7150万円)相当のフェラーリSF90スパイダーを購入していた。 SNSには「ズラタンデーおめでとう」、「神様お誕生日おめでとう」などの祝福が多数寄せられたほか、「最高の願いの伝説」、「素晴らしい」、「赤と白のバンディット」、「素晴らしい投稿」などの感嘆の声も届いている。 世界屈指のストライカーは、1月には復帰の見込みとのこと。衰え知らずの得点感覚やパフォーマンスを再びピッチで観るのが待ち遠しい。 <span class="paragraph-title">【写真】ズラタンが自らへの誕生日プレゼントとした2台のフェラーリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjP29f6szwn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjP29f6szwn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjP29f6szwn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 19:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly