ムバッペ&ケーラー弾で首位PSGが3試合ぶりの白星!《リーグ・アン》

2022.01.16 07:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は15日、リーグ・アン第21節でブレストとホームで対戦し2-0で勝利した。

首位を独走するPSGは、この試合にムバッペやディ・マリア、イカルディ、ワイナルドゥム、ヴェッラッティらを起用した。立ち上がりから主導権を握るPSGだったが、9分に最初のピンチ。左サイドのオノラがゴール前へパスを送ると、キンペンベのクリアミスからうまくゴール前に抜け出したカルドナに決定機を許したが、シュートはGKドンナルンマがファインセーブ。

なかなか決定機まで持ち込めない時間の続いたPSGだったが32分、ワイナルドゥムのパスをボックス左で受けたムバッペがワンフェイクからシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。
先制したPSGは40分にも、ディ・マリアのスルーパスをボックス内の相手DFがクリアすると、ワイナルドゥムに当たったルーズボールをゴール前のイカルディが頭で流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。

迎えた後半、PSGは開始早々の48分にヴェッラッティが右ポスト直撃のシュートを放つ。すると53分、ボックス左深くから切り込んだメンデスの折り返しをゴール前のケーラーが流し込み、待望の追加点を奪った。

その後は膠着状態が続いたが、PSGは75分にセットプレーの二次攻撃からチャンスを迎える。右CKのセカンドボールを拾っエレーラの左クロスをマルキーニョスがヘディングシュート。さらにゴール前で相手DFがクリアしたボールをイカルディが頭で押し込むが、これは相手GKのセーブに防がれた。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ブレストを下したPSGは3試合ぶりの白星を飾った。

関連ニュース
thumb

アトレティコ会長がフェリックス退団の可能性認める 「良い選択肢があれば、検討するのが道理」

アトレティコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリン会長が、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(23)の今冬退団の可能性を認めた。スペイン『マルカ』が伝えている。 フェリックスは、2019年7月にベンフィカから1億2700万ユーロ(約182億円)という破格の移籍金で、アトレティコへと完全移籍。当時、バルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後継者として大きな期待がかけられていたが、これまで公式戦129試合で33ゴール18アシストと、期待値ほどの結果は残せていない。 さらに、ここ最近では以前から確執が伝えられるディエゴ・シメオネ監督との関係がさらに悪化しており、選手自身はこのままアルゼンチン人指揮官が指揮を執り続ける場合、クラブに対して退団を要求する構えだ。 そういった中、今冬の移籍も取りざたされるフェリックスの去就に関して、ヒル・マリン会長は『TVE』のインタビューでその可能性を認めている。 「彼との契約は、クラブがその歴史の中で行った最大の賭けだった」 「彼はワールドクラスのトッププレーヤーだと思うが、監督との関係、彼のプレー時間、彼のモチベーションを考えると…。プレーヤーにとってもクラブにとっても良い選択肢があれば、それを検討するのが道理だろう」 「彼が去るかもしれないと考えるのは理にかなっているが、私は彼にこのまま残留してもらいたいと思っている。だが、それはプレーヤーの計画ではない」 なお、フェリックスに関してはマンチェスター・ユナイテッドらプレミアリーグ勢に加え、パリ・サンジェルマンの関心が伝えられている。 2022.12.07 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG関心のシマカンがライプツィヒと2027年まで契約延長

RBライプツィヒは6日、フランス人DFモハメド・シマカン(22)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)から具体的なオファーが届くなど、ビッグクラブの関心を集める22歳だが、今回新たに1年の延長に応じたライプツィヒへの忠誠を誓っている。 「1年半前にこのクラブに来たとき、それは僕にとって大きな一歩だった。 初日からここで幸せを感じ、両手を広げて歓迎されたんだ。ピッチでパフォーマンスを発揮し、可能な限り最高の方法で成長することができるので、それは僕にとって本当に重要なんだ」 「クラブと街はすぐに僕の第二の故郷になったし、ここにいることをとても嬉しく思うよ。2022年にはすでに多くのことを達成したけど、今後のすべてを楽しみにしている。経営陣、コーチングスタッフ、チームメイト、そして何よりもファンから得た信頼と評価は、僕らが共に明るい未来を持っていることを示しているよ」 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。188cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者。また、プレー判断や左足の精度には課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 2021年に加入したライプツィヒでは公式戦60試合4ゴール6アシストを記録。昨シーズンのDFBポカール制覇に貢献している。 2022.12.06 23:39 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳ヴェッラッティ、あと4年はPSGでプレーか…契約延長の見通し

イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(30)がパリ・サンジェルマン(PSG)と新契約を結ぶようだ。 2012年夏にペスカーラから加入してからというもの、もはやチームの心臓とも言っても過言ではないヴェッラッティ。先月11月の誕生日でもう30歳になったが、卓越した配給ぶりでチームの攻撃をしっかりとデザインし、異彩を放つ。 そんなヴェッラッティは今季でPSG移籍11シーズン目に突入と古参になったが、まだまだこれからのキャリアも捧げるようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、新たに契約延長の見通しだという。 2019年に更新した契約は2024年までだが、新たに延長がなされるとのことで、あと4年はPSGでプレーする模様。ヴェッラッティ自身はPSGでのプレーしか望まず、まもなく契約更新に至る見込みのようだ。 なお、ヴェッラッティはPSGの選手として通算398試合でプレー。今季のここまではトータルで20試合に出場して1アシストという数字を残している。 2022.12.06 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ヌーノ・メンデス、古傷再発で約2カ月の離脱へ…

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するポルトガル代表DFヌーノ・メンデスは、約2カ月の離脱となるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループH第2戦のウルグアイ戦でケガを負ったメンデス。20歳の同選手にとってこの一戦が代表デビュー戦だったが、前半の終盤に左足ハムストリングを負傷しピッチに座り込むと、涙を流しながらピッチを後に。 その後、ポルトガル代表を率いるフェルナンド・サントス監督から、今大会中の復帰が叶わないことが明かされていた。 『レキップ』によれば、メンデスは10月にも痛めた左足ハムストリングを再び負傷。また、前回よりも症状は深刻で復帰は1月下旬から2月上旬になるとのことだ。 なお、今回のケガによりメンデスは、リーグ・アン再開初戦となる28日のストラスブール戦以降のリーグ戦7試合の欠場が決定的に。 また、2月14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのバイエルン戦に間に合うかも不透明となっている。 2022.12.05 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

激しい争奪戦繰り広げられるベリンガム、PSGが新たに参戦?

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の移籍先候補として、パリ・サンジェルマン(PSG)が浮上した。 常にビッグクラブの注目の的となり、今夏の移籍市場でも噂が絶えなかったベリンガム。カタール・ワールドカップ(W杯)でもグループB初戦のイラン代表戦で先制点を挙げるなど輝きを放っており、その評価は今も上昇し続けている。 ドルトムントは1億ユーロ(約143億6000万円)の評価を下している中、獲得への関心は高まるばかり。来夏の移籍市場では争奪戦が予想されており、レアル・マドリーや、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーといった錚々たるビッグクラブが名乗りを挙げるとされている。 そうした中、フランス『Le10Sport』はパリ・サンジェルマン(PSG)が新たな移籍先候補の一つだと報道。クラブのフットボール・アドバイザーを務めるルイス・カンポス氏は、中盤の補強を画策しており、その中でもベリンガムは優先度の高い選手としてリストアップされているようだ。 PSGでは現在イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティとポルトガル代表MFヴィティーニャの2人が中盤を形成しているが、『Le10Sport』によると、このコンビのパフォーマンスに関わらず、クリストフ・ガルティエ監督はベリンガムの獲得を求めているようだ。 2022.12.04 18:31 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly