ムバッペ&ケーラー弾で首位PSGが3試合ぶりの白星!《リーグ・アン》

2022.01.16 07:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は15日、リーグ・アン第21節でブレストとホームで対戦し2-0で勝利した。

首位を独走するPSGは、この試合にムバッペやディ・マリア、イカルディ、ワイナルドゥム、ヴェッラッティらを起用した。立ち上がりから主導権を握るPSGだったが、9分に最初のピンチ。左サイドのオノラがゴール前へパスを送ると、キンペンベのクリアミスからうまくゴール前に抜け出したカルドナに決定機を許したが、シュートはGKドンナルンマがファインセーブ。

なかなか決定機まで持ち込めない時間の続いたPSGだったが32分、ワイナルドゥムのパスをボックス左で受けたムバッペがワンフェイクからシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。
先制したPSGは40分にも、ディ・マリアのスルーパスをボックス内の相手DFがクリアすると、ワイナルドゥムに当たったルーズボールをゴール前のイカルディが頭で流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。

迎えた後半、PSGは開始早々の48分にヴェッラッティが右ポスト直撃のシュートを放つ。すると53分、ボックス左深くから切り込んだメンデスの折り返しをゴール前のケーラーが流し込み、待望の追加点を奪った。

その後は膠着状態が続いたが、PSGは75分にセットプレーの二次攻撃からチャンスを迎える。右CKのセカンドボールを拾っエレーラの左クロスをマルキーニョスがヘディングシュート。さらにゴール前で相手DFがクリアしたボールをイカルディが頭で押し込むが、これは相手GKのセーブに防がれた。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ブレストを下したPSGは3試合ぶりの白星を飾った。

関連ニュース
thumb

10人のPSGが逃げ切りに失敗…バログンの土壇場弾でスタッド・ランスがドローに持ち込む《リーグ・アン》

リーグ・アン第20節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsスタッド・ランスが29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。スタッド・ランスの伊東純也は83分までプレーしている。 前節のレンヌ戦で惜敗した首位PSG(勝ち点47)が、リーグ戦11試合無敗の11位スタッド・ランスをホームに迎えた一戦。伊東が右ウィングで先発出場したスタッド・ランスに対し、PSGはネイマール、メッシ、ムバッペらを先発で起用した。 試合序盤は前線からハイプレスを見せるスタッド・ランスに苦戦するPSGは15分にピンチ。伊東のパスを右サイド高い位置で受けたフォケのダイレクトクロスをボックス中央に走りこんだ伊東がジャンピングボレーで合わせたが、これはゴール右に外れた。 その後はボールを保持するPSGが何度もアタッキングサードまで攻め込むが、なかなかフィニッシュまで持ち込めず時間が経過。結局、PSGは前半シュート1本、枠内0本で前半を終えた。 迎えた後半、PSGはヴィティーニャを下げてヴェッラッティを投入。すると51分、メッシの縦パスが相手DFにディフレクトしたボールをゴール前に抜け出したネイマールが拾うと、飛び出したGKを冷静にかわしチップキックシュートを流し込んだ。 先制したPSGだったが、55分にピンチを迎える。右サイドを抜けた伊東がスルーパスを供給すると、ボックス内で受けたバログンが切り返しの際にマルキーニョスに倒されたが、これはバログンのオフサイドを取られ、PKは取り消しに。 しかし、PSGはパスを出した後の伊東へ危険なアフタータックルを見舞ったヴェッラッティがオンフィールドレビューの末にレッドカードを受け、退場処分となった。 数的不利となったPSGだったが、65分に再びネットを揺らす。メッシのスルーパスでDFの裏に抜け出したハキミがボックス右から侵入。GKディウフとの一対一を冷静に制したが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 さらにPSGは83分にも、ボックス右横でボールを奪ったネイマールのクロスを中央で受けたメッシが胸トラップから右足ボレーで狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 終盤にかけては数的優位のスタッド・ランスが猛攻を仕掛けると、試合終了間際にドラマが生まれる。96分、中盤でパスカットしたドゥンビアのパスでDFの裏に抜け出したバログンがボックス内まで切り込み冷静にゴールネットを揺らした。 結局、このまま試合はタイムアップ。土壇場で追いつかれたPSGはリーグ戦2試合未勝利となった。 2023.01.30 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG行き濃厚のシュクリニアル、今冬のオファーはインテル拒否か

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の今冬移籍を巡って、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中のようだ。 2017年夏の加入から間もなくレギュラーに定着し、2020-21シーズンにはクラブにとって11年ぶりとなるスクデット獲得に大きく貢献したシュクリニアル。一方で、クラブとの現行契約は今季終了までとなっており、その去就に注目が集まっていた。 契約延長を急ぐインテルは具体的なオファーを提示したものの、シュクリニアルはこれを拒否。PSG入りが取り沙汰される中で、すでに今夏の加入について個人合意に達したとの報道もある。 先日には代理人であるロベルト・システィッチ氏が契約延長の可能性なしと語るなど、今夏の移籍がほぼ確実となっているが、PSGはこの1月に前倒しての獲得も狙っている模様。イタリア『スカイ』は、インテルに1000万ユーロ(約14億1000万円)のオファーを提示したと伝えた。 しかし、『スカイ』によると、インテルはこの最初のオファーを拒否した模様。同クラブは少なくともその倍額となる2000万ユーロ(約28億2000万円)を要求しており、後継者となるセンターバックを獲得できるかどうかも、今冬移籍実現の重要なファクターとなるようだ。 2023.01.29 18:39 Sun
twitterfacebook
thumb

K・ナバス、フォレスト行きに合意か…あとはクラブ間の交渉次第

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)がノッティンガム・フォレスト移籍を快諾したようだ。 かつてレアル・マドリーで数々のタイトルに貢献して、2019年夏にPSG入りしたK・ナバス。GKジャンルイジ・ドンナルンマが加入した昨季までマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の併用により、一定の出番が保証されたが、今季はクリストフ・ガルティエ監督の下でベンチウォーマーに成り下がる。 そうして移籍話が盛り上がるなか、行き先に浮上するのがケガを負ったGKディーン・ヘンダーソンの代わりを探すフォレストだ。フランス『レキップ』によると、プレミアリーグ方面ではボーンマスの興味もあったが、K・ナバスはフォレストと合意に達して、クラブ間交渉の決着を残すのみだという。 クラブ間合意の焦点は買取義務オプション付きのローンか、あるいは完全移籍なのかというところ。27日も交渉が続いたが、PSG側は年俸900万ユーロ(約12億6000万円)の人件費削減にもつながりうる話と認識しているようだ。 なお、K・ナバスはヨーロッパでのプレー続行を望み、FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得でときのクラブとなるアル・ナスルからのオファーを拒否したが、PSGからの退団をこれまで以上に躊躇していない状況とも。36歳でプレミアリーグ初挑戦となるのか、動向が注目される。 2023.01.29 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「メッシも見惚れてる」「最高の笑顔だ」メッシも見惚れる妻の満面の笑顔に称賛の声「可愛すぎる!「キングとクイーン」

パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと妻のアントネラ・ロクソさんがドレスアップした2ショットを披露し話題となっている。 昨年は悲願のワールドカップを制したメッシ。幼い頃から知るアントネラさんも夫の悲願達成を喜び、その姿が大きくフォーカスされていた。 先日はアルプスへスキーへと出かけ、雪山での姿を投稿していたメッシとアントネラさん。2人の熱いキス写真も話題となっていたが、現在はパリに戻っている。 メッシとアントネラさんは、PSGのチームメイトであるフランス代表DFプレスネル・キンペンベが主催する慈善団体のパーティーに出席していた。 アントネラさんは自身のインスタグラムを更新。ダークグリーンのタイトなドレスを着用したアントネラさんと、ネイビーのタキシードで参加したメッシは幸せそうな笑顔で2ショットを披露した。 ファンは「可愛すぎる!」、「最高の笑顔だ」、「愛している!」、「キングとクイーン」、「エレガント」、「メッシも見惚れてる」とアントネラの美しさと幸せそうな笑顔が話題となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】幸せさが伝わる笑顔!メッシと妻のドレッシーな2ショットが話題(2枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn7fduOK8jc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn7fduOK8jc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn7fduOK8jc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antonela Roccuzzo(@antonelaroccuzzo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.28 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG指揮官はフォレスト行き噂のケイロル・ナバスの希望を尊重

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるクリストフ・ガルティエ監督が、ノッティンガム・フォレスト行きが取り沙汰されるコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)の去就に言及した。フランス『RMC Sport』が伝えている。 レアル・マドリー時代にチャンピオンズリーグ3連覇などに貢献したケイロル・ナバス。しかし、ベルギー代表GKティボー・クルトワの加入に伴い、2019年夏にパリへ新天地を求めた。 その新天地ではここまで公式戦108試合に出場。だが、今シーズンは加入2年目で守護神の座を確立したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマのバックアップに甘んじ、ここまではクープ・ドゥ・フランス2試合の出場にとどまっている。 この現状を受け、以前にはマドリー時代の元同僚クリスティアーノ・ロナウドが加入したサウジアラビアのアル・ナスルからオファーが届いていた模様だが、ヨーロッパでのプレー継続を求めるコスタリカ代表GKはこのオファーを固辞。 しかし、ここに来てプレミアリーグのボーンマス、フォレストから関心を示されており、とりわけイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンの負傷で補強の緊急性がある後者から具体的なオファーが舞い込んでいる。 一部ではすでにフォレスト行きを受け入れたとも伝えられるケイロル・ナバスの去就に関して、ガルティエ監督は29日に行われるスタッド・ランス戦に向けた公式会見の場で言及。 「素晴らしい競争相手であり、シーズンの初めから好パフォーマンスを見せている」と、そのプロフェッショナリズムを称賛するベテランGKの希望を尊重したいとのクラブとしての考えを明かした。 「我々は移籍市場の後にチームの現実を見ることになるだろう」 「しかし、彼と彼のキャリアのために、我々は彼を尊重しなければならず、彼の言うことに耳を傾けなければならない。ただ、我々の側ではまだ何も決定していない」 2023.01.27 23:31 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly