ビラデビューのコウチーニョが値千金の同点弾! 2点差追いつかれたユナイテッドは痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

2022.01.16 04:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドが15日にビラ・パークで行われ、2-2のドローに終わった。

消化試合数は2試合少ないものの、前節のウォルバーハンプトン戦でラングニック体制初黒星を喫するなど、低調なパフォーマンスが続く7位のユナイテッド(勝ち点31)。ここ最近ではクラブ内部での内紛も囁かれる苦境の名門は、直近のFAカップで辛くも1-0で勝利したリーグ戦14位のビラ(勝ち点22)を相手にバウンスバックの白星を目指した。

ラングニック監督はFAカップの前回対戦から先発3人を変更。累積警告による出場停止のショーとマクトミネイ、負傷のラッシュフォードに代えてアレックス・テレス、マティッチ、エランガを起用。なお、クリスティアーノ・ロナウドはそ径部の問題によって引き続き欠場となった。

この試合、アンカーにマティッチ、3トップにエランガ、グリーンウッド、カバーニを配した[4-3-3]の布陣で臨んだユナイテッド。集中した入りを見せた中で意外な形から早い時間帯にゴールが生まれる。

6分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でテレスが横に短くずらしたボールをブルーノ・フェルナンデスが右足でシュート。ゴール左隅に向かったシュートはGKマルティネスの守備範囲だったが、手前にいたカバーニに気を取られたか、目の前でバウンドしたボールをマルティネスがまさかのファンブル。そのままゴールネットに吸い込まれた。

ビラ守護神のミスを突いて先制に成功したユナイテッドは、ここから相手にボールを持たれる展開が続くが、コンパクトな[4-5-1]の守備ブロックできっちりと受け止めて決定機を与えず。逆に、カウンターやセットプレーの形から18分にボックス内でグリーンウッドのシュート、27分にはテレスの直接FKでGKマルティネスにファインセーブを強いる。

しかし、時間の経過と共にリズムを掴んだホームチームに良い形での攻めを許し始めるユナイテッドは、36分にディーニュの右CKをゴール前でフリーにしたブエンディアにドンピシャのヘッドで合わせられる。だが、この決定的なシュートはGKデ・ヘアがビッグセーブ。さらに、前半終盤の43分にはキャッシュの右サイドからのクロスを大外に飛び込んできたディーニュにダイレクトでシュートされるが、これもデ・ヘアの好守で辛くも凌いだ。

完全に試合を支配するまでには至らなかったものの、1点リードで試合を折り返したユナイテッド。後半はショートカウンターの形からエランガにいきなり決定機が訪れるなど、前半同様に良い入りを見せる。

だが、直後の49分にはジェイコブ・ラムジーにボックス内で枠の左隅を捉えた際どいシュートを放たれて再びGKデ・ヘアがビッグセーブを強いられると、ここから我慢の時間帯が続いていく。

それでも、ボックス内での粘りの対応で1点リードを維持するアウェイチームは再び相手のミスを突いてゴールをこじ開ける。67分、自陣左サイドで苦しい体勢となったサンソンのバックパスをフレッジがボックス付近でカットし、中央に走り込むB・フェルナンデスへ丁寧に繋ぐと、ポルトガル代表MFが走り込んだ勢いそのままに強烈な右足のシュート。クロスバーの内側を叩いたこのシュートがゴールネットを豪快に揺らした。

再びミスから失点したビラはその前の段階から準備させていたコウチーニョをサンソンに代えて投入。元リバプールMFは4年ぶりのプレミアリーグ再デビューとなった。さらに、ビラは76分にイングスを諦めてカーニー・チュクエメカを最後のカードとして切った。

すると、プレミア帰還のコウチーニョがいきなり魅せる。77分、ボックス手前左で仕掛けたコウチーニョがチュクエメカにボールを預けて中央へ侵入。足元にリターンパスを受けた際に相手MFフレッジの足に当たったボールがゴール前でフリーのラムジーにこぼれると、これをラムジーが豪快に右足で蹴り込んだ。

アシストは付かなかったものの間違いなくゴールに絡み気を良くしたコウチーニョは、今度は正真正銘の決定的な仕事を果たす。82分、左に流れたブエンディアからの絶妙なスルーパスに抜け出したラムジーがボックス左で折り返したボールを、ファーにフリーで走り込んだコウチーニョが冷静にワンタッチで流し込み、ビラデビューを自ら祝う値千金の同点ゴールとした。

わずか5分間の連続失点で2点差を追いつかれたユナイテッドは、チーム全体のガス欠が顕著で勝ち越しゴールを奪いに行く力はおろか、相手の攻勢を凌ぐので精一杯の苦境に陥る。これを受け、ラングニック監督はすでに投入したサンチョに続きリンガード、ファン・デ・ベークを試合最終盤に投入した。

この交代で何とかイーブンの展開まで戻したものの、試合はこのまま2-2のスコアでタイムアップ。プレミア再デビューのコウチーニョの引き立て役となったユナイテッドは、2点差を追いつかれる拙い試合運びでリーグ2戦未勝利と苦境が続く。

関連ニュース
thumb

カバーニがユナイテッド退団、「サポーターには感謝以外に言葉はない」

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)が27日、公式サイトで別れを告げた。 6月に契約が切れるカバーニは以下のようにコメントした。 「正直、サポーターには感謝以外に言葉はない。初めから彼らは僕に敬意を示してくれて感謝している。彼らのそんな思いにもっと応えたかったから、そういう意味では苦い思いが残っている。ケガもあってコンスタントにプレーできなかったが、サポーターはそんな自分に対しても気を遣ってくれた。心から感謝したい。それは選手にとってとても重要なことなんだ」 カバーニは2020年夏にパリ・サンジェルマンからフリーでユナイテッドに加入。ユナイテッドでは公式戦59試合の出場で19ゴール7アシストを記録。今季は公式戦20試合の出場で2得点1アシストに終わっていた。 2022.05.28 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの21歳フランス人MFにユナイテッドなどが関心、ラングニックが注視してきた逸材

ボルシアMGに所属する元U-19フランス代表MFクアディオ・コネ(21)に対し、複数のビッグクラブが関心を寄せているようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 セントラルミッドフィルダーを本職とするコネは、2021年1月にトゥールーズからボルシアMGへ加入。2020-21シーズンの後半戦はトゥールーズへレンタル移籍という形で在籍を続け、晴れて今シーズンからボルシアMGの一員となった。 開幕当初はベンチ外が続いたコネだったが、第6節ドルトムント戦でデビューを果たすと、その後は不動のレギュラーに定着。リーグ戦で27試合2得点1アシストを記録した。 初挑戦のブンデスで確かな実力を見せつけたコネだが、早くもさらなるステップアップのチャンスが訪れているようだ。フランス『レキップ』によると、マンチェスター・ユナイテッド、アトレティコ・マドリー、ユベントスが興味を抱いており、すでに3クラブともコネ側と話し合いの場を設け、今夏もしくはそれ以降のコネ獲得の可能性を探っているとのことだ。 また、フランス『Get French Football News』によると、中でもコネ獲得に前のめりなのが中盤の補強を最優先事項と位置づけているユナイテッドで、ラルフ・ラングニック暫定監督がここ数年にわたって注視し続けてきたヨーロッパの若手選手の1人がコネであるとのことだ。 一方のボルシアMGは、2025年6月まで契約を残すコネを今夏に売却する必要はないと判断している模様で、コネ本人が早急なステップアップに慎重な姿勢を示していることや、代理人側からもコネが契約延長を含め長期的にボルシアMGに在籍することを望んでいるという趣旨の発言がなされていることから、少なくとも今夏移籍する可能性は低いのではないかと見られている。 2022.05.27 16:48 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼は戻ってこないよ」ユーベ復帰説が出ているポグバの“秘密”をアッレグリ監督が暴露「彼は二度も私に負けたから(笑)」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、復帰が噂されるフランス代表MFポール・ポグバについて秘密を明かした。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ったポグバはフリーで2012年8月にユベントスへと完全移籍。セリエAで自身の才能を遺憾無く発揮し、世界的な選手へと成長すると、2016年8月に当時の世界最高額となる8930万ポンド(約133億円)でユナイテッドに戻っていた。 それから6年が経った今、ユナイテッドとの契約が満了となるポグバにはユベントスへの復帰がしきりに報じられている。 その中、前回在籍時にはポグバを指揮していたアッレグリ監督が、『DAZN Italia』でクラブOBの元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ氏とのインタビューに応じ、冗談交じりに復帰を否定した。 「彼はもう戻ってこないよ、私に挑戦するのが怖いんだ。ポグバは足でも手でも負けたんだ。だから彼は去った。それが彼が退団した本当の理由だよ」 2人は練習場にあるバスケットゴールを使ってフリースローチャレンジで対戦。アッレグリ監督が勝利を収めると、本業であるサッカーのシュートチャレンジでも指揮官が勝利し、その映像はSNSでも話題を呼んでいた。 微笑ましいエピソードで上手くはぐらかしたアッレグリ監督。これだけ仲が良い監督のもとであれば伸び伸びとプレーできそうなものだが、ポグバはどのような決断を下すだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】めちゃくちゃ仲良し!ポグバとアッレグリ監督がバスケとサッカーで2本勝負!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lpimQLbpQyw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mdjgXTiTACE" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.05.27 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGは解任噂レオナルドSD案件のデンベレから撤退?ユナイテッドが正式オファーへ

今シーズン限りでバルセロナを契約満了となるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)だが、昨夏に続いてマンチェスター・ユナイテッドもデンベレ獲得を目指す構えのようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 2017年8月のバルセロナ加入以降、度重なる負傷離脱などにより必ずしも継続的な活躍ができていなかったデンベレ。しかし、昨年11月にチャビ・エルナンデス監督が就任すると状況は一変することに。試合を重ねるごとに圧倒的な存在感を見せつけ、低迷していたチームの巻き返しに大きく貢献。優勝したレアル・マドリーには及ばずも、2位フィニッシュの立役者のひとりとなった。 リーグ戦21試合の出場で1ゴールと一見すると物足りない数字に映るが、その一方でアシストは「13」を記録。とりわけ冬の移籍で加入した元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとの好連携でゴールに関与し続けた。 シーズン後半戦の主役となったデンベレだが、来シーズン以降バルセロナでプレーを続けるかどうかは現時点で不明瞭。チャビ監督やクラブとしてはデンベレを引き続き重要な戦力と見なしているが、これまでの話し合いにおいて両者は契約延長で合意に至っていないと見られている。 また、『ミラー』によると、移籍先として盛んに報じられてきたパリ・サンジェルマン(PSG)も、デンベレ獲得のオペレーションは解任が噂されているレオナルドSD(スポーツ・ディレクター)主導のもとで進んできたものであり、新たにSD就任が噂されているルイス・カンポス氏はデンベレのこれまでの負傷癖や態度を疑問視。獲得に乗り気でないとのことで、クラブの周囲ではすでに撤退ムードだとされている。 そんな中、ユナイテッドがデンベレ獲得に名乗りを上げた模様だ。ユナイテッドは昨年夏にもデンベレ獲得を試みており、フリー移籍で獲得可能な今夏はPSGがデンベレ獲得から正式に撤退した場合に限ってのみ、週給24万ポンド(約3800万円)のオファーを提示するとのことだ。 現時点でバルセロナ残留の線は限りなく低いと見られているデンベレ。来シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらと共に、復権を目指すユナイテッドでプレーすることになるのか、今夏のデンベレの動向に注目が集まっている。 2022.05.27 11:31 Fri
twitterfacebook
thumb

「1つひとつに感謝」 ユナイテッドの39歳グラントが現役生活に幕…イプスウィッチで指導者の道へ

マンチェスター・ユナイテッドは26日、イングランド人GKリー・グラント(39)の現役引退を発表した。 グラントは2000年にダービー・カウンティでプロデビュー後、複数クラブを転々。世代別を最後に代表から縁遠い存在だったが、キャリア通算500試合以上の出場数を誇る経験が買われ、2018年夏にユナイテッド入りした。 ユナイテッドではサブ役が終始続いたが、2018-19シーズンのカラバオカップでデビュー。翌シーズンにはヨーロッパリーグでゴールマウスを守り、36歳305日でクラブ史上最年長の欧州デビューという記録を打ち立てた。 グローブを外すグラントは「511試合に出場した後、自分のキャリアを次のステージに進めるのに適したタイミングだと判断したんだ。楽しいことも、大変なこともたくさんあったけど、1つひとつに感謝している」と話した。 また、「ユナイテッドでプレーするという少年時代の夢は手の届かないことだと思っていたし、それを叶えられたのは大きな誇りと感動でいっぱいだ!」と公式戦2試合の出番しかなかったが、4年間に満足感を示している。 なお、今後について指導者の道へ。そして、リーグ1のイプスウィッチ・タウンでコーチ業を始める見通しを明らかにしている。 2022.05.27 09:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly