レーティング:マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー《プレミアリーグ》

2022.01.16 00:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsチェルシーが15日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 6.5
前半守備機会がなかった中で後半入りのルカクの決定機を圧巻のセーブで阻止。前半は相手のカウンターへの対応や味方が嵌められそうになった際のパスの逃げ道と予防的なプレーを心がけ、後半は際どいクロスに対して冷静に対応

DF
2 ウォーカー 6.5
前半は極力味方にサイドのスペースで勝負させるため後方支援に徹し、後半は効果的な背後への飛び出しも見せた。ルカクやプリシッチらのカウンターに備えてリスク管理を怠らず

5 ストーンズ 6.5
約1カ月ぶりの先発出場となったが、ルベン・ディアスに代わって最終ラインをまとめる。ルカクとの肉弾戦で互角以上に戦い、後方からの配球もそつなし

14 ラポルテ 6.5
前半立ち上がりにルカクに突破を許す場面はあったが、以降はヴェルナーのシュートをブロックするなど集中した守備を披露。要所でチャレンジの縦パスも出していた

27 カンセロ 7.0
決勝点をお膳立て。正確な繋ぎや局面を打開するプレーに、守備では安定した対応と抜群の存在感を放った

MF
20 ベルナルド・シウバ 6.5
スターリングと共に右サイドで攻撃の起点となり、守備でも再三の好守を披露。トランジションの局面ではコバチッチと見ごたえのある攻防を繰り広げた

16 ロドリ 7.0
ビルドアップの経由点として機能。切り替えの場面でも奪い切る守備で相手の起点をきっちり潰した

17 デ・ブライネ 7.0
圧巻のミドルシュートで決勝点を記録。前線で起点づくりに絡みつつ後半には決定的なクロスを幾度も供給。球際の勝負でも互角以上に戦っていた

(→ギュンドアン -)

FW
7 スターリング 7.0
マルコス・アロンソ、サールのコンビに対して個的優位性をもたらす鋭い仕掛けを見せた。決定的な仕事を果たすまでに至らなかったが、間違いなく攻撃をけん引していた

47 フォーデン 6.5
最前線起用も中盤の低い位置やサイドに流れながら局面で数的優位を作り、フィニッシュの局面では利他的なプレーでシュートチャンスを供給

(→ガブリエウ・ジェズス -)

10 グリーリッシュ 6.5
前半終盤の決定機は決め切りたかった。得意のドリブル突破は前半リュディガーらにうまく封じられたが、後半に入って盛り返した。それ以外の場面でも攻守に多くの仕事をこなした

監督
グアルディオラ 6.5
欲を言えば、前半の内にゴールを奪って複数得点で勝ちたかったが、相手にほとんど決定機を作らせない完勝と言える

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ケパ 6.0
失点場面は相手を褒めるべき。グリーリッシュの決定機を阻むなど、個人としては素晴らしいゴールキーピングだった。マイボール時の判断や精度は課題か

DF
2 リュディガー 6.0
チーム事情で3バックの右でのプレーとなったが、安定した対人、クロス対応でシティ攻撃陣の前に立ちはだかった

6 チアゴ・シウバ 6.0
攻守両面で高い戦術眼を生かした安定したプレーを見せた。的確なコーチングで味方を動かしながら要所を締めた

31 サール 6.0
マイボール時はややバタついたが、守備では粘り強い一対一の対応や的確なカバーリングをみせ、ビッグマッチで見事な奮闘ぶりを見せた

MF
28 アスピリクエタ 5.5
前半はリュディガーと共に良い形で守っていたが、連戦の影響もあり後半は後手の対応が目立った

7 カンテ 5.5
失点場面ではデ・ブライネに振り切られたが、試合を通してセントラルMFの負荷が大きかった中で奮闘した

8 コバチッチ 6.0
前半に自身のロストからピンチを招いたが、ルカクの決定機演出で帳消しに。チームとして結果を残すことはできなかったが、攻守両面における仕事量の多さは際立っていた

3 マルコス・アロンソ 5.0
前半序盤にカードをもらったことでスターリングとのマッチアップで常に劣勢を強いられた。周囲のサポートで大崩れはしなかったが、相手の明確な攻めどころになっていた

(→マウント 5.0)
期待された攻撃を活性化する仕事は見せられず

FW
10 プリシッチ 5.0
前半は守備に奔走されて攻撃面でほとんど良さを見せられなかった。球際の勝負でも劣勢に

(→ヴェルナー 5.0)
失点直後に決定機が訪れたが、相手のブロックに阻まれる。全体的に覇気のないプレーに終始

9 ルカク 5.0
前線で完全に孤立し、相手守備陣にうまく封じ込まれた。チーム唯一の決定機は決め切りたかった。

22 ツィエク 5.0
前半は幾度か良い形でボールを引き出して起点になる場面もあったが、攻守両面で物足りない出来だった

(→ハドソン=オドイ 5.0)
左サイドで仕掛ける意識は高かったが、精度が伴わず

監督
トゥヘル 5.0
両ウイングバックの不在などエクスキューズはあったが、逆転優勝遠のく痛恨の敗戦に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
カンセロ、ロドリ、スターリングのパフォーマンスレベルも高水準だったが、試合を決める見事なゴールを挙げた元チェルシーMFをMOMに選出。まだまだベストコンディションとは言えないが、間違いなくパフォーマンスレベルは戻ってきている。

マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー
【マンチェスター・シティ】
デ・ブライネ(後25)


関連ニュース
thumb

ギュンドアンに移籍の可能性…プライベートジェットでマドリードに向かう

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(31)に退団の可能性が浮上している。 2016年夏に加入し、3度のプレミアリーグ優勝や4度のEFLカップ制覇に貢献してきたギュンドアン。今季もここまでリーグ戦での先発回数が20試合に到達するなど、群雄割拠のシチズンズで印象的なパフォーマンスを続けており、4度目のリーグ優勝も目前に迫っている。 しかしながら、イギリス『デイリー・メール』によると、ギュンドアンは31歳という年齢から最後に別のクラブで一花咲かせたいと考えているという。クラブも現行契約が今夏で残り12か月を切る同選手に対して自由な選択肢を与える意向で、今夏の退団が目されている。 そんな中、31歳のドイツ代表MFは16日にプライベートジェットでマドリードに向かった模様。今のところ目的は不明とのことだが、過去にレアル・マドリーがギュンドアンの獲得に動いた経緯から、同クラブとの話し合いが行われたのではないかと推測されている。 なお、ギュンドアンは3月のドイツ『キッカー』の取材で去就について言及した際、「ここより魅力的な場所はない。2023年以降もこのクラブにとどまることを想像できる」と契約延長を示唆していたが、本心は果たして。 2022.05.17 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティングがシティからペドロ・ポロを買い取り! 27億円の買い戻し条項も

スポルティングは16日、マンチェスター・シティからレンタルしているスペイン代表DFペドロ・ポロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2025年6月までとなる。 ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月に1200万ユーロの移籍金でシティに加入。その足でバジャドリーへレンタル移籍し、ラ・リーガ13試合に出場した ここ2シーズンはスポルティングでプレーしており、昨季は公式戦37試合で4ゴール2アシスト、今季は公式戦35試合で5ゴール7アシストを記録。右ウイングバックのレギュラーとして、昨季はリーグ戦、今季は国内カップのひとつであるタッサ・ダ・リーガ優勝に貢献した。 ポルトガルで目覚ましい活躍を披露するなかで、昨年8月にはスペイン代表デビューも果たしたポロ。この度スポルティングは850万ユーロ(約11億4800万円)の契約解除金を支払い、買い取りに踏み切った。 一方でシティは今後の成長を見越して2000万ユーロ(約27億円)の買い戻しオプションをつけることに。また、スポルティングとポロの間には4500万ユーロ(約60億円)の契約解除条項が設定されている。 ポロはスポルティング完全移籍に喜びのコメントを残した。 「とても嬉しいよ。最初から素晴らしいクラブに来たんだということはわかっていたけど、この2年間でこれほどユニークな成果を生み出すとは思ってなかったよ」 2022.05.17 14:27 Tue
twitterfacebook
thumb

「あれ以上の見送りはない」 ウェストハムMFノーブルが現役最後のホーム戦を振り返る

ウェストハムのイングランド人MFマーク・ノーブル(35)がホームでのラストダンス後にコメントした。 ノーブルはウェストハムのアカデミー育ち。2度のローン移籍を除けば、キャリアのすべてをウェストハムに捧げ、公式戦出場数も540試合以上を誇るシンボルプレーヤーだが、今季いっぱいで現役生活に終止符を打つ。 そして、マンチェスター・シティを相手にした15日のプレミアリーグ第37節が今季のホーム最終戦となるなか、ノーブルは77分からプレー。2-0から追いつかれる悔しい展開だったが、首位から1ポイントをもぎ取った。 試合後にセレモニーも執り行われ、チームメイトやスタッフ、そしてファンから拍手が送られ、涙ぐんだ主将のノーブルは試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でエモーショナルな見送りに感謝した。 「ファンのみんなからの見送りはとても素晴らしかった。昨季に(引退の意向を)発表して以来、この試合に至るまで長い道のりだったけど、今季は何というシーズンだっただろう」 「あれ以上の見送りはないだろうね。このレベルのフットボールでは自分の去り際なんてなかなか作れない。幸運にもそれをさせてもらったんだ。これからは家族と時間を過ごしたい」 「ウェストハムとはずっと付き合っていくつもり。役員、オーナー、ボスの彼らは残ってほしいとはっきり言ってくれた。でも、まずは休んでから、これからのことを見守りたい」 また、シティ戦を迎えるにあたり、「僕らは交代に関してセンチメンタルじゃなく、ウェストハムのためになるものしかやらないという取り決めをした」と明かすと、PKストップの同僚にも礼の言葉を送った。 「ハーフタイムに(コーチの)ケビン・ノーランから、監督が70分ぐらいに求めるという話をもらった。最後にPKをセーブしてくれたルカシュ(・ファビアンスキ)に感謝するよ。そのおかげでちょっと特別な日になったんだ」 2022.05.16 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ、2‐0からドローも「素晴らしい結果」 7位以上確定で来季も欧州大会挑戦へ

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で感想を述べた。 15日に行われたプレミアリーグ第37節で首位のマンチェスター・シティをホームに迎え撃った7位のウェストハムは序盤から押し込まれる展開が続くなか、前半のうちに2つのカウンターからFWジャロッド・ボーウェンの2ゴールで2-0とリード。だが、後半に攻め崩され、2-2の引き分けに終わった。 2点リードからのドローだが、優勝争いを演じる相手から1ポイントを掴み取って今季の7位フィニッシュ以上を確定させ、最低でもヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場が決まったモイーズ監督は結果に満足した。 「信じられなかったよ。前半を通じたマンチェスター・シティの戦いぶり、我々のプレーぶり、そして2-0でリードという状況は。彼らは非常に良いチームで、ボールをかなり握った」 「我々があまりボールを持てないのは覚悟の上で、苦しむのも想定内だったが、良い形で2ゴールを奪って、逃げ切るチャンスがあったんだ。我々からしたら、素晴らしい結果だよ」 また、今季の歩みを振り返り、「4位か、5位に入りたかったし、その順位ではないのは残念だ」と本音を吐露したが、「我々には素晴らしいグループと挽回力がある。今日もそれを示せたよ」とチームに手応えを語った。 2022.05.16 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「覚醒間近」1億ポンドの男・グリーリッシュの技巧派ボレーに期待の声「150億円の片鱗見せてきた」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが才能の片鱗を見せた。 シティは15日、プレミアリーグ第37節でウェストハムとアウェイで対戦。2位リバプールと3ポイントの勝ち点差に加え得失点差が+7と状況でロンドン・スタジアムに乗り込んだ。 試合はシティがボールを支配しながらも、前半に2点を先行される苦しい展開に。それでもハーフタイムを経て迎えた後半にグリーリッシュが反撃の狼煙を上げる。 49分、右CKの二次攻撃からDFオレクサンドル・ジンチェンコが浮き球で入れたクロスをボックス内のMFロドリがマイナスに頭で落とすと、これに反応したグリーリッシュが抑えの利いた右足ボレーシュート。相手DFの股間を抜けた後、大きくバウンドした跳ね上がったボールがゴールネットに突き刺さった。 グリーリッシュにとって、リーグ戦では約5カ月ぶりとなる一発。また、この試合ではゴールだけでなく左サイドからのドリブル突破で幾度か相手の脅威となるなど、存在感を発揮した。 試合はその後同点に追い付いたシティが苦しみながらも勝ち点1を獲得し、リバプールとの暫定勝ち点を4ポイントに広げている。 昨夏、1億ポンド(当時のレートで約152億円)の移籍金でアストン・ビラからシティに加入したグリーリッシュ。今シーズンはここまでプレミアリーグで26試合に出場し3ゴール3アシストと本領発揮とはいっていない。 それでも、ウェストハム戦の活躍には「覚醒間近だ」、「150億円の片鱗見せてきた、「来シーズンは本当に期待してる」、「1億ポンド砲」と期待や喜びの声が寄せられている。 シティは最終節でアストン・ビラとホームで対戦。まずはグリーリッシュにとっての移籍1年目をいい形で締めくくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】1億ポンドの男・グリーリッシュの技巧派ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vLGML9ZRhl8";var video_start = 175;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 12:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly