デ・ブライネ鮮烈ミドルが決勝点! シティがチェルシーとの頂上決戦制してPL12連勝達成!《プレミアリーグ》

2022.01.15 23:31 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsチェルシーが15日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。

2022年初戦となった前節のアーセナル戦を後半アディショナルタイムのロドリの劇的ゴールによって2-1の逆転勝利を収めた首位のシティ(勝ち点53)は、新年を白星で飾ると共にリーグ連勝を11試合に更新。2位以下に10ポイント差を付ける快走で連覇へまい進中だ。

先週末のFAカップも新鋭パーマーの活躍などで4-1の快勝を収め、新年連勝スタートのグアルディオラ率いるチームは、今回の大一番に向けてアーセナル戦から先発4人を変更。ルベン・ディアス、アケに代わってストーンズ、ウォーカーが最終ラインに入り、ガブリエウ・ジェズスとアフリカ・ネーションズカップ参戦中のマフレズに代わって負傷明けのフォーデン、グリーリッシュがスターリングと共に3トップで並んだ。

対する暫定2位のチェルシー(勝ち点43)は、ブライトン、リバプールを相手に年を跨いで2試合連続ドローと失速傾向だ。それでも、直近に行われたEFLカップ準決勝のトッテナムとの2試合では、積極的にメンバーを入れ替えながらも安定したパフォーマンスで2連勝を飾り、前半戦の良い時期の状態に戻りつつある。

逆転優勝に向けて勝ち点3奪取必須となる今回のアウェイゲームでは3日前のトッテナム戦から先発5人を変更。新型コロナウイルス感染のクリステンセンに代わってチアゴ・シウバがバックラインに入り、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイに代わってカンテ、マルコス・アロンソ。ルカクと共に3トップを形成する2シャドーはマウント、ヴェルナーからツィエク、プリシッチに変更された。

共に戦前の予想通りのシステム、配置で臨んだ中、主導権争いに注目が集まった前半の入りは、ホームチームがボールを握って押し込む展開に。最前線に入るフォーデンが中盤の低い位置まで下りて局面で数的優位を作り、両ウイングの個での突破を軸に攻め手を窺う。流れの中ではなかなか攻め切れないが、14分には左CKの場面で競り勝ったストーンズがヘディングで最初の枠内シュートを放った。

一方、ハイプレスではなくミドルプレスを採用したチェルシーは相手にある程度ボールを持たれながらも全体をコンパクトに保って穴を空けず。マイボール時はラフにルカクを狙ったロングボールに逃げることなく、対戦相手同様に後方から丁寧に繋ぐ姿勢を見せる。なかなかフィニッシュの機会は訪れないが、カンテ、コバチッチのボール奪取からショートカウンターに転じるなど、攻守両面で集中した戦いを続ける。

前半半ば以降は互いの出方を確認したこともあり、試合は膠着状態に陥っていく。その中で主導権を握るシティは要所で見せる質の高いコンビプレー、マルコス・アロンソに対して個的優位をもたらすスターリングの果敢な仕掛けを突破口に際どい場面を創出していく。

前半終盤にかけてはシティが相手陣内でハーフコートゲームを展開。そして、39分にはこの試合最大の決定機が訪れる。マルコス・アロンソ、コバチッチに対して連動したプレスを仕掛けると、デ・ブライネが引っかけたボールがペナルティアーク付近でフリーのグリーリッシュに繋がる。だが、そのままボックス内に運んだグリーリッシュのチップキック気味のシュートはGKケパがうまく残した左足のセーブに遭い、絶好機を逸した。

前回対戦同様にシティペースで進んだ試合は0-0のスコアで後半に突入。ややゆったりとしたリズムで進んだ前半の立ち上がりとは異なり、後半は攻守が目まぐるしく入れ替わるアグレッシブな入りとなった。

その中で開始直後の47分にはチェルシーにビッグチャンス。ハーフウェイライン付近でルーズボールを奪って縦に運んだコバチッチから完璧なスルーパスがルカクに通る。相手バックラインの背後を取ったルカクは得意の左足のシュートをファーポストに向けて放つが、これは絶妙なポジショニングと反射神経を見せたGKエデルソンの圧巻の横っ飛びセーブに遭い、チーム最初のシュートでの先制点には至らず。

この決定機をきっかけに前への意識を高めたチェルシーは、ツィエク、マルコス・アロンソと続けてシュートまで持ち込むなど、前半とは打って変わって攻勢を強めていく。だが、時間の経過と共にシティが主導権を奪い返していく。

チェルシーがより前からボールを奪いに来たことで、前半に比べてビルドアップでは苦戦するものの、相手の背後を取る動きやカウンターチャンスが増えると、63分にはボックス手前の好位置で得たFKの場面でキッカーのデ・ブライネが際どいシュートを放つ。さらに、68分にはカウンターからボックス右に侵入したスターリングが枠のわずか左に外れるシュートを放った。

ゴールレスの均衡が保たれたまま後半半ばを迎えた中、先に動いたのはチェルシー。69分、プリシッチとツィエクの2シャドーを下げてハドソン=オドイ、ヴェルナーを同時投入。だが、結果的にこの選手交代が試合を動かす形となった。

70分、シティはフォーデンのハイプレスでGKケパに長いボールを蹴らせると、ヴェルナーに競り勝ったラポルテが撥ね返したボールをロドリ、カンセロと繋いで相手陣内左のハーフスペースを駆け上がるデ・ブライネに繋がる。カンテのスライディングをかわしてペナルティアーク付近まで運んだ元チェルシーMFは相手守備にうまくスピードダウンされたかに見えたが、細かい内への持ち出しから見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺した。

逆転優勝に向けて痛恨の先制点を献上することになったチェルシーはすぐさま反撃に打って出る。失点直後の72分にはこの試合初めてと言っていいボックス内への飛び出しを見せたアスピリクエタの右足ダイレクトでの折り返しから、ボックス中央のヴェルナーにシュートチャンスが訪れるが、ここはDFラポルテの身体を張ったブロックに遭う。

その後はボールを握って押し込むチェルシーはマルコス・アロンソを下げてマウントを投入し、より攻撃的な[4-2-3-1]の布陣でゴールをこじ開けにかかる。対するシティは殊勲のデ・ブライネ、フォーデンを下げてギュンドアン、ジェズスの投入で試合をクローズに入った。

試合終盤にかけてはカウンターからホームチームがより多くゴールに迫ったものの、チェルシーの守備陣も見事な粘りで2点目を与えず。ただ、最後まで冷静に時計を進めたシティが前回対戦に続く1-0のスコアで勝利。チェルシーとの大一番をデ・ブライネの鮮烈な一撃で勝ち切ったシティがリーグ戦12連勝を達成し、連覇に向けて大きな勝利を手にした。

一方、善戦も敵地で敗れたチェルシーは優勝争いからの脱落を意味する痛恨の2022年初黒星となった。


関連ニュース
thumb

来季シティ加入のフリアン・アルバレス、ハーランドとポジション争いへ!

今夏のマンチェスター・シティ加入が内定しているリーベル・プレートのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(22)は、同クラブでのポジション争いに身を投じる構えのようだ。 今冬の移籍市場最終日にシティ移籍が決まったアルバレス。現在はレンタルという形でリーベルでプレーしており、2022シーズンもここまで公式戦17試合14ゴール4アシストと、ジョゼップ・グアルディオラ監督の称賛に値するパフォーマンスを見せている。 長らく活躍したセルヒオ・アグエロの退団以降、生粋なストライカーの必要性が叫ばれていたシティは、これでミッション完了かに思われたが、先日、ストライカーとして現フットボール界で最高と名高いノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの加入が決定。実績や移籍金を踏まえるとアルバレスにとって分の悪い状況となってしまった。 これを受けて来季もレンタルの噂も上がっている22歳だが、シティのフェラン・ソリアーノCEOは、シティで共に戦っていくことを明言。バルセロナからの関心についても否定した。 「我々はフリアン・アルバレスに対するレンタルのオファーをかなり受けている。しかし、彼はここを出ていくことはない」 「我々とともにプレシーズンに入る。残ることになるだろう。バルセロナ? いや、バルサは関心を持っていないようだ」 2022.05.26 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスが優勝&第1子誕生のWおめでた!インフルエンサーの恋人との間に長女が生まれる

マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)に第1子が誕生した。 ジェズスは2021年7月からライアーニ・リマさん(21)と交際をスタート。そして24日、第1子となる娘のヘレナちゃんが誕生したことを自身のインスタグラムで報告し、「僕たちの人生の最高の日」と綴った。 シティは22日に行われたプレミアリーグ最終節のアストン・ビラ戦に勝利しリーグ2連覇を達成。ジェズスは翌日に行われた優勝パレードを家庭の事情で欠席していた。 今シーズンは公式戦41試合の出場で13得点12アシストの数字を記録したジェズス。契約を2023年夏まで残しているが、アーセナル行きの噂で注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【写真】ガブリエウ・ジェズスと恋人リマさんの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd4P9nXIryd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd4P9nXIryd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd4P9nXIryd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">RAIANE LIMA(@raianelima8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.25 11:51 Wed
twitterfacebook
thumb

「選手が刺されたらどうなる?」相次ぐサポーターのピッチ乱入に現役FWが警鐘「簡単に殺されてしまうかもしれない」

かつてプレミアリーグでもプレーしたバーミンガム・シティのFWトロイ・ディーニーが、サポーターによるピッチへの侵入に警鐘を鳴らした。 今シーズンのプレミアリーグも終了。最終節では優勝争い、4位争い、残留争いと各地で熱戦が繰り広げられた。 特に優勝争いは白熱しており、勝ち点差「1」でマンチェスター・シティとリバプールが争う状況に。相手に2点のリードを許しながらも、シティが逆転勝利を収めて連覇を達成した。 しかし、試合後にはシティのサポーターが劇的展開に沸いてピッチに乱入。その中で、対戦相手のアストン・ビラのGKロビン・オルセンに対し、シティのサポーターが頭部を殴り、後ろから突き飛ばすという愚行。シティの劇的優勝に水を差すとともに。永久追放の処分を科すとシティも発表していた。 サポーターのピッチ乱入はこの試合に限ったことではない。17日にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ、ノッティンガム・フォレストvsシェフィールド・ユナイテッドの試合では、試合後にピッチサイドにいたシェフィールド・ユナイテッドのビリー・シャープがファンに激突され吹っ飛ぶ事態に。唇を4針縫うケガをし、犯人は24週間の禁錮刑&10年間のサッカー活動禁止の処分が降った。 また、クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督は、劇的な残留を決めたエバートンのサポーターにピッチ上で罵られ、ローキックをかます事態に。その他にも、イングランドのみならず、興奮したサポーターが大量にピッチに侵入する事件が相次いでいる。 ディーニーはイギリス『サン』のコラムでこのサポーターの行動に言及。さらに事態が悪化する前に手を打つべきだとした。 「スチュワード(警備員)が危険に晒されることは望ましくないが、ピッチに侵入したければ今はできてしまう」 「それが変わるには何が必要か?選手が反撃して、サポーターが深刻なケガを負うのか?」 「そうしたら、選手は最終的にペナルティを受け、おそらく懲役刑に処されるだろう。人々は目を覚まし、選手の世話をすることについて話し始めるだろう」 「逆に言えば、選手が簡単に殺されてしまうかもしれない」 「選手が刺されたらどうなる?その場合はどうする?」 「それでも選手のせいというのか?それが起きた時、“もっと知っておくべきだった”なんて言わないでほしい」 興奮状態のサポーターが喜びをあらわにして盛り上がるだけでなく、対戦相手への攻撃が相次いで起きているだけに、深刻な事件が起こる前にこの事態を見直す必要はありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】優勝に喜ぶシティサポーターが相手GKの頭部を殴打</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TvN8EykhcAc";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 10:22 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ加入のハーランドに、ファーディナンド氏が忠告 「期待する姿はすぐ見られないかも…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が来季からマンチェスター・シティに加入するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに忠告した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年1月にザルツブルクからドルトムントに加入したハーランドは公式戦通算89試合で86ゴール23アシストを記録。今シーズンは負傷離脱の期間もあったが、それでも公式戦30試合で29ゴール8アシストの成績を残した。 ハーランドには7500万ユーロ(約103億3000万円)の契約解除金が設定されていたが、シティが全額支払ったことにより、10日に来季からの加入内定が正式に決定。元アルゼンチン代表FWのセルヒオ・アグエロ氏が昨夏に退団したことで、センターFW不足となっていたシティにとっては待望のエース候補加入となったが、ファーディナンド氏は自身のYouTubeチャンネル『Vibe with Five』にて、来季は我慢の年になるかもしれないとコメント。そのうえで、チームにフィットするためにはエゴを抑える必要があると忠告した。 「彼のような選手はエゴがあり、主役になりたがるものだ。そして、プレッシャーやスポットライトの下で成長していくものだが、そうした場面がなかったね。だから、プレッシャーやスポットライトを浴びながらプレーするのは来季が初めてになるだろう」 「ペップの準備したチームに入るにはより多くを思考する必要があるのだと指揮官本人が言っていた。それでも1年経てば、多くを理解できるはずだ。だから来シーズンは、我々が知っているジャック(・グリーリッシュ)の姿を見られるだろう。適応するための期間がある以上、我々が期待するハーラントはすぐ見られないかもしれない」 「ペップがシティでやってきたのは、大物が加入したとしても適応期間を設けることだ。これは、『フィットが大変であり、すぐ活躍できるわけではない』という理解にもつながっているね」 「シティでは苦労している選手も謙虚に振舞っている。彼らは不満を言ったり、大騒ぎをしたりしない。だから、もしうまくいかなくてもハーランドには果たすべき役割があるだろう。エゴを抑え、チームの士気を乱さない必要がある」 2022.05.24 17:02 Tue
twitterfacebook
thumb

ハーランド獲得のシティ、次なるターゲットはリーズのイングランド代表MFか

マンチェスター・シティがリーズ・ユナイテッドのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(26)に関心を抱いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リーズの下部組織出身であるフィリップスは2014-15シーズンにトップチームデビューを飾ると、これまで公式戦通算234試合に出場して14ゴール13アシストを記録。今季は負傷に苦しみ、プレミアリーグ20試合の出場にとどまったが、シーズン終盤に復帰すると、チームの劇的な残留に大きく貢献した。 そんなフィリップスに対して、プレミアリーグ王者のシティが関心を抱いているという。シティは長年、チームを支え続けたMFフェルナンジーニョ(37)が退団。ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(31)にも退団の可能性があり、中盤の補強に動くとみられている。 プレミアリーグでの経験を持ち、2020年にデビューしたイングランド代表でも存在感を高めるフィリップスはすでにドルトムントからノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)を獲得したシティにとって、現時点で優先度の高いターゲットで、数週間のうちに具体的な動きを見せる可能性があるという。 一方で、プレミアリーグ残留を果たしたリーズは2024年夏まで契約を残すフィリップスへのオファーに対して高額な移籍金を要求するとみられており、交渉の行方が注目されている。 2022.05.24 13:28 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly