アルベルト体制で出直すFC東京が背番号発表! 長友佑都が「5」、大注目の松木玖生が「44」…田川亨介は海外移籍で調整中

2022.01.15 22:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
FC東京は15日、2022シーズンの新体制と選手背番号を発表した。

2021シーズンはYBCルヴァンカップ王者として臨んだFC東京。長谷川健太体制4年目だったが、チームはなかなか安定した戦いを見せることができず、シーズン中にはサイドバックが相次ぐ負傷で離脱。夏には日本代表DF長友佑都が11年ぶりに復帰した。

しかし、その後もなかなか安定した成績を残せないでいると、11月6日の横浜F・マリノス戦では0-8で惨敗。翌日に長谷川監督が辞任し、森下申一GKコーチが監督に就任。その後も浮上せず、9位でシーズンを終えた。

2022シーズンはアルビレックス新潟を率いていたアルベルト・プッチ・オルトネダ監督が就任。GKヤクブ・スウォビィク(←ベガルタ仙台)、DFエンリケ・トレヴィザン(←大分トリニータ)、FW山下敬大(←サガン鳥栖)、DF木本恭生(←名古屋グランパス)を補強。また、高校3冠を達成したMF松木玖生(←青森山田高校)ら新加入選手にも期待がかかる。

背番号はヤクブ・スウォビィクが「24」、エンリケ・トレヴィザンが「50」、山下が「19」、木本「30」を着用。松木は「44」を着用する。

その他、長友佑都が「50」から「5」、紺野和也が「38」から「17」に変更となった。

なお、FW田川亨介は海外移籍を前提とした調整に入っており、チームを離脱しているとのことだ。

◆選手背番号一覧
GK
1.児玉剛
13.波多野豪
24.ヤクブ・スウォビィク←ベガルタ仙台/完全
33.林彰洋

DF
3.森重真人
5.長友佑都※背番号変更「50」
6.小川諒也
25.蓮川壮大
28.鈴木準弥
29.岡崎慎
30.木本恭生←名古屋グランパス/完全
37.中村帆高
39.岡庭愁人←明治大学/新加入
49.バングーナガンデ佳史扶
50.エンリケ・トレヴィザン←GDエストリル・プライア(ポルトガル)/完全

MF
7.三田啓貴
8.髙萩洋次郎
10.東慶悟
14.内田宅哉
15.アダイウトン
16.青木拓矢
17.紺野和也※背番号変更「38」
18.品田愛斗
20.レアンドロ
23.渡邊凌磨
31.安部柊斗
40.平川怜←松本山雅FC/復帰
43.梶浦勇輝←FC東京U-18/昇格
44.松木玖生←青森山田高校/新加入
45.安田虎士朗←FC東京U-18/昇格

FW
9.ディエゴ・オリヴェイラ
11.永井謙佑
19.山下敬大←サガン鳥栖/完全


関連ニュース
thumb

FC東京のDF小川諒也がポルトガル移籍で合意と現地報道、ヴィトーリア・ギマランイス移籍へ

FC東京の日本代表DF小川諒也(25)がポルトガルへの移籍に近づいているようだ。ポルトガル『レコルド』が報じた。 2015年2月に流通経済大学柏高校からFC東京に入団した小川。攻撃力を持つ左サイドバックとして大きな期待が寄せられていた。 ここまで公式戦で170試合に出場し4ゴール14アシストを記録。左足のキックは精度が高く、セットプレーのキッカーも務めるほどだ。 日本代表としても5試合に出場している小川だが、『レコルド』によるとヴィトーリア・ギマランイスへの移籍で合意に至っているという。 報道によれば、小川は間もなくポルトガルを訪れ、正式に契約を結ぶようだ。 2021-22シーズンのプリメイラ・リーガでは6位に終わったヴィトリーア・ギマランイス。ポルトガルでも多くの日本人選手がプレーしているが、新たな一員として加わるのだろうか。 2022.05.24 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人の躍動で成功したセルティック、今夏に獲得を目指すJリーガー5名! 補強ポイントは左SBと中盤か

欧州サッカーも続々とリーグ戦が終了。各リーグでの優勝クラブが決まり、選手たちもオフに入っている。 残す大きな試合は25日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のローマvsフェイエノールト、そして28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプールvsレアル・マドリーの2試合となった。 そんな中、日本でも話題を呼んだのがスコティッシュ・プレミアシップのセルティックだ。 今シーズンから横浜F・マリノスを率いて明治安田生命J1リーグの優勝も経験していたアンジェ・ポステコグルー監督が就任し、日本代表FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が躍動。また、今年1月には日本代表FW前田大然(横浜FM)、MF旗手怜央(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)と日本人が合計4名も在籍。それぞれが活躍し、52度目のリーグ制覇を達成していた。 スコットランドでも話題を呼んでいるセルティックだが、イギリス『デイリー・レコード』はこの成功を経て、再び日本人を獲得する動きを見せると報道。その候補選手を5名挙げている。 ◆屈指のチャンスメーカー MF森島司 所属:サンフレッチェ広島 生年月日:1997年4月25日(25) 今季Jリーグ成績:13試合4ゴール1アシスト 2016年2月に四日市中央工業高校から広島に入団した森島。プロ7年目を迎え、ここまで公式戦151試合に出場し16ゴール24アシストを記録している。 広島では10番を背負い、主にシャドーの位置でチャンスメイクを行う森島。世代別の日本代表も経験する中で、そのクリエイティブ能力は大きな評価を得ている。 日本代表としても2キャップを記録。持ち味である正確なキックではセットプレーも任されており、今シーズンはキャリアハイの数字を残す期待もかけられている。 <span class="paragraph-title">◆中盤を支えるコンダクター</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> MF伊藤敦樹 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年8月11日(23) 今季Jリーグ成績:11試合出場 浦和レッズの下部組織で育った伊藤は流通経済大学を経て2021年2月に古巣である浦和へと復帰した。 浦和ではリカルド・ロドリゲス監督の下、ボランチのレギュラーとしてプロ1年目からプレーするとリーグ戦36試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今シーズンもリーグ戦で11試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では4試合に出場し1アシストを記録していた。 セルティックはオーストラリア代表MFトーマス・ロギッチ(29)、イスラエル代表MFニル・ビトン(30)が退団。中盤の選手が手薄となっており、チームとしては補強ポイントとなっている。 創造性という点では足りない部分はあるものの、ゲームメイクという点、ポジショニングという点では長けているものもあり、年齢を考えても貴重な戦力になると見られている。 <span class="paragraph-title">◆超ユーティリティプレーヤー</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF明本考浩 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年1月31日(24) 今季Jリーグ成績:13試合2アシスト セルティックの補強ポイントでもある左サイドバック。ポステコグルー監督は常にそのポイントを挙げてきていた。 冬には旗手を獲得したが、インサイドハーフでの起用となり、左サイドバックでプレーすることはない。そんな中で旗手同様にユーティリティ性に長けているのが明本だ。 栃木SCから2021年1月に浦和に加入した明本は、サイドバック、サイドハーフ、さらにはトップやシャドーでもプレーしている。 超ユーティリティな明本だが、セルティックとしては左サイドバックのバックアップとしても考えられる点で興味を持っているようだ。 また、豊富な運動量と攻撃性能の高さはポステコグルー監督のスタイルにもあっており、補強のポイントに合致している。 <span class="paragraph-title">◆システムに縛られない左サイドバック</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF黒川圭介 所属:ガンバ大阪 生年月日:1997年4月13日(25) 今季Jリーグ成績:13試合1ゴール 左サイドバックの候補として上がるのはG大阪の黒川だ。2020年2月に関西大学から入団し、ここまで公式戦53試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。 右でもプレーできる黒川だが、左サイドバックだけでなく、ウイングバックでもプレー。4バック、3バックとシステムを選ばないプレースタイルは注目を集めている。 まだまだ発展途上の選手ではあるが、両サイドができることも魅力の1つ。原石ではあるが、ポステコグルー監督が磨き上げる可能性もある。 <span class="paragraph-title">◆日本代表クラスの左サイドバック</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF小川諒也 所属:FC東京 生年月日:1996年11月24日(25) 今季Jリーグ成績:11試合出場 2015年2月に流通経済大学柏高校からFC東京に入団した小川。攻撃力を持つ左サイドバックとして大きな期待が寄せられていた。 ここまで公式戦で170試合に出場し4ゴール14アシストを記録。左足のキックは精度が高く、セットプレーのキッカーも務めている。 日本代表にも選ばれている小川は、中盤や左サイドバック、センターバックでもプレーが可能。182cmの上背があるが、サイドバックとして考えられていると見られている。 2022.05.24 12:48 Tue
twitterfacebook
thumb

柏がVARに泣く…後半ATの幻ゴールでFC東京とドロー【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、FC東京vs柏レイソルが21日に味の素スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 7位のFC東京(勝ち点18)と4位の柏レイソル(勝ち点20)による一戦。5月に入って調子が上がらないFC東京は、前節もジュビロ磐田に敗戦し、3連敗を喫した。その3試合は2得点8失点と内容も芳しくなく、今節は思い切ってスタメンを5人変更している。 対する柏は、5月最初のサンフレッチェ広島戦で3連敗に歯止めをかけたものの、ここ2試合は無得点の1分け1敗と、FC東京同様に攻撃陣が湿っている。だがこちらは、スタメン変更は前節から1人。キム・スンギュに代わって佐々木が起用された。キム・スンギュはベンチからも外れている。 試合は開始3分、ホームのFC東京が相手のミスを突く形でチャンスを迎える。高い位置でボールを奪い、アダイウトンからパスを受けた阿部がボックス中央からシュート。しかし、ここは今季リーグ戦初先発の佐々木の好セーブに遭う。 一方の柏も10分、ゴール前からのロングフィードが細谷に渡り一気にゴール前へ。しかし、トラップの直前に木本のスライディングタックルを見舞われ転倒。木本の足はボールに触れていなかったが、主審はノーファウルと判断した。 カウンターを主体とする両チームの一戦は、ここまでのポゼッションではFC東京が6割超えを記録し優勢。しかし、効果的な攻撃を見せる柏は20分、マテウス・サヴィオが敵陣中央からゴール前にスルーパスを送ると、右からダイアゴナルに進入してきた細谷がワンタッチでシュート。決定機だったが、ここはGKヤクブ・スウォビィクに阻まれた。 互いに得意な形からゴールに迫った中、35分にはFC東京のアダイウトンがディエゴ・オリヴェイラとのパス交換からシュートへ。ボックス左角から思い切りよく狙ったシュートだったが、わずかに枠の左へ。柏も44分に小屋松がボックス右から左足で狙うも、DFにブロックされて、試合はゴールレスで折り返すことに。 後半に入って先にチャンスを作ったのはアウェイの柏。59分、敵陣中央でFKを得ると、やや離れた位置だったがマテウス・サヴィオが右足で直接狙う。左にカーブのかかった強烈なシュートは上手く壁を越えるも、惜しくもクロスバー直撃。こぼれ球に反応した小屋松のシュートも外れ、先制には至らなかった。 肝を冷やしたFC東京は、59分に長友と紺野を下げて中村と渡邊を投入。すると67分に渡邊にシュートシーン。クロスのこぼれ球を拾い、ボックス中央から狙ったが、クロスバーを越えてしまった。 ここから攻勢を強めたいFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラを下げて永井をピッチへ。73分にその永井は、小川の足の長いスルーパスに反応しボックス左へ侵入。右足で流し込みにかかったが、GK佐々木のファインセーブに遭った。 ホームチームはさらに77分、相手のクリアボールを敵陣で奪い返し、アダイウトンがボックス手前左から右足を強振。これがクロスバーに当たり、惜しい場面を立て続けに迎える。 速攻を得意とするチーム同士による一戦は、次第にオープンな展開に。そして90分、柏にビッグチャンスが訪れる。右CKの場面で三丸が左足でクロスを上げると、ゴール前で上島と途中出場の森が同時に反応。ボールは森に当たったのちに上島にも当たりゴールイン。柏が土壇場でネットを揺らした。 しかし、VARで確認した結果、上島のハンドでゴールは取り消しに。その後は互いにゴールは生まれず、0-0の引き分けに終わった。 FC東京 0-0 柏レイソル 2022.05.21 17:27 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:FC東京vs柏】互いに目指すはボール奪取からのカウンター、ネットを揺らすのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 15:00キックオフ FC東京(7位/18pt) vs 柏レイソル(4位/20pt) [味の素スタジアム] ◆3連敗ストップへ【FC東京】 前節はアウェイでのジュビロ磐田戦。相手の戦いに苦しみながらも追いついたが、最後にやられて2-1で敗戦。これでリーグ戦3連敗となった。 国立競技場でG大阪に勝利してからというもの、チームは低迷。この3試合では2得点8失点と、完全に守備が不安定な状態に陥り、攻撃陣も再び湿ってしまっている。 決してチャンスがないわけではないが、歯車が噛み合っていない状況が続いており、ピッチ内でのリズムが非常に悪く感じるところだ。 その点では、負傷から森重真人が復帰。守備ラインの安定感は格段に増すだろう。良い守備から良い攻撃へ。その言葉を体現する絶好の機会が訪れた。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、小川諒也 MF:安部柊斗、青木拓矢、松木玖生 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ 監督:アルベル ◆カウンターをカウンターで仕留めろ【柏レイソル】 前節はクラブ創設30周年マッチと銘打ってガンバ大阪を迎えたが、0-1で敗戦。2試合勝利から遠ざかる痛い結果となった。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップも京都サンガF.C.をホームに迎えたが、0-1で敗戦。グループステージ突破が見えていた中での敗退となってしまった。 リーグ戦は4位と上位に位置しているが、このままズルズルと下がっていくのは避けたいところだ。 強度の高いプレスを掛け、そのままショートカウンターと行きたい反面、FC東京にひっくり返されることだけは避けなければいけない。慎重かつ大胆にプレーできるのか。あとは公式戦3試合連続無得点の攻撃陣が奮起できるかに期待だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:キム・スンギュ DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽 MF:大南拓磨、椎橋慧也、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、小屋松知哉 監督:ネルシーニョ 2022.05.21 10:17 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南が首位でプレーオフステージへ! 2位は6年ぶりGS突破の福岡【ルヴァンカップ・グループD第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、D組も2試合が開催された。 勝ち点9で2位のアビスパ福岡はすでに敗退が決定済みで最下位に沈むFC東京とアウェイで対戦。前半は互いに堅い守備が際立つ展開となり、ゴールレスで終える。 引き分け以上で自力で突破が決まる福岡はルキアンやジョルディ・クルークスを送り込み、こじ開けにかかるが、FC東京も集中を切らさず、逆にゴールに迫り寄る。 シンプルなサイド攻撃やセットプレーを活路に相手のゴールに向かっていったFC東京だが、勝ち点1でも十分な福岡も守りでファイト。0-0のドローに終わった。 FC東京 0-0 アビスパ福岡 勝ち点9で首位に立つ湘南ベルマーレは勝ち点7で3位のジュビロ磐田とホームで対戦。突破に勝利が求められる磐田だが、シュートの形を作るのに苦しみ、湘南の積極性が際立つ展開となる。 その湘南もフィニッシュの精度が伴わず、0-0で折り返すが、54分に左サイドから町野が左足で上げたクロスに池田が右足ボレー。これが豪快にネットを揺らして、湘南が先制に成功する。 先にゴールを奪われ、厳しい展開に追い込まれた磐田は63分にファビアン・ゴンザレスがゴールに迫った場面もGK谷が阻止。その後もペースを握り続けた湘南が1-0の完封勝利を収めている。 湘南ベルマーレ 1-0 ジュビロ磐田 【湘南】 池田昌生(後9) 結果、勝ち点を「12」に伸ばした湘南は首位でプレーオフステージに勝ち進み、2年連続でグループステージ突破。勝ち点10の福岡は2位の座を守り、6年ぶりのグループステージ通過を決めた。 ◆順位表 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 2022.05.18 21:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly