再出発の鳥栖の新ユニフォームは“躍動感”と“Victory”がテーマ! 英国のデザインチームが手がける

2022.01.14 22:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は14日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。

2021シーズンは金明輝監督の下で戦うと、近年苦しんでいた残留争いから一転、アカデミー育ち選手を含めた若手を中心に堅守を武器に戦った。

開幕6戦無敗を記録するなどし、上位を常に争い続けることに。シーズン終盤は勝ち点を落とすことが増え、最終的には7位でフィニッシュしたが、これまでとは違ったシーズンを送った。

一方で、パワハラ問題などクラブ内に問題を抱え、金明輝監督は退任。愛媛FCで指揮を執ったことのある川井健太監督の下で戦う2022シーズンは、継続してニューバランスのユニフォームを着用する。

デザインは英国のニューバランスフットボールのデザインチームが行い、シンプルながら機能性を盛り込んだデザインで、クラブの魂からインスパイアされたデザインが随所に施されている。そんな中、2022年は、「BE CONVENTIONAL」「THINK SMART」をテーマにデザインされている。

1stユニフォームは、サガン鳥栖のプレースタイルであるピッチ全体を駆け回る躍動感と、エンブレムに描かれている天然記念物のカチガラスの羽からインスパイアされた、動きのあるデザインに。サガンブルーの中にサガンピンクをグラデーションでデザインすることで、シャープで軽やかに選手が躍動することをイメージしている。

2ndユニフォームは、サガン鳥栖の力強さとエンブレムのコンセプトである“Victory(勝利)”からインスパイアされたヴィクトリーロードをセンターに配置した新しいデザインに。2本配置したヴィクトリーロードは、ともにサガンブルーからサガンピンクへのグラデーションとなっており、上昇気流にのって勝利をつかみ取ることを表現している。また、ヴィクトリーロードのグラデーションの中にもデジタルカモフラージュを配置し、シンプルな中にもこだわりがあるデザインとなっている。



1 2

関連ニュース
thumb

「茶髪の選手って見慣れん」イケメンと話題になった林大地が鳥栖の練習に参加! さらに珍しいゲストも登場!? 「勝利を運んでくれるでしょう」

サガン鳥栖は16日にツイッターを更新。練習生とともに、意外なものがトレーニング場を訪れたことを報告した。 今シーズンの鳥栖は、開幕から13試合を終えて4勝7分け2敗の勝ち点19で5位につけている。 川井健太監督を迎えた今シーズンは、前線からのハイプレスを武器に、ゴールへと迫るアグレッシブなスタイルを見せており、結果を残している状況だ。 その鳥栖のトレーニングには思わぬ人物が。一足先にシーズンを終えて帰国しているシント=トロイデンの日本代表FW林大地だった。 鳥栖からベルギーへ旅立った林は、散髪した姿がイケメンだと話題となっていたが、その短髪は維持されたままトレーニングに参加。「サガン鳥栖在籍時を思い出させる変わらない笑顔を見せながら、真剣にトレーニングに励んでいます」と報告している。 これにはファンも「一目みたい」、「練習見に行きたい」、「お帰りなさい」などとコメント。また、「鳥栖に茶髪の選手って見慣れん」と黒髪しか認められていないチームにおいては珍しい存在となったようだ。 また、林も「自分の事を心良く受け入れてくれたサガン鳥栖には感謝しかありません。サガン鳥栖に関わる関係者の方々、監督、スタッフ、選手のみなさんありがとうございます!」とツイートしており、古巣でコンディションを整えられていることに感謝した。 そんな中、鳥栖は林以外の訪問者も報告。「"幸運を運ぶ鳥"と言われるハクセキレイ。選手が近くでストレッチしていても離れることなく練習場を歩いていました」と、珍しい鳥が訪れたことを報告し、「明後日のルヴァンカップの勝利を運んでくれるでしょう」と、18日に予定されているYBCルヴァンカップの北海道コンサドーレ札幌戦での勝利を願った。 <span class="paragraph-title">【写真】鳥栖の練習にイケメン林大地が参加!さらに珍しいゲストも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 選手(シント=トロイデンVV)がシーズンのオフ期間を利用して、トップチームのトレーニングに参加<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サガン鳥栖</a> 在籍時を思い出させる変わらない笑顔を見せながら、真剣にトレーニングに励んでいます<a href="https://twitter.com/DaichiHayashi16?ref_src=twsrc%5Etfw">@DaichiHayashi16</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シントトロイデン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/STVV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#STVV</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sagantosu?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sagantosu</a> <a href="https://t.co/efH5gAQslo">pic.twitter.com/efH5gAQslo</a></p>&mdash; サガン鳥栖公式 (@saganofficial17) <a href="https://twitter.com/saganofficial17/status/1526110309601054720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 選手と共に練習場に現れたのは…<br><br>&quot;幸運を運ぶ鳥&quot;と言われる <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ハクセキレイ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#札幌ドーム</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サガン鳥栖</a> <a href="https://t.co/9yheSZnxYm">https://t.co/9yheSZnxYm</a> <a href="https://t.co/5hwIXtKhzT">pic.twitter.com/5hwIXtKhzT</a></p>&mdash; サガン鳥栖公式 (@saganofficial17) <a href="https://twitter.com/saganofficial17/status/1526110502933319680?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸が大量4ゴールで今季リーグ戦初勝利!主将イニエスタが1G1Aの活躍で好調鳥栖を破る【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖が14日にノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームの神戸が4-0で勝利した。 開幕からいまだ白星がなく、前節のガンバ大阪戦も前半に退場者を出して敗れた神戸はその試合から菊池、初瀬、扇原、井上、大迫に代えて槙野、小林、山川、郷家、アンドレス・イニエスタを起用。システムは[4-3-3]から [4-2-3-1]に変更し、イニエスタがトップ下に据えられた。 一方、FC東京相手に勝利を収め、リーグ4試合無敗と好調の鳥栖。前節からスタメンを3枚変更し、原田、堀米、中野伸哉に代わりファン・ソッコ、ジエゴ、本田が入った。システムは [3-4-2-1]から変わらず、小野が1トップに入っている。 立ち上がりの2分、いつも通り高い位置からプレッシャーをかけてくる鳥栖に対して、神戸はセンターバックの小林がロングボールを蹴ると、左サイドを抜け出した酒井が相手を一人かわしてボックス内のイニエスタにパス。ボールを受けた元スペイン代表が流石の落ち着きでボールをコントロールすると、ゴール左隅に蹴り込み、先制点を記録した。 勢いに乗る神戸は5分にも汰木が右サイドを突破して低いクロスを上げると、最後はまたもイニエスタがシュートを放つが、これは大きく枠外へ。続く6分にはロングボールに抜け出した武藤が相手GKと一対一のチャンスを迎えるなど、序盤は立て続けに神戸がチャンスを作る展開になった。 出鼻をくじかれた形の鳥栖は良い形でボールを奪えても、なかなかチャンスまで結び付けられない時間が続く。すると、14分には敵陣でボールを奪った神戸の武藤がバイタルエリア中央のイニエスタへパス。イニエスタからボックス左に進入した汰木へボールがわたると、冷静にゴール右隅に流し込み、神戸加入後リーグ初ゴールを記録した。 その後は拮抗した時間帯が続き、鳥栖はロングボールやセットプレーからチャンスを作ろうと試みるも、神戸の集中した守備を崩すまでには至らず。37分には大きな揺さぶりから最後は岩崎がシュートを放つが、威力はなくGK前川がキャッチ。42分にはFKのこぼれ球に反応した菊地がシュートを放つもゴールネットを揺らすことはできず、ハーフタイムとなった。 後半、引いて守る神戸に対して鳥栖はシンプルなクロスを入り混ぜながらの攻撃が続く。58分にはジエゴの鋭いクロスに走り込んだ小野が右足で合わせたが、GK前川が好セーブで防いだ。 なかなかゴールを奪えない鳥栖に対して、神戸は64分に左サイドをドリブルで深く抉ったイニエスタからパスを受けた酒井がふわりとした浮き球パスをボックス中央へ。これに反応した武藤がダイレクトボレーをゴールに叩き込み、神戸が大きな3点目を挙げた。 大量リードを奪った神戸はイニエスタに代わって投入された大迫が70分にシュートを放つなど、これまでの鬱憤を晴らすような展開を見せる。一方、苦しい試合となった鳥栖は75分に小野のパスをボックス内で受けた宮代がシュートを放ったが、GK前川が好セーブで防いだ。 終盤にかけて圧力を強めたい鳥栖だったが、センターバックの田代、ジエゴを上げたパワープレーも奏功せず。後半アディショナルタイム1分にはGK前川からのロングボールに大迫が競り勝つと、ボールを受けたボージャンがバイタル中央まで運び、ボックス内に走り込んだ大迫に再びパス。これを日本代表FWが冷静に決めて4点目を記録した。その後も最後まで鳥栖に思うようなチャンスを作らせず、試合終了を迎えた。 イニエスタ、武藤、大迫など役者がしっかり仕事を果たした神戸はようやくリーグ初白星。一方の鳥栖は今季ワーストの4失点を喫して、リーグ5試合ぶりの敗戦となった。 ヴィッセル神戸 4-0 サガン鳥栖 【神戸】 アンドレス・イニエスタ(前2) 汰木康也(前14) 武藤嘉紀(後19) 大迫勇也(後45+1) 2022.05.14 17:24 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:神戸vs鳥栖】神戸の初勝利は? 鳥栖はハイプレスで攻略を

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 15:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/4pt) vs サガン鳥栖(4位/19pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆続く苦境、どう乗り越えるか【ヴィッセル神戸】 ACLでの戦いを終えて再開したJリーグ初戦。ガンバ大阪との一戦は、2-0の敗戦となった。 決して調子が良かったわけではないG大阪を相手に、ケガでACLを欠場したアンドレス・イニエスタも復帰して随所に良さを見せたが、ゴールが遠かった。 特にピッチ上ではチグハグさが目立ち、菊池流帆も前半で退場という難しさはあったが、11線未勝利という事実は変わらず。そろそろ初勝利がないと、厳しい事態が待っている。 ケガ人は徐々に戻りつつある中、やはり勝利という目に見えた結果しか事態を好転させることは難しいはず。ハードなプレーで相手の守備陣を壊しにくる鳥栖を相手にどう振る舞うか注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:酒井高徳、槙野智章、大﨑玲央、初瀬亮 MF:扇原貴宏、山口蛍 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:大迫勇也 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 出場停止:菊池流帆 ◆今季初の連勝へ、プレスをかけ続けろ【サガン鳥栖】 前節はアウェイでFC東京を相手に0-1で勝利。堀米勇輝の左足が火を吹き、GKヤクブ・スウォビィクの牙城を破った。 鳥栖としては貫いているスタイルを継続することで、神戸攻略の糸口は見える。G大阪戦でも相手のハードなプレスに苦労していただけに、鳥栖の強度であればよりボールを奪う回数は増えてくるはずだ。 あとは、奪ってからのショートカウンター、奪われた時の即時奪回がしっかりと90分を通してできるかどうか。個のクオリティはいうまでもなく神戸は高く、隙を見せれば一撃で仕留められてしまう可能性もある。 また、ボールを握った戦いでもしっかりと対抗できるはず。しっかりと勝利を収め、今季初の連勝を収めたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、菊地泰智 FW:小野裕二 監督:川井健太 2022.05.14 12:04 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がトップチーム選手2名の新型コロナ陽性を報告

サガン鳥栖は10日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手Aは9日にJリーグによる定期抗原定性検査を受検したところ、陽性判定を確認。その後、医療機関でのPCR検査で同じく陽性判定を受けた。 それを受けて、同日にトップチーム関係者がPCR検査を受検したところ、新たに当該選手Bが陽性判定に。当該選手2名は適切な対策の下で療養中だ。 本件における濃厚接触疑い者はなし。クラブは新型コロナウイルス感染症対策のさらなる強化、そして周知、徹底を図っていくとしている。 2022.05.10 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖が大卒ルーキー菊地泰智とプロA契約締結 「より一層責任と覚悟を」

サガン鳥栖は9日、MF菊地泰智(23)とのプロA契約締結を発表した。 4月13日にホームで行われたJリーグYBCルヴァンカップ・グループC第4節の柏レイソル戦にて、プロA契約に必要な規定出場時間をクリアした。 浦和レッズの下部組織育ちである菊地は流通経済大学から今季入団。ここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場するなど、公式戦12試合でプレーしている。 クラブ公式サイトで「A契約締結に合意でき、大変嬉しく思います。より一層責任と覚悟を持ってサガン鳥栖の勝利に貢献できるよう頑張っていきます」と決意を新たにした。 2022.05.09 15:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly