宮崎が大阪体育大学FW髙橋一輝の加入内定を発表「宮崎で暴れたい」

2022.01.11 15:14 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】宮崎に加入が内定したFW髙橋一輝




1 2

関連ニュース
thumb

首位いわきが5発大勝で八戸下し首位キープ!讃岐とドローの宮崎は9戦未勝利に【明治安田J3第20節】

13日、明治安田生命J3リーグ第20節の2試合が各地で行われた。 2戦ドローが続いていた首位のいわきFC(勝ち点39)は、アウェイでの16位・ヴァンラーレ八戸戦(勝ち点16)に臨んだ。立ち上がりこそロングスローやCKといったセットプレーで押し込まれたものの、同じく強みのセットプレーを生かして主導権を握り返すと、27分には山口大輝の右足ミドルがゴールを脅かす。 前半終了間際にはセットプレー崩れから日高大の左足がバーをたたくと、この流れから得た左CKで山下優人のクロスから家泉怜依がJ初ゴールとなるヘディングを決めて42分に先制。フィジカル革命をうたうチームにぴったりの腕立て伏せセレブレーションも見せた。 リードを奪って折り返したいわきは後半にゴールラッシュ。49分に山下の左CKがニアで佐々木快のオウンゴールを誘発してリードを広げると、58分には三度山下の左CKから、今度は有田稜がファーで力強く頭で押し込んだ。 3点差としたアウェイチームは5分後にも宮本英治がネットを揺らすと、ポストプレーでお膳立てをした有田は69分に自らも再びゴール。右サイドから嵯峨理久がGKとDFの間に入れたクロスをファーで難なく蹴り込んだ。 大量リードを得たいわきはこのまま逃げ切って5-0と大勝。がっちりと首位をキープしている。 Pikaraスタジアムで行われた15位・カマタマーレ讃岐(勝ち点18)vs13位・テゲバジャーロ宮崎(勝ち点20)は、小川真輝のクロスが伊従啓太郎のオウンゴールを誘発して29分に宮崎が先制する。 追い掛ける展開となった讃岐は82分、重松健太郎の折り返しから西本雅崇が加入後初ゴールとなるヘディングを決めて試合を振り出しに戻すと、試合はそのままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合い、讃岐は連敗を4でストップ。宮崎は9試合勝利から遠ざかることとなった。 ◆第20節 ▽8月13日 カマタマーレ讃岐 1-1 テゲバジャーロ宮崎 ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">5 いわきFC</span> ▽8月14日 FC今治 vs FC岐阜 Y.S.C.C.横浜 vs ギラヴァンツ北九州 AC長野パルセイロ vs カターレ富山 愛媛FC vs ガイナーレ鳥取 鹿児島ユナイテッドFC vs 松本山雅FC ※試合中止(台風8号による影響のため) アスルクラロ沼津 vs 藤枝MYFC SC相模原 vs 福島ユナイテッドFC 2022.08.13 21:29 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎、トップチームスタッフ2名が新型コロナ陽性判定…1人に発熱等の症状

テゲバジャーロ宮崎は6日、トップチームスタッフ2名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該スタッフの1人に発熱等の症状があり、もう1人は無症状。現在は保健所指導のもとで自宅にて回復に努めているという。 当該スタッフの行動履歴からJリーグ独自の濃厚接触疑い基準で選手とスタッフに「濃厚接触疑い者なし」と判断している。 2022.08.06 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎の選手2名が新型コロナ陽性…発熱や咽頭痛、咳の症状

テゲバジャーロ宮崎は2日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は7月30日に咽頭痛の症状があったものの、抗原定性検査で陰性に。翌31日には発熱と咽頭痛の症状があったが、抗原定性検査で陰性となった。 1日にも発熱、咽頭痛の症状が続き、PCR検査を実施。陽性判定となった。なお、2日も咽頭痛の症状は残っているとのことだ。 もう1名は1日に発熱し、抗原定性検査で陽性に。2日には発熱と咳の症状があり、PCR検査でも陽性となった。 なお、チーム内には濃厚接触疑い者はいないとのことだ。 宮崎では先週選手4名、スタッフ1名、そして髙﨑康嗣監督が陽性となっていた。 2022.08.02 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

宮崎で髙﨑康嗣監督、選手4名、スタッフ1名が新型コロナ陽性判定…31日の相模原戦は陰性のメンバーで実施

テゲバジャーロ宮崎は30日、トップチームの選手4名、髙﨑康嗣監督、スタッフ1名の合計6名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、髙﨑監督は28日に咽頭痛の症状があり、29日には発熱。PCR検査を受けて陽性診断を受けたという。 選手1名は29日に咽頭痛の症状がありPCR検査で陽性。もう1名は29日に発熱があり、30日も発熱のため抗原定性検査を受けて陽性。その後のPCR検査で陽性となった。 また、もう1名は30日に発熱があり、抗原定性検査とPCR検査で陽性。残りの1名は25日から咳の症状が続いていたものの検査では陰性に。しかし、30日に発熱し、抗原定性検査とPCR検査で陽性となったという。 なお、スタッフの1名は29日に頭痛と関節痛の症状があり、30日に発熱。抗原定性検査、PCR検査で共に陽性となった。 残りの選手やスタッフは、30日のPCR検査で陰性判定に。31日に行われる明治安田生命J3リーグ第19節のSC相模原戦は、当日のスクリーニング検査を受け、陰性判定となったもののみがエントリーされる。 なお、米田兼一郎コーチが相模原戦は指揮を執ることとなる。 2022.07.30 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎の主将、DF代健司が右ヒザ外側側副じん帯を負傷…全治約4週間

テゲバジャーロ宮崎は27日、DF代健司の負傷を発表した。 クラブの発表によると、明治安田生命J3リーグ第17節の藤枝MYFCで負傷したとのことだ。検査の結果、代は右ヒザ外側側副じん帯損傷と診断。全治は約4週間の見込みとなっている。 2020年2月にカターレ富山から加入した代は、キャプテンとしてチームを牽引。今季は明治安田生命J3リーグで15試合に出場していた。 2022.07.27 16:24 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly