「高校サッカーを築いてきた方」空高く喪章を掲げるパフォーマンス、青森山田10番・松木玖生が急逝の小嶺忠敏氏へ捧げるゴール

2022.01.08 21:13 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】松木玖生のハンパない圧巻ゴール




1 2

関連ニュース
thumb

日本代表レフティーが浦和の同級生と母校・前橋育英の練習に参加「素晴らしい刺激をありがとうございます」

ベルギーのKVオーステンデでプレーする日本代表MF坂元達裕が、母校・前橋育英高校のトレーニングに顔を見せた。 多くの欧州リーグがオフシーズンを迎え、海外で活躍する日本人選手も帰国している。その間にはMF香川真司(シント=トロイデン)やMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)のように、古巣クラブの練習に参加するものも。再びベルギーへと向かった坂元だが、帰国中に母校・前橋育英高校のトレーニングにも顔を見せたようだ。 同じく前橋育英の同級生である浦和レッズの小泉佳穂も参加。前橋育英のサッカー部公式ツイッターアカウントが7日に「素晴らしい刺激をありがとうございます」と紹介している。 坂元や小泉は高校3年時に第93回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝。決勝戦では延長戦の末に2-4で星稜高校の後塵を拝した。同期には鈴木徳真(C大阪)、渡邊凌磨(FC東京)、金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌)などがいる。 2022年1月にC大阪からオーステンデへと期限付き移籍で加わった坂元は、今季ジュピラー・プロ・リーグでは11試合に出場し1アシストを記録。5月25日には同クラブへの完全移籍が発表されており、来季のさらなる躍進が期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】前橋育英の練習に顔を出した仲良しなOB坂元達裕と小泉佳穂</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">先日OBの <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%9D%82%E5%85%83%E9%81%94%E8%A3%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#坂元達裕</a> 選手と <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E4%BD%B3%E7%A9%82?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小泉佳穂</a> 選手がグラウンドに遊びに来てくれました<br><br>素晴らしい刺激をありがとうございます<br><br>OBの皆さん待ってま〜す<a href="https://twitter.com/hashtag/kv%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%87?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#kvオーステンデ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%89%8D%E6%A9%8B%E8%82%B2%E8%8B%B1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8OB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#前橋育英サッカー部OB</a> <a href="https://t.co/br5RPsAz9G">pic.twitter.com/br5RPsAz9G</a></p>&mdash; 【公式】前橋育英高校サッカー部OB会 (@MIFCOB) <a href="https://twitter.com/MIFCOB/status/1534153064034496512?ref_src=twsrc%5Etfw">June 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.09 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

那須大亮が母校訪問、学び舎を背景に学生時代のような"先輩へのお辞儀"を示す

元Jリーガーで現YouTuberの那須大亮氏が8日に自身のインスタグラムを更新し、母校である鹿児島実業高校を訪問した際の様子を公開した。 那須氏は学び舎を背景に、学生時代の様子を再現。「鹿児島実業高校在学時の先輩を発見して挨拶する姿勢(笑)。高校1年生の時は先輩を見つけたらどんなに距離あっても大きな声で挨拶でした!先輩が先に気づいて挨拶しないと大変な時代だったので(笑)。懐かしき母校でした」と綴り、整った姿勢でお辞儀をする写真を投稿した。 「#角度と姿勢大事」とハッシュタグが付けられた一枚には、ファンからも「めちゃくちゃ分かります」「背筋ピン、きれい」「さっき鹿実の前を通ったのにーーー」「挨拶は大事ですもんね」「過剰な上下関係は良くない時代になりましたが、正しく上下関係を学べるといいですね」などのコメントが届けられている。 また、同校の同級生である元日本代表MF松井大輔(Y.S.C.C.横浜)からもリアクションがあり、「45度やなら。もうちょっとさげーい」と、指摘をしている。 那須氏や松井らは高校3年時に第78回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝。両者も決勝でスタメン出場を果たしており、メンバーには1学年下の上本大海や田原豊らを擁していた。 <span class="paragraph-title">【写真】那須氏が母校・鹿実を訪問、校舎の前で"先輩へ挨拶"</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CehoKP8v_h8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CehoKP8v_h8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CehoKP8v_h8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">那須大亮(@nasudaisuke_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.08 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

高校サッカー選抜は選手権王者の青森山田から両翼の2名、準優勝の大津から4名が選出

日本サッカー協会(JFA)は2日、「FUJIFILM SUPER CUP 2022 NEXT GENERATION MATCH」に出場する日本高校サッカー選抜のメンバーを発表した。 12日、日産スタジアムで2021シーズンの明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレと天皇杯王者の浦和レッズが対戦する「FUJIFILM SUPER CUP」の前に行われる。 川崎フロンターレU-18と対戦する日本高校選抜。尚志高校の仲村浩二監督が率いるチームには、前日本高校サッカー選手権を制した青森山田高校からは両サイドを担ったMF藤森颯太、MF田澤夢積の2名のみが選出された。 また、準優勝となった大津高校からはGK佐藤瑠星、DF川副泰樹、MF薬師田澪、MF川口敦史の4名が選ばれている。 そのほか、日本代表のトレーニングキャンプにトレーニングパートナーとして招集されたDFチェイス・アンリ(尚志高校)も招集された。 ◆日本高校サッカー選抜メンバー GK 鮎澤太陽(尚志高校/2年) 吉田優翔(桐光学園高校/3年) 佐藤瑠星(大津高校/3年) DF チェイス・アンリ(尚志高校/3年) 柳生将太(前橋育英高校/3年) 大川佳風(流通経済大学付属柏高校/2年) 田口空我(流通経済大学付属柏高校/3年) 馬場拓己(桐光学園高校/3年) 佐々木奈琉(帝京長岡高校/3年) 海老沼慶士(米子北高校/3年) 川副泰樹(大津高校/3年) MF 藤森颯太(青森山田高校/3年) 田澤夢積(青森山田高校/3年) 根津元輝(前橋育英高校/2年) 山市秀翔(桐光学園高校/3年) 小泉龍之介(静岡学園高校/3年) 阪田澪哉(東山高校/2年) 薬師田澪(大津高校/3年) 川口敦史(大津高校/3年) FW 守屋練太郎(前橋育英高校/3年) 松永颯汰(静岡学園高校/3年) 福田師王(神村学園/2年) 大迫塁(神村学園/2年) 2022.02.03 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

青森山田の強さ3原則とは?/六川亨の日本サッカーの歩み

記念すべき第100回全国高校サッカー選手権は、青森山田の3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。初戦の大社(島根)を6-0の大差で圧倒すると、準々決勝の東山(京都)こそ2-1の接戦となったが、準決勝の高川学園(山口)、決勝の大津(熊本)を6-0、4-0と一方的な試合内容で撃破して、インターハイ、プレミアリーグ・イーストに続く3つ目のタイトルを獲得した。 青森山田の強さは、技術的にも戦術的にも優れた選手を中高一貫指導などで育てながら、屈強なフィジカルと無尽蔵とも思えるスタミナで対戦相手を凌駕したことだ。彼らの試合を今大会で初めて見たベテランの記者は「期待していたけど、こんなつまらないサッカーなの?」と疑問を呈した。 しかし、それも彼らの“強さ"の一端である。 今大会では前回優勝の山梨学院(山梨)が初戦で佐賀東(佐賀)に、プレミアリーグ・イーストの流通経大柏(千葉)が近大和歌山(和歌山)に1回戦で敗退した。さらに前評判の高かった静岡学園(静岡)もPK戦で関東第一(東京)に敗れた。 一発勝負のトーナメントでは何が起こるかわからない怖さがある。青森山田はそれを承知の上で、極力リスクを排したサッカーで結果を求めた。東山や高川学園が5BKで守備を固めてきたら、ロングスローやCK、FKといった“飛び道具"でゴールをこじ開けた。足でのシュートは身体を投げ出してブロックできるが、ヘディングシュートは防ぎようがないからだ。 青森山田のCB丸山大和は決勝戦でニアに飛び込みGKの鼻先でヘディングから先制点を奪ったが、マーカーを振り切った時点で勝負ありだった。 そしてこのセットプレーからの空中戦は、今大会中に亡くなられた小嶺忠敏監督が国見時代に得意とした戦法であり、永井秀樹氏や大久保嘉人氏らテクニシャンを擁していても、フィジカルとスタミナ、空中戦の強さで相手をねじ伏せた。 たぶん当時の国見も今の青森山田も、ポゼッションスタイルのサッカーをやろうと思えばできただろう。しかし、あえて封印し、「球際、切替え、運動量」の3原則を徹底的に鍛えて実践した。それが最も効果的だったのが、高川学園との試合の後半だった。 前半で2点を失った高川学園は、後半になると反撃のため4BKに戻し、パスをつないで攻め込もうとした。それは逆に青森山田が最も得意とするスタイルだ。ミドルサードでのこぼれ球や、相手が抜きにかかっても、屈強なフィジカルからマイボールにする球際の強さを発揮。そしてボールを奪うやいなや、すかさず反撃に転じてショートカウンターを仕掛ける。この切替えの速さ、戦術眼の高さは特筆ものだった。 ボランチのMF宇野禅斗は視野が広いため、サイドでフリーの選手にワンタッチでミドルパスを付けることができる。すると両サイドハーフに加えてサイドバックも攻撃参加するため、例え一度は相手ボールになっても高い位置でプレスをかけてボールを奪い返し、ゴールに結びつけていた。 一昨年は静岡学園に逆転負けを喫し、昨年は山梨学院にPK戦で涙を飲んだ。このため、よりリアリストになってのリベンジが今大会の青森山田だったのではないか。そう感じさせるほど、彼らの強さは際立っていた。 とはいえ、小嶺監督の国見がそうだったように、絶対的な存在にはなれないのも歴史が物語っている。青森山田のサッカーに対し、来年はどこの高校がどんなスタイルで挑むのか。これもまた高校選手権の楽しみである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「差は縮まらないと痛感」シュート“ゼロ”での完敗も大津・山城朋大監督は選手を称える「準優勝を誇りに思う」

大津高校の山城朋大監督が、初の決勝戦を振り返った。 10日、第100回全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われ、青森山田(青森県)が4-0で大津(熊本県)を下し、3大会ぶりの全国制覇を達成した。 3年ぶりの出場となった大津高校にとっては過去最高のベスト8の壁を乗り越え、初のベスト4に進出。しかし、準決勝は対戦相手の関東第一(東京B)の選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受け、準決勝を辞退。不戦勝で初の決勝に駒を進めた。 ここまで堅守を誇ってきた大津としては、青森山田の攻撃をどう抑えるかがポイントに。しかし、準決勝の高川学園(山口県)戦と同様に激しいプレッシングサッカーを立ち上がりから見せてきた青森山田に押し込まれてしまう。 なんとかゴールを許さないでいたが、37分にCKから、丸山大和にヘディングで決められ失点。41分には左サイドからのクロスを名須川真光に押し込まれ、前半で2点ビハインドとなる。 後半に入っても押し込まれると55分には松木玖生にゴールを許し3失点目。その後、徐々にペースを掴みに行くものの、78分には渡邊星来にもゴールを許してしまう。 最後まで青森山田に苦しめられた大津は、終わってみればシュートを1本も打てずに完敗。大きな力の差を見せつけられてしまったが、史上最高の準優勝という成績を残した。 山城監督は決勝戦について「まずは初めての国立競技場で、多くの観衆の中で試合ができたことを嬉しく思いますし、結果は敗れてしまいましたが、最後まで走り抜いて準優勝を勝ち取ってくれた選手たちを誇りに思います」と、敗れはしたものの戦った選手たちを評価した。 また「試合内容としてはどうにかもう少し押し返して、相手のCKやロングスローの回数を減らしてと思っていましたが、押し込まれる展開が続いて、今日は完全に相手のゲームだったかなと思っています」と完敗を認めた。 ゲームプランについては「なるべくラインをコンパクトにして、うちのCBは背も高くないので2トップとの競り合いは分が悪いなと思っていました。良い形でボールを蹴らせないようにしたいなというのと、競り合う位置をゴールからなるべく遠ざけて押し返したいなと。少し落ち着いてくると薬師田(澪)と森田(大智)を中心に、攻撃を組み立てていければと思って試合に臨みました」と青森山田の特徴を出させないように、リスクを減らした展開にしたかったと語った。 しかし、青森山田の圧に屈することに。「相手の圧力に本当になかなか先手を取れず、逆に後手を踏んでセットプレーが増えたことが敗因だと思います」と、押し込まれ続けたことが、結果として出てしまったと語った。 青森山田との差を感じる決勝となった大津。しかし、この1年間での選手たちの成長は目覚ましく、元日本代表FW巻誠一郎や日本代表DF植田直通が居た世代でも成し遂げられなかった準優勝という成績を残した。 山城監督は1年間を振り返り「最初に比べると1人1人が逞しくなって、これまでにないぐらい成長してくれた3年生でした。とにかく真面目にひたむきに、自分たちの力が足りないということと向かって来た成果が、こうやって準優勝という大津高校がこれまで越えられなかったところまで来たのは自信にして欲しいです」と労いのコメントを残した。 一方で、まだまだ経験が足りないとコメント。「この場で力を発揮できなかったのは、相手は4年連続決勝まで来ていて、我々は3年ぶりの出場というところで、場慣れではないですが、差があったと思います。来年に向けては、毎年出場して、毎年国立の舞台で戦うということを繰り返さないと、青森山田さんとの差は縮まらないと痛感しています」と語り、今回の結果を自信にして、来年以降も同様の結果を残し続けたいと意気込んだ。 今大会は九州勢との対戦も多かった大津。決勝のゴール裏には「九州は1つ」という横断幕も掲げられていた。 また準決勝前には、滞在費を工面するために募金を募り、1000万円を超える金額が集まっていた大津。多くの人に支えられ、特に九州で切磋琢磨する高校との繋がりを感じられたと語った。 「九州でやっているチームとは日頃から練習試合をしたり、色々な形で切磋琢磨しながら1年間通して成長してこれました」 「決勝に臨むに当たっても、色々な先生方から連絡をいただいたり、九州は1つというのは改めて実感する機会となりました」 「横断幕を作るに至った経緯としては、そういった思い、感謝の思いを含めて、平岡総監督に書いていただきました」 公立高校としても大きな注目を集めた大津。熊本県を代表する強豪校として、新たなスタートを切る決勝となりそうだ。 2022.01.11 06:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly