湘南がポルティモネンセから期限付き移籍中のFWウェリントン・ジュニオールの移籍期間満了を発表…J1で3試合の出場に終わる

2022.01.08 12:13 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレは8日、ブラジル人FWウェリントン・ジュニオール(28)の期限付き移籍期間満了を発表した。

2013年にゴイアスECでプロキャリアをスタートさせたウェリントン・ジュニオールは、ジョインヴィレやパイサンドゥ、CRB、ミラソルなどブラジルの複数クラブを渡り歩き、2019年にポルトガルへと渡りデポルティボ・アヴェス、そして2020年からポルティモネンセでプレーした。

期限付き移籍で湘南に加入したしたウェリントン・ジュニオールは、明治安田生命J1リーグで3試合の出場に終わり、YBCルヴァンカップでも1試合、天皇杯でも3試合と出番に恵まれなかった。

ウェリントン・ジュニオールはクラブを通じてコメントしている。

「自分が望んでいた日本でプレーする機会を与えていただいた湘南ベルマーレに感謝しています。クラブ関係者、コーチングスタッフ、サポートスタッフ、チームメイトの皆さんのおかげで素晴らしい日々を過ごすことができました」

「サポーターの皆さん、自分が思っていたように貢献できなかったことは本当に残念ですが、シーズンを通していつも応援していただいて本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

積極性光った湘南と横浜FMの"神奈川ダービー"、制したのは違いを見せたトリコロール【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスの"神奈川ダービー"が14日にレモンガススタジアム平塚で行われ、4-1でアウェイの横浜FMが勝利を収めた。 湘南は今季初勝利後に3試合白星なしと、再び海の底へ沈んでいる。退場者を出しながらも引き分けた前節を浮上のきっかけにしたい今節は、出場停止の瀬川に代わって大橋をスタメンで起用した。 一方の横浜FMは、前節の名古屋グランパス戦で逆転勝ちを収め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)からの帰国後、好スタートを切った。懸念は岩田とエウベルの負傷か。代役を務めるのは藤田と仲川。また、ジョーカー起用の多い水沼も先発に名を連ねた。 前節も前半は主導権を握っていた湘南は、この試合でもリズム良く試合に入った。アグレッシブな姿勢を見せると、5分には高い位置でボールを奪い返して大橋がミドル。12分にはボックス左を取った杉岡がGK高丘を脅かした。 だが、決定力の違いを見せたのは横浜FM。14分、ボックス右角付近で水沼が杉岡のパスを引っ掛けると、アンデルソン・ロペスがボックス内で粘り、こぼれ球を水沼が左隅へ丁寧に流し込んだ。 直後に杉岡が再びフィニッシュを見せた湘南だったが、またも横浜FMのアタッキングフットボールが牙をむく。 自陣の右サイドから対角のパスで大きく展開すると、持ち上がった仲川がボックス左角付近から低く速いクロスを送る。ゴール前のこぼれ球にマルコス・ジュニオールいち早く反応。ヒールパスから最後は小池龍太がプッシュして瞬く間にリードを広げた。 27分にも自陣でのパスミスからアンデルソン・ロペスにあわやの場面を許した湘南は、右の石原、左の畑のクロスからウェリントンが頭で狙うが、いずれも枠を捉えられず、35分の大橋のヘッドもGK高丘に阻まれた。 チャンスを作りながらも生かし切れない湘南はビハインドのまま前半を終えると、ハーフタイムに2枚替えを決行。被先制時にアンデルソン・ロペスとの接触で左内ももを気にしていた米本に代えて田中聡を、古巣対戦となる町野を投入した。 リードする横浜FMもアクシデントで交代枠を使うことになった。戻りながらの守備となった後に畠中が座り込んでしまい、54分に角田との交代を余儀なくされる。 それでも、動揺を見せない横浜FMが59分に追加点を挙げる。自陣の右サイドでボールを奪って速攻へ転じると、マルコス・ジュニオールが中央でキープして左の仲川を使う。2対2の状況から右サイドを水沼が猛然と駆け上がって数的優位を作ると、カットインした仲川は水沼を使い、クロスにアンデルソン・ロペスが合わせてカウンターを完結させた。 ホームで意地を見せたい湘南は失点直後に再びの2枚替えで推進力を高めるが、それを逆手に取られて空いたスペースをいいように使われてしまう。さらに、スライディング後に相手選手の膝が顔面に入った舘が脳震とうの疑いで交代するという泣きっ面に蜂。77分には交代で入った池田が気を吐くミドルを見せ、直後には町野にもビッグチャンスが訪れるが、前者は枠外、後者はGK高丘の好セーブに阻まれた。 それでも83分、スルーパスに反応した町野が右のポケットを取ると、流れたボールをGK高丘に先んじて田中が回収。GKを釣り出して折り返し、ウェリントンが頭で合わせてようやく1点を返す。 だが、反撃ムードの高まる湘南を横浜FMが打ち砕く。91分、高いラインを敷いた湘南の背後へ渡辺が浮き球を送ると、レオ・セアラが胸でコントロール。やや流れるも、ボックス外での処理となったGK谷のヘディングクリアは後方へ流れ、回収したレオ・セアラが無人のゴールへ流し込んで試合を決定づけた。 被シュート数こそは多かったものの、本当に危険な場面は数えるほどに抑えた横浜FM。アタッキングの真髄を見せ、連勝を飾っている。一方の湘南は、チャンスの数と得点が比例せず。決定力を欠き、4試合未勝利で最下位へと転落した。 湘南ベルマーレ 1-4 横浜F・マリノス 【湘南】 ウェリントン(後38) 【横浜FM】 水沼宏太(前14) 小池龍太(前20) アンデルソン・ロペス(後14) レオ・セアラ(後46) 2022.05.14 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:湘南vs横浜FM】2勝目欲しい湘南、3連勝目指す横浜FMによる“神奈川ダービー”

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 16:00キックオフ 湘南ベルマーレ(17位/7pt) vs 横浜F・マリノス(3位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆ホーム初勝利なるか【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイでアビスパ福岡相手にゴールレスドロー。連敗を「2」でストップした。 もはや定位置となりかけている残留争いの湘南。今季2勝目、ホーム初勝利を目指す相手は横浜FMだ。 ここ数年磨かれているアタッキングフットボールで圧倒的な攻撃力を見せている横浜FM。ホームゲームながら、やはり守備から入らなくてはいけない試合となるだろう。 湘南としては4失点した前回のホームゲームの清水エスパルス戦の二の舞は避けなければいけない。油断せず、しっかりと耐えていくことがまずは大事だろう。 あとはいかにして少ないチャンスをゴールに繋げるか。相手の隙を突くという集中力、守備で隙を作らない集中力が必要だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:大岩一貴、舘幸希、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:タリク、町野修斗 監督:山口智 ◆6連戦の初戦で良いスタートを【横浜F・マリノス】 前節はホームに名古屋グランパスを迎え、2-1で勝利。ACLでの疲労も感じさせず、しっかりとした戦いぶりを見せた。 今シーズンは開幕からローテーションを繰り返しており、選手の底上げはACLでも実現。その結果、ケガや出場停止を含めた選手変更があっても、動じないチームになっている。 しかし、ここからは怒涛の6連戦。優勝を目指すという点では、この6連戦を勝ち切ることは非常に重要となる。 前節はエウベルと岩田智輝が負傷。しかし、代役はたくさんいる。しっかりと全体が連動し、得意のパスワークで湘南のブロックを崩せるか。フィニッシュワークにも注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、仲川輝人 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.14 13:34 Sat
twitterfacebook
thumb

スパイスを欠いた福岡、10人の湘南を崩し切れずゴールレスドロー【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、アビスパ福岡vs湘南ベルマーレが7日にベスト電器スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 前節は大勝と大敗という、対照的な結果を迎えた両チーム。得点力不足が嘘のような5-1でFC東京を粉砕した福岡は、加入後リーグ戦初ゴールを挙げたルキアンが先発に復帰。中3日の日程も考慮してか、計6人のスタメンを入れ替えて臨んだ。 清水エスパルスに1-4で敗れた湘南もスタメンを7人変更。舘が9試合ぶりの先発となり、永木が7試合ぶりにベンチ入りを果たした。 YBCルヴァンカップでも同組の両者は、互いのホームで勝利を収めているが、この試合では序盤から湘南が積極的に仕掛ける。4分、速攻から茨田の右ミドルはわずかに枠の右へそれた。 中盤で引っ掛けて素早い攻撃に移行したい福岡は、奪った後のパスに精度を欠く。互いにボールを保持しての組み立てではくさびのパスを警戒され、思うような攻撃の形に持ち込めないなかで、33分には湘南がセットプレーから瀬川にチャンスが生まれた。 福岡も39分にFKの見せ場が訪れる。ルキアンと杉岡が互いにユニフォームを引っ張り合いながら競り合い、シュートモーションに入ったルキアンがペナルティアーク内のゴールやや左で転倒。だが、ジョルディ・クルークス得意の左足は、壁に当たってしまう。 このまま前半終了かと思われたが、湘南に痛手。裏抜けで起点となっていた瀬川がルーズボールの競り合い時にドウグラス・グローリの後手を踏み、アフターでこの日2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。 ハーフタイム明けの2枚替えで永木と山田を送った湘南は、[4-4-1]でセットアップ。右サイドバックに畑、左のサイドバックに杉岡を置いた。 だが、52分には安易なビルドアップがミスになり、あわやの場面を迎える。自陣に押し込まれて柳のクロスから山岸に決定機を作られたが、畑のゴールカバーで辛うじてしのいだ。 後半も10分も過ぎると、福岡が次第にサイドをえぐり始め、61分には左深い位置からFKを獲得。クルークスのキックに宮が飛び込めば、69分には北島が角度のほぼない位置からGK谷の意表をついてニアを直接狙う。だが、攻め込む時間は増えるものの、決定打を欠いた。 85分には湘南に後半唯一と言ってもいいビッグチャンスが到来。左サイドで時間を作ると、杉岡の右足クロスにウェリントンが飛び込んだが、ヘディングシュートはわずかに右へ外れた。 数的優位のホームで何としても勝ち切りたい福岡は最終盤にグローリを最前線へ上げてパワーを掛けるも、湘南の守備を崩し切れずにタイムアップ。明暗分かれる痛み分けとなった。 アビスパ福岡 0-0 湘南ベルマーレ 2022.05.07 19:05 Sat
twitterfacebook
thumb

6分で3得点の集中砲火、清水が湘南を粉砕し2月磐田戦以来の白星【明治安田J1第11節】

明治安田生命J1リーグ第11節、湘南ベルマーレvs清水エスパルスが3日にレモンガススタジアム平塚で行われ、1-4でアウェイの清水が勝利を収めた。 両チームは昨シーズン同様、下位に沈んでいる。得点力不足に悩む17位・湘南はウェリントンを第4節の京都サンガF.C.戦以来となるスタメン起用。ウクライナ支援に向けた黄色と青の「ひまわりユニフォーム」を着用して試合に臨んだ。 一方、4試合連続ドロー中、8試合勝利から遠ざかっている清水は前節同様、チアゴ・サンタナ、鈴木唯人が2トップを組んだ。 立ち上がりにホームの湘南が積極性を見せた。3分には距離はある中で池田が左足で狙い、GKに阻まれたが、前節は欠けていたシュートへの意識を感じさせた。 湘南の圧力を受けた清水だったが、15分には裏を取った白崎が一対一を迎える。これはGK富居にセーブされるも次第に落ち着きを取り戻すと、20分には原が右サイドのからクロスではなく意外性のあるシュートでゴールを脅かす。 両チームにチャンスが生まれたなかで、試合を動かしたのはアウェイチーム。32分、鈴木唯人がセンターサークル内で相手のプレッシャーを受けながらもボールをキープし、右サイドへ展開すると、スルーパスに反応した中山がボックス右まで運び、右足で左隅に流し込んだ。 清水は4分後にも右CKから追加点を挙げる。原がニアでそらしてチアゴ・サンタナに2本の決定機が到来し、これはGK富居に防がれたものの、最後は鈴木唯人がプッシュする。 勢いの止まらない清水は38分、右サイドのスペースへ抜け出した鈴木唯人がグラウンダーのクロスを送ると、斜めの動きで入ってきた白崎のシュートがGK富居の手を弾いてゴールへ吸い込まれた。 立て続けの得点直後には、米本のボール奪取からウェリントンにあわやの場面を許したが、GK権田がビッグセーブを見せてチームを締めた。 流れの良い時間に点が取れず連続失点を喫した湘南は、ハーフタイムに3枚替えを決行して反撃を試みる。 後半の立ち上がりに畑のクロスから途中出場の瀬川がボレーを見せ、50分には同じく途中出場の大岩が1点を返す。畑が左で時間を作って杉岡へ戻すと、クロスに対してウェリントンの背後から放ったヘディングシュートが、DFにディフレクトしてGKの逆を突く形となった。 直後にも右CKから大岩にヘッドでゴールに迫られた清水だったが、GK権田がこれをしのぐと59分に再び追加点。左CKからゴール前での混戦となると、最後は鈴木義宜が左足で蹴り込み、湘南の気概を削ぐ。鈴木義宜は自身のJ1通算100試合出場に花を添えた。 湘南は5人の交代枠を使い切った後に、田中聡が脳しんとうの影響で80分に交代。それでも攻勢を強めると、3分後には右サイド角度の浅い位置でのFKを杉岡が直接狙い、90分には茨田がミドルを放つもGK権田が立ちはだかる。 終盤は押し込まれた清水だったが、大量リードと相手の拙い攻撃も相まって逃げ切りに成功。2月26日のジュビロ磐田以来9試合ぶりとなる勝利を収めた。 一方の湘南はチケット完売のホームゲームで雄姿を見せられず。今季最多の4失点で惨敗を喫した。 湘南ベルマーレ 1-4 清水エスパルス 【湘南】 大岩一貴(後5) 【清水】 中山克広(前32) 鈴木唯人(前36) 白崎凌兵(前38) 鈴木義宜(後14) 2022.05.03 17:13 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:湘南vs清水】互いに正念場、下位対決の“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月3日(火) 15:00キックオフ 湘南ベルマーレ(17位/6pt) vs 清水エスパルス(16位/9pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆今季2勝目を【湘南ベルマーレ】 劇的なゴールでリーグ戦初勝利を掴んだ湘南だったが、前節は北海道コンサドーレ札幌の前に1-0で敗戦を喫した。 相手のスーパーミドルシュートに沈んだ分けだが、チームとしての戦いは悪くはない。ただ、ゴールに向かう姿勢はありながらシュートを選択できないという悪い流れが散見。自らチャンスを潰しているようでは光は見えない。 アグレッシブさ売りの中でアタッキングサードで弱腰になるのはご法度。攻め込めていないわけではないだけに、一つ壁を乗り越えることができるかどうかが重要だ。 この試合に勝っただけでは順位が変わることはないが、ひっくり返すためには得点が必要。逆に負ければ苦しみは増すばかり。残留争いのライバル相手にしっかりと結果を残せるか注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:山本脩斗、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:町野修斗、瀬川祐輔 監督:山口智 ◆2カ月勝利なし、ここが正念場【清水エスパルス】 前節は先発に復帰したチアゴ・サンタナが2ゴールを記録するなど好材料がありながら、2度追いつかれてのドローと結果は出なかった。 これでリーグ戦4試合連続ドロー。リーグ戦では丸2カ月勝利から遠ざかっており、シーズン前に掲げた目標を思い出せば、勝利しなければいけない状況だ。 相手は降格圏の湘南。点差をつけられて負ければ降格圏に自分たちが落ちてしまう状況だ。正念場を早くも迎えているだけに、しっかりと結果を残していきたいところだ。 昨季も下位を争った者同士。意地の見せ所と言って良いだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、鈴木義宜、山原怜音 MF:中山克広、宮本航汰、ホナウド、白崎凌兵 FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:平岡宏章 2022.05.03 12:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly